PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  • imgInstagram
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [After Beat NAB SHOW 2015]Vol.01 デジタルシネマ4Kの今を俯瞰する
Special

[After Beat NAB SHOW 2015]Vol.01 デジタルシネマ4Kの今を俯瞰する

2015-05-29 掲載

txt:稲田出 構成:編集部

デジタルシネマの変遷を振り返る

アフォーダブルなデジタルシネマはRED Digital Cinema CameraのRED ONEが2007年あたりから市場に出てきたころから始まったといえるが、翌年にはニコンのD90やキヤノンEOS 5D MarkⅡがHD動画撮影できるカメラとして登場し、今までDOFアダプターを使っていたユーザーをはじめとしてスチル系のカメラマンなども含めてこうしたカメラへの関心が高まっていく。こうした動きはフィルムでテレビドラマなどを撮影していた現場にも大きな影響を与えるが、これは2008年のリーマン・ショックや2009年のギリシャ危機といった経済的な背景要因もあったと思われる。

その後も2010年にARRI ALEXA、2011年はソニーPMW-F5/F55、2012年にはキヤノンがCINEMA EOSシステムを発表するなど、アフォーダブルなデジタルシネマカメラがカメラメーカーによって発売されていく。折しも2012年にEastman Kodak社が経営破綻し、翌年の2013年には富士フイルムが映画フィルムの生産中止を発表したことから、フィルムからデジタルへの道筋が加速されていく。

ちなみに今年2月にEastman Kodakと大手映画会社との間で継続的なフィルム供給に関して発表があったが、4月にはフィルム価格の値上げがあり、意図的にフィルムを使う何かがないかぎりフィルムからデジタルへの流れに大きな変化はないだろう。また、フィルム上映館よりプロジェクターによるシネコンの数のほうが多いという現状もそうした流れを後押ししているといえよう。

以前は、デジタル一眼による撮影システムが三脚やケージなどのメーカーを含め沢山出ていたが、今年のNABではかなり数が少なくなってきた。映画用のレンズに比べ安価な写真用レンズが使えるとか、センサーサイズなどのメリットも4K対応のビデオカメラが各社から発売になり、最近ではあまりアドバンテージがなくなり、デジタル一眼をシネスタイルで使うメリットが薄れてきているからだろう。そのかわりBlackmagic Designやキヤノン、ARRI、REDなどからはデジタルシネカメラが新製品として出てきている。

Blackmagic DesignはURSA Miniのほか、Blackmagic Micro Studio Camera 4Kといった4Kに対応したカメラを出展。キヤノンもHDのセンサーをDCIの4Kに対応したEOS C300 MarkIIを出展していた。ARRIは今までHDまたはUHDの記録だったALEXAシリーズがDCIの4K対応にしたほか、新たにALEXA Miniというカメラを出展した。

ハンドヘルド型の小型ビデオカメラのスタイルを取っていない制作用や、ドローン搭載用の小型カメラなどはそのほとんどがデジタルシネマの4Kになったという印象だ。これは前述した通り、上映用の映画制作がフィルムからデジタルに本格的な移行を始めたということだろう。

デジタルシネマ4K NABの会場から

4Kカメラの多くは16:9というHDと同じアスペクト比のセンサーを採用しているものがほとんどだが、映画館などで上映する場合2:1以上のアスペクト比での上映が必要になることもある。フィルムではアナモフィックレンズを使ってワイド化していることが多いが、アナモフィックレンズを使わずに横長のワイド画面をフィルムに記録して上映するというフォーマットもある。ただ、35mmフィルムに横長に記録されるため、アナモフィックレンズを使った場合に比べ面積が半分ほどになってしまうので、画質的な面から一般的にはアナモフィックレンズを使うことが多いというわけだ。

もちろん、フィルムでは65mmとか35mmを横に使うという方法もあるが、カメラが特殊になったり、フィルムの消費量が多くなるため特別な場合以外はあまり使われることはない。デジタルシネマカメラでワイド撮影を行う場合も同じことがいえ、昨年あたりからアナモフィックレンズの新製品が発表されており、それに合わせカメラやレコーダーなどがアナモフィックレンズに対応した表示などが行えるようになってきた。

今回のNABではARRI Anamorphic Ultra Wide Zoom AUWZ 19-36/T4.2やZeiss 100mm Master Anamorphic Prime T1.9、Cooke Anamorphic Prime 25mmおよび135mmなどのほか、アタッチメントタイプの安価なアナモフィックレンズも登場している。こうしたレンズで撮影した場合、横方向が圧縮された画面になるため、横に伸ばした表示をすることで正常な画面にするモードがパナソニックGH4やATOMOS SHOGUNなどがファームウェアアップデートで対応している。アナモフィックレンズはAngénieuxやCarl Zeiss、Cookeといった海外レンズメーカーの老舗が積極的で、キヤノンやフジノンからは今のところ発表されていない。

このあたりはカメラのセンサーとも無縁ではなく、クロップしても充分な解像度や感度などクオリティを確保できればアナモフィックレンズは必要ないという考えなのかもしれない。レンズはARRIなどアスペクト比4:3のセンサーを対象としたものが多いが、アフォーダブルなレンズを発売しているメーカーからは16:9に対応したレンズやアタッチメントもあり、ワイド対応に関しては過渡期といえるのかもしれない。

デジタルシネマ系の4Kはよりアフォーダブルな方向とハイエンドな方向へ幅を広げ、ある意味放送4Kと差別化することで、独自な新境地へと進んでいるといえよう。

Blackmagic Design

AfterBeat2015_01_URSAmini

Blackmagic Design URSA Mini。EFまたはPLレンズマウントモデルと4Kと4.6Kセンサーのモデルがある。URSAも4.6Kモデルが追加された。いずれもセンサーサイズはスーパー35となっているが4Kは21.12×11.88mm、最大撮影解像度4000×2160、4.6Kは25.34×14.25mm、最大撮影解像度4608×2592となっており、微妙にセンサーサイズが異なる

AfterBeat2015_01_micro

Blackmagic Micro Studio Camera 4K。撮影解像度は3840×2160および1920×1080で、レンズマウントはマイクロフォーサーズなので、様々なレンズを装着可能

ARRI

AfterBeat2015_01_0240

54.12×25.58mmという大きなサイズのセンサーを搭載したARRI ALEXA 65。最大6560×3100での収録が可能で、収録コーデックはARRI RAWとなっている。レンズも含めてレンタルされる方式で、24mmから300mmまで8本の単焦点Primeレンズと50-110mmのズームレンズが用意されている。Hasselblad用交換レンズの光学系を元にIB/E Opticsがシネ用に仕立てたレンズとなっているが、ARRIFLEX 765用のZeissやCookeなどのARRI XPLマウントのレンズを使用することも可能。すでに上映用の映画もデジタルシネマカメラによる収録が一般化しているが、これからはこうしたカメラがスタンダードとなるかもしれない

AfterBeat2015_01_ARRIUltraWideZoom

ARRI Ultra Wide Zoom UWZ 9.5-18。イメージサークル34.5mmまでのPLマウントまたはキヤノンEFに対応。広角時でもディストーションが極めて少ないのが特徴となっている。Anamorphic Ultra Wide Zoom AUWZ 19-36/T4.2とともにNABに出展された。今まではアナモフィックレンズといえば単焦点が一般的だったが最近はAngénieuxとともにアナモフィックでもズームの時代になってきたといえよう

RED Digital Cinema

AfterBeat2015_01_0079

RED DRAGONセンサーを搭載したWEAPON。マグネシウムボディとカーボンファイバー製のボディがあり若干スペックが異なる。8K(8192×4320)センサーへのアップグレード対応もアナウンスされており、その場合はセンサーサイズが40.96×21.6mmとなるが、24x36mmの対角線長が約φ43.2mmとなっており、レンズは35mmスチルカメラのものが使用可能

Angénieux

AfterBeat2015_01_Angénieux

AngénieuxアナモフィックズームレンズOptimo Anamorphic 56-152 mm 2S。2.7倍T4でコンパクトなサイズ。PLおよびパナビジョン(PV)マウントに対応可能。ほかにも30-72mmがある。アナモフィックレンズのズーム時代の先駆け的な存在といえる

AfterBeat2015_01_Angénieux_Optimo_Style_4Klens

Angénieux Optimo Style 16-40 cinema TV 4K lens。今回新製品として登場した30-76と共通した放送用フォーカス、ズームデマンドに接続可能なサーボユニットやDSLRマウントアダプターが用意されているほか、エクステンダーやワイコンなどのアクセサリーに対応可能。シネスタイルとビデオを両立させたレンズといえ、ビデオのクルーが扱いやすいようになっている

Carl Zeiss

AfterBeat2015_01_0247

Zeiss Master Anamorphic MA 135 mm/T1.9。昨年のNABでCompact Zoom CZ.2 15-30/T2.9とともに発表になったもので、35/40/50/60/100mmを含め7本がラインナップされている。すべてフロントの径とともにT1.9で統一されているほか、100/135を除きサイズも統一されている。マットボックスの使用が前提となるシネスタイル撮影時でのレンズ交換が容易にできるようになっている

Cooke Optics

AfterBeat2015_01_0745

Cooke Anamorphic Cine Lens 25mm T2.8 PL mount. Cooke mini S4/i。シネ用のレンズメーカーとして長い歴史をもつ同社も近年25/32/40/50/75/100/135mmといったアナモフィックレンズのラインナップを完成させた。今年は25mmが新製品となっているが、全て同じ口径と長さおよびT値となっている。フォーカス/ズーム/絞りの位置データなどのレンズ情報を対応カメラへ送信できる「/i Technology」を搭載

AfterBeat2015_01_0747

Cooke mini S4/i Prime40mm T2.8。小型軽量化や最近のデジタルカメラように設計されたデジタルシネマ用プライムレンズ。18/21/25/32/40/50/65/75/100/135mmの10本がラインナップされており、全てのレンズがT2.8で統一されているほか、フロント部の口径も全て同じサイズになっている。「/i Technology」を搭載している

Canon

AfterBeat2015_01_0284

キヤノン1.5倍エクステンダー搭載20倍ズームレンズCN20×50 IAS H。スーパー35mm対応のズームレンズでPLマウントとEFマウントの2週類が用意されている。ドライブユニットを標準装備しており、放送用レンズ同様の操作性と運用性を実現したほか、ドライブユニットを外してフルマニュアルで使用することも可能。また、放送用I/Fである12pinシリアル通信やCooke社の通信規格/i Technology、EFマウントの通信プロトコルに対応している

Luma Tech

AfterBeat2015_01_0331

Luma Techの1.3倍アナモフィックアタッチメントレンズILLUMINA Anamorphic。16:9のカメラで2.39:1のワイド画面を撮影するためのアナモフィックレンズアダプターで、T1.9、レンズ口径120mmまでのレンズに装着可能

ATOMOS

AfterBeat2015_01_0657

ATOMOS SHOGUNのAtomOS 6.3ファームウェアアップデートでアナモフィックスクイーズに対応。2.39:1シネマスコープのアスペクト比でモニター表示する機能や4096×2160pのDCI解像度のサポート、HDMI/SDIの映像出力に3D LUTが適用可能になり外部モニターを接続時にもLUTを適用した映像を確認できるようになるほか、ソニーFS RAW(FS700、FS7)やキヤノン(C500、C300 Mark II)のディベイヤー処理と3D LUT適用を行い直接ProResファイルとして収録可能

txt:稲田出 構成:編集部


Vol.00 [After Beat NAB2015] Vol.02

[ Category : ]
[ DATE : 2015-05-29 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

特集記事

GH world
正式に発表されたパナソニック「GH5 II」と「GH6」。実機やインタビューを通して、GHシリーズの今後の展開を占う。
Virtual Production Field Guide Season2
バーチャルプロダクション特集のSeason2。引き続き国内の最新の動向やワークフローを追う。
ARRI, my love
映画機材界の雄であるARRI。日本での販売拡大に注目されるARRIの歴史から実用例までフィーチャーする。
SXSW2021
3/16~20日にオンライン開催となった「SXSW2021」をレポートする。
Virtual Production Field Guide
国内のバーチャルプロダクションの展開と、映像制作ワークフローへの影響について紹介
CP+2021
オンライン開催のCP+2021で発表された新製品をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編
2020年末から2021年に発売されたレンズ新製品をピックアップする。
映像基礎講座 Episode 2
2020年8月に公開された特集「映像基礎講座」続編。引き続き映像の基本や基礎知識を学ぶ。
CES2021
オールデジタルのオンライン開催となったCES2021をレポートする。
年末イッキ読み!
2020年に話題になった製品の特集やコラム記事をまとめて振り返る。
PRONEWS AWARD 2020
激動の1年となった2020年の映像業界を、PRONEWS編集部が総括する。
2020年11月特集:[再現:Inter BEE 2020]-Web Trade Show- 再現:Inter BEE 2020-Web Trade Show-
11月18日(水)からオンライン開催されるInterBEEを解説する。
Inter BEE 2019 ぼくらのEDIUS X
約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「EDIUS X」の魅力を紹介。
InterBEE 2019の歩き方 Broadcast & Cinema EXPO 2020
映像制作者、映像業界関係者向け情報イベント配信番組。
ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [After Beat NAB SHOW 2015]Vol.01 デジタルシネマ4Kの今を俯瞰する