100万円以下の4K対応シネマカメラが各社から登場

2017年は、4K/10ビット4:2:2映像や、RAWの内部収録対応で100万円を切る4Kまたは4K以上のSuper35mmセンサーを搭載したシネマカメラが各社から続々と発表された。ブラックマジックデザインは3月に3段階のNDフィルターの搭載やEF、PL、B4などの交換式レンズマウントに対応した「URSA mini Pro 4.6K」を発表。側面のボタンやスイッチが変更され、制作用途だけでなく、ENGカメラとして使いやすくなっている。

キヤノンは5月に新ビデオフォーマット「Cinema RAW Light」や「MP4」での4K映像を本体内記録を可能にしたデジタルシネマカメラ「EOS C200」と「EOS C200B」を発表。これまでのRAW収録には外部レコーダーが必要だったが、Cinema RAW Lightでは約1/3~1/5とファイルサイズをコンパクトにすることでCFastカードに内部記録を実現している。

パナソニックは6月に開催された「Cine Gear Expo」で5.7Kスーパー35mmセンサーを搭載した4K/60p対応コンパクトシネマカメラ「AU-EVA1」を発表。5.7Kセンサーのネイティブ解像度からダウンサンプルすることにより、高い解像感を備えた4K/UHD/2K/720p映像が生成を実現している。また、4K解像度でも高画質の10ビット4:2:2収録や、EFマウント方式に対応しているのもポイントだ。

左からブラックマジックデザイン「URSA mini Pro 4.6K」、キヤノン「EOS C200」パナソニック「AU-EVA1」

ハリウッドの現場をターゲットとしたシネマカメラの新製品が登場

ARRIはNABでワイヤレスワークフローを実現するカメラ「ALEXA SXT W」を発表。名称の「W」はワイヤレスを表し、アミモンのワイヤレスビデオ技術を使用している。

ソニーは、IBC 2017でCineAltaシリーズのフラグシップモデル「VENICE」を発表。36×24mmフルフレームCMOSイメージセンサーを搭載し、アナモフィック撮影やSuper35mmの切り取りサイズで各種フォーマットに対応する。

左からARRI「ALEXA SXT W」、ソニー「VENICE」

8K対応カメラのリリースが各社からスタート

これまで8K対応のカメラはまだ試作レベルというイメージが強かったが、2017年は各社から発売が相次いだ。

RED Digital Cinemaはシネマ用フルフレームセンサー搭載の「MONSTRO 8K VV」を発表。40.96mmx21.60mmサイズの大型な8K解像度のMONSTROセンサーを搭載し、35.4メガピクセルの動画と静止画を低ノイズで記録できる。DSMC2カメラと同様に、EDCODE RAWやアップルのProRes、アビッドのDNxHD/HRでの同時記録が行えるのも特徴だ。

シャープも業務用8Kカムコーダー「8C-B60A」を発表。特徴は、アストロデザインの技術協力を得て開発したもので、「撮影」「収録」「再生」「ライン出力」をカメラ/記録部一体型を実現している。撮像素子は、3,300万画素のSuper35mm相当の大型CMOSイメージセンサを搭載し、圧縮方式にはCPU負荷の低いGrass Valley HQX Codecを採用している。

ソニーは、新開発8Kイメージセンサーを搭載した8K 3板式カメラシステム「UHC-8300」を発表。UHC-8300は4K映像やHD映像の制作用途にも幅広く使えるように8K/4K/HD信号の同時出力に対応し、4K/HD制作機器と連携したシステム構築も可能。8K映像から任意の4K映像を切り出して運用できる4Kカットアウト機能も搭載している。

左から、RED Digital Cinema「MONSTRO 8K VV」、シャープ「8C-B60A」、ソニー「UHC-8300」

4K/60p記録対応のデジタルカメラやジンバルカメラが登場

パナソニックは2017年のCES 2017のプレスカンファレンスでマイクロフォーサーズ規格のミラーレスデジタルカメラ「GH5」を発表。20万円台の価格のデジタルカメラでありながら4K/60p動画記録や、4:2:2 10ビットの4K/30p動画記録時間無制限を実現したことで大変な反響を呼んだ。

DJIはsuper35mmのジンバルカメラ「ZENMUSE X7」を発表。4本のDL Mountプライムレンズが用意されているだけでなく、ポストプロダクション用の新システムDJIシネマカラーシステムを搭載しているのも特徴だ。

左からミラーレスデジタルカメラ「GH5」とドローン「DJI INSPIRE 2」に搭載した状態の「Zenmuse X7」

PRONEWS AWARD 2017 カメラ部門ノミネート製品

以下がカメラ部門のノミネート製品となる。

  • パナソニック ミラーレスデジタルカメラ「GH5」
  • ブラックマジック デジタルフィルムカメラ「URSA mini Pro 4.6K」
  • キヤノン デジタルシネマカメラ「EOS C200」/「EOS C200B」
  • パナソニック コンパクトシネマカメラ「AU-EVA1」
  • ARRI 「ALEXA SXT W」
  • ソニー CineAltaカメラ「VENICE」
  • RED 「MONSTRO 8K VV」
  • シャープ 業務用8Kカムコーダー「8C-B60A」
  • ソニー 8K 3板式カメラシステム「UHC-8300」
  • パナソニック ミラーレスデジタルカメラ「GH5」
  • DJI コンパクトSuper35mmカメラ「Zenmuse X7」

何が受賞するのか…?発表は、次頁!