PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  • imgInstagram
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [NAB2018もうひとつの視点]Vol.02 NABの次の主役はAIとマシンラーニングに
Special

[NAB2018もうひとつの視点]Vol.02 NABの次の主役はAIとマシンラーニングに

2018-05-07 掲載

txt:江口靖二 構成:編集部

映像制作の世界に一気に押し寄せてくるAIの波

今年のNABの傾向として、一気にAIやマシンラーニングが表舞台に上がってきた感がある。これは数年前からの社会全般の傾向であるが、映像・放送業界にも広がってきた。この領域で中心にいるのはAmazon AWSである。NABではAWSが提供しているさまざまな画像や言語の認識や解析のサービスを、AWS自身はもちろん、様々なパートナーがデモしていた。セントラルホールのメイン通路では、AWSは3つのデモを行った。

一つ目はAmazon Transcribe。これは音声認識サービスである。映像に含まれている音声内容を認識しテキスト化すること、誰が話しているかを認識すること、話されている内容の時間を認識することを同時に処理できる。これによって字幕やテロップ制作の負担が軽くなったり、テキストベースによる画像検索や頭出しなどに利用ができる。出力される文字情報には句読点も含めて出力されるので、再編集の手間を軽減できる。利用料金は0.0004USD/秒。

音声のテキストとその時間を同時に抽出している

二つ目はAmazon Rekognition。これは画像認識と画像解析サービスである。物体認識、顔認識、感情認識を含む顔分析、人物のトラッキング、画像中にあるテキスト抽出を行い、それぞれに関してインデックス生成(タグ)が可能である。動画解析においてはリアルタイム処理が可能である。シアトルにオープンした無人の小売店舗であるAmazon Goのような場所では、人物トラッキングで利用されている。利用料金は、分析したアーカイブ動画1分あたり0.13USD(1分未満は秒割計算)、分析したライブストリーム動画1分あたり0.15USD(1分未満は秒割り計算)となっている。

画像認識によってタグを自動抽出している

上記と同様に画像認識によってタグを自動抽出

これらAmazon TranscribeやAmazon Rekognitionは、映像コンテンツ制作や制作されたコンテンツの管理において強力な助っ人になり得る。

三つ目はAmazon Comprehend。これはマシンラーニングによる自然言語処理サービスである。言語を認識した上で、肯定的か否定的かを認識することができる。ソーシャルメディアの投稿やカスタマーサポート寄せられたテキストを分析することで、製品やサービスに対する顧客の反応を分析し、改善をすることが可能である。利用料金は100文字単位で0.0001USDからとなっている。

ソーシャルネットワークの解析のデモ

キーワードなども抽出されている。

こうしたサービスは、Googleも同様のサービスであるGoogle Cloud Visionの提供を開始しているが、どちらもクラウド上で展開をしている。このためクラウドへのアクセスが必須となっているが、通信料やクラウド利用料が増加したり、インターネット経由で処理されるため処理速度が遅くなったり、セキュリティの問題が出てくる。これらを解決するために現場近くエッジサーバーを用意し、ローカル処理できることはローカルで高速処理する構成にしたのがエッジコンピューティングだ。このエッジ処理も必ずしも高価なマシンを必要としなくなってきている。

たとえば昨年Intelが買収したMovidius社の「Movidius Neural Compute Stick」は、ノートPCやRaspberry Piなどに外部接続するGPUのようなもので、わずか79ドル、日本国内では税別10,000円で販売されているUSBスティックである。これに搭載されている「Myriad 2」というチップは、DJIのドローン「DJI Spark」にも搭載されているというとイメージしやすいだろう。こうしたマシンラーニングやエッジコンピューティングの技術が、今後の放送機器にも何らかの形で組み込まれていくことは間違いない。

NABとしてはすでに高解像度というテーマは一段落しており、IP化と併せて、AIの波が映像制作の世界にまで一気に押し寄せてくることを予見できるのである。

txt:江口靖二 構成:編集部


Vol.01 [NAB2018もうひとつの視点] Vol.03(近日公開)▶

[ Category : , ]
[ DATE : 2018-05-07 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[After Beat NAB SHOW 2018]Vol.04 注目の360°VRの課題は、どこで、なにで、なにを見るのか

txt:稲田出 構成:編集部 AR/MR/VRがもたらす未来とは テレビは4K/8Kの時代を迎え、解像度的には一般の視聴には充分といえる状況になってきた。テレビの進歩は... 続きを読む

[After Beat NAB SHOW 2018]Vol.03 これまでの放送と、これからの放送〜HDRとSDRがもたらすものとは

txt:稲田出 構成:編集部 これからのHDRとSDRワークフローに必要なモノ 次世代の放送として4K/8Kが目前に迫り一部では開始しており、時代も変化を迎えている。従... 続きを読む

[NAB2018:AJA]KONAやKUMOシリーズの新製品、HDRイメージアナライザーを参考展示。日々変化する映像業界の先端を行く製品ラインナップを展開

AJAブース動画 360°全天球動画 RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google Chro... 続きを読む

[After Beat NAB SHOW 2018]Vol.02 After NAB Show Tokyo 2018レポート02

txt:稲田出 構成:編集部 AfterNABの会場はコンパクトではあるものの、50社近いメーカーが出展している。前回に引き続きブースの紹介をしていこう。 エーディ... 続きを読む

[After Beat NAB SHOW 2018]Vol.01 After NAB Show Tokyo 2018レポート01

txt:稲田出 構成:編集部 今年もこの季節がやってきた!After NAB Show開催 5月23、24日の2日間東京・秋葉原のUDXにおいて「After... 続きを読む

[NAB2018:Angenieux]12倍の高倍率ズーム「Optimo Ultra 12x」や新型アナモフィックズームレンズ「Optimo Anamorphic 42-420 A2S」を展示

12倍のマルチフォーマットの高倍率ズーム「Optimo Ultra 12x」 IBC 2017で発表された12倍のズームレンズ「Optimo Ultra 12x」が展示されて... 続きを読む

[NAB2018:DJI]複雑なシーンや動きの激しいシーンでも滑らかな撮影を実現する「DJI FORCE PRO」と「DJI Master Wheels」を展示

360°全天球動画 RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google ChromeブラウザおよびiOS/And... 続きを読む

[NAB2018:Tokina]VISTAの105mmの発表や11−20mmの試作機を展示

VISTAシリーズに105mm T1.5を発表 VISTAシリーズは今年入って18mmを発売開始したばかりだが、NABでは105mmのリリースを発表。VISTAシリーズのT値... 続きを読む

[NAB2018:ニコン]ビデオ撮影に特化した「D850フィルムメーカーズキット」やD850で撮影をした8Kタイムラプスムービーを展示

DSLRビデオをワンセットにした「D850フィルムメーカーズキット」を展示 ニコンブースで目に止まったのは、米国のみ販売を開始した「D850フィルムメーカーズキット」。フルフ... 続きを読む

特集記事

ARRI, my love ARRI, my love
映画機材界の雄であるARRI。日本での販売拡大に注目されるARRIの歴史から実用例までフィーチャーする。
SXSW2021 SXSW2021
3/16~20日にオンライン開催となった「SXSW2021」をレポートする。
Virtual Production Field Guide Virtual Production Field Guide
国内のバーチャルプロダクションの展開と、映像制作ワークフローへの影響について紹介
CP+2021 CP+2021
オンライン開催のCP+2021で発表された新製品をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編 新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編
2020年末から2021年に発売されたレンズ新製品をピックアップする。
映像基礎講座 映像基礎講座 Episode 2
2020年8月に公開された特集「映像基礎講座」続編。引き続き映像の基本や基礎知識を学ぶ。
CES2021 CES2021
オールデジタルのオンライン開催となったCES2021をレポートする。
年末イッキ読み! 年末イッキ読み!
2020年に話題になった製品の特集やコラム記事をまとめて振り返る。
PRONEWS AWARD 2020 PRONEWS AWARD 2020
激動の1年となった2020年の映像業界を、PRONEWS編集部が総括する。
2020年11月特集:[再現:Inter BEE 2020]-Web Trade Show- 再現:Inter BEE 2020-Web Trade Show-
11月18日(水)からオンライン開催されるInterBEEを解説する。
Inter BEE 2019 ぼくらのEDIUS X
約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「EDIUS X」の魅力を紹介。
InterBEE 2019の歩き方 Broadcast & Cinema EXPO 2020
映像制作者、映像業界関係者向け情報イベント配信番組。
ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
SIGGRAPH2020 SIGGRAPH2020
オンライン開催されたVFXの祭典・SIGGRAPH2020をレポート。
映像基礎講座 映像基礎講座
映像の基本や基礎知識を学ぶ。映像制作初心者はもちろん、熟練者ももう一度初心に立ち返ろう。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [NAB2018もうひとつの視点]Vol.02 NABの次の主役はAIとマシンラーニングに