PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  • imgInstagram
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [NAB2018:Grass Valley]クラウド対応EDIUSの展示やRioの今後の展開を紹介
Special

[NAB2018:Grass Valley]クラウド対応EDIUSの展示やRioの今後の展開を紹介

2018-04-23 掲載

Grass Valleyプレスカンファレンス動画

360°全天球動画

RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google ChromeブラウザおよびiOS/Android版YouTubeアプリが必要です。(アプリ起動はこちら)

これまでのEDIUSのレスポンスと変わらないクラウド対応のEDIUSを展示

一番目を引いたのは、アマゾンウェブサービス(AWS)で動作するEDIUSのクラウドバージョンだ。ブースに展示されていたクライアントはMacBook Proの2015年版で、一見macOSでEDIUSが動作しているように見えるが、実際にはリモートデスクトップで動作している。実際に触ってみると、クラウドにもかかわらずディレイがなく、手元のPCにEDIUSをインストールした状態で使っているのと変わらないといった感じだ。リモートデスクトップで動作をするので、Androidでも操作は可能。しかも、ネットの帯域は、1Mもあれば動かすことができるという。

Mac版がリリースされていないEDIUSのMacBook Proでの動作を実現

MacBook ProのOSはもちろんmacOSだ

従来のクラウドのEDIUSは「やっぱりちょっと遅いね」とか「サクサクうごかないね」と評価されることがあったが、それから丸一年半かけてチューニングを続けて、ようやくベーターサイトのユーザーからも「これなら使える」と言われるものが完成したという。

また、これまでのバージョンはアマゾンのストレージゲートウェイというクラウドのストレージとEDIUSの間で中間の受け渡しをするためのサーバーを置いていたが、NABで展示をしたEDIUS9.2からS3を直接見るためのブラウザをサポート。大きなファイルでも入れることができて、即編集を実現するように改善されている。

実際に、その場でiPhoneのカメラでその場の様子を撮影した映像をアップロードして、クラウド版のEDIUSで編集できるまでのレスポンスを実演していただいた。

iPhoneのカメラで5秒ぐらいのカットを撮影。iPhoneでS3サーバにアップロード。昼間の時間帯は通話している人が多いのでアップロードに時間がかかるが、取材時は夕方だったために順調なスピードでアップロードができた

アップロードが完了したら、クラウドのEDIUSで開く。ソースブラウザを開くとS3サーバの中身を確認することができる。iPhoneの映像をクラウドのEDIUSで開くことができた

このデモで感じたことは、何か起きたときにすぐに撮ってアップロードをすれば瞬時に開けて編集ができる形になるということだ。例えば、事故現場で撮ってすぐにアップロードをすれば、これまで以上に短時間で編集から放送までを実現できそうだ。

クラウド版の料金は、EDIUSのクライアントのライセンス料金とクラウド上に置くためのライセンス料が一端末で月額20万円程度で、それ以外にS3サーバの容量が必要になる。

例えば、地方局の高校野球の収録業務は大量の機材を持ち込んで関西で行われてるが、今後は撮影した素材をクラウドに上げることにより、地方局の地元で編集をしてそのまま放送できるようになる。このようになれば、機材費だけではなくて人件費や交通費を考えてもトータルの費用は抑えられる。また、オリンピックなどでも一ヶ月間限定でEDIUSを借りたいといった使い方も考えられるとのことだ。

EDIUSとRioが義兄弟へ

今年2月にBeldenがSAMを買収してGrass Valleyと統合することになったが、NABの会場でその続報を聞くことができた。価格は3,000万円から、8K120p対応で1億6,000万円までの放送・映像制作向け|4K/8Kハイエンド編集システム「Rio」がグラスバレーに統合されてどのようになるのかが注目となっていた。

ブースでは、EDIUSとRioが並べて展示されていた

まず、Rioの開発はやめることはないとのことだ。RioはEDIUSと義兄弟になるという。プロジェクトファイルを完全に共通化し、EDIUSで編集をしたものは即Rioでフィニッシングできるようになる。例えば、EDIUSはオフラインで使って、最後のフィニッシングや最後のひと味をRioで付けて完パケというワークフローが今後増えていくかもしれない。

Rioの開発は引き続き継続し、次期バージョンの4.5を5月に出荷予定。SAMにはGo!と呼ばれるブラウザベースの編集機もあり、これからはGo!、EDIUS、Rioと3つのラインナンプが揃う。松、竹、梅のような関係で、すべて上位互換性を実現するファミリーが年内に完成する。

フルIP接続の「GV K-Frame X」を展示

フルIPのスイッチャーのエンジン「GV K-Frame X」も注目を集めていた。世界初のフルIPで4Kのプロセッシングができるビデオ制作エンジンで、4Kで192インプット、96アウトのプロダクションスイッチャーを実現できる。カメラからスイッチャー含めてすべてIPのプロセッサーでシステムが組めるようになる。


[ Category : , ]
[ DATE : 2018-04-23 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[ぼくらのEDIUS X]Vol.05 無償で使えるトランジション/ビデオエフェクトやタイトラープラグインを活用しよう

txt:井上晃 構成:編集部 エフェクトを多数収録したプラグインパッケージ「proDAD VitaScene V4」 「ぼくらのEDIUS X」最終回の本稿では、ボーナ... 続きを読む

[ぼくらのEDIUS X]Vol.04 幅広く利用できるVST2プラグインをチェック

txt:井上晃 構成:編集部 オーディオ用ボーナスコンテンツ「Acon Digital EDIUS Editions」が無料で使用可能 第4回目となる本稿では、EDIU... 続きを読む

[ぼくらのEDIUS X]Vol.03 ビデオレイアウター内でモーショントラッキングできる新機能「レイアウターモーショントラッキング」に注目

txt:井上晃 構成:編集部 固定モードと追跡モードのトラッキングモードを搭載 今回は、EDIUS Xの注目すべき新機能へとさらにダイブしていく。第3回目の本稿では、「... 続きを読む

[再現InterBEE2020]まとめ:グラスバレー編

動画レポート ■EDIUS X ■Rio 4.5.8アップデート ■T2 4K Ver.3.3.0 製品レポート... 続きを読む

[再現InterBEE2020:動画]グラスバレー「T2 4K Ver.3.3.0」

Inter BEE 2020がリアル開催だった場合、展示されたであろう新製品・ソフトウェアを60秒で紹介するコーナー。グラスバレー社から「T2 4K Ver.3.3.0」をご紹介い... 続きを読む

[再現InterBEE2020:動画]グラスバレー「Rio 4.5.8アップデート」

Inter BEE 2020がリアル開催だった場合、展示されたであろう新製品・ソフトウェアを60秒で紹介するコーナー。グラスバレー社から「Rio 4.5.8アップデート」をご紹介い... 続きを読む

[再現InterBEE2020:グラスバレー]「T2 4K Ver3.3」をリリース。Avid DNxHRのネイティブ再生および変換などに対応

60seconds Shoots T2 4K用の新ファームウェアVersion 3.3がリリース 「T2 4K」は、単独で動作する4K DCI/4K UHD... 続きを読む

[再現InterBEE2020:グラスバレー]「Rio 4.5.8アップデート」でACESのカラーマネージメントに対応

60seconds Shoots より幅広いワークフローに柔軟に適用する「Rio 4.5.8」 ハイエンドポストプロダクション向けに開発されたビデオ編集/カ... 続きを読む

[再現InterBEE2020:グラスバレー]約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「EDIUS X」が登場

60seconds Shoots 次世代映像制作に向けた「EDIUS X」の機能とは グラスバレーは、ノンリニアビデオ編集ソフトウェア「EDIUS X」をリリースし... 続きを読む

特集記事

ARRI, my love ARRI, my love
映画機材界の雄であるARRI。日本での販売拡大に注目されるARRIの歴史から実用例までフィーチャーする。
SXSW2021 SXSW2021
3/16~20日にオンライン開催となった「SXSW2021」をレポートする。
Virtual Production Field Guide Virtual Production Field Guide
国内のバーチャルプロダクションの展開と、映像制作ワークフローへの影響について紹介
CP+2021 CP+2021
オンライン開催のCP+2021で発表された新製品をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編 新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編
2020年末から2021年に発売されたレンズ新製品をピックアップする。
映像基礎講座 映像基礎講座 Episode 2
2020年8月に公開された特集「映像基礎講座」続編。引き続き映像の基本や基礎知識を学ぶ。
CES2021 CES2021
オールデジタルのオンライン開催となったCES2021をレポートする。
年末イッキ読み! 年末イッキ読み!
2020年に話題になった製品の特集やコラム記事をまとめて振り返る。
PRONEWS AWARD 2020 PRONEWS AWARD 2020
激動の1年となった2020年の映像業界を、PRONEWS編集部が総括する。
2020年11月特集:[再現:Inter BEE 2020]-Web Trade Show- 再現:Inter BEE 2020-Web Trade Show-
11月18日(水)からオンライン開催されるInterBEEを解説する。
Inter BEE 2019 ぼくらのEDIUS X
約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「EDIUS X」の魅力を紹介。
InterBEE 2019の歩き方 Broadcast & Cinema EXPO 2020
映像制作者、映像業界関係者向け情報イベント配信番組。
ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
SIGGRAPH2020 SIGGRAPH2020
オンライン開催されたVFXの祭典・SIGGRAPH2020をレポート。
映像基礎講座 映像基礎講座
映像の基本や基礎知識を学ぶ。映像制作初心者はもちろん、熟練者ももう一度初心に立ち返ろう。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [NAB2018:Grass Valley]クラウド対応EDIUSの展示やRioの今後の展開を紹介