PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  • imgInstagram
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [NAB2016:ASTRODESIGN]業界の流行を先取りした製品を開発・展示
Special

[NAB2016:ASTRODESIGN]業界の流行を先取りした製品を開発・展示

2016-05-06 掲載

ASTRODESIGNブース 360°全天球動画

RICOH THETA Sで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google ChromeブラウザおよびiOS/Android版YouTubeアプリが必要です。(アプリ起動はこちら)

ASTRODESIGNブースレポート

ASTRODESIGNは業界でいち早く4Kカメラやレコーダーを発表し、その後もモニターなど周辺機器や測定器など数々の製品を発売している。8Kへの取り組みも早い時期から手がけており、今年もカメラやレコーダー、モニター、アーカイブシステムなどが出展されていた。

こうした最先端の機器の多くは、ファイルフォーマットや伝送方式などが決まる前から開発されており、NHKとの共同開発により日々ブラッシュアップが行われている。もちろんその時々の先端技術も取り入れられ、性能や機能はもちろんのこと、小型軽量化などが図られている。

今年はすでにスタートした4K放送に関連した機器や、その先にある8K関連の機器を中心に出展していたが、ブース正面には新たに開発された8KのカメラAH-4810-Aを展示していた。同社ではすでに幾つかの8Kカメラを開発しているが、いずれも四角い箱型で接続もHD-SDIや光ケーブルを複数接続しなくてはならなかった。AH-4810-Aはデザイン的にも一般のショルダータイプのカメラになっているほか、接続もRGB4:4:4で8K60Hzをケーブル1本で伝送できるU-SDIを採用することで、従来同様の制作スタイルでシステムを組めるようになった。

8Kの新製品はその他にも、記録媒体に高速なSSDを採用した8KレコーダーHR-7518や55型のLCDモニターDM-3814、カメラで収録したメディアパックの画像ファイルを安価かつ大容量の市販テープメディアに集約する8KバックアップシステムTB-8101などが出展された。

NAB2016_ASTRODESIGN_02876

AH-4810-Aは35mmフルフレームの133MピクセルのCMOSセンサーを搭載しており、12bitでRGB4:4:4に対応している。センサーは15360×8640ピクセルのベイヤー配列となっており、この素子から7680×4320ピクセルの8Kフルレゾリューション画像が得られる。質量は6kgでレンズマウントはPLまたはキヤノンEF、ニコンFマウントを採用している。展示のカメラのレンズはキヤノンのシネサーボ17-120mmで、ENGレンズのようなズームシーソーが装備されたハンドグリップ付き

NAB2016_ASTRODESIGN_02896

AH-4810-Aのコネクターパネル部分。写真右上がU-SDIコネクターでその他にも側面にモニター用のHD-SDI出力や3G-SDIx4のVF用出力、インカム、タリーなどにも対応

NAB2016_ASTRODESIGN_02880

すでにカメコンや8Kレコーダー、フィールドモニターなど撮影に必要な機材はあり、今後の8K収録が期待される。ちなみにサウスホールのNHKブースにこのカメラを搭載した中継車を出展しており、すでに実践で活躍しているという

NAB2016_ASTRODESIGN_02884

圧縮記録8KフルスペックSSDレコーダーHR-7518。Grass ValleyのHQXコーデックにより1/8ほどの圧縮記録に対応。最大でRGB4:4:4で120Hz収録が可能

NAB2016_ASTRODESIGN_02889

55型LCDモニター。7680×4320ピクセルで60Hz表示に対応しており、Display Portのほか、インターフェイスコンバーターFC-9213により、SDIx8chや8K Dual Greenフォーマットなどに対応可能


[ Category : , ]
[ DATE : 2016-05-06 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

特集記事

GH world
正式に発表されたパナソニック「GH5 II」と「GH6」。実機やインタビューを通して、GHシリーズの今後の展開を占う。
Virtual Production Field Guide Season2
バーチャルプロダクション特集のSeason2。引き続き国内の最新の動向やワークフローを追う。
ARRI, my love
映画機材界の雄であるARRI。日本での販売拡大に注目されるARRIの歴史から実用例までフィーチャーする。
SXSW2021
3/16~20日にオンライン開催となった「SXSW2021」をレポートする。
Virtual Production Field Guide
国内のバーチャルプロダクションの展開と、映像制作ワークフローへの影響について紹介
CP+2021
オンライン開催のCP+2021で発表された新製品をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編
2020年末から2021年に発売されたレンズ新製品をピックアップする。
映像基礎講座 Episode 2
2020年8月に公開された特集「映像基礎講座」続編。引き続き映像の基本や基礎知識を学ぶ。
CES2021
オールデジタルのオンライン開催となったCES2021をレポートする。
年末イッキ読み!
2020年に話題になった製品の特集やコラム記事をまとめて振り返る。
PRONEWS AWARD 2020
激動の1年となった2020年の映像業界を、PRONEWS編集部が総括する。
2020年11月特集:[再現:Inter BEE 2020]-Web Trade Show- 再現:Inter BEE 2020-Web Trade Show-
11月18日(水)からオンライン開催されるInterBEEを解説する。
Inter BEE 2019 ぼくらのEDIUS X
約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「EDIUS X」の魅力を紹介。
InterBEE 2019の歩き方 Broadcast & Cinema EXPO 2020
映像制作者、映像業界関係者向け情報イベント配信番組。
ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [NAB2016:ASTRODESIGN]業界の流行を先取りした製品を開発・展示