PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [CES2015]Vol.09 総括編:コンシューマのトレンドはプロに影響を与えるのか?
News

[CES2015]Vol.09 総括編:コンシューマのトレンドはプロに影響を与えるのか?

#Report NOW! #CES2015

2015-01-14 掲載

txt:小寺信良 / 編集部 構成:編集部

すでに多くのレポートが物語っているように、今年のCESのテーマはIoTということで間違いなさそうだ。もちろん、4Kテレビの新モデルは出たし、カムコーダも出た。だが、そこは主役ではなかったという事である。

アメリカは4Kをどう見ているか?

CES2015_09_03 当然各社からは新しいテレビの形をプレゼンテーション

米国の4Kに対するニーズは、はっきりしている。「画面をでっかくしたらHD解像度じゃ足りなかった。もっとドットを刻め」という事である。だからアップコンでも、よほど結果がひどくなければ全然構わないし、ビットレートもそこそこでいい。10bitだ4:2:2だとかは、コンシューマで語る話ではない。

さらに言えば、4Kが注目されている分野は映画産業に限られる。日本企業では4Kが撮影可能なカメラを多数展示したが、来場者の関心は今一つといったところだ。自分で撮るビデオが4Kになることには、あまり関心は高くないように見受けられた。さらに言えば、4Kテレビ放送のニーズもそれほど高くない。米国ではスポーツ中継が強いテレビコンテンツだが、それに対する関心も今回のCESでは確認できなかった。

むしろケーブルテレビやネットのストリーミングサービス事業者が提供するコンテンツ(主に映画)をどう見るかが主眼であり、4Kテレビはスマホなみにサービスをヌルヌルと切り換えられるディスプレイ装置にならざるを得ない。そこで登場するのが、スマートOSを搭載したテレビというわけである。

かつてGoogle TVは、テレビ大のスマホを作ろうとした。そして失敗した。人類はテレビの前のソファにケツを下ろした瞬間にIQが20下がるので、スマホのような使い方をテレビではやらなかったのである。だから今度のスマートTVは、テレビはテレビのまま、IQが20下がった状態でも使えるようにソフィスティケートするため、スマートOSを使う。

HDRとは何か

今回映像関連技術で少しだけキーワードが出てきたのが、“HDR”という技術だ。元々写真では、2つの異なる露出で撮影した写真を合成してダイナミックレンジを押さえ込む技術としてよく知られている。一方映像におけるHDRは、どちらかと言えばRAW収録~現像のイメージで捉えるべき手法で、この2つは違うものだ。

ご存じのように現在のBT.709では、輝度のコントラスト比は1:100に制限されている。BT.2020では色域は拡がったものの、輝度方向は現状維持だった。だがLEDバックライト技術の発達により、実際にはそれ以上の輝度が表現できるようになってきた。よって輝度を1:1000から1:10000ぐらいにまで拡張しようというのが、動画HDRの正体である。

実はこの技術、次世代4K対応のBlu-ray規格と同時に華々しく発表されるはずであった。ところが土壇場になって4K Blu-rayの発表そのものが見送られたため、公式に公開できず、パナソニックブース内にてフライング的にちょろちょろと展示されるに留まった。パナソニックのプレスカンファレンスでチラ見せされた、4K Blu-rayプレイヤーがそれである。

CES2015_09_01 プレスカンファレンスでチラ見せの4K Blu-rayプレーヤー

詳しい内容は4K Blu-rayの公式発表を待つ必要があるが、これまで撮影時に100IREに向かってなだらかにねかせてきたガンマカーブを、ディスプレイ側でまっすぐ伸ばして表示する、ダイナミックレンジの復元技術だと捉えていただければいいだろう。今のところ映像制作者側は取り立てて何もすることはないが、将来的にはHDRを視野に入れた新しいカーブが登場する可能性もあるかもしれない。

IoTで誰が得をするのか

CES2015_09_05Sandsコンベンションセンターでは、IoTの展示が多く行われた

IoTとは、基本的にはセンシングによる情報収集とクラウドでの解析、そして最終的に人間へフィードバックするという技術だ。ヒトやモノのインターネット化である。

これらのテクノロジーがプロの映像制作に何かをもたらすかと言えば、直接的にはあまり関係ないと言える。だがIoTを支える技術、例えば3Dプリンタの発展やモノづくりの小ロット化・効率化といった進歩は、プロ業界に大きく寄与する。

例えばネジ1つ、プレート1枚にしても、ニーズが少なければ製造されなかった。だが自分だけはこれとこれをくっつけるために要る、という話はよくある。こういうものは、自分で作れれば解決する。これまでは、作る方法がなかった、あるいはあってもコストが合わなかったものが、作れるようになってくる。30個作っただけで元が取れるようなネタは、プロ業界にはゴロゴロ転がっている。その点では、プロはIoTそのものよりも、その背景のモノづくり技術に注目したほうが得策といえるだろう。

今回のCESは、これまで知らなかったコトやモノがスタートアップした。立場は違えどみんなが知らない、わからないところから同時スタートしているため、出展者も来場者もお互いの情報を交換し、同じように勉強になったことと思われる。これほどまで、色々勉強になった回も珍しいと思う。そしてその知恵とアイデアのるつぼの中に、次の世代のシード(種)が生まれてくる。来年は同じ会期で1月6日から9日まで開催される。来年何がトレンドなのか?現地からお伝えしたいと思う。


txt:小寺信良 / 編集部 構成:編集部
Vol.08 [CES2015] Vol.00

[ Category : , ]
[ DATE : 2015-01-14 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[CES2020]Vol.11 Crystal LEDとAtom Viewで実現するヴァーチャルセット最前線~まさにリアルを超える?!

txt:西村真里子・猪蔵・編集部 構成:編集部 リアルとバーチャルの境目がなくなる影像制作 CES 2020はそれまでのCESの歴史から大きくシフトを宣言している年であ... 続きを読む

[CES2020]Vol.10 テレビ局が不在でも完全に8Kが主流のCES2020

txt:江口靖二 構成:編集部 CES 2020の主流が「8K」となった理由 CES 2020では完全に8Kが主流である。グローバルで市場を牽引する中国とアメリカでは、... 続きを読む

[CES2020]Vol.09 「次の10年のエンターテインメント・プラットフォーム」とは?〜モバイル向け動画配信サービスQuibiスタート直前

txt:加藤薫(博報堂DYメディアパートナーズ) 構成:編集部 モバイル向けストリーミングサービス「Quibi」とは? 生活を変えるテクノロジーのショーケースとして... 続きを読む

[CES2020]Vol.08 日常が“つながる”と意外なものがメディアになる?未来の生活を彩るものたち

txt:平野陽子 (大広) 構成:編集部 2020年1月7日~1月10日、米国ラスベガスにて「CES 2020」が開催された。すでに多くのメディアで語られているが、再度振り返... 続きを読む

[CES2020]Vol.07 人工人間、身体性が問われるテクノロジー「NEONプロジェクト」

txt:西村真里子 構成:編集部 CES 2020で注目のテクノロジー「NEON」とは CES 2020の日本のスタートアップが出展するEureka Parkに... 続きを読む

[CES2020]Vol.06 目の付け所がAIなプロダクトが続々登場〜会場から見えてくるAIプロダクト達

txt:江口靖二 構成:編集部 進化する画像センサーがより良い未来を作る サムスンの「Ballie」は目の付け所がサムスンなプロダクトだ。百聞は一見にしかず、サムス... 続きを読む

[CES2020]Vol.05 航空会社として初基調講演。デルタ航空が考えるイノベーション〜パラレル リアリティ ディスプレイ

txt:江口靖二 構成:編集部 航空会社として初めての基調講演 CESでのキーノートには、例年家電メーカーであったり、インテルやクアルコムのようなチップ系のメーカー、最近では自... 続きを読む

[CES2020]Vol.04 より多くの人を集めるために〜CESにおける「見せ方」と「ブランディング」効果とは?

Audiのブースは上からキラキラしたリボンが無数に装飾されており、否が応でも足を踏み入れたくなる txt:清水幹太 構成:編集部 来場者の気を引く“見せ方”は多種多様 ... 続きを読む

[CES2020]Vol.03 一般化を迎えたカテゴリーに花開く、味わい深いプロダクトたち〜展示会スタート

txt:清水幹太 / 編集部 構成:編集部 いよいよ展示会が始まる MediaDayが終わり、CES展示会場での展示がいよいよ始まった。CESの他の展示会と大きく違う点... 続きを読む

特集記事

	
Shoot with Vlog cam Shoot with Vlog cam
個人の動画ブログ「Vlog」が隆盛するいま、Vlog用カメラを通して映像を撮ることを数回にわたり考える。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part II
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part I
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [CES2015]Vol.09 総括編:コンシューマのトレンドはプロに影響を与えるのか?