PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [NAB2014攻略記 完結編]実り多きNAB2014で三銃士たちが勝ち取ったモノとは?
News

[NAB2014攻略記 完結編]実り多きNAB2014で三銃士たちが勝ち取ったモノとは?

#NAB SHOW #NAB2014 #NAB2014攻略記

2014-04-15 掲載

大きく変わる4Kスタジオ機材

小寺信良
NAB2014_34_kodera_04_01.jpg

映像関係者にとって、これまで4Kとはデジタルシネマの文脈で語られるのが常であった。それはRAWやLog収録とセットの話であり、カラーグレーディングと編集ワークフローをどうまとめていくかの議論であった。

一方で日本の放送関係者は、今年の夏から4Kの試験放送開始とは言うものの、シネマの機材でどうするんだという、まさに手がつけられない状況が続いており、放送システムとしてちゃんと組めないことが課題であった。

今回NABに来て、主にシステム・ソリューション製品を見てきたが、4K技術は明らかに放送に舵を切り始めている。例えばキヤノンはEFシネマレンズと放送用ズームレンズを合体させ、ソニーはF65に映像伝送モジュールを合体させた。これらはシネマ機材と放送機材のハイブリッドだ。朋栄がスイッチャーやルーター、アップ/ダウンコンバータ、フレームシンクロナイザー、カラーコレクターといった周辺機器を揃えてきたところで、ようやく放送システムが組めるようになってきた。

その中の課題は、各機器と接続するための映像伝送だ。Blackmagic Designは独自にSDIを拡張し、6G-SDIを提唱していたが、今回のNABで4K/60pが伝送可能な12G-SDI規格の対応製品を投入してきた。同社製品でまとめれば、従来のケーブル量の1/4でシステムが組める。一方SMPTEやEBUはこれを機会に光ファイバー化、さらに可能性としてはもうベースバンドではなくIP伝送に移行、欧米共通規格として放送システムをIT化しようとしている。

この標準化は今年から来年にかけて決定・実用化の流れになると見られているが、そうなると現在のSDIベースのHD/4Kハイブリッド機材は、一気に時代遅れになる可能性がある。これは1990年前後、先行していたパラレルデジタル伝送がシリアルデジタル伝送に一気に取って代わられた時に、辛酸をなめたポスプロも多かったことを彷彿とさせる。

ただ、すべての放送が近い将来4K化するわけではない。そろそろ古くなったHD機材をリプレイスしつつ、ついでに4Kをどの程度睨んでおくか。ポスプロとしてはまだ当分悩み多きところだろう。

放送の4K実用化に向けた具体的な取り組み

石川幸宏

とにかく話題に事欠かなかった今年のNABショー。話題の新製品やニューテクノロジーの発表も目白押しで、全日を通じて非常に興味深い展示会となった。

NAB2014_34_Ishikawa_04_XAVC_Player.jpg SONYブースにF65とともに展示されていた4K XAVC Player

大きなテーマとして見えて来たのは、放送の4K実用化に向けた具体的な取り組みだ。昨年は全体的に「4K Ready」という方向性を打ち出した感があったが、今年になって映像制作ツールそのものの開発の方向性を、具体的にデジタルシネマだけでなく放送へも向けてきたことは興味深い。

シネマの世界も全米では4Kプロジェクター本格導入へ道筋が見えて来たことや、レーザープロジェクターの人体(眼球等)への安全度が実証されたこともあって、CHRISTIE、BARCO、NECなどプロジェクターメーカー各社のレーザープロジェクションへのプロモーションも盛んになってきた。4K=大画面/高輝度視聴が求められることからも、この動きは4K映像普及にとって追い風だろう。ただし、データ容量や転送速度などを超えるための様々な技術的障壁や課題は多く山積しており、やはり昨年指摘したとおり、ここ数年は4K実用化に向けてのR&Dが繰り返されるのではないだろうか?

その他の特長として興味深かったのは、これまでの流れを変える新たなエポックメーカーが出現して来た年でもあったと思う。AJAから発表された4Kカメラ「CION」などの新勢力のカメラツールは、これまでの「カメラ」という概念の製品というより、まさにデジタルワークフローの一環としてのキャプチャー装置という位置づけで、レコーダーからデータをマルチにデリバリーする装置の前にキャプチャー機能がついたというイメージが強い。カメラマンにとってのカメラから、映像制作工程におけるワークフローを補完するキャプチャーマシンという位置づけのカメラも多く出現して来たが、それだけ映像をキャプチャーするシーンがあらゆるジャンル、業種で増えて多様化している現れだろう。

Blackmagic Design URSAのHDMIモデルは、DSLRなどを接続し、既存カメラにレコーダー+最新のデジタルワークフロー環境を提供するというコンセプトであり、こうした傾向が今後増えてくるのではないだろうか?

ちなみに“URSA”とは、かつてシンテル社のテレシネ機の名機と呼ばれたURSA Diamond、URSA Goldからの引用のようで、新発表されたCintel Film Scanner同様、同社のCEO、Grant Petty氏のフィルム、映画に対する愛情の深さを感じ、またこれらの製品のプレス発表の際に、Grant氏が感極まっていたことが大変印象深かった。映像愛に溢れるこうしたメーカーがこれからも世界の映像人の心強いサポーターであってくれることを期待したい。

まだ伝えられていないお宝紹介!

岡英史

さて実り多きNABSHOW2014総括!最終日に残り少ない時間(午前中で戦いは終了)駆け回って個人的に気に入った物をざっと紹介していこう。

■AZDEN
NAB2014_34_OKA_04_AZDEN01.jpg 新製品一覧

日本企業をしっかりと紹介しなければ駄目だ。筆者も含めてENG寄りのカメラマンならカメラや三脚も大事だが音声、ミキサーやワイヤレスも絶対に必要なもの。そんな中AZDENは期待に答えてくれる。都内調布市に本社のある音声メーカーだ。毎年興味を引かれる製品をきっちり出している。今年はその中からSONYスロットに対応したスロットinワイヤレスレシーバーが出展されていた。これでPMWクラスでも業務帯の価格でスロットインでの運用が出来る。PMW-400以上は本当に使い勝手が良くなる。

NAB2014_34_OKA_04_AZDEN02.jpg SONYスロットイン

また同社のミキサーにはUSB出力端子が付き、PC接続(要ソフト)しての音声の取り込みが出来る。ワイヤレス運用と相まって現場ではかなり重宝するだろう。勿論ガンマイク等も良い製品が揃っている。筆者のDSLRでの運用時にはAZDENのガンマイクで運用をしている。 NAB2014_34_OKA_04_AZDEN03.jpg USB付きミキサー

■EZ-JIB
NAB2014_34_OKA_04_EZ-JIB.jpg

LibecさんもここのJIBは知っている位のJIB&クレーン屋さん。この中で目を見張ったのがJIBに取り付けるリモートハンドルKIT。これを使うことにより筆者のように身長が低い人でもJIBの高さを十分使えるようになる。デモも小柄の人が行っていたが、このハンドルにレンズコントロールユニットも付いているので滑らかなカメラワークが可能だった。

■SHAPA
NAB2014_34_OKA_04_SHARP.jpg

魔女の様なボディペインティングをした女性が一際目立ったブース。ここで面白かったのは3軸のジンバルと、ショルダータイプのRIGを組み合わせたもの。3軸目をカメラの回転ではなく上下動の減衰に使っているのがRIG運用にマッチしている。素材もカーボン&アルミ切削と言うマニアックな物。今回のRIGではNo.1に格好良かった!

■WOODEN
NAB2014_34_OKA_04_WOODEN.jpg

RIG全体と言うよりもEVFステーが良い。EVFセッティングがENG系のカメラと同じように簡単に出来るのが特徴。これは日本でも販売して貰いたい。

■JVCケンウッド
NAB2014_34_OKA_04_JVC.jpg

今回は4機種の4Kカメラに圧倒された同ブースだが、RCヘリ等に搭載する時用のヘッドマウントディスプレイも展示をしていた。元々は航空整備に使用されている物をアレンジしてくるので、これも常時装着の日も近いかもしれない。

まぁ、この様に漏れた物を最終日に少しではあるが拾えて良かった。今年はオーディオコーナー&照明コーナーに殆ど行けなかったがチラ見レベルでも、特にLEDライト(と言うか大型照明)はびっくりする程のハイワッテージ化された物がかなり展示してあったのが印象的。

そんな感じのNABで、今年は特に色々とエキサイティングな発表が初日から目白押しで、ここ数年の中では本当に一番面白い。セントラルホールよりもサウスホールに人が多いのが何よりの証拠だろう。まだ4回しかNABにはきていないがこれだから面白い!と言うのが良くわかった。来年も是非参加したい!と言う意気込みを最後に、三銃士レポートを閉めたい。


Day03 [NAB2014攻略記] Day00

[ Category : , ]
[ DATE : 2014-04-15 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[NAB2015:ATOMOS]ATOMOS日本法人社長 戒能氏が語るATOMOS製品の今と未来

(※個人の役職名は取材当時の名称。2017年8月末、戒能氏はATOMOS株式会社 代表取締役社長を退任) 展示ブースとドーム型シアターで盛り上がるATOMOS 数多くの... 続きを読む

[NAB2015:Autodesk]SHOTGUN、Flame、Mayaなどの最新バージョンを展示。アーティスト同士の作業効率化を図った製品展開

Autodeskブース動画 Autodeskブースレポート Autodeskは昨年と同様、新しくなった製品の紹介を行う大きなブースをメインにFlame、Maya、3ds... 続きを読む

[NAB2015:パナソニック]注目の新製品「AG-DVX200」を発表。様々な市場向け製品とサービスを提案

パナソニックブース動画 パナソニックブースレポート パナソニックは制作向けラインナップ拡充とクラウドワークフローおよび4K+IPの3つのカテゴリーを軸に放送局からビジネ... 続きを読む

[NAB2015:FREEFLY SYSTEMS]ジンバルシステム「MIMIC」やレンズコントロールを行う「MoVI XL」などの新製品を展示。ハンズオンコーナーも大盛況

FREEFLY SYSTEMSはカメラをトップマウントするALTAやジョイスティック、ノブ、ホイールでコントロールしない新しいジンバルシステムMIMIC、フォーカスやアイリス、ズー... 続きを読む

[NAB2015:TVU Networks]コンパクトモバイルオールインワンIP映像伝送ソリューション「TVU One」を発表。DJIとのコラボレーション空撮取材パックも展示

TVU Networksブース動画 TVU Networksブースレポート TVU Networksは今回のNABでTVUPackモバイルIPネットワークソリューシ... 続きを読む

[NAB2015:ソニー]4K制作のワークフローやシステムを展示。4K対応のカメラやメモリープレーヤーの新製品も発表

SONYプレスカンファレンス動画 ソニーブース動画(360°) Kodak SP360で撮影したパノラマ動画です。視点変更機能を利用するにはPC用のChromeブラ... 続きを読む

[NAB2015]ナブブラリVol.02(動画)

NAB2015の会場で気になったところをぶらぶらしながらレポートするコーナー。ソニー、サムスン、360Herosブースなどからお届けします。 ... 続きを読む

[NAB2015]ナブブラリVol.01(動画)

NAB2015の会場で気になったところをぶらぶらしながらレポートするコーナー。キヤノン、FREEFLY SYSTEMS、ARRI、パナソニックブースなどからお届けします。 ... 続きを読む

[NAB2015]朋栄ブース(動画)

NAB2015の朋栄ブース動画です。 ... 続きを読む

特集記事

2020年11月特集:[再現:Inter BEE 2020]-Web Trade Show- 再現:Inter BEE 2020-Web Trade Show-
11月18日(水)からオンライン開催されるInterBEEを解説する。
Inter BEE 2019 ぼくらのEDIUS X
約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「EDIUS X」の魅力を紹介。
InterBEE 2019の歩き方 Broadcast & Cinema EXPO 2020
映像制作者、映像業界関係者向け情報イベント配信番組。
ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
SIGGRAPH2020 SIGGRAPH2020
オンライン開催されたVFXの祭典・SIGGRAPH2020をレポート。
映像基礎講座 映像基礎講座
映像の基本や基礎知識を学ぶ。映像制作初心者はもちろん、熟練者ももう一度初心に立ち返ろう。
	
Shoot with Vlog cam Shoot with Vlog cam
個人の動画ブログ「Vlog」が隆盛するいま、Vlog用カメラを通して映像を撮ることを数回にわたり考える。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part II
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part I
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [NAB2014攻略記 完結編]実り多きNAB2014で三銃士たちが勝ち取ったモノとは?