PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. IMC TOKYO 2008 Digital for Cinema Pro
News

IMC TOKYO 2008 Digital for Cinema Pro

#IMC TOKYO

2008-06-13 掲載

デジタル技術が映画制作に与えるインパクトとは?

↑RED CINEMA社 テッド シュロビッツ氏インタビューテロップ入り動画はこちら

IMC TOKYO 2008で、以前の映画テレビ技術・プロダクション展を感じさせるコーナーが、社団法人日本映画テレビ技術協会、協同組合日本映画撮影監督協会のブースが設けられた「デジタル4シネマプロ」コーナーだ。

ただ、初心者向けの撮影技法の紹介や映画セットの出展、中古機材販売コーナーといったものがなくなってしまったこと残念だ。以前のように、初心者が映画撮影現場の雰囲気を味わえることはなくなり、単なる展示会になってしまった。

 

まだまだフィルム撮影をすることが多いとは言え、映画撮影においても、デジタル化の波は押し寄せている。昨年までは、ソニーや松下電器産業、池上通信機のHDカメラや、カメラ関連機材に関する出展もあったが、今年の出展はなし。デジタル放送サービスコーナーで放送局の出展はあるものの、イベント全体の傾向がインターネット系専門イベントであることが影響している。

そんな「デジタル4シネマプロ」コーナーではあったが、収録機材面で着実に定着し始めたのがRED Digital Cinemaの4KデジタルシネマカメラRED ONEだ。今年のNAB Showでは あちこちのブースで展示されたRED ONEだが、日本でも認知は進んできているようだ。

2日目夕方に、「デジタル4シネマプロ」コーナーの特別講演として、国際会議場2階コンベンションホールで、RED Digital Cinemaのテッド・シュロビッツ代表が、NAB Showのブースで公開したRED ONEを使用した最新映像を上映すると共に、同社の取り組みを話した。聴講予約だけでコンベンションホールが満席になるほど参加者がつめかけ、RED Digital Cinemaの取り組みに対する注目度を表していた。

日本でも4Kデジタルシネマ撮影の扉は確実に開かれた。映画撮影においても、これまでのフィルムカメラ撮影からテレシネへというワークフローが、デジタル収録からストレージへとデータ移行するワークフローへと変化していくことになる。カメラ内である程度の画像処理を行ってから出力しているこれまでのHDカメラとは違い、収録イメージをそのまま記録するRAWファイルを扱うRED ONEのワークフロー は、デジタル化されたフィルムを扱うのに等しい。

スチルデジタルカメラのRAWファイル現像処理と同様に、カラーグレーディングなどの現像処理が必要だ。そのワークフローは、まだまだ改善、効率化する部分も多いだろうが、映画だけでなくCMなどの分野においても、いよいよHD化への動きが加速していきそうだ。

出展企業


[ Category : ]
[ DATE : 2008-06-13 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[IMCTOKYO2009]デイリーレポート ~時代に併せて進化する映像イベントIMC Tokyo 2009~

毎年6月に行われてきた映画テレビ技術・Digital Production展は、昨年からIMC Tokyoに組み込まれた。 今年は「デジタルシネマ ワークフローサミット」として... 続きを読む

[IMCTOKYO2009]パナソニック システムソリューションズ ジャパンブース ~低予算HD制作でも活用できる製品群をアピール~

パナソニックシステムソリューションズ ジャパンは、低予算HD制作でも活用できる製品群をアピールした。 メモリーカードを使用したファイルベース収録には、業務用AVCHDカメラレコー... 続きを読む

[IMCTOKYO2009]西華産業ブース ~デジタルシネマカメラRED ONEを2台使用したステレオスコピック4K収録システムを出展~

西華産業は、アジア地域でRED Digital Cinema製品のテクニカルサポートを正式に担当することになった(後日詳報予定)。IMC Tokyoでは、「デジタルシネマ ワーク... 続きを読む

[IMCTOKYO2009]テクノハウスブース ~デジタルシネマトグラフィーカメラ用のビデオ/データレコーダーOB-1を展示~

テクノハウスは、デジタルシネマトグラフィーカメラ用のビデオ/データレコーダーOB-1を、ARRIFLEX D-21やSONY F35にマウントする形で展示した。OB-1は、HD-... 続きを読む

[IMCTOKYO2009]コンチネンタル ファーイーストブース ~3Dデジタルシネマ方式によるステレオスコピック映像の投影を提案~

ドルビーのデジタルシネマ製品を取り扱う商社のコンチネンタル ファーイーストは、ドルビー3Dデジタルシネマ方式によるステレオスコピック映像の投影を提案した。ドルビー3Dに対応したプ... 続きを読む

[IMCTOKYO2009]ナックイメージテクノロジーブース ~HDハイスピードカメラシステムMEMRECAM Hi-Motionを展示~

カメラ機材を扱うナックイメージテクノロジーは、HDハイスピードカメラシステムMEMRECAM Hi-Motionを展示した。1080フルHDで、600pの収録が可能なカメラだ。こ... 続きを読む

[IMCTOKYO2009]計測技術研究所ブース ~UDR-D100ディスクレコーダー製品を活用した非圧縮2K撮影ワークフローを紹介~

計測技術研究所は、UDR-D100ディスクレコーダー製品を活用した非圧縮2K撮影ワークフローを紹介した。UDR-D100は撮影・収録用マガジン型レコーダ。ビデオ系12V・映画系2... 続きを読む

[IMCTOKYO2009]アストロデザインブース ~56型液晶モニタDM-3410と3D液晶モニタSMシリーズを出展~

アストロデザインは、リアル10bit表示が可能な56型液晶モニタDM-3410と、ステレオスコピック収録時に3D映像を確認するための3D液晶モニタSMシリーズを出展した。DM-3... 続きを読む

[IMCTOKYO2009]コダックブース ~3Dコンテンツの上映に対応したデジタルシネマ機器を展示~

コダックは、3Dコンテンツの上映に対応したデジタルシネマ機器を展示した。デジタルコンテンツの取り込み/保存/再生をシームレスに行うデジタルシネマ用サーバのコダックSMS(スクリー... 続きを読む

特集記事

2020年11月特集:[再現:Inter BEE 2020]-Web Trade Show- 再現:Inter BEE 2020-Web Trade Show-
11月18日(水)からオンライン開催されるInterBEEを解説する。
Inter BEE 2019 ぼくらのEDIUS X
約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「EDIUS X」の魅力を紹介。
InterBEE 2019の歩き方 Broadcast & Cinema EXPO 2020
映像制作者、映像業界関係者向け情報イベント配信番組。
ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
SIGGRAPH2020 SIGGRAPH2020
オンライン開催されたVFXの祭典・SIGGRAPH2020をレポート。
映像基礎講座 映像基礎講座
映像の基本や基礎知識を学ぶ。映像制作初心者はもちろん、熟練者ももう一度初心に立ち返ろう。
	
Shoot with Vlog cam Shoot with Vlog cam
個人の動画ブログ「Vlog」が隆盛するいま、Vlog用カメラを通して映像を撮ることを数回にわたり考える。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part II
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part I
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. IMC TOKYO 2008 Digital for Cinema Pro