PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  • imgInstagram
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [SIGGRAPH2012]Vol.01 CGの祭典SIGGRAPH2012開催!
Special

[SIGGRAPH2012]Vol.01 CGの祭典SIGGRAPH2012開催!

2012-08-06 掲載

注目のComputer Animation Festival (SIGGRAPH2012)が開催

SIGGRAPHは世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会である。通算、第39回となる SIGGRAPH2012が、2012年8月5日から9日の5日間、米国ロサンゼルスで始まった。今年は映画の街ロサンゼルスにて、毎日雲ひとつない晴天のもと、開催されている。会場となったのは、ロサンゼルスコンベンションセンター。大変巨大な会場である。マイケルジャクソンの “THIS IS IT” の収録現場になったステープルセンターの隣に位置する建物だ。今年も現地から、数回に分けて御届けしていこう!

2012SIGGRAPH5719.JPG

SIGGRAPH 2012 “Studio” のコーナー。各社提供の三次元プリンターやスキャン機材をもとに、その場で映像制作を試したり、楽しんだり、教わったりすることのできるコーナー

今年は一昨年に引き続きロサンゼルスでの開催となった。今年冬に開催される SIGGRAPH ASIA 2012はシンガポール、来年の SIGGRAPH 2013はアナハイム、2014年はカナダバンクーバーが予定されている。SIGGRAPHはコンピュータグラフィックスの学会であるが、近年では、CG(コンピュータグラフィックス)技術のみならず、CGを活用した映像作品や、インタラクティブ技術に関する研究も充実している。今年からは特にハプティック(触覚)やテキスタイル(素材)に関する研究カテゴリも追加され、より広い意味でのCG研究が盛んになってきた。

特にその中でも映像作品はComputer Animation Festivalの枠組みで、数多くの応募作品と良質の作品が会期中に上映され、参加者を魅了する。CAFと省略して呼ばれるSIGGRAPHの中のCGアニメーションに関するカテゴリ、Computer Animation Festivalは、今年のSIGGRAPHでは過去最大規模で開催される。世界43ヶ国から約600のエントリーがあり、その中から91作品が採択された。その中でも特に素晴らしい作品が毎夜開催される二時間にも及ぶ Electronic Theaterで上映される。

2012SIGGRAPH5724.JPG

SIGGRAPH 会場中のあちこちに設置されたホワイトボードテーブルとペン。SIGGRAPHへの想い?が書き込まれている。

今年は14のプロダクションセッションと呼ばれる最近の映画のメイキングに関する講演が予定されている。アベンジャー、アメイジングスパイダーマン、Men in Black 3、ホテルトランシルバニア、Hugo (邦題:ヒューゴの不思議な発明)、ピクサーの Brave (邦題:メリダとおそろしの森)、リアルスティール、バトルシップ、CGプロダクション Rhythm & Hues スタジオの25周年記念講演、ストップモーションアニメに関するセッションプロジェクタメーカーによる、超高速フレームレート技術に関するセッション他、多数のセッションが予定されている。

CAF全体の中では、良質の短編作品のシアター上映「Electronic Theater」、ゲームやWebグラフィックス等のリアルタイム映像デモ作品上映「Real-Time Live!」、テレビCMや映画の特殊効果を含め映像作品の上映「Daytime selects」が行われる。CAF (Computer Animation Festival) の今年の受賞者作は以下のとおりだ。

ちなみに、日本からは44作品の投稿があったが、そのうち採択されたのは3本という、超激戦区であった。

BEST IN SHOW AWARD:最優秀賞

タイトル:Reflexion
制作:PlanKton and Yoshimichi Tamura(フランス)

脚本のYoshimichi Tamura氏は、フランスの名門Gobelinsで学んだ後、Disney Studio,DreamWorks SKGを経て、現在フランスで活躍中の人物。映像はパリのファッション業界を描いたスタイリッシュな作品。

JURY AWARD:審査員特別賞

タイトル:How To Eat Your Apple
制作:Erick Oh

監督Erick Ohの描く、独特の世界。シュールで不思議な動きや、映像感覚を持った映像作品。Erick Ohは現在 Pixarで活躍中の人物で、Cars2やBraveの制作に関わっている。自身のオリジナル作品も数多くの受賞歴があり、監督本人のWebページから見ることができる。

WELL TOLD FABLE:寓話賞

タイトル:Rosette
制作:Romain Borrel, Gaël Falzowski, Benjamin Rabaste, and Vincent Tonelli, Supinfocom Arles

現在映像全編は未公開だが、監督個人のshowreelの一部で見ることができる

BEST STUDENT PROJECT PRIZE:学生奨励賞

タイトル:Estefan
制作:Jeffrey Call, Brigham Young University

現在映像自体は未公開だが、ストーリーボードがVimeoで見られる。[パスワードは、Jeffrey CallのWebページに書かれている]

txt:安藤幸央 構成:編集部


[SIGGRAPH2012] Vol.02

[ Category : , , ]
[ DATE : 2012-08-06 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

特集記事

GH world
正式に発表されたパナソニック「GH5 II」と「GH6」。実機やインタビューを通して、GHシリーズの今後の展開を占う。
Virtual Production Field Guide Season2
バーチャルプロダクション特集のSeason2。引き続き国内の最新の動向やワークフローを追う。
ARRI, my love
映画機材界の雄であるARRI。日本での販売拡大に注目されるARRIの歴史から実用例までフィーチャーする。
SXSW2021
3/16~20日にオンライン開催となった「SXSW2021」をレポートする。
Virtual Production Field Guide
国内のバーチャルプロダクションの展開と、映像制作ワークフローへの影響について紹介
CP+2021
オンライン開催のCP+2021で発表された新製品をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編
2020年末から2021年に発売されたレンズ新製品をピックアップする。
映像基礎講座 Episode 2
2020年8月に公開された特集「映像基礎講座」続編。引き続き映像の基本や基礎知識を学ぶ。
CES2021
オールデジタルのオンライン開催となったCES2021をレポートする。
年末イッキ読み!
2020年に話題になった製品の特集やコラム記事をまとめて振り返る。
PRONEWS AWARD 2020
激動の1年となった2020年の映像業界を、PRONEWS編集部が総括する。
2020年11月特集:[再現:Inter BEE 2020]-Web Trade Show- 再現:Inter BEE 2020-Web Trade Show-
11月18日(水)からオンライン開催されるInterBEEを解説する。
Inter BEE 2019 ぼくらのEDIUS X
約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「EDIUS X」の魅力を紹介。
InterBEE 2019の歩き方 Broadcast & Cinema EXPO 2020
映像制作者、映像業界関係者向け情報イベント配信番組。
ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [SIGGRAPH2012]Vol.01 CGの祭典SIGGRAPH2012開催!