PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  • imgInstagram
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [NAB2018もうひとつの視点]Vol.01 モビリティと放送の将来を体験できたATSC3.0によるNEXT GEN TVのデモ
Special

[NAB2018もうひとつの視点]Vol.01 モビリティと放送の将来を体験できたATSC3.0によるNEXT GEN TVのデモ

2018-04-27 掲載

txt:江口靖二 構成:編集部

自動運転車が乗せる未来

セントラルホールのロビーに置かれた車両

NAB2018では、会場内を「Autonomous car」、いわゆる自動運転車が参加者を乗せて走行するデモを行っていた。建付けは自動運転車のデモというよりは、ATSC3.0で実現される移動体向けのライブHD放送の受信のデモで、NAB会場のラスベガス・コンベンション・センターのセントラルホールとサウスホールの間で参加者を運んでいた。

乗り場の案内

車両はドライバーレスのシャトルバスを製造するフランスのスタートアップNavya社製で、オペレーションは同じくフランスの車両運行会社Keolis社の北米現地法人であるKeolis North Americaが行っている。

バスと同じようにドアは片側のみ

11名が乗車できる車内。この車両の内装はバスや空港シャトルのような公共交通機関と同じ雰囲気である。ATSC3.0のディスプレイが2面見える

車両には座席が11席あり、広さは日本的に言うと6畳間くらいだろうか。ここにLG電子のATSC 3.0受信機とモニターが2セット搭載されている。放送波はラスベガスの中心地から南東に20キロ離れたBlack Mountainに設置されているSinclair Broadcast Groupの次世代TVトランスミッター実験施設から送られている。セントラルホールのロビーにはATSC3.0の紹介エリアがあり、この車両と同じものも展示されていた。

実際の走行の様子はこちらを見ていただきたい。

非常にゆっくりしたスピードでの走行であり、遊園地の子供向けの乗り物といった感じだ。筆者は今回が自動運転車初体験であったが、乗り心地を判断できるような速度でも距離でもないのでなんとも言えない。ただ、最新技術が満載の自動運転車の中で、ATSC3.0を体験できたのはとても貴重なことだ。近い将来、こうした乗り物が街を走り回るようになった時をイメージすると、モビリティのイノベーションがもたらすはずの様々なことを想像できた。

運転しなくていいということは移動時間というもののあり方が根本的に変わってくる。今回は乗り合いバスの形式での運行であったが、自己所有なのかシェアなのかはともかく、一人で6畳ほどの移動空間を専有できるようになるのだ。誰もがストレッチリムジンを運転手付きで利用できるようなものである。

車両前後に設置されているカメラやセンサー

デモンストレーションパートナーのリスト

今回のデモ車両は、従来の自動車やバスと同様に窓が大きくなっているのだが、テレビを見たり仕事したりする場所とした場合には窓はいらない、または調光で暗くできたほうが快適なのだろうと思った。ATSC3.0によって移動中にUHD放送の受信も可能になれば、移動時間が大画面の映像エンターテインメントを楽しむ時間になるかも知れないとか、仕事をする時間になるかもしれないとか、今年のCESでトヨタが示したようなこんな近未来を十分イメージすることができた。

ドライバーレスと言っても、万一の時のために常に乗員が1名同乗していた。この乗員はゲームコントローラのような物を手にしていて、緊急時には非常停止をすることができる。このコントローラーはもちろん本来は必要ないものだから逆にゲームコントローラなのだという。

移動体向けの放送といえば、日本ではワンセグ、または条件が整っていればフルセグで受信することができる。しかし運転しなくていい自動車移動空間というものが一般的になっていくとすれば、放送のコンテンツもこうした視聴空間、視聴状況を視野に入れていくことになるのだろう。

また、いくら移動時間が快適になるとは言っても、振動やそれなりの騒音は避けられないために自宅やオフィス、ホテルなどと比べたら当然快適性は劣る。そのために、もしかするとテレビなどの映像を見る場所としてはこちらが主戦場になる可能性すら感じた。

txt:江口靖二 構成:編集部


[NAB2018もうひとつの視点] Vol.02

[ Category : , ]
[ DATE : 2018-04-27 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

特集記事

GH world GH world
正式に発表されたパナソニック「GH5 II」と「GH6」。実機やインタビューを通して、GHシリーズの今後の展開を占う。
Virtual Production Field Guide Season2 Virtual Production Field Guide Season2
バーチャルプロダクション特集のSeason2。引き続き国内の最新の動向やワークフローを追う。
ARRI, my love ARRI, my love
映画機材界の雄であるARRI。日本での販売拡大に注目されるARRIの歴史から実用例までフィーチャーする。
SXSW2021 SXSW2021
3/16~20日にオンライン開催となった「SXSW2021」をレポートする。
Virtual Production Field Guide Virtual Production Field Guide
国内のバーチャルプロダクションの展開と、映像制作ワークフローへの影響について紹介
CP+2021 CP+2021
オンライン開催のCP+2021で発表された新製品をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編 新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編
2020年末から2021年に発売されたレンズ新製品をピックアップする。
映像基礎講座 映像基礎講座 Episode 2
2020年8月に公開された特集「映像基礎講座」続編。引き続き映像の基本や基礎知識を学ぶ。
CES2021 CES2021
オールデジタルのオンライン開催となったCES2021をレポートする。
年末イッキ読み! 年末イッキ読み!
2020年に話題になった製品の特集やコラム記事をまとめて振り返る。
PRONEWS AWARD 2020 PRONEWS AWARD 2020
激動の1年となった2020年の映像業界を、PRONEWS編集部が総括する。
2020年11月特集:[再現:Inter BEE 2020]-Web Trade Show- 再現:Inter BEE 2020-Web Trade Show-
11月18日(水)からオンライン開催されるInterBEEを解説する。
Inter BEE 2019 ぼくらのEDIUS X
約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「EDIUS X」の魅力を紹介。
InterBEE 2019の歩き方 Broadcast & Cinema EXPO 2020
映像制作者、映像業界関係者向け情報イベント配信番組。
ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [NAB2018もうひとつの視点]Vol.01 モビリティと放送の将来を体験できたATSC3.0によるNEXT GEN TVのデモ