PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [PRONEWS AWARD 2017]Vol.03 周辺機器/ポストプロダクション部門ノミネート製品〜映像業界を支える周辺機器
News

[PRONEWS AWARD 2017]Vol.03 周辺機器/ポストプロダクション部門ノミネート製品〜映像業界を支える周辺機器

2017-12-27 掲載

1 2

PRONEWS AWARD 2017 周辺機器/ポストプロダクション部門受賞製品発表

周辺機器/ポストプロダクション部門
ゴールド賞
ビデオ・スイッチャー「V-60HD」
ローランド

V-60HDは、A4サイズとコンパクトな筐体に必要とされる機能をよくここまで詰め込んだという印象。特に注目なのは「スマートタリー機能」で、従来は放送局や大掛かりなシステムでしか実現できなかったタリーのシステムをスマホで代わりに使えるようにしたところは特筆すべき点だ。スマートフォンの点灯で選択中のビデオカメラが一目で分かり、本番中に声を出すことができない収録現場でのコミュニケーションを可能にしてくれるのは嬉しい機能だ。

また、オーディオ機能の充実も目を見張るものがある。2系統のHDMIチャンネルと4系統のSDIチャンネルのほか、18個のオーディオチャンネルを搭載し、入力された音声の音量を自動的に調整する「オート・ミキシング機能」を搭載している。本番中、常に気を配る必要がある音声の操作の手間を省くことができ、ワンマンオペレーションでも対応できるところもゴールド賞の受賞理由とした。

周辺機器/ポストプロダクション部門
シルバー賞
編集ソフト「DaVinci Resolve 14」
ブラックマジックデザイン

シルバー賞は、Fairlightを統合して大きな反共を呼んだブラックマジックデザインの「DaVinci Resolve 14」とした。DaVinci Resolveはこれまでも業界定番のカラーコレクションのほかに編集機能も加わった統合ソフトとして人気が高かった。そこに、今年のNABでFairlightのオーディオ機能と統合してさらに統合ソフトとしてのさらに完成度を高めた。

これまでの映像制作は、編集はAvid Media ComposerやAdobe Premiere Pro、カラーコレクションはDaVinci Resolve、音声はPro Toolsと別々のソフトを行き来してコンテンツを制作していたが、互換性に問題を抱えることが多かった。今後、DaVinci Resolveを使えば編集、カラーコレクション、音声を1本のソフトでコンフォームなしで作業が可能になるだけでなく、撮影現場の収録メタデータを継承したり、オフライン編集も問題なく共有される唯一無二の環境を実現できそうだ。

また、エフェクト機能ResolveFXの充実や、複数のユーザーで同時に作業ができるコラボレーションワークフローなども魅力的な機能だ。今後、映像業界のポスプロワークは次第にDaVinci Resolveに次第にシフトしていくのでは?と思わせるバージョンアップとしてDaVinci Resolve 14をシルバー賞に選出した。


Vol.02 [PRONEWS AWARD 2017] Vol.04
1 2

[ Category : ]
[ DATE : 2017-12-27 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[PRONEWS AWARD 2017]Vol.05 PRONEWS AWARD大賞 -2017年大晦日に思うこと-

VARICAMを継承しながらコストパフォーマンスに優れたシネマカメラ「AU-EVA1」 毎年大晦日の恒例、いよいよPRONEWS AWARDの発表だ。再度受賞下プロダクトやノ... 続きを読む

[PRONEWS AWARD 2017]Vol.04 トレンド2017部門ノミネート製品~映像新領域

中国系のベンチャー企業がリリースする360°カメラが話題 今年からVRやIP、HDR、空撮などの新領域で最も話題になった製品に授与する「トレンド2017部門」を新設。VRに関... 続きを読む

[PRONEWS AWARD 2017]Vol.02 レンズ部門ノミネート製品〜近年レンズが最も輝いた年

名門レンズメーカーから新ズームレンズとプライムレンズのリニューアルが登場 左からズーム比3倍の標準ズームレンズ「Type EZ-1」、ズーム比2.7倍の広角ズームレンズ「... 続きを読む

[PRONEWS AWARD 2017]Vol.01 4K/8K時代の新領域カメラ部門

100万円以下の4K対応シネマカメラが各社から登場 2017年は、4K/10ビット4:2:2映像や、RAWの内部収録対応で100万円を切る4Kまたは4K以上のSuper35m... 続きを読む

[PRONEWS AWARD 2017]Vol.00 映像業界の2017年を振り返ろう

年の瀬に振り返る映像業界の今と未来 年末恒例のPRONEWS AWARDの季節である。いよいよAWARDも今年で8回目を迎えた。毎度この年の瀬の時期に思う事は、今年も映像業界... 続きを読む

特集記事

	
Shoot with Vlog cam Shoot with Vlog cam
個人の動画ブログ「Vlog」が隆盛するいま、Vlog用カメラを通して映像を撮ることを数回にわたり考える。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part II
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part I
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [PRONEWS AWARD 2017]Vol.03 周辺機器/ポストプロダクション部門ノミネート製品〜映像業界を支える周辺機器