PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [SIGGRAPH2015]Vol.03 SIGGRAPH展示会場よりみえてくるCG業界の流行とは

News

[SIGGRAPH2015]Vol.03 SIGGRAPH展示会場よりみえてくるCG業界の流行とは

2015-08-21 掲載

txt:安藤幸央 構成:編集部

ユーザー会の場としても盛り上がる展示会場

siggraph2015_03_exhibition 展示会場入り口。朝早くから閉館時間の夕方まで多くの人でにぎわった

SIGGRAPHで多くの人々が押し寄せる場所の一つが展示会場だ。今年のSIGGRAPHの参加者は約14,800名。調査によると、ほとんどの参加者は約半日程度は展示会で時間を費やしているとのこと。今年の出展者数は全部で143社、展示会の規模は幕張メッセやビッグサイトの1コマ分くらいの領域に、大小のブースがひしめき合っているという感じだ。

リーマンショック以前の景気が良かった時代は、球場を貸し切ったり、ホテルのスイートでユーザー会が開催されたこともあったが、近年では予算の節約と実益をかねて、それぞれの企業ブースでユーザー会のような内容の充実したプレゼンテーションが常時行われている企業が多かったのが今年の特徴だ。

■パノラマ映像のメイキング
siggraph2015_03_Ashraf Ashraf Ghoniem氏の発表の様子
予告編。全編はアプリで観ることができる

スマホ用ビューアーアプリ「Google Spotlight Stories」

Android
iOS

手続き型CGツールとして映画製作やCM制作で広く使われているHoudiniのSide Effects社ブースでは、イギリスの大手映像プロダクションThe MillのAshraf Ghoniem氏によるパノラマ映像のメイキングが紹介された。題材は、Google Spotlight Storiesという360度パノラマコンテンツの視聴アプリで公開されている5分の短編「HELP」のメイキングだ。

監督は、ワイルド・スピードシリーズを手がけるJustin Lin。13ヶ月の時間をかけ、4台の6K RED EPIC DRAGONデジタルカメラをつなげたパノラマ用特殊リグで撮影したものだ。「HELP」は360度パノラマ映像の様々な箇所で出来事が起こる映像であり、カットの切り替えや、流れるような映像が途切れることなく1ショットで構成され、空間的にも時間的にもシームレスに全部がつながった映像として作られている。

Houdiniの活躍場所は、実写以外のCG/VFXで描かれる破壊される橋や道路など。これらはOpenVDBという表現したい形状の表面だけでななく物体の中身のデータも扱うことのできるボリュームレンダリング用のフォーマットで形状を扱い、破壊された物体の中身も適切に表現することができたのだ。OpenVDBフォーマットを活用することによる効果がとても大きかったとの説明であった。

■CGレンダリングもクラウドコンピューティングの時代に
siggraph2015_03_todd プロダクトマネージャーのTodd Prives氏

レンダリングソフトV-Rayを扱うChaos Groupのブースでは、ちょうどSIGGRAPHの時期にベータ版のサービスを開始し、映像業界向けのクラウドMedia Solutions by Google Cloud Platformを始めるとの発表があった。その中のソリューションの一つであるクラウドレンダリングZync Renderのプレゼンテーションが行われた。Zyncは2014年にGoogleに買収されたクラウドレンダリングの企業であり、代表のTodd Prives氏によるZync Renderのプレゼンテーションが数回行われていた。

Zync RenderではGoogleの持つ安価で速く信頼性の高いクラウド環境を活用し、映像合成ソフトのNUKE、CGレンダリングソフトV-Rayなどの実行、計算をクラウド側の処理で行わせることができるソリューショだ。近くPixar RenderManなどにも対応する予定で、対応ソフトやツールも増えてきている。Zyncやクリエイターが通常使うCGソフトから簡単に呼び出して使うことができ、あまりクラウドということを意識せずとも安価に利用することができる。SIGGRAPHでのプレゼンテーションと同等の発表の他、動画映像によるプレゼンテーションが公開されている。

■CG映画を支えるツールは27周年
siggraph2015_03_pixar-booth ピクサーブースでは、例年のプレゼンテーションコーナは設置されていなかった siggraph2015_03_pixar27 ピクサー27年の歴史

ピクサーは、最近公開された「インサイド・ヘッド(原題:Inside Out)」を模したブースと、Pixar RenderMan 27周年を振り返る年表が好評であった。定番となるゼンマイ仕掛けの歩くティーポットの配布も大人気だった。

siggraph2015_03_teapot ゼンマイ仕掛けの歩くティーポットは会場で配布されたもの。他にも数種類あったようだ

また、Pixar RenderManは展示会場から場所を移し、大規模なユーザー会が開催された。例年は数百人規模のユーザー会も今年はClub Nokiaという劇場を借りきり、2,000人を集めて開催された。RenderManは先日フリーの3DCGツールBlenderにも対応しており、一気にユーザーを増やしたい目論みかと思われる。

siggraph2015_03_pixar-user-meeting RenderManユーザー会開始前の劇場の様子(ユーザー会開催中は写真撮影禁止)

ユーザー会の中ではRenderManユーザーが様々な工夫やテクニックを披露するのだが、その中で注目を浴びていたのは元ピクサー、現在はGoogleリサーチで働くMach Kobayashi氏によるVR眼鏡Google Cardboardのためのパノラマ立体視レンダリングの作り方だった。

一般的な立体視の、左右の目を少し離した位置に仮想カメラを設置し、レンダリングする方法もどの方向にも視線を向けるのことのできるパノラマ映像の場合、うまく機能しない。その問題を解消するために、左右の視線を放射線状に発散させることで、どの方向を見た時にも立体視できるレンダリング方法を編み出したとのこと。これらは10年ほど前の「Omnidirectional Stereo Imaging」という論文をヒントにしているそう。

siggraph2015_03_pano Mach Kobayashi氏によるパノラマレンダリング解説展示
siggraph2015_03_Sanjays_Super_Team_poster 公開されているSanjay’s Super Teamのポスター

また本邦初公開として、インドの神様を描いたアクション短編「Sanjay’s Super Team」が特別にお披露目された。一般ユーザーとしては、世界中で一番最初に作品を見ることができたのがこのユーザー会に参加した人々かもしれない。


Job Fair

siggraph2015_03_job Job Fairの様子。Appleやソニーピクチャーズなどの超大手も出展

SIGGRAPH展示会会場の奥には、“Job Fair”という求人求職のコーナーが用意されている。ブースの出展料も高価で、採用企業も本気の人材獲得に向けのコーナーだ。合計22社の企業がブースを設置しており、分厚いポートフォリオを持った学生や若手の求職者達であふれる場所であった。最近の傾向としては、働く場所がアメリカ西海岸に限らず、シンガポールなどのアジア圏、カナダやイギリス、オーストラリアなど、他の英語圏のスタジオでのポジションも増えている。

また、業種も細かく別れており、モーションキャプチャであれば、ある特定のツールが使えるかどうかで職種が絞られてくるものや、カラー設計やストーリーボードアーティストなど、ツールには関係なく広い知識と経験が求められる業種など、多岐多様にわたっていた。

Job Fair会場とはまた別に、ディズニーアニメーションが求職者向けに会場内でセッション開催しており、常に長蛇の列ができていた。そこでの「Reel&Resume Tips&Tricks(デモリールの作り方のコツと履歴書の書き方指南)」というセッションでは、下記のような現場ならではのノウハウが披露された。

  • 特定の専門スキルだけでなく融通のきく多彩なスキルが重視される
  • 1~2分で見られる自信作を紹介すること。長時間分の全作品は誰も見ない
  • 複数人で制作した作品の場合は、自分の担当を明確に表記しておく
  • Webで見られるように。DVD-Rと紙の履歴書は一昔前のこと
  • Web動画でパスワードでプロテクトしてあるのは最悪なので止めよう
  • Webサイトに置いたQuickTime動画とPDFの履歴書
  • YouTubeは使わない(低解像度で再生され、印象的にクオリティが低く見られてしまう)
  • 音はいらない。著作権の問題もあるし映像に変な音楽がついていると逆効果

現場に足を踏み入れてわかること

ネットで様々な情報を得ることができる昨今、実際の開発担当者と意見をかわしたり、要望を伝えたり、第一線で活躍するクリエイターのテクニックや、メイキング話し、ノウハウを聞けたりするのが、SIGGRAPH展示会の醍醐味であった。

txt:安藤幸央 構成:編集部
Vol.02 [SIGGRAPH 2015] Vol.04

[ Category : , ]
[ DATE : 2015-08-21 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[SIGGRAPH2018]Vol.05 応用例が広がるCG/VFXの世界

txt:安藤幸央 構成:編集部 SIGGRAPH 2018全体を振り返る 展示会会場で大人気だったNVIDIAのレイトレーシングブース リーマンショッ... 続きを読む

[SIGGRAPH2018]Vol.04 業界における最先端のノウハウが共有できるSIGGRAPHの醍醐味

txt:安藤幸央 構成:編集部 担当者が制作過程を惜しげもなく公開。現場の苦労が聞けるプロダクションセッション プロダクションセッションは、Computer Anima... 続きを読む

[SIGGRAPH2018]Vol.03 現場で使われた小道具と衣装が集合。プロダクションギャラリーの見所

txt:安藤幸央 構成:編集部 VFX制作の現場を知るプロダクションギャラリー SIGGRAPHの人気展示のひとつ、プロダクションギャラリーは昨年から企画がスタート... 続きを読む

[SIGGRAPH2018]Vol.02 昨年以上のVR三昧。ハリウッド資本の流入と、新デバイスの発展

txt:安藤幸央 構成:編集部 特別なVR体験と、身近なVR体験へ キャプション:バーチャルカメラでVR空間を描いた仮想セットのカメラアングルを検討するスピルバーグ... 続きを読む

[SIGGRAPH2018]Vol.01 CGの祭典SIGGRAPH2018開催!

会場となったカナダバンクーバーカンファレンスセンター txt:安藤幸央 構成:編集部 VRは当然、ハリウッド業界がVRコンテンツに本気になった年 SIGGRAPH(シ... 続きを読む

[SIGGRAPH2017]Vol.05 さまざまな分野に広がるCGの世界

txt:安藤幸央 構成:編集部 SIGGRAPH 2017を振り返る VRコンテンツを楽しむ、奇妙な風景 昨年以上にVR三昧だった今年のSIGGRAPH。... 続きを読む

[SIGGRAPH2017]Vol.04 CG/VFX映像の最先端のノウハウが共有できるSIGGRAPHの醍醐味

txt:安藤幸央 構成:編集部 制作過程を洗いざらい公開。メイキングの話題がいっぱいのプロダクションセッション プロダクションセッションは、最新のCG技術/VFX技術を... 続きを読む

[SIGGRAPH2017]Vol.03 応用分野はCGにとどまらず。SIGGRAPH2017の論文発表からみる映像技術の進化

txt:安藤幸央 構成:編集部 キリンとスケッチ スケッチのモデルとして会場に運ばれてきた子供のキリンTiny君と、スケッチ講座の様子 今年のSIGGRP... 続きを読む

[SIGGRAPH2017]Vol.02 例年以上のVR三昧。VRシアターで新たなエンターテインメント拡大へ

txt:安藤幸央 構成:編集部 特別なVR体験から、普通の体験へ移行してきたVRへ 常に長蛇の列であったVRシアター入口 最高峰の映画上映システムとして認知さ... 続きを読む

特集記事

DSJ2019 DSJ2019
幕張メッセで開催された国内最大のデジタルサイネージの展示会「DSJ2019」をレポート。
Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019 Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019
米国ハリウッドのパラマウントスタジオ内で開催された映画撮影機材の専門展示会「Cine Gear Expo」をレポート。
After Beat NAB SHOW 2019 After Beat NAB SHOW 2019
東京・秋葉原のUDXにて開催されたAfter NAB Show 2019をレポート。
NAB2019 NAB2019
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会「NAB2019」をレポート。
SXSW2019 SXSW2019
テキサス州オースティンで開催されたSXSW2019をレポート。
CP+2019 CP+2019
パシフィコ横浜にて開催されたカメラと写真の総合展示会「CP+2019」をレポート。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
いまだから知っておきたいフィルムの現状や伝統的な技術などを紹介する。
CES2019 CES2019
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2019をレポート。
PRONEWS AWARD 2018 PRONEWS AWARD 2018
2018年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
10万円以下のジンバル選び 10万円以下のジンバル選び
一層注目が増している小型カメラジンバルをDJIやZHIYUN、FEIYU TECH、FILMPOWERの4社5機種に渡って比較紹介。
Inter BEE 2018 Inter BEE 2018
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2018の歩き方 InterBEE 2018の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編 新世紀シネマレンズ漂流:もの作りの現場から
「新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編」の続編。前回紹介することができなかったシネマレンズメーカーを取材。
Photokina2018 Photokina2018
ドイツ・ケルンメッセで開催されたスチルカメラの祭典 Photokina2018をレポート。
IBC2018 IBC2018
オランダ・アムステルダムで開催された欧州最大の映像・放送の展示会IBC2018をレポート。

トップ > 特集 > [SIGGRAPH2015]Vol.03 SIGGRAPH展示会場よりみえてくるCG業界の流行とは