グラスバレーは、EDIUS X Proの機能追加や不具合を改善したアップデート「Version 10.30」を公開した。同社Webサイトよりダウンロード可能。

機能追加の詳細は以下の通り。

(以下、リリースノートより引用)

■EDIUS
  • クリップの属性を他のクリップにコピーする機能を追加
  • タイムライン上のクリップにクリップマーカーを追加するショートカットキーを追加
  • タイムライン上にロードされたタイムラインシーケンスのオーディオ波形を表示する機能を追加
  • タイムラインにロードされたタイムラインシーケンス内のクリップマーカーとシーケンスマーカーを表示する機能を追加
  • Windows11をサポート
    ※詳細についてはEDIUSworld.comのFAQを参照
  • 可変フレームレートのMP4ファイルをサポート
  • 通常再生にスキップフレーム再生機能を追加
  • H.265/HEVC Timecode SEIのタイムコードの読み取り及び書き込みに対応
    ※ハードウェアエンコードは未対応
  • H.264/AVC Picture Timing SEIへのタイムコードの書き込み機能を追加
    ※ハードウェアエンコードは未対応
  • インストールされているBlackmagic Design DeckLinkドライバーが必要なバージョンよりも古い場合にインストール中に警告を表示する機能を追加
  • XAVCのプロキシ編集中、Ch1とCh2だけでなくすべてのオーディオチャンネルの読み込みをサポート
    ※Ch3以降はプロキシ編集中は無音
  • エクスポーターに出力先ファイル名を自動設定する機能を追加
  • 異なるフォーマットの複数のファイルの一括ファイル変換をサポート
  • ウィンドウレイアウトを適用するためのショートカットキーを追加
  • インターレースのH.265/HEVCファイルのエクスポートをサポート
  • プレイヤーウィンドウの「スライダの拡大」用のショートカットキーを追加
  • AJA T-TAP Proによるプレビューをサポート
    ※このデバイス用のAJAのドライバーはv16.1.0.5を推奨
    ※他のAJAデバイスにはV15.5.3を推奨
    ※詳細についてはEDIUSworld.comのFAQを参照
  • メモリー管理を改善
  • H.265/HEVCソフトウェアエンコーダーが利用可能
  • Sony XDSシリーズXDCAMステーションから供給される収録中MFXファイルの編集が可能
    ※Workgroupのみ
  • 最新のP2 8K 422フォーマット規格(v.1.12)に準拠
  • Blackmagic RAW SDKをv2.2に更新し以下のBlackmagic RAWクリップをサポート
  • Panasonic Lumix S1、S5、S1H、GH5S、BGH1及びBS1HとBlackmagic Video Assistの組み合わせで撮影されたクリップ
  • Fujifilm GFX100及びGFX100SとBlackmagic Video Assistの組み合わせで撮影されたクリップ
  • プロパティダイアログ内のGPSデータの書式を可読性向上のために修正
  • プロパティダイアログにMOVクリップのGPSデータを表示する機能を追加
■Mync
  • Windows11をサポート
    ※詳細についてはEDIUSworld.comのFAQを参照
  • 可変フレームレートのMP4ファイルをサポート
  • H.265/HEVC Timecode SEIのタイムコードの読み取り及び書き込みに対応
    ※ハードウェアエンコードは未対応
  • インターレースのH.265/HEVCファイルのエクスポートをサポート
  • メモリー管理を改善
  • H.265/HEVCソフトウェアエンコーダーが利用可能
  • Blackmagic RAW SDKをv2.2に更新し以下のBlackmagic RAWクリップをサポート
    • Panasonic Lumix S1、S5、S1H、GH5S、BGH1及びBS1HとBlackmagic Video Assistの組み合わせで撮影されたクリップ
    • Fujifilm GFX100及びGFX100SとBlackmagic Video Assistの組み合わせで撮影されたクリップ
  • プロパティペイン内のGPSデータの書式を可読性向上のために修正
  • プロパティペインにMOVクリップのGPSデータを表示する機能を追加