キヤノンはEOS Rシステムの交換レンズ「RFレンズ」の新製品として、普及価格帯の超望遠ズームレンズ「 RF100-400mm F5.6-8 IS USM」を2021年10月下旬に発売する。希望小売価格はオープン、同社オンラインショップ価格は税込90,500円。

RF100-400mm F5.6-8 IS USMは、優れた描写性能と機動性を両立しながら、別売のエクステンダーを装着することで、焦点距離800mmまで望遠域を拡大し、被写体を大きく引き寄せた撮影が可能だとしている。

「UDレンズ」1枚、「非球面レンズ」1枚を含む9群12枚の光学設計により、色収差をズーム全域で抑制し、色にじみの少ない鮮明な描写を可能としながら、全長約164.7mm、質量約635gの小型・軽量を実現。

また、「EF70-300mm F4-5.6 IS II USM」より望遠域を100mm拡張した400mmとすることで、物理的に近づけない舞台上の人物やスポーツの撮影、近寄ることが難しい動物などを大きく写すといった多様な撮影ニーズに応えるという。

キヤノン独自開発の超音波モーター「ナノUSM」により、静止画撮影における高速・高精度AFと動画撮影時における滑らかなAFを実現。また、「EOS R5」装着時は、ズーム全域で最大約100%(横)×約100%(縦)の測距エリアでAF撮影が可能。

手持ち撮影をアシストする手ブレ補正により、EOS R5装着時は、ボディー内の手ブレ補正機構と協調制御することで、静止画撮影時に6.0段の手ブレ補正を実現。ボディー内手ブレ補正機構を搭載していない「EOS R」装着時は、5.5段の手ブレ補正効果を実現。また、最大撮影倍率0.41倍(焦点距離400mm)、最短撮影距離0.88m(焦点距離200mm)で撮影でき、花などの被写体により接近した撮影も可能としている。