PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  • imgInstagram
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [ATEM WORLD]Vol.01 ATEM Mini Pro ISOを検証。各種ノンリニアの対応もチェック
Special

Vol.01 ATEM Mini Pro ISOを検証。各種ノンリニアの対応もチェック

2020-09-08 掲載

txt:尾上泰夫 構成:編集部

ATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしを紹介

放送品質を担保しながらも価格を4万円以下の価格で話題になった「ATEM Mini」登場から1年が経とうとしている。2020年4月3日には「ATEM Mini Pro」、2020年7月30日には「ATEM Mini Pro ISO」と次々と新モデルが登場し、さらにライブ配信の現場に浸透しつつある。そこで、種類が増えたATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしについて紹介をしていこう。

PRONEWS編集部

ATEM MiniシリーズにATEM Mini Pro ISO登場

2020年7月30日に発表されたATEM Mini Pro ISO。価格は税別106,800円

最近の大ヒット商品ATEM Miniに録画機能を徹底的に搭載した「ATEM Mini Pro ISO」が登場した。今回はそのスイッチャーに接続された4本全部の素材とスイッチされたプログラム1本の計5本を録画する機能に対してフォーカスしてみたいと思う。

ご存知のようにATEM Miniはビデオスイッチャーという複数の映像を切り替えていく道具である。つまり、リアルタイムにカメラを切り替えたり、パソコン画面に切り替えたるすることで実時間での編集を行う道具とも言えるわけだ。

スイッチするタイミングが全て適切なら、これほど制作時間を短縮の出来る方法はない。しかしボタンを押すタイミングが少し遅かったり、操作を間違えることもあるだろう。仕上げたいコンテンツには不要な時間の間がある場合もある。

これらの編集を行うために、時間を縮めるだけなら切り詰めていけば良いが、スイッチのタイミングを調整したい場合にはカメラの編集前素材が全部必要になるわけだ。そこで各カメラ毎の録画をしておくわけだが、編集のために記録された各カメラのファイルの同期をとる作業が発生することになる。このあたりの手間はベテランになればルーティーン作業としてこなしていくが、慣れないと複数のカメラ同士のタイミングを正確に合わせることが面倒という相談をよく受ける。

ATEM Mini Pro ISOではタイムコードジェネレーターが搭載されているため、プリセットもできるが、標準では時刻フリーラン同期タイムコードが4ソース全部のパラRECファイルと、スイッチングアウトのPGMファイルが全てファイルの頭が揃った状態で同時に記録される。

まずは記録時間の対応ではどうだろう。素朴な疑問が湧いてきた。つまり、どのメディアに何時間くらい記録できるのだろうか。設定方法は配信品質という項目で6種類から選択できる。設定画面や、マルチビューの画面では赤文字のRECの下には記録した時間。左の赤丸の中では記録可能な残り時間が逆算表示されるので、とても親切だ。青色のスタンバイしているメディアの記録可能時間も表示されている。

約6時間の連続記録をテスト

今回の実験した環境を紹介しよう。

  • 入力1:カメラ(BMPCC)
  • 入力2:カメラ(G-3)
  • 入力3:パソコン(Windowsデスクトップ)
  • 入力4:パソコン(Macデスクトップ)

録画時間は手持ちのメディアを使い切るまで試してみたかったので、スイッチングは5秒毎に入力を切り替えるループのマクロを組んで自動で実行して6時間連続で記録してみた。

記録時間は映像の内容によって変化する

6時間録画したファイルの容量を比較してみよう。ご覧のように入力ごとに大きな開きがある。

動きのないPCからの画面とカメラからの画面の違いである。録画品質によるメディアの使用量以上に画面の動きで変化する記録ファイルの容量が大きく変わる。このISO記録はVBR(バリアブルビットレート)なのだ。最大135Mbpsから最小850kbpsまでの幅を持っているようだ。

記録可能な残り時間は画面に逆算表示されるが、映像の動きによって変化すると考えた方が良い。記録されたファイルを解析した結果は、以下の通りだ。

コンテナフォーマット MPEG-4
プロファイル Base Media
OBR モード VBR モード
オーバルビットレート 12.9 Mbps
ビデオフォーマット AVC
フォーマット/情報 Advanced Video Codec
プロファイル Main@L5
設定 CABAC / 1 Ref Frames
CABAC はい
RefFrames 1 フレーム
Format settings, GOP M=1, N=60
コーデック ID avc1
コーデック ID/情報 Advanced Video Coding
ビットレートモード VBR モード
ビットレート 12.8 Mbps
最大 135 Mbps
1920ピクセル
高さ 1080ピクセル
解像度 16:9
モード CFR モード
フレームレート 59.940(60000/1001)fps
Color space YUV
Chroma subsampling 4:2:0
Bit depth 8ビット
スキャンの種類 プログレシッブ(PPF)
ビット/(ピクセル*フレーム) 0.103
ストリームサイズ 137 MiB(99%)
Color range Limited
Color primaries BT.709
Transfer characteristics BT.709
Matrix coefficients BT.709
Codec configuration box avcC
オーディオフォーマット mp4a
コーデック ID mp4a
ビットレートモード VBR モード
ビットレート 128 Kbps
ストリームサイズ 1.37 MiB(1%)
Type Time code
フォーマット QuickTime TC
フレームレート 59.940(60000/1001)fps

複数デバイスで連続記録を実験

長時間撮影を記録する場合、複数デバイスで連続記録ができるので試してみた。この場合はATEM Mini Pro ISO本体のUSB-Cから分岐するハブが必要になる。手元にUSB-CからUSB-Ax4、SDカードリーダー付属のハブを利用してみた。

ここで試した記録媒体はSDカード、USB-Aから接続するSSD、HDDの3種類だ。設定では2個のメディアを指定しておくことができる。任意に記録するメディアを切り替える事もでき、メディアが満杯になって記録できなくなる時には次に設定したメディアに自動的に切り替わる。

録画動作中に複数接続してある記録をしていないUSBデバイスの選択を切り替えたり、使用していないUSBのメディアを交換できるので、運用的には無制限に記録できるのかもしれない。

SSDは問題なし。HDDも問題なし。UHSスピードクラス2のSDカードは途中で録画が止まることがあった。ATEM Mini Proでは便利にプログラムのみの記録で活躍していたSDカードだが、ISOではパフォーマンスが足りないようだ。

■切り替えた時のフレーム落ちはないのか?

結果的にはフレーム落ちもなく、前後のファイルをノンリニア編集ソフトに並べると、しゃべりの音声でも違和感なく繋がる。

■メディアが一杯で止まった時に最後のファイルは大丈夫か?

これもメディア残量が完全に無くなる前にファイルクローズのできる状態で停止するため、最終ファイルも安心して扱うことができる。綺麗に終了処理されてファイルは最後のフレームまで残っていた。

各種の編集ソフトでのファイルオープン

推奨の編集環境は同社が普及しているDavinci Resolveである。ATEM Mini Pro ISOでは記録済みのPGMファイルが置かれるディレクトリに「.」という「.drp」という拡張子のDaVinci Resolve Project Fileが保存されている。ここにはすでにファイルがインポートされ、同期が揃ってカット点で切り分けられた編集作業がすぐにできる状態で並んでいる。ここに感激してしまう。

■DaVinci Resolveで開いた場合
https://www.pronews.jp/pronewscore/wp-content/uploads/2020/08/ATEMMini2020-VOL01-11.png

※画像をクリックすると拡大します

さて、編集では好みのソフトを使いたいという要望が多いだろう。みなさんが普段利用する編集ソフトで利用できるようにするためには、一度Davinci Resolveで開いてからXMLファイルでシーケンスを保存し直すことでやりとりができる。

ここでのポイントは(.xml)の拡張子であるFCP 7XML V5ファイルを選択することだけだ。

https://www.pronews.jp/pronewscore/wp-content/uploads/2020/08/ATEMMini2020-VOL01-12.png

※画像をクリックすると拡大します

■Final Cut Proで開いた場合
https://www.pronews.jp/pronewscore/wp-content/uploads/2020/08/ATEMMini2020-VOL01-13-1.png

※画像をクリックすると拡大します

■Adobe Premiere Proで開いた場合
https://www.pronews.jp/pronewscore/wp-content/uploads/2020/08/ATEMMini2020-VOL01-14.png

※画像をクリックすると拡大します

■グラスバレーEDIUSで開いた場合
https://www.pronews.jp/pronewscore/wp-content/uploads/2020/08/ATEMMini2020-VOL01-15.png

※画像をクリックすると拡大します

結論

ATEM Mini Pro ISOは編集前提なら神ツールだ。

おのりん(こと 尾上泰夫)|プロフィール
映像に関わり47年。テレビの報道取材がフィルムからビデオに替わった初期のテレビで、報道、スポーツニュースをカメラマンとして過ごす。その後、制作に興味を持ち旅番組の演出を担当。さらにモータースポーツの中継番組からメーカーのプロモーション映像、大型展示映像などを手がける。インターネットでのIP動画配信でカジュアルな映像機器がもたらす動画の可能性を感じて、より小型でシンプルなシステムを啓蒙してコンテンツホルダー向けのコンサルティングや、発信する組織、個人に向けた動画の学校を主宰している。

おのりんとVideoLife

txt:尾上泰夫 構成:編集部


[ATEM WORLD] Vol.02

[ Category : ]
[ DATE : 2020-09-08 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[再現InterBEE2020]まとめ:Blackmagic Design編

動画レポート ■ATEM Streaming Bridge ■DaVinci Resolve 17 ■URSA Mini Pro 12K ... 続きを読む

[再現InterBEE2020:エーディテクノ]ATEM Miniシリーズ専用液晶ディスプレイ「MV1330」。ATEM Miniを装着したまま持ち運び可能

Blackmagic Design ATEM Miniシリーズ専用13.3型液晶ディスプレイ「MV1330」(参考展示) 「MV1330/MV1330」は、Blackmagi... 続きを読む

[再現InterBEE2020:動画]Blackmagic Design「URSA Mini Pro 12K」

Inter BEE 2020がリアル開催だった場合、展示されたであろう新製品・ソフトウェアを60秒で紹介するコーナー。BlackmagicDesign社から「URSA Mini P... 続きを読む

[ATEM WORLD]Vol.03 Blackmagic Designからインターネットを介してビデオを送信できるユニット「ATEM Streaming BRIDGE」登場

txt:尾上泰夫 構成:編集部 ATEM Miniシリーズを遠隔で橋渡するビデオ送信ユニット 出荷が遅れて気をもたせてくれたBlackmagic Designの「ATE... 続きを読む

[再現InterBEE2020:動画]Blackmagic Design「DaVinci Resolve 17」

Inter BEE 2020がリアル開催だった場合、展示されたであろう新製品・ソフトウェアを60秒で紹介するコーナー。BlackmagicDesign社から「DaVinci Res... 続きを読む

[再現InterBEE2020:動画]Blackmagic Design「ATEM Streaming Bridge」

Inter BEE 2020がリアル開催だった場合、展示されたであろう新製品・ソフトウェアを60秒で紹介するコーナー。BlackmagicDesign社から「ATEM Stream... 続きを読む

[ATEM WORLD]Vol.02 ATEM Mini、ATEM Mini PRO、ATEM Mini PRO ISOの選び方

txt:尾上泰夫 構成:編集部 ATEM Miniシリーズの違い ATEM Mini(左上)、ATEM Mini PRO ISO(左下)、ATEM Mini... 続きを読む

[Camera Preview 2020]Vol.11 SIGMA fpとBlackmagic Video Assist 12G HDRでBlackmagic RAW収録を試す

txt:伊藤格 構成:編集部 SIGMA fp firmware version 2 & Blackmagic Video Assist 12G HDR SIGMA f... 続きを読む

[Camera Preview 2020]Vol.06 初メジャーアップデートVer.2.00で大きく変化するSIGMA fp

txt:駿河由知 構成:編集部 使えば使うほど楽しくなるSIGMA fp 2020年7月11日と13日開催の「ライブ配信まるごと大相談会」。筆者は「シグマfpによる... 続きを読む

特集記事

ARRI, my love ARRI, my love
映画機材界の雄であるARRI。日本での販売拡大に注目されるARRIの歴史から実用例までフィーチャーする。
SXSW2021 SXSW2021
3/16~20日にオンライン開催となった「SXSW2021」をレポートする。
Virtual Production Field Guide Virtual Production Field Guide
国内のバーチャルプロダクションの展開と、映像制作ワークフローへの影響について紹介
CP+2021 CP+2021
オンライン開催のCP+2021で発表された新製品をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編 新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編
2020年末から2021年に発売されたレンズ新製品をピックアップする。
映像基礎講座 映像基礎講座 Episode 2
2020年8月に公開された特集「映像基礎講座」続編。引き続き映像の基本や基礎知識を学ぶ。
CES2021 CES2021
オールデジタルのオンライン開催となったCES2021をレポートする。
年末イッキ読み! 年末イッキ読み!
2020年に話題になった製品の特集やコラム記事をまとめて振り返る。
PRONEWS AWARD 2020 PRONEWS AWARD 2020
激動の1年となった2020年の映像業界を、PRONEWS編集部が総括する。
2020年11月特集:[再現:Inter BEE 2020]-Web Trade Show- 再現:Inter BEE 2020-Web Trade Show-
11月18日(水)からオンライン開催されるInterBEEを解説する。
Inter BEE 2019 ぼくらのEDIUS X
約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「EDIUS X」の魅力を紹介。
InterBEE 2019の歩き方 Broadcast & Cinema EXPO 2020
映像制作者、映像業界関係者向け情報イベント配信番組。
ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
SIGGRAPH2020 SIGGRAPH2020
オンライン開催されたVFXの祭典・SIGGRAPH2020をレポート。
映像基礎講座 映像基礎講座
映像の基本や基礎知識を学ぶ。映像制作初心者はもちろん、熟練者ももう一度初心に立ち返ろう。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [ATEM WORLD]Vol.01 ATEM Mini Pro ISOを検証。各種ノンリニアの対応もチェック