ライツは、フルフレームプライムの新しいレンズシリーズ「ELSIE」を発表した。15mmから150mmまでの13本の焦点距離を揃え、筐体のサイズと絞りはすべてT2.1に揃えられている。

13本の焦点距離はT値は2.1に統一されている

ELSIEレンズはLPLマウントを採用。LPL規格の短いフランジの深さに合わせた設計で、機械的・光学的特性などを実現している。ドイツで設計・製造されたELSIEレンズは、ライツレンズの特徴である温かみのある解像感となっている。

画像の四隅に近づくにつれ、解像度と照度が徐々に落ちていき、立体的でポップな印象を与え、視線をフレームの中心へと導く印象が特徴だという。

ちなみにELSIEという名称は、ライカ創業者エルンスト・ライツ2世の娘、Elsie Kühn-Leit(エルシー・クーン・ライツ)の名前に由来している。彼女は抑圧され苦しんでいる人々を擁護し、自らの命をかけて支援した生涯にわたる人道主義者でもあったという。

■Leitz ELSIEシリーズの仕様

  • レンズマウント:LPL with Cooke/iおよびLDS-2
  • フロント径:95mm(焦点距離25mm~100mmの場合)、114mm(焦点距離18mm、21mm、125mmの場合)
  • フロントフィルター:M 92mm×1mm(ねじ込み式)(焦点距離25mm~100mmの場合)、M 112mm×1.5mm(ねじ込み式)(焦点距離125mmの場合)
  • リアフィルター:ネットホルダー経由
  • マッチフォーカス/アイリスリングの位置:全焦点距離
  • フォーカス回転:270°
  • アイリス回転:51.45°
  • フォーカススケール:目盛りは回転式で、インペリアルからメトリックへの変更が容易
  • 絞り羽根枚数:15枚(焦点距離18mm、21mm、25mmの場合)13枚(焦点距離35mm、40mm、75mm、100mmの場合)