PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [Digital Cinema Bülow III ~CineGear 2015]Vol.05 HDRの技術の可能性〜Colorfront社 CTO ビル・ファ…
News

[Digital Cinema Bülow III ~CineGear 2015]Vol.05 HDRの技術の可能性〜Colorfront社 CTO ビル・ファイトナー氏インタビュー〜

#CINE GEAR EXPO #Digital Cinema Bülow #cinegear

2015-06-22 掲載

txt:ベン マツナガ 構成:編集部

William Feightner氏に訊く

去る5月21日、22日の2日間、東京・秋葉原のUDXで開催されたAfter NAB Show。4月のNAB Showで発表された新製品を中心に、各メーカーから国内外の最新映像機器が出展される中、RAID社のブースでは、Colorfront(カラーフロント)社よりCTO(最高技術責任者)のWilliam Feightner氏(ビル・ファイトナー、以下:ファイトナー氏)が来日し、同社のTranskoderを使用したHDR映像のデモを行っていた。

ファイトナー氏と言えば、ハリウッドでも有数のポストプロダクション、EFILMで最高技術責任者を勤めていた方で、ハリウッド映画界でもトップクラスの知識と経験を持つカラーサイエンティスト。現在のデジタルカラープロセスであるDI(デジタル・インターミディエート)の黎明期から、その構築に最前線で携わってきた。約2年程前にカラーフロント社に移籍し、現在はカラーフロント社のCTOとして活躍している。

そのファイトナー氏にTranskoderのデモを見せてもらいながら、TranskoderのシステムやHDRの現状と今後の可能性などについて話を伺った。

TranskoderのシステムやHDRの現状と今後の可能性を探る

CGE_05_01 After NABで急遽来日を果たした、ビル・ファイトナー氏
──最初にTranskoderシステムについて聞かせてください。

ファイトナー氏:Transkoderは、HDRにも対応したマスタリングシステムです。Transkoderを使うことで、1つのマスターから様々な納品フォーマットに変換できます。例えば、劇場向けのDCPマスターからRec.709やRec.2020に変換したり、SDR(Standard Dynamic Range)素材からHDR(High Dynamic Range)素材に自動変換したり、1つのソースから映画、テレビ、家庭用などあらゆるデリバリー・フォーマットへの変換を可能にするのがTranskoderです。

Transkoderは、ソフトウェアですが、高性能のグラフィックカードやメモリー、CPUが装備され、プリコンフィギュアされたハードウェアも提供しています。マルチGPUを使うことで高速に処理することが可能になり、通常のDCPの映像なら300~400フレーム/秒で処理が可能です。先日、ALEXA 65でテストしましたが、スーツケースに入るようなコンパクトなシステムでも、ディベイヤーからカラーグレーディングまで、4K 60Pで問題なく動作しました。また、ネットワークGPUのAmazon Cloudにも対応しているので、所有するGPUで処理が追いつかない場合には、ネットワークレンダリングを使うことも可能です。

──HDR変換についてお話を聞かせてください。

ファイトナー氏:Transkoderは、HDRを扱うことを前提に設計されていて、内部的に32ビットのfloatingでデータを持っていいます。そのためソースカメラの入力情報を劣化させることなく、全てのデータを保持することが可能です。カメラからの入力データは、Transkoderに読み込まれると統一された独自のカラースペースにマッピングされ、Transkoder独自の32ビットfloatingのマスターデータに変換されます。このデータは、カメラに関係なく同じ被写体であれば、同じ色空間にマッピングされます。

Transkoderは、このマスターデータを元素材として扱い、出力に合わせて用意されたカラーパイプラインを使って、指定した色域やダイナミックレンジ、各種フォーマットに変換します。100nitsのSDRでも、1000nitsのHDRでも、出力の選択1つで変換が可能になるのです。

──HDRモニターには様々な輝度がありますが、HDRに標準規格はないのでしょうか?

ファイトナー氏:今のところHDRに標準規格はありません。特にコンシューマー用のTVモニターで輝度を上げるには、消費電力との兼ね合いもあります。今は、コンシューマー向けのHDRモニターとして一般的だと思われる1000nitsを1つのターゲットにしています。

CGE_05_02 ファイトナー氏(写真右)とともに来日した、Colorfront社のエンジニアGYULA PRISKIN 氏
──HDRで制作された劇場映画も出て来ているのでしょうか?

ファイトナー氏:テストとして始めているものがあるのは聞いていますが、作品としてはまだだと思います。劇場映画の場合はプロジェクターの問題があります。様々な技術の開発は進められていますが、プロジェクターを使って広いダイナミックレンジを表現するのは容易ではありません。SDRのモニターが100nitsなのに対し、DCPの場合、輝度の上限は48nitsです。HDRは、まず家庭用モニターでの普及が先に進むと思っています。

──マスターのグレーディングは、HDRでやるべきですか?

ファイトナー氏:それはとてもいい質問ですね。それはマスターを何にするかだと思います。映画の場合、48nits。HDRでグレーディングしてもそれがそのままDCPで再現される訳ではありません。1つのシンプルなソリューションとしては、BBCカーブを使うことです。BBCカーブは、HDRの情報を維持しながら、SDRモニターにつなげた場合に、SDRに変換して出力してくれるメタデータ機能です。

Transkoderでは、BBCカーブはサポートしています。ただ現時点では、メタデータで実現するのがいいのか、HDR、SDRをそれぞれ出力した方がいいのか、HDR自体がまだ始まったばかりなのでどのやり方がいいと決めるのは時期尚早な気がします。家庭の消費者の声やどのようなビジネスモデルが普及していくかによって決まってくると思います。

CGE_05_03 今年のCineGearExpoにも出展していた、colorfront社のブース。colorfrontの本社はハンガリーの首都プタペストにあるが、ハリウッドももちろん重要拠点
──これまでのモニターはHD、そして4Kといった解像度が1つの売りでしたが、ダイナミックレンジという新しい可能性が生まれました。ファイトナー氏はHDRについてどうお考えですか?

ファイトナー氏:家庭では近くでモニターを見るので、劇場映画以上にピクセルレゾリューションも重要でした。しかし、すでに各メーカーは4Kテレビを発売し始めていて、今後HDの大型テレビを出すことはないでしょう。60インチを超えるモニターが3840×2160のUHDになり、これにHDRが加わればこれまでにない美しい映像を家庭に届けることができます。ダイナミックレンジは、視覚的にその違いが分かりやすくHDRとSDRのモニターを並べて、どちらの映像が綺麗かと聞けば、多くの人はHDRを選ぶでしょう。アメリカのいくつかの配信会社はすでに、HDRでの配信テストを始めています。

それとHDRは、ストーリーを伝えるための優れたツールになると思います。そして今、その技術がアーティストに開放されました。Transkoderを使えば、SDRとHDRの表示の切り替えが可能になるので、オンセットでHDRモニターを使って、HDRとSDRの両方を確認しながら撮影することも可能になります。特にHDRでは、表現可能なライティングのコントラスト比が大きく変わります。これは、新しい映像世界の始まりなのです。

txt:ベン マツナガ 構成:編集部
Vol.04 [Digital Cinema Bülow III] Vol.06

[ Category : , ]
[ DATE : 2015-06-22 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.16 会場で気になったあれこれ

txt・構成:編集部 美しい肌の色調と滑らかなボケ味を実現したPLプライムレンズ「Sumire Prime」 キヤノンは、NABで発表したSumire Prim... 続きを読む

[Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.15 SmallHD/Teradek:ワイヤレスプロダクションモニターやカメラコントロール対応モニターを展示。両社の技術が新製品に集結

txt・構成:編集部 撮影現場での映像確認やDITに最適な17インチワイヤレスプロダクションモニター「17RX」 TeradekやWooden Camera、Sma... 続きを読む

[Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.14 Cine Gear Expo 2019〜ATOMOS:オンセットやスタジオ用HDRシネマモニター/レコーダー「NEON」を展示

txt・構成:編集部 オンセットやスタジオ向けのHDRシネマモニターレコーダーが登場 ATOMOSは、Cine GearでHDRシネマモニター/レコーダー「NEON」を... 続きを読む

[Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.13 富士フイルム、100メガピクセルのラージフォーマットミラーレス「GFX100」やシネマカメラ用ズームレンズ「Premista」を展示

txt・構成:編集部 話題のラージフォーマットミラーレスカメラとシネマカメラ用ズームレンズ「Premista」との組み合わせがユニーク 富士フイルムブースの注目は、... 続きを読む

[Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.12 きれいなフレアとボケ味が特徴のプライムレンズの新製品「Tokina Vista One」シリーズを展示

txt・構成:編集部 シングルコートが特徴のフレアを実現したVista Oneシリーズをデモ 今年のTokina Cinemaブースは、昨年よりも大きくなっている。メイ... 続きを読む

[Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.11 ニコン、フルフレームミラーレスカメラで12ビットProRes Raw出力対応「Z 7」を展示

txt・構成:編集部 3:2のフルフレームセンサーを16:9に上下カットした形で収録可能予定 Cine Gear展示エリアに、ニコンはブース出展していない。しかし、AT... 続きを読む

[Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.10 パナビジョン、NDフィルターの度合いを調整できる6ストップ「LCND」フィルターシステムを展示

txt・構成:編集部 スタンドアロンでもワイヤレスでも濃度の調整が可能な「LCND」 パナビジョンは、レンズ、カメラ、フィルターから制作ワークフロー、ポストプロダクショ... 続きを読む

[Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.08 Leitz、プライムレンズのThalia-Tシリーズに新ラインナップを検討中

txt・構成:編集部 ライカユーザーならお馴染みのTHAMBAR 90mmがThalia-Tシリーズとして登場 2019年8月発売予定のThalia-T 90m... 続きを読む

[Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.07 カールツァイス小倉氏にラインナップが充実してきた「Supreme Prime」の魅力について聞く

txt・構成:編集部 Supreme Primeの拡充から見えてくること Cine Gear展示会場の見どころは、やはりほぼすべてが出揃っているレンズメーカーの展示だ。... 続きを読む

特集記事

	
Shoot with Vlog cam Shoot with Vlog cam
個人の動画ブログ「Vlog」が隆盛するいま、Vlog用カメラを通して映像を撮ることを数回にわたり考える。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part II
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part I
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [Digital Cinema Bülow III ~CineGear 2015]Vol.05 HDRの技術の可能性〜Colorfront社 CTO ビル・ファ…