PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  • imgInstagram
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [QBEE2018]Vol.02 九州放送機器展2日目。外は豪雨でも中は熱いぜ!
News

[QBEE2018]Vol.02 九州放送機器展2日目。外は豪雨でも中は熱いぜ!

2018-07-06 掲載

txt/movie:MonkeyHills(岡英史&猿田守一) 構成:編集部

今年も雨だったQBEE最終日

QBEE最終日は土砂降りの雨の中からスタート。さすがに開場時間の10時での来場者は少なく、お昼過ぎから何時もの人数に戻りつつある。最終日は帰路便の関係もあるので午前中だけの取材。ターゲットは昨日気になっていたが、話を聞けなかったメーカーを一部ピックアップした。

銀一

ステディカムに2軸のジンバルモーターを仕込んだM-1 Voltは日本初展示。今までのステディカムから次世代になったと言っていいぐらいだ。スタビライザーオペレーターしかこの感覚は分からないと思うが、できれば小さいシステムのステディカムをこういう機会にディレクター等に体験して欲しい。どういう動きが出来るのか本当にわかるはずだ。

アスク / NewTek

無線でTCを同期させるのが特長のTimecode SystemsからパナソニックGH5に特化した物を参考展示。GH5はPCポートからTCのIN/OUTを入出力出来るのでそこに取り付けることでDSLRでのTC運用が可能になった。

また併設のNewTekでは今回TriCasterではなく、NDIで制御できる旋回カメラ含むハードガジェットの展示となる。

Too

今回はTooのブースにAdobe Premiere Pro CCでのVR編集ソリューションの展示とセミナーが開催されていた。VR影像と言うと複数枚のメディアをステッチして1枚の画にすることから始まるが、Insta360 Pro用のVRプラグインを入れることによりPremiere Proから直接影像を編集できるようになり、今までレンダリングを数回入れたのがネイティブで触れるので、制作時間が大幅に短縮可能となった。

PROTECH

今回は隣り合ったNEPとのパーテーションを外し2社合同の様な展示を行った。こういうやや緩い展示もQBEEの特徴だろう。今回の目玉は10入力の4Kスイッチャー。開発の経緯としてARRIからのリクエストがあるという。とにかく操作が簡単、最近のソフトスイッチャーと比べるとエフェクトは見劣るが機能は確実。現場サイドとしては確実に安全に出ると言うのが一番大事。さすが良くわかってる。

カナレ電気

映像業界でケーブルメーカーとしてカナレ電気を知らない知らない人ほぼいないだろう。今回、4K伝送にはどのケーブルが適してるのかを訪ねたが、12Gという規格は本当に精度が高くないと信号が通らないとの事。信号というよりマイクロ波に近いといえばその精度の感覚はわかりやすいはず。既に理論値では12Gを100m伝送させることができる同社だが、InterBEE頃にはさらに凄い技術を披露してくる可能性もある。

ズーム

フィールドミキサーに録音機能を搭載し、さらに8ch入力ができるコンパクトな筐体のF8がリニューアルしF8nとなった。一番の特長は放送機器にも素直に出る様に+4dbの出力を可能にしたことだ(従来は10db)。今までその部分が若干使いにくかったF8だが、これによってなんの不安もなく簡単にできるようになった。インターフェイスも更に見やすくなった。なお、F8nの値段は従来のF8の据置となる。

txt/movie:MonkeyHills(岡英史&猿田守一) 構成:編集部


◀︎Vol.01 [QBEE2018] Vol.00

[ Category : , ]
[ DATE : 2018-07-06 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

CES2021_06

[CES2021]Vol.06 ALL DIGITALのCES2021で感じたこれからのビジネスコンベンションの行方

txt:江口靖二 構成:編集部 「CES2021 IS ALL DIGITAL」ということで、CES2021は紆余曲折を経て最終的に完全オンライン開催となった。こうした環境下... 続きを読む

[CES2021]Vol.05 インフラとしての責任を表明したTechGiantsとテクノロジーの未来とは

txt:平野陽子(大広) 構成:編集部 CES2021は全てオンラインで開催したことは周知の通りだ。そのテクノロジーパートナーとしてて支えたのがMicrosoftだ。そう今回... 続きを読む

CES2021_04_LG_top

[CES2021]Vol.04 元気になる「LG Future Talk」がオススメ!

txt:江口靖二 構成:編集部 LGがイメージするニューノーマルの世界観とは CES2020において、LGはプレスカンファレンスに加えてCES Spotlight Se... 続きを読む

Verizon_CES_keynote

[CES2021]Vol.03 5Gが映像業界を後押し、最高のエンターテインメントを生む

txt:平野陽子(大広) 構成:編集部 オール・デジタルで始まったCES2021 その年の重要なテクノロジートレンドを体現する企業が務めるKeynoteトップバッタ... 続きを読む

[CES2021]Vol.02 今年のテックトレンドとは?〜CTA’s 2021 Tech Trends to Watch解剖

txt:西村真里子 構成:編集部 手探りのCES2021はどうなるのか? オール・デジタルのCESが開幕した。CESツイッターアカウントもこのデジタル化の波を楽しむかの... 続きを読む

[CES2021]Vol.01 見本市の恐竜CESは絶滅を免れることができるのか?〜開催直前事前案内

txt:西村真里子・猪蔵 構成:編集部 「現実」を見つめるチカラが試される2021年 CES2020基調講演の会場から 毎年年始、新年の浮かれ気分にプラス... 続きを読む

[CES2020]Vol.11 Crystal LEDとAtom Viewで実現するヴァーチャルセット最前線~まさにリアルを超える?!

txt:西村真里子・猪蔵・編集部 構成:編集部 リアルとバーチャルの境目がなくなる影像制作 CES 2020はそれまでのCESの歴史から大きくシフトを宣言している年であ... 続きを読む

[CES2020]Vol.10 テレビ局が不在でも完全に8Kが主流のCES2020

txt:江口靖二 構成:編集部 CES 2020の主流が「8K」となった理由 CES 2020では完全に8Kが主流である。グローバルで市場を牽引する中国とアメリカでは、... 続きを読む

[CES2020]Vol.09 「次の10年のエンターテインメント・プラットフォーム」とは?〜モバイル向け動画配信サービスQuibiスタート直前

txt:加藤薫(博報堂DYメディアパートナーズ) 構成:編集部 モバイル向けストリーミングサービス「Quibi」とは? 生活を変えるテクノロジーのショーケースとして... 続きを読む

特集記事

CP+2021 CP+2021
オンライン開催のCP+2021で発表された新製品をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編 新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編
2020年末から2021年に発売されたレンズ新製品をピックアップする。
映像基礎講座 映像基礎講座 Episode 2
2020年8月に公開された特集「映像基礎講座」続編。引き続き映像の基本や基礎知識を学ぶ。
CES2021 CES2021
オールデジタルのオンライン開催となったCES2021をレポートする。
年末イッキ読み! 年末イッキ読み!
2020年に話題になった製品の特集やコラム記事をまとめて振り返る。
PRONEWS AWARD 2020 PRONEWS AWARD 2020
激動の1年となった2020年の映像業界を、PRONEWS編集部が総括する。
2020年11月特集:[再現:Inter BEE 2020]-Web Trade Show- 再現:Inter BEE 2020-Web Trade Show-
11月18日(水)からオンライン開催されるInterBEEを解説する。
Inter BEE 2019 ぼくらのEDIUS X
約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「EDIUS X」の魅力を紹介。
InterBEE 2019の歩き方 Broadcast & Cinema EXPO 2020
映像制作者、映像業界関係者向け情報イベント配信番組。
ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
SIGGRAPH2020 SIGGRAPH2020
オンライン開催されたVFXの祭典・SIGGRAPH2020をレポート。
映像基礎講座 映像基礎講座
映像の基本や基礎知識を学ぶ。映像制作初心者はもちろん、熟練者ももう一度初心に立ち返ろう。
	
Shoot with Vlog cam Shoot with Vlog cam
個人の動画ブログ「Vlog」が隆盛するいま、Vlog用カメラを通して映像を撮ることを数回にわたり考える。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part II
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part I
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [QBEE2018]Vol.02 九州放送機器展2日目。外は豪雨でも中は熱いぜ!