PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [4K High Resolution!]Vol.03 各社の4Kへの取り組み〜アストロデザイン編
News

[4K High Resolution!]Vol.03 各社の4Kへの取り組み〜アストロデザイン編

#4K High Resolution!

2012-08-15 掲載

映像系の機器として波形モニターやLCDモニター、ディスクレコーダーなど従来のメーカーが作らなかったようなユニークな形式の機材や4K対応のカメラ、ラウドネスモニター、フルHDビューファインダーなど最近では製品の幅を広げているアストロデザイン株式会社。今回は同社の4K機材についてアストロデザイン営業部マネージャーの佐野道則氏にお話をお伺いした。

ASTRO_6632.jpg お話をお伺いしたアストロデザイン営業部マネージャーの佐野道則氏

–御社は元々ジェネレーターなど測定機器のメーカーだったということですが、こうした制作系のビデオ機器を手がける経緯は?

佐野氏:79年にプログラマブルビデオ信号発生器VG-800を世に送り出しました。当時VGAとかSVGAといったプリセットされた信号を発生するジェネレーターはあったんですが、水平垂直の同期信号の極性とか周波数、タイミング、ドットクロックなどを任意に設定できるものはなかったんです。その後、イメージプロセッサーなど画像処理関連機器の開発を始めました。こうした技術がNHKさんの目に止まり、ハイビジョン関連の開発を始めて、シンセビジョンというクロマキー合成を行う機器を開発しました。それが映像機器を本格的に手がけるようになった第一歩といえるでしょうね。

ASTRO_6644.jpg アストロデザインの原点ともいえる1979年に発売されたプログラマブルビデオ信号発生器VG-800

–当時はまだ高品位テレビとか言われていた時代で走査線も1125本だったり、MUSEという方式を使って試験放送していた時代ですね。ハイビジョンの規格も筑波万博仕様などという暫定仕様で運用していました。カメラやVTR、モニターといった主要な機器はソニーや池上通信機、日立製作所といったメーカーが開発していたんですが、周辺機器を手がけてくれるところがなくて苦労されていたようです。その後しばらく制作用の製品は出されていなかったようですが。

佐野氏:製品としてはなかったですね。フレームメモリーなどはやっていましたが。

–そういえば、CGワークステーションやDVSの製品など輸入品は扱ってましたね。その後ビデオ業界でもデジタル化が進む中で波形モニターや4Kディスクレコーダーなど矢継ぎ早に製品を発売しているような印象を受けましたが。

佐野氏:高速デジタル技術やデジタルビデオ信号技術に関して、当社は79年にプログラマブルビデオ信号発生器を開発した当時からの技術やノウハウの蓄積がありますから、そうした技術を応用できる分野が広がって来たというビデオ業界の変化もあると思います。基本的な開発ポリシーの一つとして、ONLY ONEを常に意識した製品開発を行なっています。

ASTRO-188.jpg 表示ディバイスに1920×1080のLCOSディスプレーを採用したフルHDビューファインダー

–波形モニターなどはすでにビデオ業界にはあったと思いますが。これは、ONLY ONEとは別の開発ポリシーから開発された商品なのでしょうか。

佐野氏:研究開発やスタジオで使用するタイプの製品はありましたが、LCDを採用した小型なタイプはなかったと思います。特にSDIに対応した手頃なサイズのLCDモニターは製品も少なく、波形モニターといった計測器は搭載されていなかったと思います。現在では4Kに対応した32型のLCDモニターや4K対応の波形モニターなどそうした流れをくんだ製品を発売しています。

ASTRO-43.jpg 4K対応LCDモニターは28、32、56、60型の4機種がラインナップされている

–ビデオ機器がデジタル化される過程で小型化やSDIの普及など新たな展開があり、制作の現場も変わってきていますね。そうしたなかで、4K対応の製品だけでなくラウドネスモニターのようなオーディオ製品も発売されていますね。

佐野氏:SDIにエンベデッドされた形でオーディオ信号があり、波形モニターやLCDモニターではこうしたエンベデッドされたオーディオレベルを表示できるようになっています。ラウドネスモニターはこうした技術の延長線上にあり、国内では対応した製品を開発しているところがなかったということもあり、商品化したといえます。 4Kに関してはまだこうした市場が出来る前からてがけていたので、そういう意味では典型的なONLY ONEの製品ということができるでしょうね。

–4Kカメラを開発されたのにはびっくりしました。

佐野氏:すでに4Kレコーダーを開発していたということもありますが、当初は4Kカメラは監視や医療といった分野での利用を主眼としていました。もちろん制作での使用も考慮していますが、制作用4Kカメラはすでにソニーや海外のメーカーから発売されていましたし、あえてそうした市場に参入しなかったということもありますね。ただ、4Kを撮影できる小型カメラが当社以外では無かったので、水中撮影など小型カメラで4Kを撮影するという制作現場では重宝されたようです。マイクロフォーサーズ対応の4Kカメラも3Dリグに搭載することを考慮した小型化を図りました。ただ、3Dのブームはすでに終わった感じですね(笑)。

–4K関連の製品はレコーダーやカメラのほか、かなり充実したラインナップになっていますが、今後もさらなる開発が行われるのでしょうか。すでにその先の8Kの開発も進んでいるようですが。

ASTRO-6.jpg NHKの8kスーパーハイビジョン製品。SSDレコーダー、カラーグレーディングシステム、ダウンコンバーターなど

佐野氏:4Kは海外メーカーなどすでに様々な製品が登場しています。当社は会社の体力的にもマスプロダクトの製品を開発するには時期尚早と思っています。ONLY ONEの例を引くまでもなく、現状ではマスの土俵でやっていくつもりはありません。かといってすぐに開発ターゲットを8Kに切り替えるつもりもありません。先の波形モニターやラウドネスモニターのようにニッチな部分では当社の技術を生かせる分野が現状の4K市場にはあると思います。ただ、最近の4Kの動向を見る限りは非常に早い速度で進んでおり、難しい時期にあることは確かですね。8Kに限りませんが、今後当社の技術が活かせる分野があれば積極的に開発を進めていきたいと考えています。

–NHKでは8Kの試験放送を2020年に行うことを目標にしており、すでにロンドン五輪では8Kでの収録をして、国内外でパブリックビューイングを始めています(国内3箇所プラス海外4箇所)から、意外と早い時期にカメラやレコーダー以外にも様々な周辺機材が必要になってくるでしょうね。そうした状況から思うにアストロデザインの果たす役割はますます重要になってくるように思います。

佐野氏:4Kや8Kといった放送・映像機器以外にも測定機器の部門もありますので、これから忙しくなるでしょうね。お陰様で営業拠点もここ雪ヶ谷の本社以外に大阪と北米に、R&Dセンターが松山と鳥取にあり、みなさんのご要望に答えるべくこれからも新たな製品開発を進めていきたいと思います。

–本日はお忙しい中ありがとうございました。

ASTRO_6636.jpg 本社のエレベーターホールに展示されていた今まで製品化された製品の一部 ASTRO-71.jpg キヤノンCINEMA EOS C500のRAW出力を非圧縮で収録する事ができる4K SSDレコーダー

txt:稲田出 構成:編集部
Vol.02 [4K High Resolution!] Vol.04

[ Category : ]
[ DATE : 2012-08-15 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[4K High Resolution!]Vol.05 識者が語る4Kの未来とは?〜座談会から見えてきた幾つかの事

今回の座談会は、何らかのかたちで4K制作の経験のある各方面の方たちを招聘し、制作サイドから見た4K制作について現実的なワークフローが組めるのか、欠落している製品や技術、人材などの問... 続きを読む

[4K High Resolution!]Vol.04 各社の4Kへの取り組み〜ソニー編

黎明期からデジタルシネマを見つめるソニー4Kの考え方 デジタルシネマという言葉がまだ一般化する以前からビデオの映画利用は始まっていた。95年に発売されたDCR-VX1000で98... 続きを読む

[4K High Resolution!]Vol.02 4KとRAWを知るためのいくつかのこと

4Kといえば水平画素のことだが、4K(2K)はデジタルシネマ由来のフォーマットということもあり、ビデオにはない特徴がある。それはRAWデータを扱うことができることで、4K2Kという... 続きを読む

[4K High Resolution!]Vol.01 各社の4Kへの取り組みを俯瞰する

既にそろい踏み、各社の取り組み NAB2012でも多く見られた各社の4K対応製品 4K対応の製品としては、カメラではソニーのF65、RED DIGITAL CINEMAのRED... 続きを読む

[4K High Resolution!]Vol.00 今そこにある4K制作環境とは?

4Kについて考える2012夏 NAB2012でも各社から4K対応の製品が多数出品された。パナソニックは、4Kカメラのプロトタイプを出品 2012年の映像トレンドは、これまで... 続きを読む

特集記事

2020年11月特集:[再現:Inter BEE 2020]-Web Trade Show- 再現:Inter BEE 2020-Web Trade Show-
11月18日(水)からオンライン開催されるInterBEEを解説する。
Inter BEE 2019 ぼくらのEDIUS X
約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「EDIUS X」の魅力を紹介。
InterBEE 2019の歩き方 Broadcast & Cinema EXPO 2020
映像制作者、映像業界関係者向け情報イベント配信番組。
ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
SIGGRAPH2020 SIGGRAPH2020
オンライン開催されたVFXの祭典・SIGGRAPH2020をレポート。
映像基礎講座 映像基礎講座
映像の基本や基礎知識を学ぶ。映像制作初心者はもちろん、熟練者ももう一度初心に立ち返ろう。
	
Shoot with Vlog cam Shoot with Vlog cam
個人の動画ブログ「Vlog」が隆盛するいま、Vlog用カメラを通して映像を撮ることを数回にわたり考える。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part II
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part I
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [4K High Resolution!]Vol.03 各社の4Kへの取り組み〜アストロデザイン編