PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  • imgInstagram
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [Inter BEE 2014の歩き方]Intro:今年も始まる映像の祭典にようこそ!
Special

[Inter BEE 2014の歩き方]Intro:今年も始まる映像の祭典にようこそ!

2014-10-30 掲載

映像祭典の季節到来!

1年は長い様であっという間だなと感じるのはまさに11月を迎えるこの時期。“もうそんな季節か?”とみなさんも思いが過るのではないだろうか?そう、今年も映像関係者には見逃せない「Inter BEE 2014」(#interbee)開催の季節である。そんなInter BEEは、今回で50回目を迎える記念すべき年を迎えた。

今年は11月19日より3日間、例年通り幕張メッセで開催される。映像に関わる人間にとっては、1年に一度のお祭りだ。もちろんPRONEWSは今年もInter BEEを盛り上げるべく、会期中の3日間は、余すところなくレポートしていくので期待してもらいたい(詳しくは特設サイトを!)。

Inter BEE 2014は、50回目を記念して、会期2日目に、スペシャルイベント“Inter BEE EXPERIENCE”が開催される。第1部は、各社ラインアレイスピーカーが大音量で試聴体験できる。第2部は、ライゾマティクス・プロデュース「映像・音響・照明・パフォーマンス」を融合した日本発・世界発信のライブエンターテインメントとパーティーが開催される。

Inter BEE主催者側も臨機応変に時代の波をキャッチアップするように、映像業界のトレンドも大きく変わろうとしている。引き続き今年のテーマも4K / 8KをキーワードにHigh Resolutionと言える。PRONEWSでも高解像度な映像制作を可能にするテクノロジーや製品の話を中心に扱ってきた。8月末の総務省発表による4K / 8Kの高解像度放送開始までの前倒しスケジュールのタイムラインを考えると、それに関わる技術動向は大いに気になるところだ。

この現実を目の当たりにするのがInter BEE 2014の会場であると言える。情報解禁日までアップデートを続けるつもりだが、現場を巡れば、これらの流れ受けを産み落とされたカメラやプロダクト動向が多く並ぶだろう。

最小限の力で最大の効果をもたらす“Inter BEE 2014の歩き方”をご用意!

2014_10_intro_50th

新しい試みが為されるInter BEE 2014。会場の方も変化がある。今年は、1ホール増床され、Hall1から6までが使用される。

目的に合わせたブースをピックアップし、最小限の力で最大の効果が得られる最強の「Inter BEE 2014の歩き方」をお送りする。歩き方は、5コース用意。各コースにつき見逃せない約10ブースをピックアップ。限られた時間しか会場を見て回れないという人が2~3時間で回り切ることができるブース数を想定したラインナップだ。

今回の基本5コースを参考にしてもらえれば、もう今年のInter BEEを掌握したも同然。これでInter BEE 2014を全方位で捉えられる。ブースや情報が正式確定後、スマートフォンやタブレットでも使用可能なPDF版オリジナルマップも開催直前に公開するので楽しみにしてほしい。もちろん会期中は幕張メッセ内にて配布予定だ。

Inter BEE 2014の歩き方 オリジナルガイドマップ無料配布中!

[Inter BEE 2014の歩き方] Aコース

[ Category : , ]
[ DATE : 2014-10-30 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

特集記事

GH world
正式に発表されたパナソニック「GH5 II」と「GH6」。実機やインタビューを通して、GHシリーズの今後の展開を占う。
Virtual Production Field Guide Season2
バーチャルプロダクション特集のSeason2。引き続き国内の最新の動向やワークフローを追う。
ARRI, my love
映画機材界の雄であるARRI。日本での販売拡大に注目されるARRIの歴史から実用例までフィーチャーする。
SXSW2021
3/16~20日にオンライン開催となった「SXSW2021」をレポートする。
Virtual Production Field Guide
国内のバーチャルプロダクションの展開と、映像制作ワークフローへの影響について紹介
CP+2021
オンライン開催のCP+2021で発表された新製品をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編
2020年末から2021年に発売されたレンズ新製品をピックアップする。
映像基礎講座 Episode 2
2020年8月に公開された特集「映像基礎講座」続編。引き続き映像の基本や基礎知識を学ぶ。
CES2021
オールデジタルのオンライン開催となったCES2021をレポートする。
年末イッキ読み!
2020年に話題になった製品の特集やコラム記事をまとめて振り返る。
PRONEWS AWARD 2020
激動の1年となった2020年の映像業界を、PRONEWS編集部が総括する。
2020年11月特集:[再現:Inter BEE 2020]-Web Trade Show- 再現:Inter BEE 2020-Web Trade Show-
11月18日(水)からオンライン開催されるInterBEEを解説する。
Inter BEE 2019 ぼくらのEDIUS X
約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「EDIUS X」の魅力を紹介。
InterBEE 2019の歩き方 Broadcast & Cinema EXPO 2020
映像制作者、映像業界関係者向け情報イベント配信番組。
ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [Inter BEE 2014の歩き方]Intro:今年も始まる映像の祭典にようこそ!