PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  • imgInstagram
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [2008年総括:これからの映像業界]2008年HVR-Z7Jが売れた理由とは?
Special

2008年HVR-Z7Jが売れた理由とは?

2008-12-24 掲載

間もなく2009年を迎える。2008年は、皆さんにとってどんな年だったのだろうか? 気になるのが今年売れた機材たち。2008年の売れ筋(System 5提供資料)を見ながら、去りゆく2008年とともに人気機材の動向を振り返ってみよう。 映像業界必須の機材をカメラ、三脚、アクセサリー・周辺機材の3部門。自ずと今年のトレンドが見えてくる。今年1年、各社とも新型のカメラを投入してきたが、やはり根強い人気となっているのはソニーのHDVカムコーダー製品だ。カメラのファイルベース化は進んでいるものの、テープが回っていることへの信頼感はまだまだ強く残っていることが分かる。HDVカムコーダーは、テープ記録をしながらもファイルベースの運用が可能なことが安心感につながっていると言える。ここから見えてくるものはなんだろうか?

System 5からのコメント
今年は、各社がいろいろな新製品を矢継ぎ早に出してきた感じがあります。特に今年の後半はそんな印象が強く残っています。
今年の特徴と言えば、小型化、ファイルベースへの移行となりますが、それでもテープフォーマットの需要は根強く残ります。店頭でも、お客様からファイルベースの利便性は理解いただいていますが、収録時間が問題になってしまったり、周辺環境が問題で導入できないことがあったりと、まだまだ万人に受け入れられる状況ではないと感じています。
もう1つ。これはメーカー側にいつも伝えているのですが、新しいフォーマット、ファイルベースを市場に投入することと同時に、しっかりとしたワークフローを考え、収録から完パケまでイメージできるようにしてもらいたいです。今の時代、商品単体ではなく、入力から出力までの流れを分かりやすくサポートしないことには、どんなに良い商品でも売れていかないのではないかと感じています。
今年はカメラ新製品登場の影響もあり、周辺機器も結構楽しめる商品が多かったと思います。このあたりは、来年も引き続き期待したいです。

カメラ部門はHDV+ファイルベース記録が主流に

HVR-Z7J.jpg

カメラ部門で売れ筋ナンバー1を獲得したソニーHVR-Z7J(写真)は、ハンディタイプの小型HDVカムコーダーでありながら、レンズ交換式で、コンパクトフラッシュ記録ユニット付きの製品だ。ファイルベースにいきなりは移行できなくても、テープ運用をしながら、徐々にコンパクトフラッシュ記録を使用していくことで、スムースなファイルベース移行を図れることも販売数の増加につながっている。11月までの売れ筋ということで、ソニー新製品のHVR-Z5Jはリストに入っていない。HVR-Z5Jが、CCD採用で根強い人気を持つHVR-Z1Jや、ハードディスク記録と連携したHVR-V1Jのランクにどう影響を与えるのか。来年の動向から目が離せない。

メーカー 機 種 タイプ コーデック レンズ 記録メディア
1 ソニー HVR-Z7J ハンディ HDV 交換式 miniDV+CF
2 ソニー PMW-EX1 ハンディ XDCAM EX 固定式 SxS (*3)
3 ソニー HVR-V1J ハンディ HDV 固定式 miniDV (*1)
4 ソニー HVR-A1J ハンディ HDV 固定式 miniDV (*2)
5 エルモ SUV-Cam II 特殊 MS-MPEG4 交換式 SD, SDHC
6 ソニー HVR-Z1J ハンディ HDV 固定式 miniDV (*2)
7 ソニー HVR-S270J ショルダー HDV 交換式 miniDV/DV+CF
8 ソニー PMW-EX3 ハンディ XDCAM EX 交換式 SxS (*3)
9 パナソニック AG-DVX100B ハンディ DV 固定式 miniDV

System 5調べ。2008年1〜11月実績。

System 5調べ。2008年1〜11月実績。


(*1):HVR-DR60によるHDD記録にも対応。

(*1):HVR-DR60によるHDD記録にも対応。


(*2):HVR-DR60によるHDD記録にも対応するが一部機能制限あり。

(*2):HVR-DR60によるHDD記録にも対応するが一部機能制限あり。


(*3):PHU-60KによるHDD記録にも対応。

(*3):PHU-60KによるHDD記録にも対応。



三脚部門は、カメラに合わせて小型・軽量タイプの動きが顕著

三脚部門は、ハンディカメラの動向に合わせた動きとなっている。小型・軽量のものが中心だ。カメラ、レンズ、アクセサリーを揃えた後に三脚購入というケースが多いとも聞く。しかし、HD収録では振動の影響をかなり受けるようになっていることから、可能であれば1回り大きく重量のあるものを使用した方が、画質は確実に上がるはずだ。カメラの重量と画質、三脚の大きさと重量、現状ではベストな選択肢を見つけるのに苦労しているという印象だ。

メーカー 型 番 タイプ
1 Libec TH-950DV 小型カメラ用3段三脚
2 Libec LS-22DV 小型カメラ用3段三脚
3 Manfrotto 560B 小型カメラ用4段一脚
4 Libec TH-650DV 小型カメラ用3段三脚
5 Manfrotto 503HDV,525PKIT 小型カメラ用3段三脚
6 Manfrotto 501HDV,525PKIT 小型カメラ用3段三脚
7 Libec LS-55DV 小型カメラ用3段三脚
8 Manfrotto 503HDV,525JPKIT 小型カメラ用3段三脚
9 Libec LS-38(2A) 小型カメラ用3段三脚
10 Libec LS-38DV 小型カメラ用3段三脚
11 Libec LS-55DV(2A) 小型カメラ用3段三脚
12 Manfrotto 519,525PKIT 小型カメラ用3段三脚
13 Manfrotto 558B 小型カメラ用3段一脚
14 DAIWA VT-551 小型カメラ用3段三脚

System 5調べ。2008年1〜11月実績。

System 5調べ。2008年1〜11月実績。



アクセサリー周辺機材部門は、マンフロットのModosteadyが人気

アクセサリー・周辺機材部門は、テープとバッテリーを除いてまとめた。まだまだテープ運用が残っていることは、ソニー製HDVレコーダーや日本ビクター製DVビデオカセットレコーダーのランクが上位にあることでも分かる。

そんななか、今年1年の注目機材といえば、やはりマンフロットのカメラスタビライザーModosteadyということになりそうだ。スタビライザー、ショルダーサポート、卓上三脚の3形態で使用できることも、販売数を伸ばした要因だ。スタビライザー機能は750gまでのカメラ用という制約はあるが、むしろスタイリッシュなショルダーサポートとしての需要の方が多いのかもしれない。

メーカー 型 番 品 名
1 ソニー BC-L70 2連型リチウムバッテリーチャージャー
2 ソニー VCT-U14 三脚アダプター
3 Libec ZC-3DV DVカメラ用ズームリモコン
4 ソニー BC-U1 バッテリーチャージャー
5 プロテック ST-1 三脚アダプタープレート
6 ソニー HVR-M15J HDVレコーダー
7 プロテック FD-300A BNC式2線インターカム
8 Manfrotto Modosteady カメラスタビライザー
9 ソニー HVR-M25J HDVレコーダー
10 ソニー UWP-V1 UHFワイヤレスマイクロホンパッケージ
11 日本ビクター BR-DV3000 DVビデオカセットレコーダー
12 ソニー HVR-DR60 HDV HDDレコーディングユニット
13 ソニー SH-L32WBP LCDフード
14 ソニー VCL-HG0862K 0.8倍ワイドコンバージョンレンズ
15 KATA CC-193 ビデオカメラバッグ
16 ソニー MDR-7506 ステレオヘッドホン
17 ソニー RM-1BP リモートコマンダー
18 ソニー ECM-673 エレクトレットコンデンサーマイクロホン
19 オリジナル SBM-01 三脚ベース
20 アツデン 55BT B型ベルトパックタイプトランスミッター

※バッテリーとテープを除く。

※バッテリーとテープを除く。


System 5調べ。2008年1〜11月実績。

System 5調べ。2008年1〜11月実績。


「[2008年総括:これからの映像業界]09年はヒューマン・ファイルベースへ移行」に進む


[ Category : ]
[ DATE : 2008-12-24 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

特集記事

GH world
正式に発表されたパナソニック「GH5 II」と「GH6」。実機やインタビューを通して、GHシリーズの今後の展開を占う。
Virtual Production Field Guide Season2
バーチャルプロダクション特集のSeason2。引き続き国内の最新の動向やワークフローを追う。
ARRI, my love
映画機材界の雄であるARRI。日本での販売拡大に注目されるARRIの歴史から実用例までフィーチャーする。
SXSW2021
3/16~20日にオンライン開催となった「SXSW2021」をレポートする。
Virtual Production Field Guide
国内のバーチャルプロダクションの展開と、映像制作ワークフローへの影響について紹介
CP+2021
オンライン開催のCP+2021で発表された新製品をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編
2020年末から2021年に発売されたレンズ新製品をピックアップする。
映像基礎講座 Episode 2
2020年8月に公開された特集「映像基礎講座」続編。引き続き映像の基本や基礎知識を学ぶ。
CES2021
オールデジタルのオンライン開催となったCES2021をレポートする。
年末イッキ読み!
2020年に話題になった製品の特集やコラム記事をまとめて振り返る。
PRONEWS AWARD 2020
激動の1年となった2020年の映像業界を、PRONEWS編集部が総括する。
2020年11月特集:[再現:Inter BEE 2020]-Web Trade Show- 再現:Inter BEE 2020-Web Trade Show-
11月18日(水)からオンライン開催されるInterBEEを解説する。
Inter BEE 2019 ぼくらのEDIUS X
約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「EDIUS X」の魅力を紹介。
InterBEE 2019の歩き方 Broadcast & Cinema EXPO 2020
映像制作者、映像業界関係者向け情報イベント配信番組。
ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [2008年総括:これからの映像業界]2008年HVR-Z7Jが売れた理由とは?