DJIは、スマートフォン用スタビライザー「DJI OM 5」を発売した。DJI公式オンラインストアの販売価格は、磁気クランプ、三脚、電源ケーブル、リストストラップ、収納ポーチの同梱セットで税込17,930円。別売アクセサリーの補助ライト内蔵スマートフォンクランプは税込6,160円。

DJI OM 5は、折りたたみ式設計を採用し、ボディは前モデルと比べて1/3に小型化し、3軸ジンバルテクノロジーを搭載。折りたたむと手のひらサイズとなる。

コンパクト化を図り、前モデルDJI OM 4と比べてサイズは約1/3を実現

クランプには新デザインが採用され、スマートフォンを保持し、様々なスマートフォンモデルに対応。新たに本体に延長ロッドが内蔵されており、高いところや低いところなど様々なアングルから撮影可能。また、ハンドル部分のボタンを一つ増やしたことで、メイン機能へのアクセスや制御がさらに容易になったという。

215mmの延長ロッドが内蔵され、ローアングルやグループ写真の撮影がスムーズに可能

DJIの3軸手ブレ補正技術により、歩いているシーンからスポーツシーンまで幅広く対応。動画撮影を始めたばかりの人でも、新機能ShotGuidesを使えば、30組に及ぶプリセットの撮影チュートリアルを参考にしながら撮影でき、自動編集で簡単に動画を作成可能だとしている。

刷新されたActiveTrack 4.0は、最大5m/sのスピードで、最大3倍のズームを使ったトラッキングに対応。被写体が激しく動いていても認識し続け、被写体をフレームの中心に捉えながら安定したトラッキングを実行できる。さらに、事前にプログラムされた撮影モードを使って、印象的なコンテンツの作成を可能としている。

DJI OM補助ライト内蔵スマートフォンクランプが利用可能

新作の補助ライト内蔵スマートフォンクランプは、補助ライトが内蔵された磁気クランプ。夜景やナイトシーンなど暗所での撮影時に被写体を明るく照らすことができる。他にはリストストラップ、グリップ式三脚、収納ポーチなどがあるという。

DJIシニアプロダクトラインマネージャーのPaul Pan氏は次のようにコメントしている。

私達は何年もかけ、DJI OMスマートフォンスタビライザーの改善を重ねてきました。どんなアクティビティの間でも使いやすく、有用性の高いツールをユーザーに提供し、プロレベルの撮影や高度なテクニックをもっとたくさんの方に習得していただけるよう製品開発に注力してきました。

主にスマートフォンを撮影ツールとして使うユーザーにとって、DJI OM 5は、忘れたくない瞬間を映像に残したい時なくてはならない、コンパクトかつ高度な性能を備えた究極のジンバルとなるでしょう。

DJI OM 5の仕様

一般 ジンバルサイズ 展開時:264.5×111.1×92.3 mm
折りたたみ時:174.7×74.6×37 mm
重量 ジンバル:290g
磁気スマートフォンクランプ:34g
内蔵延長ロッド 最大長 215mm
対応スマートフォン重量 230±60g
対応スマートフォン厚さ 6.9~10mm
対応スマートフォン幅 67~84mm
バッテリー 種類 パウチ型電池
容量 1000mAh
電力量 7.74Wh
電圧 6〜8.8V
充電温度範囲 5°~40°
動作環境温度 0°~40°
駆動時間 6.4時間 ジンバルのバランスが完全に取れており、
理想的な条件下で使用した場合
充電時間 1.5時間 10W充電器で測定
ジンバル充電ポート USB-C
外部デバイス充電ポート なし
ユニバーサルマウント 1/4インチねじ穴
ジンバル 消費電力 1.2 W ジンバルのバランスが完全に取れており、
理想的な条件下で使用した場合
機械的可動範囲 120°/s
最大操作速度 パン:-161.2°~172.08°
ロール:-127.05°~208.95°
チルト:-101.46°~229.54°
無線モード モデル Bluetooth Low Energy 5.0
その他 アプリ DJI Mimo
グリップ式三脚 サイズ 長さ:138mm、直径:32mm
重量 72g