PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  • imgInstagram
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [NAB2016]Day00(4月17日) プレスカンファレンスで幕を開けるNABshow2016
Special

[NAB2016]Day00(4月17日) プレスカンファレンスで幕を開けるNABshow2016

2016-04-18 掲載

NABSHOW 2016を迎えるにあたって

NAB取材へ出発する直前の14日、国内では熊本を中心として大地震に見まわれ甚大な被害が発生した。亡くなられた方々にお悔やみ申し上げますとともに、被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。

今回は、その後を心配しつつの渡米となった。そういえば東日本大地震の年のNABもそうだったが、地震や復興で大変な時期に日本から逃げ出すような、なんとなく後ろめたい気分が蘇ってきた。今年は日本だけでなくエクアドルでもコトパクシ山が14日に噴火、16日には大きな地震があり、地球規模でなにか異変が起きているのでは、と疑いたくなってしまう。願わくばこれ以上大きな災害が起きないように祈りたい。

さて、いよいよ明日18日からNAB2016が開催されるわけだが、展示会が始まる前日の17日はソニーとグラスバレーのプレス発表会が開催されるということで、早速取材にいってみた。ソニーとグラスバレーはいうまでもなく放送機器のリーディングカンパニーで、どちらもカメラやスイッチャーなどの放送機器を扱っており、この2社の製品動向を知ることは、今年の放送業界の動向を見る上で重要といえるだろう。

ソニー

NAB2016_day00_01858

ソニーは、昨年に引き続き「Beyond Definition」をテーマに 4KやHDR、IP伝送、アーカイブなど最新の映像制作ソリューションを提案しており、昨年発売された2/3型3板式4Kイメージセンサーを搭載した4K/HD両対応のマルチフォーマットポータブルカメラHDC-4300の上位機種HDC-4800と、対応ベースバンドプロセッサーユニットBPU-4800のほか、マルチフォーマットスイッチャーXVS-7000、XVS-6000を発表した。これらは ネットワークメディアインターフェースに対応しており、4K映像のIP信号入出力を実現している。

NAB2016_day00_01776

ネットワークメディアインターフェースは同社が提唱したIP伝送システムだが、賛同メーカーは49社となっており、年々数が増えている。ちなみに同様なIP伝送システムとしてAIMS(Alliance for IP Media Solutions)があるがこちらはグラスバレーやImagine Communicationsを中心としており、賛同するメーカーの殆どは重複している。強いて違いを見るならばAIMSにはパナソニックと池上通信機が参加していることだろうか。

NAB2016_day00_01780 NAB2016_day00_01782

いずれにしてもSMPTE2022などの規格に準拠した形になっているので、それぞれが拡張した部分で差がでるだけで、最低限の伝送に関しては共通したものとなるのではないだろうか。今後こうした伝送システムが増えるのか、1つに統合されていくかは定かではないが、流れとしては増える方向にはないと思われる。

ソニーは、ほかにも4K対応機器としてXDCAMメモリーカムコーダーPXW-Z450や55型有機ELモニターPVM-X550のほか、オプティカルディスクのアーカイブシステムの第2世代モデルODS-D280U、ポータブルメモリーレコーダーAXS-R7などを新製品として発表した。なお、HD機器として最大350mの長距離伝送が可能なショルダータイプカメラHXC-FB450、17型フルHDマルチフォーマット液晶モニターLMD-B170なども新製品として発表している。

グラスバレー

NAB2016_day00_01883

グラスバレーは「Complete IP Integration with Glass-to-Glass Solutions」をテーマにカメラやスポーツ中継などで使われるリプレイシステム、スイッチャー、プレイアウト、自動化プロダクションを含むIPフルラインナップを出展するとともに、4K 1-wireやHDRなどの最新テクノロジーについて発表が行われた。

NAB2016_day00_01907

カメラは、昨年発表されたLDK-86シリーズで、4Kネイティブセンサーを搭載したモデルLDK-86Nが発表された。ソフトウェアライセンスにより、HDカメラからHDハイスピードカメラ、4Kカメラなどに対応できるシステムとなっているのは、従来のシリーズと同じスタイルのもの、スイッチャーはKayenneやKarreraより小型なモデルGV Koronaで、1または2M/E、HDや4K対応などソフトウェアライセンスで選択可能となっている。

NAB2016_day00_01909

最後にSDIとIP(SMPTE2022-6)双方のブランキングスイッチに対応したGV Nodeが紹介されたが、この製品は同社が提唱しているブロードキャストデータセンターを実現する製品であり、同社ならではの特徴的なものとなっている。ビデオ業界ではすでにSDやHD、4Kと言った大きな分類が存在するが、更に細かく見るとレゾリューションやフレームレート、HDRのほか物理的な伝送方式など多岐にわたっており、ハイデータレート、広帯域、スケーラブルなシステムが求められている。

NAB2016_day00_01926

地上波や衛星、CATVのほか、IPによるいわゆるインターネットTVなど、放送局はこの数年で大きく変わる時期にきているといえよう。同社はそうした放送局のためのソリューションにいち早く対応しており、ライブ配信のためのVODやネットにおけるセキュリティーなどに対応した製品の商品化も進めているようだ。

NAB2016_day00_01967

昨年のNABでも4KやHDR、IPは話題になっていたが、今年はより現実的かつ幅広く対応するようになってきたようである。中継やスタジオなどで使われる4Kカメラは昨年も出品されていたが、ソニーのHDC-4800は4K(3840×2160)で最大8倍速、フルHD(1920×1080)で最大16倍速スローモーションに対応。ベースバンドプロセッサユニットBPU-4800には、大容量ストレージが搭載されており、4K映像を8倍速で最大4時間の連続記録が可能になっている。

一方グラスバレーはSDやHD、4Kなどの様々なフォーマットのコンテンツを放送やIPなどルーティングするシステムや10Gイーサネットによる4K 1ワイヤー伝送を実現するためのロスレス圧縮、低遅延コーデックのTICOを採用した4K 1-wireシステムなどを発表している。

ソニーが提唱するネットワークメディアインターフェースとグラスバレーが中心的に提唱しているAIMSをお互いに取り入れることが発表されたのは、両社競合する製品はあるものの、得意とする部分では補完関係になることから実現したともいえるが、今後どちらかにしか入っていないメーカーやブラックマジックデザインのようにどちらにも入っていないメーカーはどうするのか、興味が尽きないところだ。ちなみに明日はブラックマジックデザインとパナソニックのプレス発表があるので、新たな展開があるかもしれない。


[NAB2016デイリーレポート] Day01

[ Category : , ]
[ DATE : 2016-04-18 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

特集記事

GH world
正式に発表されたパナソニック「GH5 II」と「GH6」。実機やインタビューを通して、GHシリーズの今後の展開を占う。
Virtual Production Field Guide Season2
バーチャルプロダクション特集のSeason2。引き続き国内の最新の動向やワークフローを追う。
ARRI, my love
映画機材界の雄であるARRI。日本での販売拡大に注目されるARRIの歴史から実用例までフィーチャーする。
SXSW2021
3/16~20日にオンライン開催となった「SXSW2021」をレポートする。
Virtual Production Field Guide
国内のバーチャルプロダクションの展開と、映像制作ワークフローへの影響について紹介
CP+2021
オンライン開催のCP+2021で発表された新製品をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編
2020年末から2021年に発売されたレンズ新製品をピックアップする。
映像基礎講座 Episode 2
2020年8月に公開された特集「映像基礎講座」続編。引き続き映像の基本や基礎知識を学ぶ。
CES2021
オールデジタルのオンライン開催となったCES2021をレポートする。
年末イッキ読み!
2020年に話題になった製品の特集やコラム記事をまとめて振り返る。
PRONEWS AWARD 2020
激動の1年となった2020年の映像業界を、PRONEWS編集部が総括する。
2020年11月特集:[再現:Inter BEE 2020]-Web Trade Show- 再現:Inter BEE 2020-Web Trade Show-
11月18日(水)からオンライン開催されるInterBEEを解説する。
Inter BEE 2019 ぼくらのEDIUS X
約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「EDIUS X」の魅力を紹介。
InterBEE 2019の歩き方 Broadcast & Cinema EXPO 2020
映像制作者、映像業界関係者向け情報イベント配信番組。
ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [NAB2016]Day00(4月17日) プレスカンファレンスで幕を開けるNABshow2016