PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  • imgInstagram
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [InterBEE2012]キヤノンブースレポート
News

[InterBEE2012]キヤノンブースレポート

2012-11-15 掲載

キヤノンブースでは、CINEMA EOS SYSTEMを大きく取り上げていたほか、従来からの放送機器やデジタルビデオカメラ、デジタル一眼レフカメラなどの新製品を中心に出展。開発中の4Kディスプレイなどの最新の機材も展示した。カメラやレンズを実際に手にとって体験できるハンズオンコーナーやCINEMA EOS SYSTEMで撮影された映像の視聴のほか、毎年立ち見が出るほど大勢の参加者があるセミナーは正面に移り、広いスペースを占めていた。今年はブースの面積も最大級の広さになり、CINEMA EOS SYSTEMを始めとした同社の光学機器への力の入れようが感じられる展示であった。今回の新製品としてはCINEMA EOS SYSTEMのフラッグシップモデルといえるC500とエントリーモデルのC100のほか、ラインナップが充実したCINEMA EOS SYSTEMのPLマウントレンズやENG用ズームレンズ、リモコン雲台カメラなどがある。

InterBEE2012_canon_0580.jpg

CINEMA EOS SYSTEM C100。上位機種のC300と同等のセンサーが搭載されており、記録フォーマットや外観形状が若干異なっている。ただ、光学系がC300と同等なので、外部レコーダーを接続して使用することが前提の場合はリーズナブルな選択となりうる。マウントはEFマウントモデルのみで、PLマウントモデルは用意されていない。

InterBEE2012_canon_0583.jpg

CINEMA EOS SYSTEM C500は本格的なデジタルシネマを意識して設計されており外部レコーダーを接続することで4K記録が可能なほか、PLマウントモデルも用意されている。CodexのOnboard S Recorderとの組み合わせではJPEG2000や非圧縮で4K収録が可能だ。

豊富なレンズ群もキヤノン魅力の一つ

InterBEE2012_canon_0622.jpg

EFシネマズームレンズ4機種と単焦点レンズ3機種が発売になり、充実したラインナップとなった。スチールカメラ用のレンズも60種類以上あり、あらゆる撮影シーンに対応出来る。ズームレンズはPLマウントタイプも用意されている。こうしたレンズの資産はある意味CINEMA EOS SYSTEMの中核をなすものともいえ、こうした展示会では常に目立つ場所にディスプレーされている。

InterBEE2012_canon_0591.jpg

2/3型HDTVカメラ用ショートズームHJ17e×6.2B。広角端焦点距離6.2mm、非球面レンズなどの採用により画面の歪みや諸収差を抑制したほか、操作性を重視したドライブユニットを搭載。最至近撮影距離の短縮により、近距離での撮影にもより柔軟に対応可能。

InterBEE2012_canon_0601.jpg

CINEMA EOS SYSTEM ズームレンズ30-105mmT2.8L5。4Kカメラ対応の光学設計、11枚絞り羽根の採用などにより、高い光学性能と柔らかく美しいボケ味を表現することが可能。

InterBEE2012_canon_0604.jpg

NAB Show 2012で試作品として初出展された開発中の4Kディスプレイ。発表当時2012年内の製品化を目指しているとアナウンスされていることから、製品版が発表されるのも間近といえそうだ。

InterBEE2012_canon__0607.jpg

フルHDカメラが搭載されたパン/ティルトヘッドBU-42H。非圧縮のHD-SDIおよびSD-SDI出力(販売会社設定)の選択が可能なほか、HD-SDI信号とSDアナログコンポジット信号(VBS)の同時出力が可能。一般電話回線や専用線を用いることで、雲台のパンやチルト、レンズのズームやフォーカスなどをリモート制御することができる。

InterBEE2012_canon_0623.jpg

映画、テレビ、CMで活躍されるクリエーターを招いてのCINEMA EOS SYSTEMの新製品紹介、活用ガイド、撮影作品の紹介セミナー。


[ Category : , ]
[ DATE : 2012-11-15 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[InterBEE2012]キヤノン:CINEMA EOS SYSTEMセミナー ~見せます!EOS C500と4Kの使い心地~

Inter BEE 2012 のキヤノンブースで催されていたCINEMA EOS SYSTEMセミナーです。 講師:テクニカルディレクター 山本久之(マウントキュー株式会社) ... 続きを読む

[InterBEE2012]出口調査インタビュー

InterBEE2012開催期間中、来場者の方々から率直なInterBEEの感想を直撃してみました。 出口インタビューに答えていただいた皆様ありがとうございました。やはり出口... 続きを読む

[InterBEE2012]ヤマハブースレポート

2013年1月発売のスピーカーシステムSTMシリーズや2013年2月に発売のパワードTDコントローラーNXAMPのほか、オーディオネットワークDanteにより複数台のI/Oラックを... 続きを読む

[InterBEE2012]ローランドブースレポート

プロオーディオ部門と映像・放送機材関連部門の2ブースで出展していた。注目を集めていたのはHDMI端子での接続が可能なマルチフォーマットスイッチャー「V-40HD」だ。入力は4チャン... 続きを読む

[InterBEE2012]スターコミュニケーションズブースレポート

今回PRONEWS Liveでも使用し、大活躍した移動ライブ配信パックTVUを扱う同社。出展されていたのは3G、4G、Wi-Fi/WiMAXなどの無線回線を使った映像伝送システム「... 続きを読む

[InterBEE2012]オートデスクブースレポート

シアターデモンストレーションと体験コーナーでSmoke 2013が紹介されていた。シアターデモンストレーションでは、Smoke 2013の基本的な活用方法やユーザデモンストレーショ... 続きを読む

[InterBEE2012]ニコンブースレポート

昨年まではニコンシステムがブースを出して画質評価ツールなどを出展していたが、今年はニコンイメージングジャパンが動画機能を搭載したデジタル一眼を出展した。カメラグランプリで大賞を受賞... 続きを読む

[InterBEE2012]ティアックブースレポート

テープレコーダーが主流だった時代からレコーダー関して定評のある同社は、CDやメモリーレコーダー、輸入ブランドbeyerdynamicのデジタルワイヤレスマイクロホンシステムやDRA... 続きを読む

[InterBEE2012]オタリテックブースレポート

親会社のオタリが製造したマルチトラックレコーダーのようなトランスポート系製品を中心に関連製品を扱っていたが、DAWの普及とともに扱う商品の主軸がミキサーやスピーカーなどの海外オーデ... 続きを読む

特集記事

Virtual Production Field Guide Virtual Production Field Guide
国内のバーチャルプロダクションの展開と、映像制作ワークフローへの影響について紹介
CP+2021 CP+2021
オンライン開催のCP+2021で発表された新製品をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編 新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編
2020年末から2021年に発売されたレンズ新製品をピックアップする。
映像基礎講座 映像基礎講座 Episode 2
2020年8月に公開された特集「映像基礎講座」続編。引き続き映像の基本や基礎知識を学ぶ。
CES2021 CES2021
オールデジタルのオンライン開催となったCES2021をレポートする。
年末イッキ読み! 年末イッキ読み!
2020年に話題になった製品の特集やコラム記事をまとめて振り返る。
PRONEWS AWARD 2020 PRONEWS AWARD 2020
激動の1年となった2020年の映像業界を、PRONEWS編集部が総括する。
2020年11月特集:[再現:Inter BEE 2020]-Web Trade Show- 再現:Inter BEE 2020-Web Trade Show-
11月18日(水)からオンライン開催されるInterBEEを解説する。
Inter BEE 2019 ぼくらのEDIUS X
約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「EDIUS X」の魅力を紹介。
InterBEE 2019の歩き方 Broadcast & Cinema EXPO 2020
映像制作者、映像業界関係者向け情報イベント配信番組。
ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
SIGGRAPH2020 SIGGRAPH2020
オンライン開催されたVFXの祭典・SIGGRAPH2020をレポート。
映像基礎講座 映像基礎講座
映像の基本や基礎知識を学ぶ。映像制作初心者はもちろん、熟練者ももう一度初心に立ち返ろう。
	
Shoot with Vlog cam Shoot with Vlog cam
個人の動画ブログ「Vlog」が隆盛するいま、Vlog用カメラを通して映像を撮ることを数回にわたり考える。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part II
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [InterBEE2012]キヤノンブースレポート