PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [PRONEWS AWARD 2020]Vol.03 撮影環境を支える「アクセサリー部門」受賞を発表
News

[PRONEWS AWARD 2020]Vol.03 撮影環境を支える「アクセサリー部門」受賞を発表

#PRONEWS AWARD 2020

2020-12-25 掲載

1 2

txt・構成:編集部

アクセサリー部門の中から片手ジンバルカテゴリーのノミネート発表

片手ジンバルは発展途上のカテゴリーで、今年もDJI、FeiyuTech、ZHIYUNなどの各社から新製品発表が相次いだ。どの製品も、重量、操作性、スマホとの連動を改善しており、買い換える価値があるものばかりだ。ジンバルは中国メーカーの独占市場だが、平和精機工業からもTH-G3が登場し、国内メーカーからも自社ブランドで登場したところは注目すべき点だ。

■DJI RS 2
問い合わせ先:DJI JAPAN株式会社
発売日:2020年10月30日
価格:単品 税込86,900円、Combo 税込105,600円

DJI Roninシリーズのブランド名が一新され、新製品は「DJI RS 2」となった。Ronin-Sの後継だが、全く別物の使い心地といっていいほどいろいろ改善されている。Ronin-Sは1.86kgの重量が欠点だったが、RS2ではカーボン製部品を多用して1.3kgと軽量化を実現している。積載量は3.6kgから約4.5kgと向上しており、これまでRonin-Sで載せられなかったカメラとレンズの組み合わせも対応可能になっている。

■FeiyuTech AK2000C
問い合わせ先:TS TRADE
発売日:2020年11月5日
価格:税込29,800円

ボディーはアルミ合金製、1078gの軽量、2.2kgの積載量を備え、折りたたみ式クイックリリースプレート、3軸のロックを採用。ジンバルのボタンでカメラコントロールも可能だ。これだけの機能を備えながら、価格は税込29,800円と、ジンバルも驚くほど安くなったという印象のモデルだ。

■ZHIYUN CRANE 2S
問い合わせ先:VANLINKS株式会社
発売日:2020年9月18日
価格:単品 税別72,000円、Combo 税別78,000円

ZHIYUNは、ミラーレスカメラ向けの「CRANE 2S」と、シネマカメラ対応の「CRANE 3S」を発売。ミドルクラスながら、BMPCC 6K、S1H、EOS-1D X Mark II、D850などの大型カメラに対応するCRANE 2Sをノミネートとした。追加のアクセサリーを取り付けることなく垂直撮影に切り替えられたり、新しいロックシステム採用で、軸を完全に固定した状態で持ち運びも可能だ。

■Libec TH-G3
問い合わせ先:平和精機工業
発売日:2020年1月
価格:税別63,000円

国産初の本格ジンバル雲台で、500~3600gまでと幅広く対応。ManfrottoやSachtlerのプレートと互換性があり、付け替える手間も必要ない。国産メーカーなので、アフターケアの対応も期待できそうだ。

アクセサリー部門の中から三脚カテゴリーのノミネート発表

三脚や雲台のテクノロジーは、成熟したカテゴリーで、大きなイノベーションが起こることは稀だ。SachtlerのFSBシリーズ、平和精機工業のRS PLUSなど、各社ロングセラーな三脚商品が多く、新製品の買い替えの理由を説明しずらい定番製品揃いが多い。そんなカテゴリーの中でも、2020年は定番シリーズを脅かしそうな魅力的な新製品がいくつか登場した。

■Libec NX-100シリーズ
問い合わせ先:平和精機工業
発売日:2020年11月下旬
価格:税別100,000円(グランドスプレッダータイプ)

Libecから軽量三脚の新システム「NXシリーズ」が登場。新設計の段階式カウンターバランス機構や新設計のカーボン脚を採用。ミッドスプレッダーモデルで世界最軽量を特長としている。また、NX-100はミラーレスカメラでバランスが取れるようにカウンターバランスの設定が行われている。国内の職人が組み立てることを前提に設計された、メイドインジャパンブランドも特長だ。

■Manfrotto 645 FASTシリーズ
問い合わせ先:ヴァイテックイメージング
出荷開始:2020年6月19日
価格:税別110,000円(645 FASTツインビデオ三脚アルミニウムモデルの価格)

645 FASTシリーズは、脚はツインまたはシングル、パイプ材質はカーボンとアルミをラインナップするビデオ三脚の新製品だ。各脚一箇所の操作で、脚全段のロック・解除が可能。上段側の脚から順番に伸長してくれる気の利いた設計になっている。素早く動く撮影現場などで重宝しそうだ。SachtlerのFlowtechとの違いも気になるところだ。

■Libec 650EX
問い合わせ先:平和精機工業
出荷開始:2020年5月
価格:税別27,000円

Libecのエントリー三脚モデルの定番である650シリーズとして「650EX」が登場。従来の650シリーズではクイックシューだったカメラプレートが、カメラの前後バランスが調整しやすいスライドプレート仕様になった。機能や大きさ、価格のバランスに優れたビデオ三脚といえるだろう。

何が受賞するのか…?発表は、次頁!

1 2

[ Category : ]
[ DATE : 2020-12-25 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[PRONEWS AWARD 2020]Vol.06 PRONEWS AWARD大賞 -2020年大晦日に思う事-

image :Ryota Baba PRONEWS AWARD 2020大賞は…!? 大晦日である。今年最後の記事となるPRONEWS AWARD 2020大賞の発表をしよ... 続きを読む

[PRONEWS AWARD 2020]Vol.01 ミラーレスからシネマまで「カメラ部門」の受賞を発表

シネマカメラのノミネート発表 カメラの新製品が多い年だった。特に今年は「100万円以下でミラーレスカメラ以上、シネマカメラ未満」のミドルレンジシネマカメラの新製品が各社から登... 続きを読む

[PRONEWS AWARD 2020]Vol.05 高まる配信需要「配信部門」受賞を発表

txt・構成:編集部 配信部門のノミネート発表 今年はライブ配信の需要が拡大し、それに併せて配信機材への注目度も一気に高まった。これまで配信機材は特別な技術を持った人が... 続きを読む

[PRONEWS AWARD 2020]Vol.04 映像編集を支える「ポストプロダクション部門」受賞を発表

txt・構成:編集部 ポストプロダクションツール部門のノミネート発表 ポストプロダクションツールは、今年も2019年度と同じ5製品をノミネートとした。業界的に、DaVi... 続きを読む

[PRONEWS AWARD 2020]Vol.02 映像撮影の要「レンズ部門」受賞を発表

txt・構成:編集部 レンズ部門の中からプロダクション向けシネマレンズのノミネート カメラ部門は未だ審議中のため今年は、「レンズ部門」から先に発表する。レンズ部門は... 続きを読む

[PRONEWS AWARD 2020]Vol.00 特異な2020年を映像業界を振り返る

photo by Ryota Baba 年の瀬に振り返る映像業界の今と未来 第11回を迎える「PRONEWS AWARD」。今年2020年は特異な年とも言える。しかしながら... 続きを読む

特集記事

映像基礎講座 映像基礎講座 Episode 2
2020年8月に公開された特集「映像基礎講座」続編。引き続き映像の基本や基礎知識を学ぶ。
CES2021 CES2021
オールデジタルのオンライン開催となったCES2021をレポートする。
年末イッキ読み! 年末イッキ読み!
2020年に話題になった製品の特集やコラム記事をまとめて振り返る。
PRONEWS AWARD 2020 PRONEWS AWARD 2020
激動の1年となった2020年の映像業界を、PRONEWS編集部が総括する。
2020年11月特集:[再現:Inter BEE 2020]-Web Trade Show- 再現:Inter BEE 2020-Web Trade Show-
11月18日(水)からオンライン開催されるInterBEEを解説する。
Inter BEE 2019 ぼくらのEDIUS X
約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「EDIUS X」の魅力を紹介。
InterBEE 2019の歩き方 Broadcast & Cinema EXPO 2020
映像制作者、映像業界関係者向け情報イベント配信番組。
ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
SIGGRAPH2020 SIGGRAPH2020
オンライン開催されたVFXの祭典・SIGGRAPH2020をレポート。
映像基礎講座 映像基礎講座
映像の基本や基礎知識を学ぶ。映像制作初心者はもちろん、熟練者ももう一度初心に立ち返ろう。
	
Shoot with Vlog cam Shoot with Vlog cam
個人の動画ブログ「Vlog」が隆盛するいま、Vlog用カメラを通して映像を撮ることを数回にわたり考える。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part II
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part I
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [PRONEWS AWARD 2020]Vol.03 撮影環境を支える「アクセサリー部門」受賞を発表