ティアック株式会社は、ミラーレスカメラ対応XLRマイクアダプター「CA-XLR2d」を、TASCAMブランドにて開発していることを発表した。2021年内にグローバル市場に向けて出荷開始を目指すとしている。ラインナップは以下の通り。

  • キヤノンキット「CA-XLR2d-C」
  • 富士フイルムキット「CA-XLR2d-F」
  • アナログインターフェースキット「CA-XLR2d-AN」

同製品は、キヤノン株式会社、富士フイルム株式会社、株式会社ニコン、それぞれとのコラボレーションにより、カメラメーカー各社のノウハウと音響機器の専門ブランドであるTASCAMの音声収録技術を結集した共同企画開発製品。

CA-XLR2dは、ミラーレスカメラにXLR入力を拡張し、高性能マイクプリアンプによるプロ品質の音声をダイレクト伝送するアダプター。また、その音声はカメラの動画ファイルに記録されるので、編集の際に画と音を同期させる手間がかからないという。

さらに、データ通信に対応したアクセサリーシュー搭載カメラ(対応カメラメーカー:キヤノン、富士フイルム)との組み合わせにより高性能ADコンバーターによるカメラへのデジタル音声伝送を実現。クリアで劣化のない音声収録が可能としている。主な特長は以下の通り。CA-XLR2dの主な特長は以下の通り。

(以下、プレスリリースより引用)

キヤノンキット「CA-XLR2d-C」

キヤノン株式会社のマルチアクセサリーシューに対応した本機のホットシュー接続に関して同社と設計・評価面で協業し、高い親和性を実現。デジタル音声伝送に加えカメラからの電源供給にも対応し、ケーブルレスで機動性の高いシステムを構築できます。更に、同社の業務用デジタルビデオカメラ「XF605」のマルチアクセサリーシュー接続にも対応予定。カメラ本体に標準装備された2系統のXLR入力と合わせて最大4系統のXLR入力を実現します。

※動作確認予定機種: ミラーレスカメラ「EOS R3」、業務用デジタルビデオカメラ「XF605」

富士フイルムキット「CA-XLR2d-F」

富士フイルム株式会社のデータ通信対応ホットシューに適合した本機のホットシュー接続に関して同社と共同開発し、高い親和性を実現。デジタル音声伝送に加えカメラからの電源供給にも対応し、ケーブルレスで機動性の高いシステムを構築できます。

※動作確認予定機種: ミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM X-T4」、「FUJIFILM X-S10」

アナログインターフェースキット「CA-XLR2d-AN」

株式会社ニコンとの共同企画開発により実現したアナログインターフェースカメラ用キット。同梱のバッテリーボックス(単三形電池x2用)とコールドシューマウントアダプターを装着し、本機のアナログ出力とカメラのマイク入力をオーディオケーブルで接続することで従来のアナログ接続による音声伝送が可能です。幅広いカメラユーザーに高音質収録環境を提供します。

※動作確認予定機種:ミラーレスカメラ「ニコン Z 7II」、「ニコン Z 6II」、「ニコン Z 7」、「ニコン Z 6」、「ニコン Z 5」、「ニコン Z fc」、「ニコン Z 50」