PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  • imgInstagram
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [NAB2014攻略記4月9日]Day03:熱狂覚めやらない会場から最後の叫び!
Special

[NAB2014攻略記4月9日]Day03:熱狂覚めやらない会場から最後の叫び!

2014-04-10 掲載

粛々と4Kブロードキャストが進行

小寺信良

会期3日目となる本日は、朋栄とGrass Valleyを取材した。

4K放送は今のところスポーツやコンサートなどのLiveをやろうという動きになっているが、放送として1日やるには当然それだけでは足りない。編集ものやアップコンなど、ポストプロダクション作業も当然発生する。

朋栄では、HD機としても使える4K機材を数多く出展していた。以前から4Kのルータは製品化されていたが、今回はそれに加えてFS/カラーコレクタの「FA-1010」、4Kアップコンバータの「URC-4000」、4K送出サーバの「MBP-500VS」、4Kダウンコンバータの「MV-42HSA」、4K切り出し機の「ZE-ONE」などの周辺機器を一度に発表した。

NAB2014_34_kodera_03_01.jpg

同社製品で4K放送の全域をカバー

これらの製品はシンプルなワークフローには入ってこないが、ちょっとイレギュラーな素材を使う場合に必須な装置で、日常的な運用としては欠かせないものばかりだ。

またスイッチャーの「HVS-XT110」は、1.5M/E、2Key、2DSKの12入力だが、SDI4本をまとめると4K 3入力のスイッチャーとなる。もちろん3入力では少なすぎるわけだが、同社の4K対応ルーティングスイッチャーのリモート機能もあるため、ルーターの切り換え器としても使える。

さてBeldenの傘下となったGrass Valleyだが、先に傘下となっていたMirandaと一緒になり、紫のGrass Valleyとして再始動した。ブースではGrass Valley製品とMiranda製品が混在する展示となっており、しばらくは製品ラインナップの一本化などに時間がかかりそうだ。

NAB2014_34_kodera_03_02.jpg

新開発の4Kカメラ

その中でも新技術として、4Kのカメラヘッドが展示されていた。B4マウントが使え、3CMOS型の4Kカメラで、出力は田の字型のBNC4本。これが最終仕様ではなく、この技術を使ってショルダー型などのカメラに展開していくという。

撮影周辺機器の動向

石川幸宏

セントラルホールの中程から奥にかけては、毎年撮影周辺機器関連の大小メーカーが軒を連ねる。昨年はヘリコプター関係とそのテクノロジーがその存在を大きくしていたが、昨年登場して話題をさらった3軸ジンバルによるカメラスタビライズシステムが今年は多数登場。20を超えるベンチャーメーカーが大小のシステムを展示している。本家本元のFreefly Systems社も小型の「MoVI M5」を登場させた。

ヘリコプター関連では、白地に赤のラインの筐体がトレードマークのPhantomを要するDJI社が昨年の約2倍の広さのブースを構えて登場。ここでも3軸スタビライズシステムの「DJI Ronin」を展示公開。今年はこれらに加えて目立ったのは新しく安価なワイヤレス・レンズ・コントロールシステムだ。

NAB2014_34_Ishikawa_03_01.jpg

中国のリグメーカーTILTAの「TILTAMAX WLC-T02」は、アイリス、ズーム、フォーカスを視覚的にコントロールできる3.7インチの液晶操作画面が装備され、手に馴染みやすい木製のダイヤルやグリップ部など細かい設計が行き届いた製品だ。

NAB2014_34_Ishikawa_03_ALLEX-b.jpg

三脚メーカーからもいくつか新製品が登場しているが、中でもパン、ティルト、スライドの3用途を満たすLibec(平和精機工業)の新しい小型カメラ用三脚システム「ALLEX」は、三脚メーカー初のスライダー付き三脚システムとして好評だ。ヘッド部も非常に軽量でありながら、安定した動作と80cmのスライダー稼働部へのグリス採用など、三脚メーカーならではの技術が注入されている製品で、三脚部とヘッド、そしてスライダーが組合わさった「S-KIT」が、日本円で105,000円という破格の価格帯も話題だ。


満足な展示!それを見るには時間が無い…!

岡英史

残り1日となったNABの会期。今年は全体的に時間が早い方にシフトしているので最終日は14時に全て終了となり、毎年の感覚だと12時には小さいブースは撤収をするので、しっかり見るのは今日しかないと言うことになる。とは言え昨日個人的にも諸々あり、体調は今回の三銃士全員が絶不調(笑)。その中でどうなるか?先ずは一番気になりつつも一番見かけた割にはチラ見の物を集めてみた。

■気になる三脚達

今回気になった三脚はENGにあるようなツインチューブタイプではなく、シングルチューブ。スチルの世界でよく使用されるタイプとにた感じの物。ENGで使うには脚の開き方が一発で、同じ角度で立てられないので余り使用されない。しかしオープンでのロケでは不整地でも水平を保つのが楽なので使用されるタイプである。筆者もマンフロットのMPRO 536を持っている。ハイアングルからローアングルまで色々使えて便利この上ない。

NAB2014_34_OKA_03_03.jpg

カメラマン仲間でも同じ三脚を持ってる方が多い。特に外ロケでの割合が多いカメラマンほど持っている。この脚はカーボンで軽量な為に使いやすいのだが、やはり対衝撃には気をつけなければならない。川や海に立てるのもカーボンなだけに若干気を使う。そんな中でマンフロットブースで見つけたのは同型のアルミ製三脚。カーボンほど軽くは無いが十分許せる範囲、なんと言っても多少無茶な扱い方をしても心配がない位の強度は持っている。そして同じ場所にカーボンではあるが、ベビー三脚とハイアットもラインナップされている。

この様にシングルチューブ+ドライカーボン脚と言うのが今年は各所で見られる。その大半が写真用三脚メーカーだったりする。カメラ自体が小型軽量化されている為、強度的にも問題は無いだろう。


NAB2014_34_OKA_03_02.jpg

同じような三脚で一つ気になったメーカーがある。Really Right Stuffというメーカーの物だが、ラインナップの一つにカーボン5段脚、非常に高さの出る物があった。写真に写り込んで居るのは比較的背が大きめ、筆者が手を思い切り伸ばしても届かないほど。しかし5段脚なので収納は思った以上にコンパクトになる(全長約65cm前後)。またこの会社はビデオ雲台も出展しており、その加工精度とドラッグのフィーリングはかなり良い感じだった。

他には国産三脚でお馴染みのLibec。今年は新製品のスライダー+三脚のSETが売りのALLEXシリーズ。既にFB等でも書かれているがそのフィーリングは文句なし。ヘッド部分は3kg前後のカメラに合わせた為にカウンターバランスの調整はなく、その代わり非常に軽量。脚部分も前からあるタイプと同型に見えるが各パーツ強度・精度を上げてワンランク上の脚と同強度になっている。詳しくは動画を参考にして貰えばと思う。


■NABと言えば…車の展示
NAB2014_34_OKA_03_01.jpg

カメラと同じく様々な車の展示も必見(筆者だけか?)。とにかく素晴らしい車両が会場のあちこちにある。特にGoProブースには毎年超弩級の車両が飾ってあるが、今年はなんとパガーニ・ウアイラが展示されていた(もうこの辺は驚く人だけ驚いて下さい 笑)。隣のフェラーリLMも、もちろん凄い車だがフェラーリが霞むほどパガーニのインパクトは凄まじい。現車は初めて見たのは言うまでもない。他にもバギーをベースにした特機車両やBAJA参戦のスーパートラック等々、車好きにはたまらない展示の数々。

■総括

さて最後は完全に趣味の世界になってしまったが、振り返ると今年のNABは非常にエキサイティングだった。帝国の逆襲に同盟軍が秘密兵器をひっさげて応戦したり、ゲリラ戦法に出たりと毎日が面白かった。昨年がやや平凡?な内容だっただけにこの差はでかい。残り1日(半日)はラストスパート、もう一度場内を駆け廻って見たい。


Day02 [NAB2014攻略記] 完結編

[ Category : , ]
[ DATE : 2014-04-10 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[NAB2015:ATOMOS]ATOMOS日本法人社長 戒能氏が語るATOMOS製品の今と未来

(※個人の役職名は取材当時の名称。2017年8月末、戒能氏はATOMOS株式会社 代表取締役社長を退任) 展示ブースとドーム型シアターで盛り上がるATOMOS 数多くの... 続きを読む

[NAB2015:Autodesk]SHOTGUN、Flame、Mayaなどの最新バージョンを展示。アーティスト同士の作業効率化を図った製品展開

Autodeskブース動画 Autodeskブースレポート Autodeskは昨年と同様、新しくなった製品の紹介を行う大きなブースをメインにFlame、Maya、3ds... 続きを読む

[NAB2015:パナソニック]注目の新製品「AG-DVX200」を発表。様々な市場向け製品とサービスを提案

パナソニックブース動画 パナソニックブースレポート パナソニックは制作向けラインナップ拡充とクラウドワークフローおよび4K+IPの3つのカテゴリーを軸に放送局からビジネ... 続きを読む

[NAB2015:FREEFLY SYSTEMS]ジンバルシステム「MIMIC」やレンズコントロールを行う「MoVI XL」などの新製品を展示。ハンズオンコーナーも大盛況

FREEFLY SYSTEMSはカメラをトップマウントするALTAやジョイスティック、ノブ、ホイールでコントロールしない新しいジンバルシステムMIMIC、フォーカスやアイリス、ズー... 続きを読む

[NAB2015:TVU Networks]コンパクトモバイルオールインワンIP映像伝送ソリューション「TVU One」を発表。DJIとのコラボレーション空撮取材パックも展示

TVU Networksブース動画 TVU Networksブースレポート TVU Networksは今回のNABでTVUPackモバイルIPネットワークソリューシ... 続きを読む

[NAB2015:ソニー]4K制作のワークフローやシステムを展示。4K対応のカメラやメモリープレーヤーの新製品も発表

SONYプレスカンファレンス動画 ソニーブース動画(360°) Kodak SP360で撮影したパノラマ動画です。視点変更機能を利用するにはPC用のChromeブラ... 続きを読む

[NAB2015]ナブブラリVol.02(動画)

NAB2015の会場で気になったところをぶらぶらしながらレポートするコーナー。ソニー、サムスン、360Herosブースなどからお届けします。 ... 続きを読む

[NAB2015]ナブブラリVol.01(動画)

NAB2015の会場で気になったところをぶらぶらしながらレポートするコーナー。キヤノン、FREEFLY SYSTEMS、ARRI、パナソニックブースなどからお届けします。 ... 続きを読む

[NAB2015]朋栄ブース(動画)

NAB2015の朋栄ブース動画です。 ... 続きを読む

特集記事

ARRI, my love ARRI, my love
映画機材界の雄であるARRI。日本での販売拡大に注目されるARRIの歴史から実用例までフィーチャーする。
SXSW2021 SXSW2021
3/16~20日にオンライン開催となった「SXSW2021」をレポートする。
Virtual Production Field Guide Virtual Production Field Guide
国内のバーチャルプロダクションの展開と、映像制作ワークフローへの影響について紹介
CP+2021 CP+2021
オンライン開催のCP+2021で発表された新製品をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編 新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編
2020年末から2021年に発売されたレンズ新製品をピックアップする。
映像基礎講座 映像基礎講座 Episode 2
2020年8月に公開された特集「映像基礎講座」続編。引き続き映像の基本や基礎知識を学ぶ。
CES2021 CES2021
オールデジタルのオンライン開催となったCES2021をレポートする。
年末イッキ読み! 年末イッキ読み!
2020年に話題になった製品の特集やコラム記事をまとめて振り返る。
PRONEWS AWARD 2020 PRONEWS AWARD 2020
激動の1年となった2020年の映像業界を、PRONEWS編集部が総括する。
2020年11月特集:[再現:Inter BEE 2020]-Web Trade Show- 再現:Inter BEE 2020-Web Trade Show-
11月18日(水)からオンライン開催されるInterBEEを解説する。
Inter BEE 2019 ぼくらのEDIUS X
約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「EDIUS X」の魅力を紹介。
InterBEE 2019の歩き方 Broadcast & Cinema EXPO 2020
映像制作者、映像業界関係者向け情報イベント配信番組。
ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
SIGGRAPH2020 SIGGRAPH2020
オンライン開催されたVFXの祭典・SIGGRAPH2020をレポート。
映像基礎講座 映像基礎講座
映像の基本や基礎知識を学ぶ。映像制作初心者はもちろん、熟練者ももう一度初心に立ち返ろう。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [NAB2014攻略記4月9日]Day03:熱狂覚めやらない会場から最後の叫び!