PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  • imgInstagram
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [CP+2021]Vol.03 シグマ、山木社長が語る28-70mm F2.8 DG DNのContemporary版とArt版の違いとは?
Special

[CP+2021]Vol.03 シグマ、山木社長が語る28-70mm F2.8 DG DNのContemporary版とArt版の違いとは?

2021-02-24 掲載

txt・構成:編集部

山木社長がオンラインプレゼンテーションでContemporary版とArt版の違いを解説

シグマは2月24日、ミラーレス専用フルサイズ標準ズームレンズ「SIGMA 28-70mm F2.8 DG DN | Contemporary」(以下、28-70mm Contemporary)を発表。それに合わせて代表取締役社長である山木和人氏が交換レンズ新製品のプレゼンテーションを行うオンラインイベント「SIGMA STAGE Online」を開催した。シグマはすでに24-70mm F2.8 DG DN | Art(以下、28-70mm Art)を発売中にも関わらず、なぜ28-70mm Contemporaryを発売したのか?興味深い内容が紹介されたのでレポートしよう。

新しく発表されたSIGMA 28-70mm F2.8 DG DN | Contemporary

ワイド側の開始焦点距離を28mmとすることにより、コンパクトなボディを実現

山木氏は、最初に新製品の概要を紹介。28-70mm F2.8 Contemporaryは、フルフレームミラーレスカメラ用に設計されたDG DNレンズで、Lマウント用とソニーEマウント用をラインナップするという。

ただし、シグマには既にF2.8の標準ズームレンズ24-70mm F2.8 Artを発売している。24-70mm F2.8 Artと28-70mm F2.8 Contemporaryはワイド端の焦点距離を除いて仕様に違いはなく、大きな違いはワイド端で現行モデルは24mm、新製品は28mm。ここから山木社長は、コンセプトと仕様や相違点、類似点について説明した。

シグマオンライン発表会説明写真

まずは、28-70mm F2.8 Contemporaryのコンセプトについてだが、レンズを設計する際に、「小型化」「24-70mm F2.8 Artと同等の光学性能」「高いビルドクオリティ」の3つの目標を定めたという。

小型化については、すでに現行の24-70mm F2.8 Artは市場の中でも、ソニーの「FE 24-70mm F2.8 GM」やパナソニックの「LUMIX S PRO 24-70mm F2.8」よりも小型で軽量のレンズを実現したとのこと。

シグマオンライン発表会説明写真

ソニーEマウント用のタムロン「28-75mm F/2.8 Di III RXD(A036)」は、このクラスでは最も小型だが、28-70mm F2.8 Contemporaryはさらに上回るコンパクトな製品を実現。28-70mm F2.8 Contemporary(Lマウント用)の全長は101.5mm、最大径は72.2mmで、24-70mm F2.8 Artよりも約20%短く、20%スリムになったという。

シグマオンライン発表会説明写真

質量は24-70mm F2.8 Artよりも43%軽く、470g。フィルターサイズは67mmに対し、24-70mm」のフィルターサイズは82mm。コンパクトなミラーレスカメラにぴったりとフィットし、SIGMA fpを組み合わせた場合の総重量は892gとアピールした。

シグマオンライン発表会説明写真

小型化を実現した理由として、ワイド側の焦点距離を挙げた。24mmと28mmでは数字的には4mmしか違わないが、画角には大きな違いが生じる。24mmの対角画角は85°だが、28mmでは75°となる。つまり、ワイド側の開始焦点距離を28mmとすることにより、コンパクトなボディの設計が可能と解説した。

Artと非常によく似た光学設計を採用を採用して、匹敵する光学性能を達成

次に山木氏が語ったのは、24-70mm F2.8 Artに匹敵する光学性能の実現だ。その理由として、24-70mm F2.8 Artと28-70mm F2.8 Contemporaryでは、どちらの構成も非常によく似たレンズ構成図だが、この2種類のレンズでは似た光学設計を採用。そのため、どちらのレンズでも同じく、高いレベルの光学性能を期待できるという。

さらに、どちらのレンズも同じ光学設計者が設計を手掛けているのも、同じレベルの光学性能を期待できる理由のひとつとしている。

シグマオンライン発表会説明写真
シグマオンライン発表会説明写真

プラスチックを使いながらも高い
ビルドクオリティを実現

またビルドクオリティでは、軽量化を図るためにプラスチック部品を主体とするものの一切妥協はしていないという。プラスチック使用でありながら高いビルドクオリティを実現できた方法として、主に2つの方法があると明かした。第一は、シグマが特許を取得したTSC(耐熱性複合材)をプラスチック材料として、主要部品の大部分に使用したこと。

TSCは、通常のエンジニアリングプラスチックよりも硬度が高く、アルミニウムと同等の熱特性を有しているため、レンズ本体にソリッドな感覚を与える効果があるという。また機械設計者はサイズや質量よりも、ズームリングとフォーカスリングのビルドクオリティと操作感を優先し設計したことも理由だとした。

シグマオンライン発表会説明写真

28-70mm F2.8 Contemporaryの発売日は2021年3月12日、価格は税込110,000円を予定している。

最後に山木氏は、「高品質でコンパクトな「28-70mm F2.8 Contemporaryが、皆さんの撮影生活に数多くの新たな機会をもたらすものになるよう願っています」と述べ、オンラインイベントを終えた。

txt・構成:編集部


◀︎Vol.02 [CP+2021] Vol.04(近日公開)▶︎

[ Category : , ]
[ DATE : 2021-02-24 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[CP+2021]Vol.00 オンラインで開催されるCP+はいかに?

オンライン開催はいかに CP+の季節がやってきた。残念ながらは昨年のCP+2020は開催中止となったが、今年は、オンラインのみでCP+2021 ONLINEとして、2021年2月... 続きを読む

ソニーFX3メイン写真

[CP+2021]Vol.02 ソニー、小型シネマカメラ「FX3」発売。トップハンドルや冷却ファン、タリーランプなど動画専用機としての操作性や拡張性が魅力

txt・構成:編集部 ソニーは、フルサイズイメージセンサー搭載のCinema Lineの映像制作用カメラ「FX3」を2021年3月12日に発売する。受注開始は3月2日10時よ... 続きを読む

CP2021ズームレンズメイン

[CP+2021]Vol.01 パナソニック、焦点距離300mmでマクロ撮影が可能な望遠ズームレンズ「LUMIX S 70-300mm F4.5-5.6 O.I.S.」発売

txt・構成:編集部 小型化と軽量化を実現した望遠ズームレンズ登場 パナソニックは、フルサイズミラーレス一眼カメラLマウントシステム用交換レンズ「LUMIX S 70-... 続きを読む

CES2021_06

[CES2021]Vol.06 ALL DIGITALのCES2021で感じたこれからのビジネスコンベンションの行方

txt:江口靖二 構成:編集部 「CES2021 IS ALL DIGITAL」ということで、CES2021は紆余曲折を経て最終的に完全オンライン開催となった。こうした環境下... 続きを読む

[CES2021]Vol.05 インフラとしての責任を表明したTechGiantsとテクノロジーの未来とは

txt:平野陽子(大広) 構成:編集部 CES2021は全てオンラインで開催したことは周知の通りだ。そのテクノロジーパートナーとしてて支えたのがMicrosoftだ。そう今回... 続きを読む

CES2021_04_LG_top

[CES2021]Vol.04 元気になる「LG Future Talk」がオススメ!

txt:江口靖二 構成:編集部 LGがイメージするニューノーマルの世界観とは CES2020において、LGはプレスカンファレンスに加えてCES Spotlight Se... 続きを読む

Verizon_CES_keynote

[CES2021]Vol.03 5Gが映像業界を後押し、最高のエンターテインメントを生む

txt:平野陽子(大広) 構成:編集部 オール・デジタルで始まったCES2021 その年の重要なテクノロジートレンドを体現する企業が務めるKeynoteトップバッタ... 続きを読む

[CES2021]Vol.02 今年のテックトレンドとは?〜CTA’s 2021 Tech Trends to Watch解剖

txt:西村真里子 構成:編集部 手探りのCES2021はどうなるのか? オール・デジタルのCESが開幕した。CESツイッターアカウントもこのデジタル化の波を楽しむかの... 続きを読む

[CES2021]Vol.01 見本市の恐竜CESは絶滅を免れることができるのか?〜開催直前事前案内

txt:西村真里子・猪蔵 構成:編集部 「現実」を見つめるチカラが試される2021年 CES2020基調講演の会場から 毎年年始、新年の浮かれ気分にプラス... 続きを読む

特集記事

ARRI, my love ARRI, my love
映画機材界の雄であるARRI。日本での販売拡大に注目されるARRIの歴史から実用例までフィーチャーする。
SXSW2021 SXSW2021
3/16~20日にオンライン開催となった「SXSW2021」をレポートする。
Virtual Production Field Guide Virtual Production Field Guide
国内のバーチャルプロダクションの展開と、映像制作ワークフローへの影響について紹介
CP+2021 CP+2021
オンライン開催のCP+2021で発表された新製品をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編 新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編
2020年末から2021年に発売されたレンズ新製品をピックアップする。
映像基礎講座 映像基礎講座 Episode 2
2020年8月に公開された特集「映像基礎講座」続編。引き続き映像の基本や基礎知識を学ぶ。
CES2021 CES2021
オールデジタルのオンライン開催となったCES2021をレポートする。
年末イッキ読み! 年末イッキ読み!
2020年に話題になった製品の特集やコラム記事をまとめて振り返る。
PRONEWS AWARD 2020 PRONEWS AWARD 2020
激動の1年となった2020年の映像業界を、PRONEWS編集部が総括する。
2020年11月特集:[再現:Inter BEE 2020]-Web Trade Show- 再現:Inter BEE 2020-Web Trade Show-
11月18日(水)からオンライン開催されるInterBEEを解説する。
Inter BEE 2019 ぼくらのEDIUS X
約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「EDIUS X」の魅力を紹介。
InterBEE 2019の歩き方 Broadcast & Cinema EXPO 2020
映像制作者、映像業界関係者向け情報イベント配信番組。
ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
SIGGRAPH2020 SIGGRAPH2020
オンライン開催されたVFXの祭典・SIGGRAPH2020をレポート。
映像基礎講座 映像基礎講座
映像の基本や基礎知識を学ぶ。映像制作初心者はもちろん、熟練者ももう一度初心に立ち返ろう。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [CP+2021]Vol.03 シグマ、山木社長が語る28-70mm F2.8 DG DNのContemporary版とArt版の違いとは?