PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  • imgInstagram
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [InterBEE2012]アドビシステムズブースレポート
News

[InterBEE2012]アドビシステムズブースレポート

2012-11-16 掲載

注目が集まるメインステージ

アドビブースの目玉はメインステージだ。「CS6 ファイルベースワークフロー」や「CS6 4K制作ワークフロー」、「After Effects CS6 新機能」、「Adobe 映像塾」などのテーマで定期的に講演が行われていた。商業作品の事例を使った事例やRed Digital Cinemaのテッド・シロヴィッツ氏の特別講演、本誌でもお馴染みの江夏由洋氏や高野光太郎氏などの講演など注目の内容が多く、いつも満席のような状態で行われていた。

InterBEE2012_adobe-02.jpg

満席で通路沿いに立ちながら聞く人も多かった

CS6編集システム

興味深かったのはデモコーナーに展示されていたNVIDIA Maximus搭載のHP Z820ワークステーションとEIZO 4KモニターDuraVision FDH3601を組み合わせたCS6編集システムだ。リアル4Kを体感できてしまうというという凄いシステムだ。

まずモニタだが、従来まで4Kの素材はあっても等倍で出力できるモニタというのはなかった。しかし、デモに使われているDuraVision FDH3601は、36.4インチのパネルサイズに4096×2160を表示できる。フルハイビジョンが4枚分の面積をもったディスプレイといえば、その広さがわかると思う。NVIDIA Maximus搭載のHP Z820ワークステーションも16コア、32スレッド、メモリ128GBに、Quadro 4000、Tesla GPUアクセラレータを搭載と非常にハイスペックだ。実際にREDで撮影された4Kの素材を読み込んだPremiere Proを動かしてみると、カラーコレクションをかけたような重い処理も支援がきいてプレビューが快適に可能だ。従来の編集システムというのはどんなにハイスペックでも快適な編集環境は2Kまでが限界だったのが、今現在の考えられる最高のシステムを実現すれば4Kでも快適な環境を実現できる。夢のような環境を実現したシステムといっていいだろう。

InterBEE2012_adobe-03.jpg

DuraVision FDH3601を使えばワークスペースの状態でフルHD2枚を表示できてしまう

InterBEE2012_adobe-04.jpg

4Kの映像をフル画面で再生した状態

InterBEE2012_adobe-05.jpg

ワークステーションの内部の様子。一番上のボードがQuadro 4000。真ん中がRed Rocket、一番下がTesla GPU アクセラレータ


[ Category : , ]
[ DATE : 2012-11-16 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[再現NAB2020]まとめ:アドビ編

60seconds Shot! 製品レポート Premiere Pro Premiere... 続きを読む

[再現NAB2020:アドビ]Premiere Proで大規模プロジェクトを小さな部分に分割、プロジェクトの再利用、共同作業を実現するプロダクション機能について聞く

Adobe Premiere Proで長編制作が行いやすくなるプロダクション機能を搭載 アドビは、Adobe Premiere Proのバージョン14.1にてポストプロダクシ... 続きを読む

[再現NAB2020:アドビ]プロジェクトのファイル容量スリム化、作業効率化を実現したPremiere Proの新機能「プロダクション」

60seconds Shoots Adobe Premiere Proの新機能「プロダクション」 アドビがNAB2020で発表・展示予定だったAdobe... 続きを読む

[再現NAB2020:動画]アドビ「Adobe Premiere Pro新機能:プロダクション」

NAB2020で展示予定だった製品を1分間の動画で紹介するコーナー。アドビから「Adobe Premiere Pro」のプロダクション機能のついてご紹介いただきました! ... 続きを読む

[NAB2019:Adobe]After Effectsにアップデートで追加された「コンテンツに応じた塗りつぶし」機能が話題

Adobeブース動画 360°全天球動画 Insta360 ONE Xで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Go... 続きを読む

[NAB2019]Adobeブース(動画)

NAB2019のAdobeブース動画です。 ... 続きを読む

[CP+2019]アドビ システムズブース:動画編集で注目のPremiere RushやPhotoshop、Lightroomのショートセミナーを今年も実施

今年のアドビブースはPremiere Rushを一押し アドビはCP+に2017年から出展を始めて、今年で3年目。展示ブースは毎年ショートセッションがメインで、今年も1日15... 続きを読む

[NAB2018:Adobe]Premiere ProやAfter Effectsの最新バージョンを展示

360°全天球動画 RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google ChromeブラウザおよびiOS/And... 続きを読む

[CP+2018]アドビ システムズブース:写真家やエバンジェリストが、LightroomやPhotoshopの使いこなしを解説

「Lightroom」と「Photoshop」の便利な使いこなし術をセッションで紹介 アドビは昨年のCP+に引き続き、今年も出展。ブース内のステージに大型スクリーンを設けて4... 続きを読む

特集記事

Virtual Production Field Guide Virtual Production Field Guide
国内のバーチャルプロダクションの展開と、映像制作ワークフローへの影響について紹介
CP+2021 CP+2021
オンライン開催のCP+2021で発表された新製品をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編 新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編
2020年末から2021年に発売されたレンズ新製品をピックアップする。
映像基礎講座 映像基礎講座 Episode 2
2020年8月に公開された特集「映像基礎講座」続編。引き続き映像の基本や基礎知識を学ぶ。
CES2021 CES2021
オールデジタルのオンライン開催となったCES2021をレポートする。
年末イッキ読み! 年末イッキ読み!
2020年に話題になった製品の特集やコラム記事をまとめて振り返る。
PRONEWS AWARD 2020 PRONEWS AWARD 2020
激動の1年となった2020年の映像業界を、PRONEWS編集部が総括する。
2020年11月特集:[再現:Inter BEE 2020]-Web Trade Show- 再現:Inter BEE 2020-Web Trade Show-
11月18日(水)からオンライン開催されるInterBEEを解説する。
Inter BEE 2019 ぼくらのEDIUS X
約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「EDIUS X」の魅力を紹介。
InterBEE 2019の歩き方 Broadcast & Cinema EXPO 2020
映像制作者、映像業界関係者向け情報イベント配信番組。
ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
SIGGRAPH2020 SIGGRAPH2020
オンライン開催されたVFXの祭典・SIGGRAPH2020をレポート。
映像基礎講座 映像基礎講座
映像の基本や基礎知識を学ぶ。映像制作初心者はもちろん、熟練者ももう一度初心に立ち返ろう。
	
Shoot with Vlog cam Shoot with Vlog cam
個人の動画ブログ「Vlog」が隆盛するいま、Vlog用カメラを通して映像を撮ることを数回にわたり考える。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part II
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [InterBEE2012]アドビシステムズブースレポート