PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > 奥本宏幸 > [Point of View]Vol.80 職人の奏でる音と映像で、曲を作って、スクラッチする!

News

[Point of View]Vol.80 職人の奏でる音と映像で、曲を作って、スクラッチする!

2018-03-06 掲載

txt:奥本 宏幸 構成:編集部

Design Week Kyoto2018コラボ企画

どうも、のびしろラボの奥本と申します。今回もマッチポンプ的に自分の作った映像作品をレポートする。まずはこちらをご覧ください!

Design Week Kyotoというイベントで職人×DJ×映像作家のコラボ作品を作ることになった。Design Week Kyotoでは毎年、世界的クリエイターと京都の職人のコラボをしている。今回はDJの世界大会のDMCで5連覇の偉業を成し遂げているKIREEKに白羽の矢が立った。筆者はKIREEKのLIVEでVJをやったり映像作品を一緒に作ったりしている関係もありお呼ばれした。

ジェイアール京都伊勢丹に設置されたDesign Week Kyotoの特設ブース

Design Week Kyotoとは「京都をよりクリエイティブな街に」をテーマに、京都各所にある工芸などの工房や工場が期間限定でオープンし、交流を促進するイベント。

KIREEK 左DJ YASA、右DJ Hi-C

作曲のための映像素材を撮影する

KIREEKと音が鳴るものを取材しながら撮影

まずは曲の元となる音を収録しに京都へ向かった。Design Week Kyoto代表の北林氏が作業中に音が鳴りそうな職人さんをブッキングしてくれた。Design Week Kyoto本来のイベントのように工房をどんどん回っていく。スケジュールの都合上1日で5軒を回らなければならず、一軒当たりの撮影時間が短かった。照明を立てる時間もないので高感度で撮影できるSony a7Sで撮影を行なった。職人さんの工房は基本的に撮影するには明るさが足りないところが多い。ISOを3000ぐらいまであげてもノイズが感じられないSony a7Sはこういう撮影にはとても助かる。また小さい筐体なので様々なアングルから撮影することもできる。機織り機の糸の隙間などにカメラを入れるなど面白い映像が撮れた。

Eレンズの光学手ぶれ補正と気合いでスタビライズ

音収録はRODEの音カメラマイクVideoMic Goを使用。本来であれば指向性の高いガンマイクなどを使い高音質で収録するべきなのだが、機動性を優先しこのマイクの選択に至った。幸い、職人さんの工房は静かで作業を近くで撮影できたのでそこそこ綺麗に音は収録できた。

1万円以内のカメラマイクの中ではかなり音質は優秀(※個人の感想です)

作曲に必要な音を探しながらの撮影はいつもと違う目線で面白かった。普段の撮影は映像メインだが耳を澄ましながら撮影していると「あ!この音はここでなっていたのか!」「この作業でこんな音が鳴るのか!」など新しい発見があった。

中でも三浦仏像彫刻所の仏師・三浦氏の工房で「他に音がなるものはないか?」と探していると三浦氏が仏像の頭を前後に開け「ポン!」という音を奏でてくれた。実は大きめの仏像は大きな木一本から彫って作るのではなくプラモデルのように木でパーツを作り組み立てているのだ。仏像の顔も前後で分かれており中は空洞。木と木がきっちり密着しているので開けると異常にいい音がする。さすが職人技。新しい音との出会いにKIREEKの二人も興奮していた。

仏像の頭は組み立て式

映像から音をサンプリングして作曲する

作曲に使えそうなシーンを荒く素材編集し、KIREEKに映像素材を渡す。それを作曲ソフトウエアAbleton Live9に取り込み、使えそうな音やセリフを抽出して作曲していく。

https://www.pronews.jp/pronewscore/wp-content/uploads/2018/03/pov80_okumoto_kyoto_08.jpg Ableton Live9の作業画面
※画像をクリックすると拡大します

KIREEK氏:今回はベースに和の雰囲気の曲を作ってその上に職人さんの音を載せていきました。職人さんの作業音は元々リズムがあるので作曲に使いやすかったです。木の切断の機械音は長く発音しているのでスクラッチがしやすく動きもスクラッチ感がわかりやすい素材でした。伝統的な技と僕らの現代の技が交わるとどうなるかなど楽しみながら作曲できました。

曲が出来上がったところで各チャンネルごとに音と映像を書き出してもらう。Ableton Live9は映像も書き出すことができる。書き出したチャンネルごとの映像素材をAdobe Premiere proのタイムラインに並べる。こうすることで音と同期した映像がどこにあるかわかりやすい。Ableton Live9での映像書き出し時に劣化があるので今回は素材を渡す際にTCを焼き付けて、Adobe Premiere proで素材と差し替えるようにした。そして音以外の部分を荒く編集した後、KIREEKと相談しながらスクラッチを入れる部分などを決めて行った。

https://www.pronews.jp/pronewscore/wp-content/uploads/2018/03/pov80_okumoto_kyoto_09.jpg Adobe Premiere proの作業画面。Ableton Live9のタイムラインを力技で再現
※画像をクリックすると拡大します

映像をスクラッチ!

仮編集の曲に合わせてさらに映像スクラッチを足していく。デジタルDJのソフトウエアSerato Videoを活用。映像ファイルを読み込むことができ、DJが音を扱うように映像を操作できる。音のエフェクトに合わせて映像のエフェクトをかけることも可能なのだ。スクラッチした映像とスクラッチしている手元を同時に収録していく。Macの外部出力で映像を全画面出力しBlackmagic DesignのUltraStudio Mni Recorderでキャプチャする。スクラッチの手の動きはカメラで収録する。Mac上ではQTプレイヤーで録画。この時音声はPCマイクに設定した。カメラの音声とほぼ同じものが入るのでAdobe Premierep Pro上で同期が取りやすい。音はDJソフト側で収録しそれをKIREEKが曲として完成させる。その音源をもらいスクラッチ部分を足してさらに編集を仕上げていった。

https://www.pronews.jp/pronewscore/wp-content/uploads/2018/03/pov80_okumoto_kyoto_10.jpg Serato Video の操作画面
※画像をクリックすると拡大します
映像スクラッチの収録システム図

低照度の白ホリで演奏シーンを撮影!

曲が出来上がったところで白ホリのスタジオを借りてDJ演奏シーンを収録。「職人の音をサンプリングしている」ということをわかりやすくするためそれぞれの職人の家紋風グラフィックをあしらったジャケットとレコードを製作した(デザインはH2Kgraphics松下氏)。

機材はSony a7SとDJI OSMOを使用。照明が少なかったのでa7SのISOをあげて白を飛ばす。OSMOは移動ショットを撮るのに使用した。専用の延長ロッドを取り付けクレーンのカメラワークに似せて撮影。しかし、a7Sほど高感度ではないのでノイズがかなり出る。そこでノイズは編集段階でデノイズすると割り切って撮影を行なった。

仕上げ編集。意外と綺麗に抜ける白ホリ合成

職人シーンと演奏シーンを組み合わせて編集し、カラコレで色を整える。予定ではなかったのだが少し白バックの部分が寂しかったので演奏するKIREEKの後ろにグラフィックを入れることにした。マスクを切ろうと思ったがそんな時間もないので「なんちゃってマスク合成作戦」を実行してみた。Adobe After Effectsのエフェクト「白黒」でモノクロ映像にし「レベル」でコントラストを最大限まで濃くして白黒のマスクを作る。それを元に合成するという簡単なものだ。撮影素材によるが、グリーンバックよりも照り返しがなくて綺麗だ。エッジは多少白が残ったりするが元の白に合成するなら気にならない。撮影時に被写体の白の部分が白ホリよりも明るすぎないように取っておくと綺麗に合成できる。

合成後の映像 エフェクト「白黒」と「レベル」で作ったマスク。かなり雑だが合成後は違和感なし(※時間がある時はちゃんとマスクを切ることをお勧めします)

工芸とデジタルクリエイティブのコラボを終えて

スクラッチ素材用にインタビューも行なった。それぞれのものづくりに対する思いを伺えた。一見、工芸とDJや映像製作はかけ離れているように見えるが、本質的なものづくりという部分では多く共通点もあり、信念や考え方を聞くことができとても勉強になった。職種の垣根を超えて意見を交わすということは新しい何かが生まれるきっかけになるというのを肌で感じられた。Design Week Kyotoでは各所でそんな何かが生まれたに違いない。

ワンマンオペレーション制作の是非

結局、演出・撮影・編集・モーショングラフィック・合成を一人で行った。今回は作曲をするKIREEKと撮影段階から意見を交わしながらの制作だったのでワンマンオペレーションスタイルがスムーズにやり取りができて理にかなっていた。

前提として筆者は映像制作において分業の良さを重々承知している。やはりカメラマン・照明マンが丁寧に作った映像は繊細で素晴らしい。美しさではワンオペではかなわない。そして分業でやっていた方がいろんな意見が入ってより良くなることも知っている。またその逆も然りだが…。限られた枠の中で最大のパフォーマンスを出すにはどこを削ってどこを増やすか?というやりくりの選択肢が多い方がいいと思う。そうやって知恵を出すことで新しい表現も生まれるのではないでしょうか?

何が正解かわからないなーとモヤモヤしながら今日も編集しています。


WRITER PROFILE

奥本宏幸 大阪を拠点にしているフリーランスの映像ディレクター。演出・編集・モーショングラフィックをバランス良くこなす。フィンランドサウナが好きです。のびしろラボ管理人。


[ Writer : 奥本宏幸 ]
[ DATE : 2018-03-06 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

[Point of View]Vol.94 現役クリエーター主導の動画セミナー&ワークショップ「動画クリエーティブ寺子屋」レポート

txt:奥本 宏幸 構成:編集部 クリエーターたちによる人材育成・交流も目的にしたイベントが開催 会場となった大阪堀江の萬福寺。イベントスペースとしてもレンタルされ... 続きを読む

[Point of View]Vol.93 AJA Video Systems導入事例~映像制作の教育現場を支える強力な入出力デバイス「AJA Io XT」

AJA社のIo XTは、Thunderboltの10Gbps帯域幅を利用して強力な編集システムを構築できる入出力デバイスである。そのパワフルな入出力機能で編集システムの屋台骨を支え... 続きを読む

[Point of View]Vol.92 4K編集のマスターピース「4K Prunus」登場

txt:小寺信良 構成:編集部 4K/8K制作に向けたポストプロダクションの課題 2018年12月の新4K8K衛星放送開始を目前に控え、放送業界も大きく動いている。5月... 続きを読む

[Point of View]Vol.91 3人制バスケのプロリーグ「3×3.EXE PREMIER」のライブ配信に採用されたStreamstarの魅力に迫る

2020東京オリンピックの正式種目に決定!!どんどんと拡大し続ける3人制バスケット「3x3」 3人制バスケットボールの「3×3(スリー・バイ・スリー)」をご存知だろうか。90... 続きを読む

[Point of View]Vol.90 RAID-5と同等速度のガロア演算型RAID-6をハードウェアで実現したバイオス社がビデオストレージの真価を問う

株式会社バイオス(以下:バイオス)は、2006年に他社に先駆けて高速なハードウェアRAID-6にこだわり、自ら設計・製造を手掛ける国産ストレージメーカーだ。 バイオスの代表取... 続きを読む

WRITER PROFILE

奥本宏幸 大阪を拠点にしているフリーランスの映像ディレクター。演出・編集・モーショングラフィックをバランス良くこなす。フィンランドサウナが好きです。のびしろラボ管理人。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
栁下隆之
写真家アシスタント、現像所勤務を経て、撮影機材全般を扱う輸入販売代理店で17年余り勤務の後に、撮影業界に転身。一眼カメラによる撮影を得意し、代理店時代に手がけたSteadicamや、スタビライザー系の撮影が大好物。
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
鈴木佑介
日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。 専門分野は「人を描く」事 。 広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。 セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
宏哉
タイムコード・ラボ代表。Next-Zero.com管理人。バラエティーから報道や空撮まで幅広い番組撮影をこなすTVカメラマンであり、ダンスイベントからe-ラーニング収録まで請け負う街のビデオ屋さん。2017年度の振り幅はイージス艦CICから幼稚園のおゆうぎ会。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
高信行秀
ターミガンデザインズ代表。メーカーや代理店などの依頼でトレーニングや技術解説、マニュアルなどのドキュメント作成など、テクニカルに関しての裏方を務める。知られていない製品の魅力を伝えることが好きで、色々と仕掛けることを趣味にする。
小島真也
写真家、撮影監督。赤坂スタジオを経て、篠山紀信氏に師事。1990年に独立後は雑誌、広告界にて人物、ドキュメンタリーを中心に写真家活動。動画へのきっかけはFinal Cut Studio 5.1を導入し映像編集を始めたこと。商業映画や自主映画では撮影監督として撮影・照明・カラーグレーディングを担当し、TVドラマでは撮影部として参加。
山下大輔
フリーランスの映像講師。Adobe Community Evangelist。アドビ製品でビデオ編集をどのようにやっていくか日々模索中。FacebookではAfter Effects User Groupの管理人として勉強会なども随時行なっている。
柏原一仁
日本大学芸術学部写真学科卒、銀一株式会社海外商品部勤務。 銀一が世界中から輸入する写真・映像用品ブランドのマーケティング担当。静止画・動画・音声と様々な技術に翻弄される日々。好きな食べ物はからあげ。
曽我浩太郎
未来予報株式会社 代表取締役・プロジェクトデザイナー。新ビジネスに特化したリサーチ・コンセプトデザイン・コンサルティングを専門に行う。SXSW LLC.公式コンサルタント。著書『10年後の働き方「こんな仕事、聞いたことない!」からイノベーションの予兆をつかむ』が好評発売中。
井上晃
映像制作会社「有限会社マキシメデイア」代表、制作プロデューサー&キャメラマン。Facebookグループ「ATEM Tech Labo」、「Grass Valley EDIUS ユーザーグループ」を主催して、ATEMやEDIUSの布教に、日々勤しんでおるでよ。
石多未知行
クリエイティブディレクター、映像クリエイター、空間演出家。PMAJ代表、東京芸大 非常勤講師。空間演出やプロジェクションマッピングを中心に様々なメディアを使った企画演出を手掛ける。
奥本宏幸
大阪を拠点にしているフリーランスの映像ディレクター。演出・編集・モーショングラフィックをバランス良くこなす。フィンランドサウナが好きです。のびしろラボ管理人。
小林譲
イギリスにて大学卒業後、現地の会社にて映像編集を学ぶ。2006年に帰国。大手ポスプロIMAGICAにてテレビ番組を中心に日本のキャリアをスタート。後にドラマ、音楽系、CM系へと活躍の幅を広げる。2017年に独立。オフラインからアートデザインまで、作品の全体パッケージを監修することも多い。
染瀬直人
写真家、映像作家、360°VRコンテンツ・クリエイター。日本大学芸術学部写真学科卒。勉強会「VR未来塾」を主宰し、360°VR動画のセミナー、ワークショップなどを開催。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
駿河由知
中央区築地出身。マルチカメラ収録&配信ユニット「LiveNinja」メンバー。2006年より株式会社スタートライン設立。外務省、国連機関、国際NGOなどの国際会議やシンポジウム、企業イベントなどのライブ配信を担当
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、短編時代劇の自主映画制作を経て、現在は、映像を通じて人と人をつなぐことをテーマに様々な映像制作に取り組んでいる
河尻亨一
1974年大阪生まれ。雑誌「広告批評」を経て現在は実験型の編集レーベル「銀河ライター」を主宰、企業コンテンツの企画制作なども行う。デザイナー石岡瑛子の伝記「TIMELESS」(http://eiko-timeless.com/)をウェブ連載中。
茂出木謙太郎
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
林永子
2005年よりサロンイベント「スナック永子」を開催。通称「永子ママ」
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > 奥本宏幸 > [Point of View]Vol.80 職人の奏でる音と映像で、曲を作って、スクラッチする!