パナソニックはフルサイズミラーレスカメラSシリーズ用のLマウント標準単焦点レンズ「LUMIX S 50mm F1.8」(以下:S50mmF1.8)を2021年6月25日に発売する。希望小売価格は税込59,400円。

LUMIX S 50mm F1.8はフルサイズSシリーズの交換レンズであり、マイクロフォーサーズのGHシリーズ製品ではない。本特集では対象外の製品だが、同じLUMIX群の新製品としてここで紹介する。

S50mmは、描写性能、サイズ感、操作性を統一した「F1.8単焦点シリーズ」の第2弾。同シリーズは、Φ73.6mmの最大径と82mmの全長、Φ67mmのフィルター径、フォーカスリング一やスイッチ配置、前枠外形を含む外装を共通仕様を実現。レンズ交換をしてもカットごとによる描写の違いが現れにくく、レンズ交換やフィルター交換にかかる時間を短縮可能、小型軽量で長時間撮影しても苦にならない特徴をもつ。

85mmに続いて50mmを発売。24mm、35mmは今後発売予定

S50mmF1.8は映像制作に適した性能を実現しており、動画撮影中のフォーカシング時のピント位置の移動に伴う画角変化によるブリージングをこのクラスで抑制している。

また、この価格帯のレンズでは動画撮影時のフォーカス音が録音されることがあるが、S50mmF1.8ではインナーフォーカスとリニアモーターで高速AFと静音性を実現し、記録されにくいとしている。絞りのマイクロステップ制御により滑らかな露出変化を実現し、防塵、防滴、耐低温対応でさまざまな環境にも対応するという。

DC-S5装着イメージ
S5との組み合わせで約1,014g。S5にマッチするサイズ感を実現

レンズ構成は8群9枚で、非球面やEDレンズ・ UHRレンズを使用。

MTF特性は、レンズの周辺でも解像性能を確保しており、上位機種クラスのMTFとほぼ同じくらいのスペックを実現している。

回転角に応じてフォーカスを制御してくれるMFリングの「リニア」「ノンリニア」に対応し、撮影者の意図に沿ったピント送りが可能。リニアは、フォーカスリングの回転角度に応じて、ピントを移動。旧来のレンズのように、フォーカスリングを回した分だけピントが移動する。ノンリニアは、フォーカスリングの回転速度に応じて、ピントを移動。速度に応じて、精細なピント合わせを可能としている。

製品 LUMIX S 50mmF1.8
発売時期 2021年6月25日
レンズ構成 8群9枚
特殊レンズ 非球面3枚、EDレンズ1枚、UHRレンズ1枚
絞り羽根 9枚
最短撮影距離 0.45m
最大撮影倍率 0.14x
フィルター径 Φ67mm
フォーカス方式 インナーフォーカス
アクチュエーター リニア
OIS ×
防塵防滴
耐低温
フードロックボタン
スイッチ 〇(AF/MF)
サイズ Φ73.6×82.0mm
重量 約300g

Vol.03 [GH world] Vol.05