アドビは、2021年10月27日~10月28日(米国時間:10月26日~28日)の期間中、オンラインで開催するクリエイティブの祭典「AdobeMAX 2021」に、登壇者として渡辺直美氏や佐藤可士和氏を招いたことを発表した。また、毎年恒例のデザインコンテスト「MAX Challenge」では、グラフィック部門やモーション部門に加え、新たに川柳部門の開設を明らかにした。

Adobe MAX 2021は、米国時間での開始を皮切りに、主要地域のタイムゾーンに合わせた各リージョンの基調講演(キーノート)や400以上のブレイクアウトセッションを公開する。グローバルのコンテンツに加え、幅広いオーディエンスに向けた50以上の日本オリジナルセッションを用意しているという。これらのセッションはすべて無料で視聴可能。

Adobe MAX 2021では、お笑い芸人の渡辺直美氏、クリエイティブディレクターの佐藤可士和氏、映像監督、写真家の林響太朗氏、モデル、DJ、「jouetie」クリエイティブ・ディレクターのAMIAYA氏、イラストレーターの古塔つみ氏などが登壇し、日本オリジナルセッションを発表する。

また、例年応募を行っているMAX Challengeを今年もオンラインで開催。Adobe MAXのロゴをモチーフにし、オリジナル作品を投稿する「グラフィック部門」と「モーション部門」に加え、今年は新たにテンプレートを活用してオリジナルの作品を投稿する「川柳部門」を新設。今年のテーマは「心、おどる、デジタル」。アドビは子供や初心者の方からプロレベルの方までクリエイティブへの門戸を広げ、あらゆる人々の日々のクリエイティブな活動をこれからもサポートしていくという。

各部門の応募期間は2021年9月3日正午から2021年10月11日23時59分まで。各部門のグランプリはAdobe MAX期間中にAdobe MAXスペシャル番組とAdobe Creative Cloudの公式SNSにて発表予定。

各部門の応募方法の詳細はアドビブログのページを参照のこと。