PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [SXSW2019]Vol.01 変化が止まらないSXSWには多様性しかない
News

[SXSW2019]Vol.01 変化が止まらないSXSWには多様性しかない

#Report NOW! #SXSW #SXSW2019

2019-03-28 掲載

txt・構成:Tom INOKAWA / 編集部

SXSWとは、そもそも何なのか?

SXSW2019(The South by Southwest:サウス・バイ・サウスウエスト)が今年も3月8日より2週間にわたり開催された。SXSWは、テキサス州オースティンで開催されるイベントである。「Interactive」「Film」「Music」と3つのカテゴリーを中心に1000を超えるセッションや展示会から構成されている。メイン会場はオースティン・コンベンションセンターだが、年々規模は拡大し周辺のホテルや公共施設も会場となり、市街のホテルや店舗を巻き込んでの開催で、関係ない市民でも参加してしまう街を挙げての一大イベントとなっている。

コンベンションセンターを中心に街中の施設が会場に早変わり

元々は、オースティンで活躍するとある音楽マネージャーの呼びかけで始まったこのイベントは、1986年に地元の音楽関係者が開催したインディー音楽の見本市がその起源となり、1994年「Multimedia(Interactive)」、「Film」部門が設置された。現在のイベント形態が確立されたのは、Interactive部門が設置された1998年頃。またSXSWの由来は、映画「North by Northwest」(北北西に進路を取れ)に由来している。

名称の由来となったヒッチコック監督の映画「North by Northwest」

SXSWとは何かを形容しがたい。二度と同じ時は来ない。変わり続けるSXSW

SXSWも最近では日本においてもその知名度は知られるようになった。しかし依然として全体像が見えない知る人ぞ知るイベントであることは間違いない。日本ではテクノロジーやスタートアップ向けのイベントだと伝えられることが多い。実際に日本からの参加者の90%は、「Interactive」に関する参加者ばかりだ。しかしそれはほんの一部でしかない。断じてテックイベントではないのだ。PRONEWSの文脈で言えば、アメリカを代表する映画祭に他ならないのだが、その全貌を把握することは一概には難しい。

SXSWのカテゴリーである「Interactive」「Film」「Music」と、それを加速するようにここ数年は、さらに「Convergence(コンバージェンス)」プログラムが追加された。これによりカテゴリの垣根はなく、横断的に全てのセッションに参加可能となる。別の分野から一緒に議論して、もっと面白いことを起こそうという考えたに基づいている。ビジネスカンファレンスでありながら、MusicやFilmなどのカルチャー的な文脈も取り入れたセッションやカンファレンスなどは、世界でも類を見ないイベントであり、年々成長を続けていることは言うまでもない。

SXSW参加はのほとんどは、リピーターになる。それは、毎年変化をしているからだ。SXSW主催者側は常に止まることなく、すでに数年先を見据え新分野を求めひた走っている。最近は、教育、ゲーミング、コメディなどを取り入れ、数年先を先取りするようなカテゴリが用意されており、今年はカンナビス(大麻)関連が多く取り上げられる。実際にアメリカ市場で多くのカンナビス企業が株式公開しており、特にビジネスカンファレンスに注目が集まっていた。

歴史あるパラマウントシアターを中心にFilm部門は開催された

編集部的に言える事はSXSWとはやはりいくつかのアメリカを代表する映画祭の一つなのである。昨年はFilm部門25周年記念ほど派手さは見受けられなかったが、今年は9日間で、9箇所14スクリーンで世界103カ国から応募された8496作品から234作品がスクリーニングされた。小粒でぴりりと辛い珠玉の名作がスクリーニングされた。今年は残念なことに、日本からのエントリーはなく、唯一ミュージックビデオで「This is America」が上映されたのみである。

街中に乗り捨て可能なキックボード。実証実験で多くの人が使用していた

余談になるが、今年の会場内移動方法にも表れていた。シェアライドのUber、Lyftが提供するキックボードが大々的に使用されいたのも印象的だった。これまで市内に点在した会場は徒歩で往来していたが、タイムスケジュールの関係で参加できないものもが激減。大幅にパラダイムシフトが起こった。実際に体験実証できるのがSXSWダイナミズムかもしれない。

多様性と毎年変容続けるこのプラットフォームにその答えがある。ここ数年新しい映像の形を求めてSXSWに参加しているが、今年ほど多様性に満ちた年はなかった。これは一見後ろ向きの意見に見えるがそうではない。まさにこれが最先端ということである。今回もPRONEWSではこの多様性を取り上げていこうと思う。

txt・構成:編集部


[SXSW2019] Vol.02

[ Category : , ]
[ DATE : 2019-03-28 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

CES2021_06

[CES2021]Vol.06 ALL DIGITALのCES2021で感じたこれからのビジネスコンベンションの行方

txt:江口靖二 構成:編集部 「CES2021 IS ALL DIGITAL」ということで、CES2021は紆余曲折を経て最終的に完全オンライン開催となった。こうした環境下... 続きを読む

[CES2021]Vol.05 インフラとしての責任を表明したTechGiantsとテクノロジーの未来とは

txt:平野陽子(大広) 構成:編集部 CES2021は全てオンラインで開催したことは周知の通りだ。そのテクノロジーパートナーとしてて支えたのがMicrosoftだ。そう今回... 続きを読む

CES2021_04_LG_top

[CES2021]Vol.04 元気になる「LG Future Talk」がオススメ!

txt:江口靖二 構成:編集部 LGがイメージするニューノーマルの世界観とは CES2020において、LGはプレスカンファレンスに加えてCES Spotlight Se... 続きを読む

Verizon_CES_keynote

[CES2021]Vol.03 5Gが映像業界を後押し、最高のエンターテインメントを生む

txt:平野陽子(大広) 構成:編集部 オール・デジタルで始まったCES2021 その年の重要なテクノロジートレンドを体現する企業が務めるKeynoteトップバッタ... 続きを読む

[CES2021]Vol.02 今年のテックトレンドとは?〜CTA’s 2021 Tech Trends to Watch解剖

txt:西村真里子 構成:編集部 手探りのCES2021はどうなるのか? オール・デジタルのCESが開幕した。CESツイッターアカウントもこのデジタル化の波を楽しむかの... 続きを読む

[CES2021]Vol.01 見本市の恐竜CESは絶滅を免れることができるのか?〜開催直前事前案内

txt:西村真里子・猪蔵 構成:編集部 「現実」を見つめるチカラが試される2021年 CES2020基調講演の会場から 毎年年始、新年の浮かれ気分にプラス... 続きを読む

[CES2020]Vol.11 Crystal LEDとAtom Viewで実現するヴァーチャルセット最前線~まさにリアルを超える?!

txt:西村真里子・猪蔵・編集部 構成:編集部 リアルとバーチャルの境目がなくなる影像制作 CES 2020はそれまでのCESの歴史から大きくシフトを宣言している年であ... 続きを読む

[CES2020]Vol.10 テレビ局が不在でも完全に8Kが主流のCES2020

txt:江口靖二 構成:編集部 CES 2020の主流が「8K」となった理由 CES 2020では完全に8Kが主流である。グローバルで市場を牽引する中国とアメリカでは、... 続きを読む

[CES2020]Vol.09 「次の10年のエンターテインメント・プラットフォーム」とは?〜モバイル向け動画配信サービスQuibiスタート直前

txt:加藤薫(博報堂DYメディアパートナーズ) 構成:編集部 モバイル向けストリーミングサービス「Quibi」とは? 生活を変えるテクノロジーのショーケースとして... 続きを読む

特集記事

映像基礎講座 映像基礎講座 Episode 2
2020年8月に公開された特集「映像基礎講座」続編。引き続き映像の基本や基礎知識を学ぶ。
CES2021 CES2021
オールデジタルのオンライン開催となったCES2021をレポートする。
年末イッキ読み! 年末イッキ読み!
2020年に話題になった製品の特集やコラム記事をまとめて振り返る。
PRONEWS AWARD 2020 PRONEWS AWARD 2020
激動の1年となった2020年の映像業界を、PRONEWS編集部が総括する。
2020年11月特集:[再現:Inter BEE 2020]-Web Trade Show- 再現:Inter BEE 2020-Web Trade Show-
11月18日(水)からオンライン開催されるInterBEEを解説する。
Inter BEE 2019 ぼくらのEDIUS X
約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「EDIUS X」の魅力を紹介。
InterBEE 2019の歩き方 Broadcast & Cinema EXPO 2020
映像制作者、映像業界関係者向け情報イベント配信番組。
ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
SIGGRAPH2020 SIGGRAPH2020
オンライン開催されたVFXの祭典・SIGGRAPH2020をレポート。
映像基礎講座 映像基礎講座
映像の基本や基礎知識を学ぶ。映像制作初心者はもちろん、熟練者ももう一度初心に立ち返ろう。
	
Shoot with Vlog cam Shoot with Vlog cam
個人の動画ブログ「Vlog」が隆盛するいま、Vlog用カメラを通して映像を撮ることを数回にわたり考える。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part II
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part I
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [SXSW2019]Vol.01 変化が止まらないSXSWには多様性しかない