PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > raitank > [raitank fountain]Vol.11 Amazon、Netflix、Huluこの勢いは止められない!映像制作の主戦場はODTVへ

News

[raitank fountain]Vol.11 Amazon、Netflix、Huluこの勢いは止められない!映像制作の主戦場はODTVへ

2017-03-10 掲載

txt:raitank 構成:編集部

On-Demand TVが制作するオリジナル・シリーズの隆盛

Hulu、Netfilx、Amazon Studioは、On-Demand TV(以下:ODTV)の御三家である。スタートアップ時には、いわゆるハリウッドメジャーの旧作が主なコンテンツだった各社は、やがて新作映画や現行TVシリーズの即時放映を行うようになり、今や『オリジナル』を謳う映画やドラマシリーズを制作するまでに成長した。

特にデビッド・フィンチャーを監督に据え、スタッフから機材まで全てをハリウッド・フィーチャー品質で「ハウス・オブ・カード(★9.0)」を制作し、シーズン1(全13話)を一挙公開して話題をさらった「Netflixオリジナル」は、今やODTV界のトップブランドである。

2016年秋現在145作品を擁するNetflixオリジナルの作品群には「デア・デビル(★8.8)」「ジェシカ・ジョーンズ(★8.3)」といったMarvelヒーローもの、実在の麻薬王、パブロ・エスコバルを材にとった「ナルコス(★8.9)」、「マトリクス」のウォシャウスキー姉妹監督が世界8カ国9都市でロケを敢行した超大作「センス8(★8.4)」、全米のTV関連の賞を総ナメにした化け物ドラマ「ブレイキングバッド」のスピンオフ「ベターコールソウル★8.8」など、必見の作品が並んでいる。

Amazon Studioも、現在14本(日本市場では)…と、本数は少ないもののオリジナル作品をラインナップ。作品数はNetflixより一桁少ないが、先ごろシーズン2が放映完了したSciFiスリラー「ミスター・ロボット(★8.7)」が、そこらのフィーチャーを軽く凌駕する内容と品質で国内外で話題である。またフィリップ.K.ディックの仮想歴史小説を原作に、リドリー・スコットが制作総指揮を務める「高い城の男(★8.1)」も大人気のうちにシーズン2も公開された。

映像コンテンツ制作における「新たな文法」の発明

上記作品名に付記した★印スコアは、Internet Movie Database(IMDb)での評価である。すべての作品が8.0以上。9.0近辺の作品もゴロゴロしている。IMDbユーザーならわかると思うが、これは異例の事態だ。評論家や批評家ではなく全視聴者の総意によって付けられるIMDbのスコアはかなりシビア。有名な俳優が出ていようが話題作だろうが、面白くなければ平気で6.0以下(=見る価値なし!)の烙印が押される。また分母となる視聴者数が増えれば増えるだけ、つまり作品が見られていればいるだけ評価は多くの人にとって納得できるものになっていく。

では、なぜ?ODTVスタジオ制作の「オリジナル」には高評価の作品が多いのか?それは、ネットという新たな戦場を前にしたODTV各社が、単に従来TVの常識や手法を水平移行する愚を犯すことなく、新時代のメディアと視聴スタイルに見合った『新しい文法』を創始・確立し、推進してきた証に他ならない。

ODTVが制作するドラマシリーズにも従来通り“シーズン”があるが、それはTVのクール(放映期間)とは無関係である。また1シーズンあたりのエピソード数にも制約がないので、尺合わせのための中だるみが生じる余地がない。TVや劇場での上映ではなくネット上での完全な選択視聴であることから、レーティング・システムの縛りを受けず、表現はストーリー最優先。物語の要請に応じセックス、ドラッグ、LGBT、なんでも遠慮なくブチ込める。さらに、そうして制作した作品はぶっちゃけ字幕さえ用意すれば、どこの国でも即時公開可能である。

つまり放映に関する時間と期間の縛りから解放され、配給や上映にまつわるコストを相対的にゼロ化する仕組みを土台とした、従来型TVドラマとフィーチャー映画の『いいとこ取りハイブリッド』こそがODTVの本質なのだ。またクリエイティブに関して言えば、連続TVドラマならぬ、じっくりと腰を据えた“連続フィーチャー映画”とでもいうべき高品質で長尺の作品作りを可能にしたことこそ、ODTVスタジオ作品の功績といって良いだろう。

「日本市場は特殊だから」とガラパゴス化してる場合じゃない

さて、ODTVの雄といえばもう一つ、いち早く日本市場への進出を果たしているHuluがある。Huluにも“Huluオリジナルドラマ”という独自シリーズがあり、Netflix、Amazon Studioとは一味違う特色として日本制作のドラマが多数ラインナップされている。た・だ・し。どれか一つ見ればすぐにわかるのだが、残念ながら上述した新しい文法が反映された作品は一つも見当たらない。どれも“よくあるTVドラマ”の枠を出ていないのだ。

IMDbを検索しても、大々的に『HollywoodxAKB48』が売り文句だった「Crow’s Blood」がかろうじて★8.7と高評価だが、それも分母である総視聴者数15人(!)による評価では意味がない。その他の「THE LAST COP/ラストコップ」「フジコ」「でぶせん」に至っては評価自体がない。つまり視聴されていない(というか海外ではリリースされていないのだろう)。

一方、同じくローカル制作コンテンツを視野に入れ始めたNetflixではグローバル配給を開始しているようだが、やはり日本オリジナルである「UNDERWEAR/アンダーウェア(★7.8/345人)」「火花(★7.9/123人)」「TERRACE HOUSE(★8.3/162人)」のすべてが、視聴者数ベースでせいぜい数百人程度にしかリーチできていない状況が数字に表れている(以上、視聴者数はすべて本稿執筆時点2016年10月初旬のもの)。

こうした論評に対しては「日本では日本人にしか通じない感性が」「外人は字幕を読まないから」ほか、いつものガラパゴス肯定リアクションが返ってきそうだが、本稿の主旨は決して「だから日本の映像コンテンツは…」という舶来ものを基準に据えた国産こき下ろしではない。そうではなく、良質なコンテンツを求めている海外ODTVプロバイダーの戦略を積極的に有効利用するだけで、自国のコンテンツをいとも簡単・安価・迅速に海外配給できる時代がもうココにあるんだゼ!という視点の喚起。そして、そんな時代に従来の方法論で日本のお茶の間仕様のドラマを作っていて本当にいいの!?という問題提起だ。

ODTVはメディアの多様化ではなく、パラダイムシフトである

かつて一桁しかなかったTVのチャンネルは、衛星放送~ケーブルTV等の普及により、一挙に三桁にまで増えた。だが、それによってTVというメディアの視聴人数、あるいは視聴時間は10数倍に増えただろうか?答えは否であるばかりか、事実はむしろ逆である。

そして現在の『ODTVオリジナル』の台頭を読み解く鍵が、ここにある。Netflixが『TVドラマは毎週1話ずつ』という不文律を壊し、レーティングを無視し、連続フィーチャー映画を連発しているのは決して話題作りのためだけではない。「今までのTVにはできないことをやる!」という宣言は同時に、『従来のやり方では流出していく客を繋ぎ止めておけない!』という危機感の表れでもあるのだ。

1950年代、それまでの大衆娯楽の王、映画とは違う全く新しいメディアとして登場したテレビジョン。一から立ち上げられた“放送業界”には才能が集結し、生放送、中継、パーソナリティの登場、スポンサーCF、地域放送などなど、映画の世界には存在し得なかった概念と共に様々な試みが発明され、TVはその後の時代を形成する主要メディアとなっていく。TVが起こしたパラダイムシフトは王(=映画)の息の根を止めはしなかったが、やがておおかたの大衆にとって映画は『番組の一つ』となっていった。

2017年。今、僕らの眼前に広がるODTVの地平は、そんな映画からTVへの相転移に似た、いわば物理法則の違う別世界と見るべきである。過去に制作したプログラムを『番組の一つ』として提供・再利用するのは構わない。だが、新たに制作するローカル・コンテンツには新時代の文法に基づいた試み、発明、仕組みを全力で投入すべきだ。今、才能と資本を注入すべきはハードではなくソフト(コンテンツ)である。そして21世紀の映像コンテンツは、そのバトルフィールドをODTVに定めるべし!

※本コラムは昨年PRN magazineに掲載されたものを加筆掲載したものです。編集部

WRITER PROFILE

raitank アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。


[ Writer : raitank ]
[ DATE : 2017-03-10 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

[raitank fountain]Vol.12 Blackmagic Design グラントCEO・独占インタビュー〜これからもクリエイティブな選択肢を提供し続けたい

txt:raitank・編集部  構成:編集部 2017年2月、NABを前にBlackmagic Designから突如発表されたURSA Mini Proは、ついに念願のND... 続きを読む

[raitank fountain]Vol.10 raitank式DJI Osmo RAW(Zenmuse X5R+Osmo)レビュー

txt:raitank 構成:編集部 イントロダクション ドローン撮影用に開発されたM43マウント搭載・小型4Kカメラ「Zenmuse X5R」を「Osmoハンドル」と... 続きを読む

[raitank fountain]Vol.09 Netflix製作「House of Cards」に見る21世紀的TV視聴スタイル

前回、[raitank fountain]Vol.08では、僕らのお茶の間に「4K TVが要らない理由」について考察しました。今回はその続き... ではないんですが、またぞろ海の向... 続きを読む

[raitank fountain]Vol.08 3D TVの終焉と4K TVの胸騒ぎ

CESで3Dテレビが公式にオワコンに 例年同様、年明け早々にラスベガスで開催された2013 International CES(世界最大の家電見本市)。会場の様子は、ココPRONE... 続きを読む

[raitank fountain]Vol.07 モノクロームの潮流

ご縁があって、昨年の12月から今年1月の前半にかけてScarlet-Xと、Epic-M Monochrome、2台のREDをお借りする機会を得ました。今回のお借り出しのメインは、... 続きを読む

WRITER PROFILE

raitank アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
栁下隆之
写真家アシスタント、現像所勤務を経て、撮影機材全般を扱う輸入販売代理店で17年余り勤務の後に、撮影業界に転身。一眼カメラによる撮影を得意し、代理店時代に手がけたSteadicamや、スタビライザー系の撮影が大好物。
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
鈴木佑介
日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。 専門分野は「人を描く」事 。 広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。 セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
宏哉
フリーランス2年目の駆け出し映像屋さん。バラエティーから報道や空撮まで幅広い番組撮影をこなすテレビカメラマンであり、ダンスイベントから幼稚園お遊戯会収録まで請け負う街のビデオ屋さん。タイムコード・ラボ代表。Next-Zero.com管理人。
山下大輔
東京オフラインセンタープロダクトサポート所属。個人でもAdobe Premiere ProやAfterEffectsの勉強会を定期的に開催している。
柏原一仁
日本大学芸術学部写真学科卒、銀一株式会社海外商品部勤務。 銀一が世界中から輸入する写真・映像用品ブランドのマーケティング担当。静止画・動画・音声と様々な技術に翻弄される日々。好きな食べ物はからあげ。
井上晃
映像制作会社「有限会社マキシメデイア」代表、制作プロデューサー&キャメラマン。Facebookグループ「ATEM Tech Labo」、「Grass Valley EDIUS ユーザーグループ」を主催して、ATEMやEDIUSの布教に、日々勤しんでおるでよ。
奥本宏幸
大阪を拠点にしているフリーランスの映像ディレクター。演出・編集・モーショングラフィックをバランス良くこなす。フィンランドサウナが好きです。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
駿河由知
中央区築地出身。マルチカメラ収録&配信ユニット「LiveNinja」メンバー。2006年より株式会社スタートライン設立。外務省、国連機関、国際NGOなどの国際会議やシンポジウム、企業イベントなどのライブ配信を担当
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、短編時代劇の自主映画制作を経て、現在は、映像を通じて人と人をつなぐことをテーマに様々な映像制作に取り組んでいる
河尻亨一
1974年大阪生まれ。雑誌「広告批評」を経て現在は実験型の編集レーベル「銀河ライター」を主宰、企業コンテンツの企画制作なども行う。デザイナー石岡瑛子の伝記「TIMELESS」(http://eiko-timeless.com/)をウェブ連載中。
茂出木謙太郎
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
林永子
2005年よりサロンイベント「スナック永子」を開催。通称「永子ママ」
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > raitank > [raitank fountain]Vol.11 Amazon、Netflix、Huluこの勢いは止められない!映像制作の主戦場はODTVへ