PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [IBC2019]Vol.03 今後の映像業界を牽引するのはGAFAではなく中国勢になる
News

[IBC2019]Vol.03 今後の映像業界を牽引するのはGAFAではなく中国勢になる

#IBC #Report NOW! #IBC2019

2019-10-02 掲載

txt:江口靖二 構成:編集部

今年注目のキーワードは“8K+AI”

IBC2019での注目キーワードは「8K+AI」だ。そしてそれらのほとんどは中国企業によって先導されていることに我々は気がつく必要がある。

まず今回最も気になったのはHiSilicon社だ。同社はHuaweiの子会社で、主にSoCの開発製造会社である。同社のSoCである「Kirin」はアップルの「A」、Qualcommの「Snapdragon」などと同様の、世界最先端レベルのハイエンドスマートフォン向けのチップセットだ。

8K+AIといっても、HiSiliconは家電メーカーではないので、こういう8Kテレビを発売します、という意味では必ずしもない。あくまでもソリューション展示であるが、完全に製品レベルの内容である。

今回の展示は8K AVS3エンコーダー(AVS Audio Video Standardは主に中国で使用されている最大8Kの解像度をサポートする新世代のビデオコーデック)、同社の最新SoCであるHi3796CV300を搭載した8K AVS3デコーダー、および8Kディスプレイで構成されている。

さらにSoCに組み込まれたAI処理専用ユニットNPU(Neural Processing Unit)は、Big-CoreとTiny-Coreを組み合わせた「DaVinciアーキテクチャ」を採用している。蛇足ながらBMDのDaVinci Resolveとはもちろん何の関係もない。このNPU技術は、IBCの直前にベルリンで開催されたIFA2019において最新のSoC Kirin 990にも搭載され、かつ4Gと5Gの両方に対応したことが話題になったばかりだ。

Beyond Realityとタイトルされた展示。表示される映像の画質に関しては正直今ひとつだ

今回のデモ環境の内容

ではこれの何が凄いのか、次の図を元に説明しよう。Hi3796CV300を搭載したテレビまたはSTBが中心、いわばポームハブになり、図中に黄色く書かれているインタラクション(操作系)と伝送路系、そして表示系のバブになるというわけだ。この図には書かれていないが、高解像度防犯カメラを接続して異常を検知することも行うことができる。

テレビを軸にしたスマートホームの概念

AIトラッキング機能を内蔵した監視カメラに見立てたOBSBOT社の「OBSBOT Tail」にはHiSilicon社のチップが使われている

OBSBOT Tailの詳細仕様

AIベースでの高画質化と画像分析の考え方

AIカメラとAIベースのピクチャークオリティ

いままでもテレビを家庭のハブにしようという話は幾度となくあったのはご承知の通りだ。その延長線上の話ではあるが、8Kという超高解像度、強力なエッジAIエンジン、5Gも含めた複数の伝送路、8K120fpsという表示環境によって、これまで出来なかったことが実現する可能性がある。

さらにKirin 990はスマートフォン用のSoCだが、テレビのSoCともはや何ら変わることがない。つまり5Gスマートフォンで8Kを表示することが可能な世界に突入する。だからといってスマートフォンはせいぜい6インチ程度の画面サイズなのだろうから、そこに8Kを表示しても意味はない。確かに意味はないが、6インチくらいの8Kディスプレイ技術の実用化は必要だが、テレビとスマートフォンを分ける意味がまもなくなくなることを意味する。

分けるというのは開発リソースもアプリケーションも、すべてが8K+エッジAIで共通化されていく可能性を示唆しているのだ。そしてそれらをネットワーク化するのが5Gであり、近い将来にはKieinが8Kテレビに搭載されることになるのかもしれない。

これらは8K放送みたいな話ではなく、End to Endの8Kであり、8K映像入力、8Kデコード、および8K TVディスプレイをカバーし、ビデオが完全に8K時代に入ることを示している。日本のように、8Kディスプレイは高いとか大きいとか、8K放送は普及しない、などというレベルの議論のみに終止しているのとはあまりにも格差が大きい。

DaVinci Resolveアーキテクチャ上でのディープラーニングアルゴリズムは、ビットレートを大幅に削減し、ストレージコストを節約できる可能性ができたり、コンテンツ解析においては空間深度情報を取得し、今まで以上の高度な分析を可能にさせるものだ。

HiSiliconが8Kを主語にして展示を行ったのに対して、親会社のHuaweiは同じ内容を5Gを主語にした展示を行っていた。

Huaweiは5G+8K+Cloud VR

5GにとってエッジAIやクラウドコンピューティングで実現できること

こうした世界観をトータルで示している、実現できているのはHuaweiやHiSiliconに代表される中国勢(のみ)だ。そしてその2社だけではなく、IBCではCHNGHONGも同じ内容の展示と提案を行っていた。北京市も大きなパビリオンブースを構えてこれに続いている。少し前まで中国の企業は、世界の展示会で小さな1コマブースにどこにでもあるケーブルやケースを山のように並べてブース内で中華弁当を食べている、みたいなイメージが強かったが、今まは全くでそうではないのである。

CHANGHONGの8K+AIの展示

北京市のパビリオンブース。15社ほどが参加していた

txt:江口靖二 構成:編集部


Vol.02 [IBC2019] Vol.04

[ Category : , ]
[ DATE : 2019-10-02 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

CES2021_06

[CES2021]Vol.06 ALL DIGITALのCES2021で感じたこれからのビジネスコンベンションの行方

txt:江口靖二 構成:編集部 「CES2021 IS ALL DIGITAL」ということで、CES2021は紆余曲折を経て最終的に完全オンライン開催となった。こうした環境下... 続きを読む

[CES2021]Vol.05 インフラとしての責任を表明したTechGiantsとテクノロジーの未来とは

txt:平野陽子(大広) 構成:編集部 CES2021は全てオンラインで開催したことは周知の通りだ。そのテクノロジーパートナーとしてて支えたのがMicrosoftだ。そう今回... 続きを読む

CES2021_04_LG_top

[CES2021]Vol.04 元気になる「LG Future Talk」がオススメ!

txt:江口靖二 構成:編集部 LGがイメージするニューノーマルの世界観とは CES2020において、LGはプレスカンファレンスに加えてCES Spotlight Se... 続きを読む

Verizon_CES_keynote

[CES2021]Vol.03 5Gが映像業界を後押し、最高のエンターテインメントを生む

txt:平野陽子(大広) 構成:編集部 オール・デジタルで始まったCES2021 その年の重要なテクノロジートレンドを体現する企業が務めるKeynoteトップバッタ... 続きを読む

[CES2021]Vol.02 今年のテックトレンドとは?〜CTA’s 2021 Tech Trends to Watch解剖

txt:西村真里子 構成:編集部 手探りのCES2021はどうなるのか? オール・デジタルのCESが開幕した。CESツイッターアカウントもこのデジタル化の波を楽しむかの... 続きを読む

[CES2021]Vol.01 見本市の恐竜CESは絶滅を免れることができるのか?〜開催直前事前案内

txt:西村真里子・猪蔵 構成:編集部 「現実」を見つめるチカラが試される2021年 CES2020基調講演の会場から 毎年年始、新年の浮かれ気分にプラス... 続きを読む

[CES2020]Vol.11 Crystal LEDとAtom Viewで実現するヴァーチャルセット最前線~まさにリアルを超える?!

txt:西村真里子・猪蔵・編集部 構成:編集部 リアルとバーチャルの境目がなくなる影像制作 CES 2020はそれまでのCESの歴史から大きくシフトを宣言している年であ... 続きを読む

[CES2020]Vol.10 テレビ局が不在でも完全に8Kが主流のCES2020

txt:江口靖二 構成:編集部 CES 2020の主流が「8K」となった理由 CES 2020では完全に8Kが主流である。グローバルで市場を牽引する中国とアメリカでは、... 続きを読む

[CES2020]Vol.09 「次の10年のエンターテインメント・プラットフォーム」とは?〜モバイル向け動画配信サービスQuibiスタート直前

txt:加藤薫(博報堂DYメディアパートナーズ) 構成:編集部 モバイル向けストリーミングサービス「Quibi」とは? 生活を変えるテクノロジーのショーケースとして... 続きを読む

特集記事

新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編 新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編
2020年末から2021年に発売されたレンズ新製品をピックアップする。
映像基礎講座 映像基礎講座 Episode 2
2020年8月に公開された特集「映像基礎講座」続編。引き続き映像の基本や基礎知識を学ぶ。
CES2021 CES2021
オールデジタルのオンライン開催となったCES2021をレポートする。
年末イッキ読み! 年末イッキ読み!
2020年に話題になった製品の特集やコラム記事をまとめて振り返る。
PRONEWS AWARD 2020 PRONEWS AWARD 2020
激動の1年となった2020年の映像業界を、PRONEWS編集部が総括する。
2020年11月特集:[再現:Inter BEE 2020]-Web Trade Show- 再現:Inter BEE 2020-Web Trade Show-
11月18日(水)からオンライン開催されるInterBEEを解説する。
Inter BEE 2019 ぼくらのEDIUS X
約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「EDIUS X」の魅力を紹介。
InterBEE 2019の歩き方 Broadcast & Cinema EXPO 2020
映像制作者、映像業界関係者向け情報イベント配信番組。
ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
SIGGRAPH2020 SIGGRAPH2020
オンライン開催されたVFXの祭典・SIGGRAPH2020をレポート。
映像基礎講座 映像基礎講座
映像の基本や基礎知識を学ぶ。映像制作初心者はもちろん、熟練者ももう一度初心に立ち返ろう。
	
Shoot with Vlog cam Shoot with Vlog cam
個人の動画ブログ「Vlog」が隆盛するいま、Vlog用カメラを通して映像を撮ることを数回にわたり考える。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part II
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part I
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [IBC2019]Vol.03 今後の映像業界を牽引するのはGAFAではなく中国勢になる