PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  • imgInstagram
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [NAB2019]Day02(4月9日) 4K/8K、ワイヤレス対応など、見逃せない注目のカメラたち
Special

[NAB2019]Day02(4月9日) 4K/8K、ワイヤレス対応など、見逃せない注目のカメラたち

2019-04-11 掲載

強風となった3日目

強風の影響でシャトルバス発着場通路に並んでいたBlackmagic Designの広告POPは全てなくなっていた

NAB3日目の今日は風が強く、通常なら視界が良く遠方まで見通せる界隈も周辺の砂漠からの砂埃の影響だろうか曇りがちであった。吊り広告のPOPも風で飛ばされたのか安全のために取り外したのだろうか、シャトルバス発着場通路に並んでいたBlackmagic Designの広告POPは全てなくなっていた。

4Kは数年前から各社活発にカメラなどの新製品を発表しており今年も新製品が出展されていた。8Kは昨年までイマイチの感じがあったが、今年はカメラの新製品のほか周辺機器も8K対応の製品が登場している。今回は新製品のカメラや特徴的なカメラを中心にまとめてみよう。

朋栄はB4マウントを採用したフル4K高速度カメラFT-ONE-SS4Kを出展。高速度カメラはスポーツ中継などで利用されることが多く、そうした運用では高倍率ズームレンズが定番といえ、レンズのラインナップが豊富かつ周辺機器も充実したB4マウントに対応したという。もちろんセンサーも2/3インチのものを搭載しているが、センサーサイズが従来機より小さくなってしまうと感度の点で不利になるが、従来機と遜色のない感度を維持している。4Kで1000コマ/秒までの高速度撮影が可能なほか、EVS製ビデオサーバーを使用して4Kで3倍速またはHDで6倍速の長時間収録に対応。

アストロデザインは4K/8K分野ではリーディングカンパニーといえる存在で、今年はカメラをリニューアル。筐体デザインも一新した新製品としてAB-4815を出展した。AB-4815はPLマウントを採用しており8K120p収録に対応。

出力は12G-SDI☓4と4K/HD、オプティカルを装備しており、スタンドアローンでHD/4K/8Kに対応可能

Grass Valley LDX 86 N 4K RF。UHD 3CMOSセンサーを搭載し、DPMUltraテクノロジーによる高感度なHD/3GモードやHD 3倍速/6倍速に対応したLDX 86NにEMG(Euro Media Group)によるRFワイヤレスを搭載したワイヤレスカメラ。HD、4K、HiSpeed HD伝送に対応。Euro Media Groupによるプレミアスポーツイベントに採用されたワイヤレスシステムでスポーツやライブイベントの報道のために導入されたもの

ALEXA Mini LFはカメラの左側にあるメディアベイを除いてALEXA Miniと同じサイズとなっており、ALEXA LFのサブカメラとして使われることを想定し、ALEXA LFより小型になっているが同じルックでの撮影が可能。センサーは最大解像度4448×3096で4.5K ALEXA LFと同じセンサーを搭載。MXF/ARRIRAW、MXF/Apple ProResなどさまざまなフォーマットやアスペクト比で内部記録することができる。メディアはCodexの新しいコンパクトドライブ記録メディアを採用している。なお SSDには、MacやWindowsパソコンで追加のソフトウェアやライセンスなしで使用できるUSB-C Compact Drive Readerが付属のほか、SXRキャプチャードライブを搭載するドックでは、コンパクトドライブアダプタを使用できる。これはダウンロード速度を2倍以上にするという

シャープはアストロデザインと共同開発で8C-B60Aという8Kカメラを発売しているが、今回シャープ独自開発の8Kカメラを披露した。このカメラは4月3日にマイクロフォーサーズシステム規格にシャープが賛同したと発表しており、レンズマウントはマイクロフォーサーズ規格となっている。センサーは3300万画素のCMOSセンサーで自社設計

液晶モニターはフルHD対応の5.5インチタッチパネルを搭載しており、バリアングルに対応。なお、記録メディアはSDカードでビットレートは200Mbpsなので、ごく普通に出回っているUHS-Iのメディアを使うことが可能。動画の記録方式はH.265/30fpsで64GBのmicroSDカードに40分前後の映像を記録できる

HDMIで8Kテレビに接続可能。ミニXLRポートとステレオミニジャックの入力とヘッドホン端子およびUSB Type-Cで充電することを想定している

JVCのCONNECTED CAM HDカメラGY-HC900ST。2/3インチのCMOSセンサーを搭載したHDカメラ。1080p/1080i/720p/480i対応で3G-SDI☓2の出力を備えている。2つのSDHC/SDXCスロットがありApple ProRes 422での収録にも対応可能。オプションのFS-900 SMPTEファイバーシステムと接続時、Gigabit EthernetによるVideo-oner-IPに対応

Kinefinity TERRA 4K cinema camera。19.5×13.3mmのスーパー35相当のセンサーを搭載しており4K(4096×1720)で100fps、4096×2160で75fps、3840かかる1600で100fps、3840×2160で75fps、2048×860で320fpsの収録が可能。記録メディアは7mmハイトの2.5インチSSDで12bit KineRAW(KRW)+10bit ProResで記録される。価格は$3,999

Kinefinity TERRA 6K。センサーにスーパー35相当の6K(5760×3240)CMOSセンサーを採用しており、6K Wideで30fps、4K Wideで100fps、2K Wideで225fpsの記録が可能。記録コーデックはProRes422HQ/KineRAW。価格は未定

Kinefinity MAVOはセンサーにスーパー35相当の6K(5760☓3240)CMOSセンサーを採用しており、6K Wideで66fps、4K Wideで100fps、3K Wideで130fpsの記録が可能。記録コーデックはProRes4444XQ/CinemaDNG/KineRAW2.0。価格は$7999

昨年あたりからニコンはロボットを使った撮影システムを出展。ブースだけでなく会場入り口でもロボットに搭載したカメラで参加者を撮影するパフォーマンスを行うなど、結構派手な演出をしている。ブースでも同様のモーショントラックングによる撮影システムを紹介しているが、これらは予めプログラムされたものとなっている

一方ブース内のスタジオ周囲に設置された撮影システムは被写体の動きをフォローする物となっており、画像認識により被写体の動きを検知し、フォローする仕組みとなっている

 

ロボットカメラでどの被写体をフォローするか設定できる。1つのシステムで4台のカメラを制御でき、カメラ同士が被写体を混同しないようになっている。ロボット部分はサードパーティを利用しているが、このソフトはニコンオリジナル

会場で使われているロボット雲台などはMRMC社のシステムを採用しているが、他社のものでの対応可能で、システムとして販売またはレンタルなどを想定しており、すでにWeb系の制作会社に導入されたという


Day01 [NAB2019デイリーレポート] Day03

[ Category : , ]
[ DATE : 2019-04-11 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[After Beat NAB SHOW 2019]Vol.03 富士フイルム、「FUJINON映像機器内覧会2019」を開催。4K対応46倍ポータブルレンズや新型デマンドを展示

txt・構成:編集部 4K対応ポータブルズームレンズや箱型レンズの実機展示が人気 富士フイルムは、東京と大阪で最新ラインアップ製品を展示する「FUJINON映像機器内覧... 続きを読む

[After Beat NAB SHOW 2019]Vol.02 After NAB Show Tokyo 2019レポート02

txt:稲田出 構成:編集部 RAID RAIDはSmallHD社のCINE-7やocus7などのフィールドモニターのほか、Teradek社のワイヤレスシステム... 続きを読む

[After Beat NAB SHOW 2019]Vol.01 After NAB Show Tokyo 2019レポート01

txt:稲田出 構成:編集部 今年もこの季節がやってきた!After NAB Show開催 5月22~23日、東京・秋葉原にあるUDXにおいてAfter NAB Sho... 続きを読む

[NAB2019:Z CAM]S35センサー搭載の6Kシネマカメラ「Z CAM E2-S6」を展示

Z CAMは、中国・深センに拠点を置くカメラメーカー。2015年に、MFT交換レンズ対応の4KカメラZ CAM E1を発売。2018年にZ CAM E2を発売して、シネマカメラ市場... 続きを読む

[NAB2019 360°VOYAGE]360°全天球動画でNAB会場をご紹介!

厳選360°全天球動画ブースレポート NAB2019の会場内で360°全天球動画をお届け!NAB2019に参加できなかった方も、会場の雰囲気を少しでも感じてい... 続きを読む

[NAB2019:Carl Zeiss]Supreme Primeの新製品「21mm T1.5」や「135mm T1.5」を展示

Carl Zeissブース動画 360°全天球動画 Insta360 ONE Xで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するには... 続きを読む

[NAB2019:Adobe]After Effectsにアップデートで追加された「コンテンツに応じた塗りつぶし」機能が話題

Adobeブース動画 360°全天球動画 Insta360 ONE Xで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Go... 続きを読む

[NAB2019:ATOMOS]モニタリング、録画、最大4つのHD-SDIカメラストリームのスイッチングに対応する「Shogun 7」を展示

ATOMOSブース動画 360°全天球動画 Insta360 ONE Xで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google ... 続きを読む

[NAB2019:Nikon]フルサイズミラーレスカメラ「ニコン Z 7」「ニコン Z 6」を展示。映像撮影に必要なものをワンパッケージにした「Z 6フィルムメーカーズキット」にも注目

360°全天球動画 Insta360 ONE Xで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google ChromeブラウザおよびiOS/An... 続きを読む

特集記事

ARRI, my love ARRI, my love
映画機材界の雄であるARRI。日本での販売拡大に注目されるARRIの歴史から実用例までフィーチャーする。
SXSW2021 SXSW2021
3/16~20日にオンライン開催となった「SXSW2021」をレポートする。
Virtual Production Field Guide Virtual Production Field Guide
国内のバーチャルプロダクションの展開と、映像制作ワークフローへの影響について紹介
CP+2021 CP+2021
オンライン開催のCP+2021で発表された新製品をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編 新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編
2020年末から2021年に発売されたレンズ新製品をピックアップする。
映像基礎講座 映像基礎講座 Episode 2
2020年8月に公開された特集「映像基礎講座」続編。引き続き映像の基本や基礎知識を学ぶ。
CES2021 CES2021
オールデジタルのオンライン開催となったCES2021をレポートする。
年末イッキ読み! 年末イッキ読み!
2020年に話題になった製品の特集やコラム記事をまとめて振り返る。
PRONEWS AWARD 2020 PRONEWS AWARD 2020
激動の1年となった2020年の映像業界を、PRONEWS編集部が総括する。
2020年11月特集:[再現:Inter BEE 2020]-Web Trade Show- 再現:Inter BEE 2020-Web Trade Show-
11月18日(水)からオンライン開催されるInterBEEを解説する。
Inter BEE 2019 ぼくらのEDIUS X
約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「EDIUS X」の魅力を紹介。
InterBEE 2019の歩き方 Broadcast & Cinema EXPO 2020
映像制作者、映像業界関係者向け情報イベント配信番組。
ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
SIGGRAPH2020 SIGGRAPH2020
オンライン開催されたVFXの祭典・SIGGRAPH2020をレポート。
映像基礎講座 映像基礎講座
映像の基本や基礎知識を学ぶ。映像制作初心者はもちろん、熟練者ももう一度初心に立ち返ろう。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [NAB2019]Day02(4月9日) 4K/8K、ワイヤレス対応など、見逃せない注目のカメラたち