Blackmagic Designの発表によると、フランス・テレヴィジオンが、Fairlightを中心とするデジタル・オーディオ・ワークステーション(DAW)を導入して、同社のオーディオおよびビデオのポストプロダクション設備をアップグレードしたという。

パリの販売代理店、Magic Hourのサポートを受け、フランス・テレヴィジオンは、フランス国内で様々な業務を行う24箇所の地域ニュースルームのハブに、2つのベイシステムで31のFairlight Advanced Consoleを導入した。

エンジニアリングおよび技術サービスの責任者、グレゴリー・ヴァイタル氏は次のようにコメントしている。

24箇所のニュースルームにわたって、継続的な放送を保証し、地域の放送用ニュース制作を流動的かつ迅速に行うことができるソリューションが必要でした。

以前のソリューションでは目的を果たせなくなりました。また、サポートにかかる時間と費用も相当なものでした。

エンジニアリングチームとサポートチームが緊密に連携し、複数の拠点で大規模なテストを行ったことで、 フランス・テレヴィジオンは、Blackmagic Designのサポートのもと、シミュレーション環境でFairlightのハードウェアとソフトウェアを使用できたという。

多くのワークフローが自動化されていたため、新しいソリューションは、将来が保証されたオーディオおよびビデオのツールセットを搭載しており、かつ同社がニュース分野全体で使用する既存のメディア&制作アセット管理(PAM)とシームレスに統合するものである必要があった。

ヴァイタル氏:Fairlightは、私たちの当面の要件すべてと、将来4Kワークフローに拡張する上でのサポートも満たしていました。DaVinci ResolveのAPIにアクセスできることで、既存のシステムおよびワークフローのオートメーションにFairlightをすばやく統合でき、オペレーターたちにとって円滑な移行となりました。

放送ニュースの読み込みワークフローは2種類ある。これらは、iMediaからDaVinci ResolveにAPIリクエストを送信することで自動化される。その際に使用されるPythonスクリプトは、ワークセッションをテンプレートから作成・ロードする。

サウンドボードのオペレーターであるパスカル・アーノルド氏は、次のように述べている。

出力ワークフローに関しては、AAF、MXF、または音声のみを、デリバリープリセットを使用して出力できます。

フランス・テレヴィジオンは、Fairlightコントロールサーフェスの品質と仕様に感銘を受けたという。

オーディオビジュアル・マネージャー、アマンディン・ドゥーセ氏は、

オペレーターたちは、EQなどの基本的な機能とコントロールにより直接的にアクセスできるようになりました。これは、オンエアまでのスピードが肝心となる放送ニュースルーム環境において、極めて重要です。

シニア・プロジェクト・マネージャーのアントワーヌ・フリノイス氏は

これらのコンソールがモジュール方式であり、カスタム収納棚やBlackmagic Designシャーシに統合できることは大きな利点です。これにより、様々なミキシング環境に導入できました。

と、それぞれコメントしている。

IPアプリケーション・エンジニアのカメル・ファウナス氏は、人間工学に基づいたFairlight Desktop Audio Editorは貴重だという。

ファウナス氏:適切にコンフィギュレーションした後は、数多くのショートカットとマクロを簡単に使用できます。ミキシング処理が高速化することは、ニュースワークフローにとって大きなプラスです。

現在のスタッフおよび新しいスタッフに対する教育目的で、France Télévisions Universitéと緊密に連携し、認定トレーニングプログラムも導入された。

ヴァイタル氏:製造業者と販売代理店の協力を得て、Fairlightの認定スーパーユーザー・グループを作りました。これにより、社内トレーニングを効果的にサポートし、各地域の独立および作業速度を向上できます。

DaVinci Resolveの開放性も、同放送社がFairilightの導入を決断する上で決め手のひとつとなったとしている。

ヴァイタル氏:近代的でオープンなプラットフォームを統合することで、システムを更新する際の選択肢が広がり、互換性の問題に阻まれることもありません。

また、これは非常に大きなプロジェクトでした。18か月未満で、既存のワークフローにFairlightを統合し、190人にトレーニングを提供し、フランス全土で24箇所のセンターを運営可能にする必要がありました。それもすべて、コロナ禍においてです。

Blackmagic Designのディレクターであるティム・シドンズ氏は、次のようにコメントしている。

このプロジェクトでは、Fairlightコンソールを24の地域で迅速に展開することが重要でした。

弊社公認のFairlight販売店であるパリのMagic Hourと緊密に連携することで、フランス・テレヴィジオンのビジョンを全地域で予算内で実現できました。