PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  • imgInstagram
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [NAB2013もう一つの視点]Vol.01 マルチスクリーンサービスの実現に向けた各社の動向
Special

[NAB2013もう一つの視点]Vol.01 マルチスクリーンサービスの実現に向けた各社の動向

2013-04-12 掲載

江口靖二

NABの2013のキーワードはやはり「4K」と「マルチスクリーン」である。マルチスクリーン関連の提案は10社以上が行なっており、昨年に比べると大きな時代の流れを感じさせる。

マルチスクリーンサービスを俯瞰する

Harmonicは、このところ年々出展規模を拡大し、今年はサウスホールのアッパーフロアの入口付近に陣取った。まずは同社のブースで手に入れた、IPベースの局内外のシステムの全体構成概念図が非常にわかりやすいので紹介しておきたい。

NAB2013_AP_01_2114.JPG

Harmonic Comprehensive IP Video Infrastructure

今回Harmonicは、この図の外側に位置づけられるものとして、クラウドベースのメディア処理システムと、マルチスクリーンワークフローの提案を行った。特にメディアトランスコーダーソフトウエアであるProMedia Carbonがクラウド対応になった「ProMedia Carbon MP」のデモに注目。これによって他拠点間でのトランスコードが自在に行われるようになる。4Kを見据えたH.265にも近い将来対応するとのことだ。

マルチスクリーンソリューションとしてはHEVCエンコーディング、タイムシフトや広告挿入を行うマルチスクリーンワークフロー、高速VODトランスコーダー、「ProMedia Xpress」などのデモを行った。

またEnvivioブースでも同様の概念図を入手できた。

NAB2013_AP_01_2109.JPG

Envivio On-Demand Infrastructure

「Halo」はマルチスクリーンに対応するソフトウエアベースのネットワークメディアプロセッサー、「Muse」はファイスベースのエンコーディング/トランスコードソリューション、「4Caster」は個別のヘッドエンドを用意する必要がないエンコーディング/トランスコードソリューション、「4Manager」はネットワークマネージメントのための次世代のヘッドエンドマネージャー、「Sparkは」バリアブルビットレートに対応するデコーディングソリューション、という構成になっている。ユーザーの利用目的に応じて最適な組み合わせで利用することができる。

NAB2013_AP_01_DSC02070.JPG

そしてマルチスクリーン、セカンドスクリーンを最終的に実現させるためには、こうしたテレビ局内システムやワークフローに加えて、家庭側のセカンドスクリーン端末を何らかの方法でテレビと紐付ける必要がある。

音声透かしを使ったセカンドスクリーンソリューション

NAB2013_AP_01_2040.JPG

CivolutionのACR「Syncnow」

オランダのCivolutionは、音声透かしを使ったセカンドスクリーンソリューション「SyncNow」を出展した。SyncNowは、同社のオーディオウォーターマーク(音声透かし)を使い、時間軸情報とコンテンツのIDを可聴範囲の周波数帯域に分散して透かしとして挿入することで、映像シーンに応じて自動的にスマートフォンやタブレットのアプリで関連情報を表示するというもの。アプリ側の設計次第で番組関連情報商品やクイズ、プレゼント応募などが可能である。

 

こうしたセカンドスクリーンを実現するためのコンテンツ認識技術は、Automatic Content Recognition (ACR)と呼ばれる。CES2013に出展したGracenoteやMagic Ruby、IBC2012に出展したNTTデータ、またゼータブリッジなどがACRを提供しているが、各社の方式の違い(フィンガープリント、ウォーターマーク)と、特性、重視する市場が異なるようで興味深い。

またNABではほとんど具体的な展示や言及がなかったが、局内システム、ACRで同期が確保できたとしても、その番組、コンテンツの内容が何なのか、コンテンツIDだけではなくてその中身、すなわちメタデータが裏側に存在しないと何のサービスも提供することができない。このメタデータを誰がどう作るのか、それはどれくらい自動化できるのか、メタデータをトリガーにしてセカンドスクリーン側ではどういうサービスにするべきなのかといった提案や、その具体的な事例は放送機器展であるNABではほとんど見ることができなかった。この点では日本のJoinTV、マルチスクリーン型放送研究会(マル研)、ハイブリッドキャストはテレビ局主体で検討されているので期待していいと思う。

またIBCと比較すると、マルチスクリーンに対する積極度合いとか、参入企業はなぜかヨーロッパ企業の比率が圧倒的に高い。最新マルチスクリーン事情を知りたいならば、IBCにも足を運ぶべきだろう。


[NAB2013もう一つの視点] Vol.02

[ Category : , , ]
[ DATE : 2013-04-12 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

特集記事

GH world
正式に発表されたパナソニック「GH5 II」と「GH6」。実機やインタビューを通して、GHシリーズの今後の展開を占う。
Virtual Production Field Guide Season2
バーチャルプロダクション特集のSeason2。引き続き国内の最新の動向やワークフローを追う。
ARRI, my love
映画機材界の雄であるARRI。日本での販売拡大に注目されるARRIの歴史から実用例までフィーチャーする。
SXSW2021
3/16~20日にオンライン開催となった「SXSW2021」をレポートする。
Virtual Production Field Guide
国内のバーチャルプロダクションの展開と、映像制作ワークフローへの影響について紹介
CP+2021
オンライン開催のCP+2021で発表された新製品をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編
2020年末から2021年に発売されたレンズ新製品をピックアップする。
映像基礎講座 Episode 2
2020年8月に公開された特集「映像基礎講座」続編。引き続き映像の基本や基礎知識を学ぶ。
CES2021
オールデジタルのオンライン開催となったCES2021をレポートする。
年末イッキ読み!
2020年に話題になった製品の特集やコラム記事をまとめて振り返る。
PRONEWS AWARD 2020
激動の1年となった2020年の映像業界を、PRONEWS編集部が総括する。
2020年11月特集:[再現:Inter BEE 2020]-Web Trade Show- 再現:Inter BEE 2020-Web Trade Show-
11月18日(水)からオンライン開催されるInterBEEを解説する。
Inter BEE 2019 ぼくらのEDIUS X
約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「EDIUS X」の魅力を紹介。
InterBEE 2019の歩き方 Broadcast & Cinema EXPO 2020
映像制作者、映像業界関係者向け情報イベント配信番組。
ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [NAB2013もう一つの視点]Vol.01 マルチスクリーンサービスの実現に向けた各社の動向