PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  • imgInstagram
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [PRONEWS AWARD 2012]Vol.00 2012年の映像分野に関わる製品・サービスを振り返る!
Special

Vol.00 2012年の映像分野に関わる製品・サービスを振り返る!

2012-12-18 掲載

今年、映像業界に何がおこったのか?

InterBEEが終了すればすぐに年末が訪れる。お正月を迎える前にPRONEWS AWARDで2012年を振り返るのはいかがだろうか?。今年も昨年に引き続き、今年映像制作界で注目され影響を与えた優秀製品、新たな可能性を感じさせてくれるテクノロジーやソリューションサービス、そして次の未来を示唆するトピックスについて、PRONEWS独自の視点から選んでいこうと思う。

2012年も昨年と同様にPRONEWS AWARDでは、プロ映像業界における制作機器 / ソフトウェア / ソリューション / サービスを対象にして、各部門のノミネート製品を選出する。そして今回は、票が割れた。PRONEWS執筆陣にその回答を乞うことにしたが、各部門賞のノミネート票が予想だにしない物がエントリーするなど、実に多岐にわたる回答が集まった。それだけ、ユーザー、分野を問わない多様性のあるサービス、製品が登場しているという事なのだろう。現に今年の傾向として、これまでのジャンルには収まりきらない製品も多数出て来ている。アマチュアのマーケットにあるが十分プロフェッショナルが使用できるというノーバンダリーだったり、カテゴライズ不可能!という製品群も多くなってきた。

また映像業界をリードするカメラ部門は文句なしに豊作だと言っても良いだろう。大判センサーでフルHDを実現したカメラの可能性は無限大だ。話題に事欠かない1年であった事はいうまでもない。4Kへ向けて様々な環境作りが始まっているが、まだ映像の新章は、始まったばかりである。

gold_silver_badge3.jpg

今年も、5部門を設定。「カメラ部門」に、ノンリニア編集システムやカラーグレーディングといったソフトウエア系をまとめた「ファイルベース・ソリューション部門」。広義になってしまうが、映像関連の周辺機器として「周辺機器部門」、収録スタイルが多様化した事と、音に関しても避けて通れなくなったことから「オーディオ部門」、そして映像制作新領域を再考する 「プロスーマ・ネクストソリューション部門」を設けた。この計5部門ごとにゴールド賞とシルバー賞を今週から順次発表!そして全部門からPRONEWS AWARD大賞を選出して12月20日(予定)に表彰する。みなさんも2012年を振り返り、各部門を予想していただきたい。大賞は12月20日17時頃からUSTREAMで生放送予定の番組「PRONEWS Lounge」内で発表!


[PRONEWS AWARD 2012] Vol.01

[ Category : ]
[ DATE : 2012-12-18 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

特集記事

GH world
正式に発表されたパナソニック「GH5 II」と「GH6」。実機やインタビューを通して、GHシリーズの今後の展開を占う。
Virtual Production Field Guide Season2
バーチャルプロダクション特集のSeason2。引き続き国内の最新の動向やワークフローを追う。
ARRI, my love
映画機材界の雄であるARRI。日本での販売拡大に注目されるARRIの歴史から実用例までフィーチャーする。
SXSW2021
3/16~20日にオンライン開催となった「SXSW2021」をレポートする。
Virtual Production Field Guide
国内のバーチャルプロダクションの展開と、映像制作ワークフローへの影響について紹介
CP+2021
オンライン開催のCP+2021で発表された新製品をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編
2020年末から2021年に発売されたレンズ新製品をピックアップする。
映像基礎講座 Episode 2
2020年8月に公開された特集「映像基礎講座」続編。引き続き映像の基本や基礎知識を学ぶ。
CES2021
オールデジタルのオンライン開催となったCES2021をレポートする。
年末イッキ読み!
2020年に話題になった製品の特集やコラム記事をまとめて振り返る。
PRONEWS AWARD 2020
激動の1年となった2020年の映像業界を、PRONEWS編集部が総括する。
2020年11月特集:[再現:Inter BEE 2020]-Web Trade Show- 再現:Inter BEE 2020-Web Trade Show-
11月18日(水)からオンライン開催されるInterBEEを解説する。
Inter BEE 2019 ぼくらのEDIUS X
約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「EDIUS X」の魅力を紹介。
InterBEE 2019の歩き方 Broadcast & Cinema EXPO 2020
映像制作者、映像業界関係者向け情報イベント配信番組。
ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [PRONEWS AWARD 2012]Vol.00 2012年の映像分野に関わる製品・サービスを振り返る!