PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. CEATEC JAPAN 2009 現地レポート
News

CEATEC JAPAN 2009 現地レポート

#CEATEC JAPAN

2009-09-29 掲載

10月6日(火)から10月10日(土)まで幕張メッセにて開催される最先端IT・エレクトロニクス総合展 “CEATEC JAPAN 2009″(シーテック ジャパン)を、今年もPRONEWSがレポートします。

更新情報

2010年は3Dテレビ元年になる

ceatec2009_main.jpg

映像、情報、通信の総合展示会「CEATEC JAPAN 2009」が10月6日から千葉県の幕張メッセで開催した。一昔前までIT関連の展示会といえば、WPC TOKYO(WORLD PC EXPO)やCOMDEX/Japan、MACWORLD EXPOなど乱立していた時期があったが、ほとんどの展示会は開催終了。現在はCEATEC JAPANが国内IT関連展示会の唯一無二の存在となっている。

しかし、CEATECの会場に着いて最初に目についたのが会場である。まず展示会場である幕張メッセにCEATECのサイネージが見当たらない!例年来場者を迎える大きな看板がないのである。それは、今年の展示を予兆されるものに思われた。

気になったのが家電メーカーの勢いだ。昨年出展していた日本ビクターやパイオニアは出展していない。さらに、一昔前までの「プラズマ VS 液晶」といった薄型テレビ戦争や「Blu-ray Disc VS HD DVD」といった次世代規格戦争も落ち着いたこともあり、家電メーカーの強い盛り上りはあまり感じられない。そんな中でも今年の注目は「映像の3D化」だ。再三にわたってPRONEWSでは、3Dについて取り上げているが、いよいよコンシューマーレベルで3Dが取り上げられるのは非常に感慨深い。

ブルーレイディスクアソシエーションは2009年9月2日にBlu-ray向け3D映像フォーマットを発表し、ソニーは「対応ハードウェアを2010年に製品を発売」、パナソニックも「2010年の商品化を目指す」と公言している。他のほとんどの家電メーカーも3D対応のテレビを参考出展した。2010年は間違えなく、家庭で3D映像体験がスタートする年となるだろう。まず最初にそんなホットな3D対応機器から紹介してみた。

CEATEC JAPAN 2009 ブースレポート

ceatec2009_main.jpgのサムネール画像

多くのブースが新製品、新サービスを紹介!その中でも注目のブースをレポート!

詳しくはこちら

CEATEC JAPAN 2009 カテゴリ別レポート

分野ごとの新製品、新サービスをレポート!

詳しくはこちら

CEATEC JAPAN 2009 フォトギャラリー

CEATEC JAPAN 2009会場で撮影した写真を一挙公開!

詳しくはこちら

CEATEC JAPAN 2009 ムービーギャラリー

CEATEC JAPAN 2009 注目ブースの動画を掲載!

詳しくはこちら

会場を彩るイベントコンパニオン特集!

ceatec2009_compa_enter.jpg

CEATEC JAPAN 2009会場でブースを華やかに彩っていた女性たちをご紹介します。

詳しくはこちら

CEATEC JAPANとは

CEATEC JAPANは、世界最先端の技術・製品・サービスが発表され、国内外の業界関係者を始めとする、幅広いユーザから大きな関心をもたれている最先端IT・エレクトロニクス総合展。部品・デバイスから完成品まで多岐にわたる展示構成と、業界をリードするキーパーソンがメッセージを発信するコンファレンスは、国内外のメディアからも注目を集めている。CEATEC JAPANは毎年秋に幕張メッセにて開催され、今年は10月6日(火)から10月10日(土)が会期。

CEATEC JAPAN 2008 レポート記事はこちら

CEATEC JAPAN 2007 レポート記事はこちら

CEATEC JAPAN 2006 レポート記事はこちら


[ Category : ]
[ DATE : 2009-09-29 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[CEATEC2015]Vol.02 製品を生成するパーツから考察する次世代の製品とは

txt:稲田出 構成:編集部 CEATECはディバイスなど電子パーツの展示会をルーツにしているため、製品以前の出展も多い。現在ではこうした製品を構成するパーツから次世代の製品... 続きを読む

[CEATEC2015]Vol.01 各社の得意分野にフォーカスした展示を展開

txt:稲田出 / Ai YAMAMOTO 構成:編集部 10月7日から10日の4日間、千葉・幕張メッセにおいて日本で最大のIT・エレクトロニクス先進技術の展示会「CEATE... 続きを読む

[CEATEC2014]Vol.02 未来を感じる新領域の最新技術

新領域の最新技術が幾つも見られる会場 NHKは、毎年CEATECでJEITAと共催で最新の映像技術や今後の動向などを紹介したブースを出展している。今年も4K関連や8K関連、ハイブ... 続きを読む

[CEATEC JAPAN 2013]Vol.03 見えてくる新しい潮流と組み込みディバイス

CEATECでは製品はもちろん最新のディバイスなども出展されている。これらは発売間際の製品もあれば、開発途上のものもあり、なかには想像もできない製品に組み込まれるディバイスもある。... 続きを読む

[CEATEC JAPAN 2013]Vol.02 高精細の要はディスプレイから

アジア最大級の通信・情報・映像総合展CEATEC JAPAN 2013が開催された。生活に密着した家電製品を初め、最先端の電子部品・デバイスなどのほか、4K・8Kテレビやスマートフ... 続きを読む

[CEATEC JAPAN 2013]Vol.01 会場に溢れる4K製品は、もうすぐそこに!

10月1日より千葉県の幕張メッセで、ITとエレクトロニクスの総合展「CEATEC JAPAN 2013」が始まった。CEATECの魅力は、ソニーやパナソニックなどが「IFA 201... 続きを読む

[CEATEC2010]3Dとスマートフォンの狭間でまだ知るべき商品群…

CEATEC2010は、「3D」と「スマートフォン」一色 開催日2日目の10月6日は、一般公開日の初日になる。幕張メッセのホール1から6それに加えCEATEC Suiteと銘打ち... 続きを読む

[CEATEC2010]KDDI ここでも人気のスマートフォン「IS03」に注目!

KDDIブースの一番人気はCEATEC前日に発表されたスマートフォン「IS03」だ。ブースの一番手前に展示コーナーが配置されているなど、かなり力を入れてアピールが行われていた。 ... 続きを読む

[CEATEC2010]SD Association 記録の要、10周年を迎えたSDメモリーの世界

発足当初のSDアソシエーションは、パナソニック、サンディスク、東芝の3社だったが、デジカメやビデオカメラ、音楽プレーヤーなど様々な機器に採用されており、現在約1300社の会員企業が... 続きを読む

特集記事

映像基礎講座 映像基礎講座 Episode 2
2020年8月に公開された特集「映像基礎講座」続編。引き続き映像の基本や基礎知識を学ぶ。
CES2021 CES2021
オールデジタルのオンライン開催となったCES2021をレポートする。
年末イッキ読み! 年末イッキ読み!
2020年に話題になった製品の特集やコラム記事をまとめて振り返る。
PRONEWS AWARD 2020 PRONEWS AWARD 2020
激動の1年となった2020年の映像業界を、PRONEWS編集部が総括する。
2020年11月特集:[再現:Inter BEE 2020]-Web Trade Show- 再現:Inter BEE 2020-Web Trade Show-
11月18日(水)からオンライン開催されるInterBEEを解説する。
Inter BEE 2019 ぼくらのEDIUS X
約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「EDIUS X」の魅力を紹介。
InterBEE 2019の歩き方 Broadcast & Cinema EXPO 2020
映像制作者、映像業界関係者向け情報イベント配信番組。
ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
SIGGRAPH2020 SIGGRAPH2020
オンライン開催されたVFXの祭典・SIGGRAPH2020をレポート。
映像基礎講座 映像基礎講座
映像の基本や基礎知識を学ぶ。映像制作初心者はもちろん、熟練者ももう一度初心に立ち返ろう。
	
Shoot with Vlog cam Shoot with Vlog cam
個人の動画ブログ「Vlog」が隆盛するいま、Vlog用カメラを通して映像を撮ることを数回にわたり考える。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part II
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part I
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. CEATEC JAPAN 2009 現地レポート