時流に合わせて進化する三脚・特機の傾向とは?

三脚・特機市場の今年の傾向として最も顕著だったのは、DSLR(デジタル一眼レフカメラ)ムービー市場への各社の注力度合いだ。面白かったのは、ビデオ三脚メーカーやビデオバッグのメーカーまでが”DSLR専用”と言わんばかりのネーミングで製品を送り出して来たことだ。このDSLRムービーブームに牽引されるカタチで、ハイエンドなプロ映像専用だったザハトラーやオコーナーといった有名三脚メーカーも小型のビデオ三脚に力を入れ、またステディカムや新しいミニジブなど小型カメラ用の特機も数多く出てきたことも今年の大きな流れだったように思う。実際にDSLR関係の周辺製品も数多く出て来たが、中でもプロ機材ドットコムのEOS 5D markⅡ用ムービーリモコン「REC-R1」は、これまで背面ボタンでしか出来なかったムービーのREC ON/OFFを、アクセサリーシューに送信機をセットしてスイッチをDSLRリグのグリップ等にセットするだけでリモートコントロールできる安価で使える優れものだ。

ビデオ三脚では、ザハトラーのビデオ 18S1/20S1やヴィンテンからも「Vision Blue」シリーズなど新たな小型カメラ向けのラインナップが出て来た。マンフロットからは新設計のバリアブルフリクションや新しい独自の特許技術”ブリッジング・テクノロジー”を採用したフルーイド雲台の新製品「504HD」に注目が集まった。

国産メーカーからは一昨年に発売されたLibec(平和精機工業)のRSシリーズが依然として人気が高く、低価格でありながら高い品質と無段階カウンターバランス構造や-40℃までの寒冷地仕様など、シンプルかつ最大公約数のプロ機能装備がユーザーからの好評を博しているようだ。

ユニークだったのは、キヤノンがInter BEE 2010で発表した、放送用レンズ用のワイヤレスレンズコントロールボックス「WB-10T/WB-10R」で、Bluetooth2.4GHzを採用したレンズのワイヤレス遠隔コントロールシステムは、最大10mというアイディア製品だが、放送局などでも小型化が進む現在では、今後多く求められるソリューションとして注目だ。また海外製品からもポーランドのFloatcam社から出てきたドリーとクレーンの両方の機能を持つその名も「DollyCrane(ドリークレーン)」は、こちらもアイディア商品だが、これまでのミニジブやミニクレーン、もしくはドリーだけでは得られなかった変わったアングルが得られる等、小型化するカメラに追従するカタチで、これまでに無かったユニークな撮影が実現出来る機材が出てきた。

txt:石川幸宏 構成:編集部

PRONEWS AWARD 2010 三脚・特機部門ノミネート製品

  • Libec RSシリーズ
  • ザハトラー ビデオ 18S1/20S1
  • ヴィンテン Vision Blue
  • キヤノンWB-10T/10R ワイヤレスレンズコントロールボックス
  • プロ機材ドットコム REC-R1 EOS 5D markⅡ用ムービーリモコン
  • Flatcam (ポーランド製)DollyCrane

ノミネート基準と講評

「LibecのRSシリーズはRS-250が出て、ますます低価格ながら高機能が受け入れられて売れ続けているので、スタンダードなビデオ三脚として定着しそうだ」

「DSLRムービーに関する周辺機器は本当に国内外取り混ぜて沢山出ているが、REC-R1などの基本機能をサポートしてくれるものが一番重要」

「カメラの小型化に併せて、撮影方法なども様々なスタイルがとられるようになったのは、ベータカムからDV化が進んだときなど、これまでの映像撮影の歴史と同じ。現在で根本的に違っているのはそれがファイルベースであるということだ」

「国内製品と海外製品の差異は無くなって来ているので、問題はサポートやメンテナンスといった体制が求められてくるだろう」

「中国、台湾、韓国製品も三脚メーカーや特機製品では充分に使える面白いアイディア製品が多々出て来ており、今後の市場活況が楽しみだ」

「来年はDSLRに加えて、パナソニックAG-AF105やソニーPMW-F3などの大判センサービデオカメラの周辺機器や三脚、特機も充実してくるのではないか?」