PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [NAB2018]Day03(4月11日) 新時代に向けての兆し。話題が事欠かなかった今年のNABを振り返る
News

[NAB2018]Day03(4月11日) 新時代に向けての兆し。話題が事欠かなかった今年のNABを振り返る

#NAB2018 #Nabshow2018

2018-04-16 掲載

未来はそこに。今年も情報盛りだくさんのNABが終了

最終日は午後から撤収するブースもあるので正午をすぎたあたりから来場者の人数も少なくなってくる。逆に落ち着いて製品の説明を聞けるチャンスでもある。初日に各社の新製品をチェックして後日ゆっくりと話をするという作戦を取る人も多い。大きなブースは夕方まで撤収することはないので、こうした方法が有効だ。

3日間の取材を通してみると今年のNABは4K8KやHDR、IPなど話題に事欠かなかったといえる。IPは国内では関心はあっても導入には慎重な局が多いようだ。ただ、日本国内では放送法の改正が実現するとすでにIP網を実質インフラとして持っているCATV局や通信系の会社の参入が見込まれるので、一気にIP化へ向かう可能性もあるように思う。

地上波では4K8Kのように新たな方式に対応するにはスタジオ設備を含め大きな負担になってしまうが、通信系のインフラではかなり柔軟な対応が可能だ。番組制作に関しても国内には多くの制作プロダクションがあるので、コンテンツ制作もこうしたプロダクションに発注することで解決できるだろう。

ちょっとハードルが高いのはスタジオの運営だ。カメラマンやスイッチャー、照明などそれなりのノウハウやスキルのなる人材が必要になってくる。最近NABではPTZ(パン・ティルト・ズーム)リモートカメラや自走式のペデスタルが話題になっている。PTZカメラは監視カメラでは一般的に使われているが、スタジオで使われるものは搭載されているカメラの画質やパン・ティルトがスムースといった違いがある。

また、こうしたスタジオではバーチャルスタジオを利用することが多く、クロマキーなどを出展しているブースも目に付くようになってきた。こうしたシステムを導入することで、オフィスビルなどでも簡単にテレビスタジオにすることができるわけだ。照明もLEDが一般的になり、電力やスペースの問題も解決されている。

朋栄センサーレスバーチャルスタジオシステムVRCAM-NX。カメラごとに32ポジションの設定が可能なほか、カメラからの4K信号を利用しながらHD解像度の出力をすることにより、バーチャルカメラでズームした際の画質向上を実現している。テンプレートなど番組制作に便利な機能を多数搭載しているので、カメラマン不要のワンマンオペレーションでバーチャルスタジオを実現することが可能 Blackmagic Designはクロマキーの老舗Ultimatteを傘下にしたが昨年のNABでは別ブースで出展していた。今年はBlackmagic Designブース内にも昨年出荷を開始したUltimatte 12を出展していた パナソニックロボットアームカメラ。ARCAM社のロボットアームシステムAR+と4KマルチパーパスカメラAK-UB300GJを組み合わせたシステムで、通常のペデスタルより自由なカメラアングルで撮影することが可能 昭特製作所はいち早くロボットペデスタルシステムを開発しており、今回はリモコンヘッドTGシリーズやi-HeightおよびSmartPedといったペデスタルのほか、こうしたヘッドやペデスタルをリモートコントロールするシステムを出展。国内ではQVCが同社のシステムを導入している Vintenは小型カメラ用に開発されたVANTAGEのほか、ロボットペデスタルシステムFusionシリーズなどを出展したほか、新製品のコントロールシステムμVRCを出展 IP SHOWCASE LIVE。カンファレンスのほか実機による動態デモンストレーションなどが行われていた。昨年のIBCでも同様な催しがあり、SMPTEやAMWA、EBUなどの規格化のロードマップなども公開されていた 朋栄HDRプロセッサーFA-9600。アップ/ダウン/クロスなどの各種変換が可能なほか、SDRとHDRの相互変換やHLGとPQの相互変換にも対応している。4K/8K用広色域ITU-R BT.2020と従来のHD用色域であるITU-R BT.709の両規格に対応しており、HLGやPQ、SDRなどの各種Logカーブに対応したダイナミックレンジ変換機能やS-log3やCanon Log2など、カメラのログカーブにも対応可能 Colorfront社製のHDR分析ツールが搭載されたAJA HDR Image Analysis。LUTによる表示と色処理に対応しており、ARRIやキヤノン、パナソニック、ソニー、REDなど主なカメラのカラースペースに対応可能。SDR(Rec.709)とST2084のPQおよびHLGに準拠した分析を行うことができ、色域範囲外と輝度範囲外を誤差なく高度に検出し、CIEグラフやベクタースコープ、波形、ヒストグラム表示が行えるほか、範囲外色域モードで簡単に色域範囲外と輝度範囲外を画面表示できるようになっている
Day02 [NAB2018デイリーレポート] Day00

[ Category : , ]
[ DATE : 2018-04-16 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[After Beat NAB SHOW 2018]Vol.04 注目の360°VRの課題は、どこで、なにで、なにを見るのか

txt:稲田出 構成:編集部 AR/MR/VRがもたらす未来とは テレビは4K/8Kの時代を迎え、解像度的には一般の視聴には充分といえる状況になってきた。テレビの進歩は... 続きを読む

[After Beat NAB SHOW 2018]Vol.03 これまでの放送と、これからの放送〜HDRとSDRがもたらすものとは

txt:稲田出 構成:編集部 これからのHDRとSDRワークフローに必要なモノ 次世代の放送として4K/8Kが目前に迫り一部では開始しており、時代も変化を迎えている。従... 続きを読む

[NAB2018:AJA]KONAやKUMOシリーズの新製品、HDRイメージアナライザーを参考展示。日々変化する映像業界の先端を行く製品ラインナップを展開

AJAブース動画 360°全天球動画 RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google Chro... 続きを読む

[After Beat NAB SHOW 2018]Vol.02 After NAB Show Tokyo 2018レポート02

txt:稲田出 構成:編集部 AfterNABの会場はコンパクトではあるものの、50社近いメーカーが出展している。前回に引き続きブースの紹介をしていこう。 エーディ... 続きを読む

[After Beat NAB SHOW 2018]Vol.01 After NAB Show Tokyo 2018レポート01

txt:稲田出 構成:編集部 今年もこの季節がやってきた!After NAB Show開催 5月23、24日の2日間東京・秋葉原のUDXにおいて「After... 続きを読む

[NAB2018もうひとつの視点]Vol.02 NABの次の主役はAIとマシンラーニングに

txt:江口靖二 構成:編集部 映像制作の世界に一気に押し寄せてくるAIの波 今年のNABの傾向として、一気にAIやマシンラーニングが表舞台に上がってきた感がある。これは数... 続きを読む

[NAB2018:Angenieux]12倍の高倍率ズーム「Optimo Ultra 12x」や新型アナモフィックズームレンズ「Optimo Anamorphic 42-420 A2S」を展示

12倍のマルチフォーマットの高倍率ズーム「Optimo Ultra 12x」 IBC 2017で発表された12倍のズームレンズ「Optimo Ultra 12x」が展示されて... 続きを読む

[NAB2018:DJI]複雑なシーンや動きの激しいシーンでも滑らかな撮影を実現する「DJI FORCE PRO」と「DJI Master Wheels」を展示

360°全天球動画 RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google ChromeブラウザおよびiOS/And... 続きを読む

[NAB2018:Tokina]VISTAの105mmの発表や11−20mmの試作機を展示

VISTAシリーズに105mm T1.5を発表 VISTAシリーズは今年入って18mmを発売開始したばかりだが、NABでは105mmのリリースを発表。VISTAシリーズのT値... 続きを読む

特集記事

2020年11月特集:[再現:Inter BEE 2020]-Web Trade Show- 再現:Inter BEE 2020-Web Trade Show-
11月18日(水)からオンライン開催されるInterBEEを解説する。
Inter BEE 2019 ぼくらのEDIUS X
約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「EDIUS X」の魅力を紹介。
InterBEE 2019の歩き方 Broadcast & Cinema EXPO 2020
映像制作者、映像業界関係者向け情報イベント配信番組。
ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
SIGGRAPH2020 SIGGRAPH2020
オンライン開催されたVFXの祭典・SIGGRAPH2020をレポート。
映像基礎講座 映像基礎講座
映像の基本や基礎知識を学ぶ。映像制作初心者はもちろん、熟練者ももう一度初心に立ち返ろう。
	
Shoot with Vlog cam Shoot with Vlog cam
個人の動画ブログ「Vlog」が隆盛するいま、Vlog用カメラを通して映像を撮ることを数回にわたり考える。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part II
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part I
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [NAB2018]Day03(4月11日) 新時代に向けての兆し。話題が事欠かなかった今年のNABを振り返る