PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > 奥本宏幸 > [Point of View]Vol.83 CAPESON LIVEレポート「照明と映像の領域の融和」

News

[Point of View]Vol.83 CAPESON LIVEレポート「照明と映像の領域の融和」

2018-05-18 掲載

txt:奥本 宏幸 構成:編集部

音楽・映像・光に包まれる世界

2018年3月29日に東京・渋谷にあるライブスペース渋谷WWWで今もっとも注目を集めるシンガーソングライターのひとりであるCAPESONのワンマンライブが行われた。圧倒的な美声と前衛的なロックミュージック、そして縦横無尽に動く光と会場全体を覆う映像。観客は皆、恍惚としてその世界を楽しむ。撮影禁止の中でスマートフォンで撮影していた観客も次第に自主的に撮影をやめ、その世界に没入して行った…。映像と照明のコラボレーションによってライブ演出としては新しい試みが行われたようだ。その裏側をCAPESONと照明・映像演出を手がけたユニットMichelle Ivanに話を聞くことができた。

CAPESON
2014年より活動開始。2015年9月デビュー。繊細さと強靱さを兼ね備えた美声とR&Bからオルタナティブ、ポストロックなど様々な要素を自在に融合させた斬新なポップミュージックで今若い世代を中心に人気急上昇中。「WALK AWAY」が人気番組「テラスハウス」の劇中にて使用される。3月16日に約1年半ぶりにEP「PORTRAIT 2」をTokyo Recordingsよりリリース。

■Michelle Ivan
ライティングアーティストAiba氏と映像作家であり演出家でもある谷田光晴氏が照明と映像が融合した演出を実験的に行うために立ち上げたプロジェクトユニット。

左から谷田光晴氏(映像演出)、CAPESON、Aiba氏(照明演出)

アーティストの世界観を体験できる演出

アーティストの世界観とはまさに音楽そのものである。それを観客に伝えるためにアーティストを派手に照らし、メッセージ性の強い映像をスクリーンに写すのが一般的であると思う。筆者もライブ映像の制作をするときは、できるだけ伝えようと映像を作り込む。しかし、今回のライブでは真逆のことが起こっていた。

照明はピンスポットライトなどでアーティストを常に照らしていない。レーザーなど多彩な照明機材も使われていたが、ほとんどは客席に向かって会場全体を彩っている。映像はステージ全体と客席横左右の壁全面に計3台のプロジェクターで映像が映し出されていた。3台のプロジェクターの境目はなくシームレスにつながっている。幾何学模様の映像が照明のようにステージを照らす。プロジェクションマッピングのような映像演出もあり壁の向こう側にも空間が広がっているように見える映像。主役であるCAPESONの姿がはっきり見えるのは映像の明るい部分が当たった時に見えるだけ。映像と照明で会場全体が包まれ、心地よく音楽が耳に入ってくる空間になっていた。

――今回の演出について

CAPESON:CAPESONは音楽自体も前衛的な事をやっていて、そういうサウンド感や世界観を演出してほしいとMichelle Ivanに相談しました。終わった後映像を見て、こんなに自分が見えないとは思っていませんでしたが(笑)、ステージに僕自身の姿を映すということではなく、会場全体でCAPESONの世界観を表現していて、お客さんと世界観を共用するには一つの正解だったのではないかと思います。

谷田氏:最初はもっと曲の世界観をしっかり映像で具体的に表現してもいいんじゃないかな?と思っていましたが、思えば思うほどそんな映像って邪魔だなって思うようになってきたんです。この曲にはこういう世界観があるっていうことをオーディエンスに押しつけたくないって思ったんです。ライブって本当はアーティストの姿を見ることが重要なのではなく、アーティストの世界観を体験できることが何よりもCAPESONのライブに必要なんじゃないかと。

Aiba氏:曲のイメージをどういう風にお客さんに伝えられるかという部分はアーティストが伝えられるので、その中でアーティストが見えなくても、歌詞とか音の雰囲気とかで色や情景が浮かんでくるのはお客さん個々で想像してもらう方が楽しいかなというのは話し合いました。

影で空間を無限にする

――アーティストの世界観を体験させる演出、具体的にはどのような演出をされていましたか?

Aiba氏:ステージを作るというより空間を作るのが演出のコンセプトになったので、照明は客席・会場全体を中心にライティングしました。そして、重要なのは暗い部分、影を作るところです。

谷田氏:メリハリをつけて光よりも影を見せるという。本人よりも本人の影を見せる、黒い部分を活かすみたいな。映像も16:9の世界観があるとそこに空間を切り取ってせまく感じてしまうので、壁一面に投影して、映像コンテンツ側で黒い部分、余白を増やしていく、そうするとオーディエンスは余白の部分に空間の広がりを想像してくれたり感じてくれるので、そこへ自身の耳で音楽を聴いて、浮かんでくるイメージや感情でその余白を補ってくれるのではないかと思います。

Aiba氏:明るくアーティストを照らすというのが一時期流行っていましたが、今回僕らはその対局で影を見せる方法に特化しています。引き算があるからレーザーも目立つようになります。照明も消してもオーケーで暗転も真っ暗も照明のうちでしょ、と。ステージとお客さんの距離感もステージの高さもその余白が埋めてくれます。

谷田氏:「照明と映像は光なんだから、領域を融和できるはずだ」と照明と映像を統合する世界を目指したい。それがMichelle Ivanのテーマなんです。同じ光を発するものなのに、なぜそこは融和できないのか?そのなぜかというのは、お互いのリスペクトだとか、お互いが一つ、こういう世界を作っていこうという明確な演出ビジョンがないとそこに向かっていけないからです。今回はそこを話合うことにほとんどの時間を使いました。

プロジェクターを照明に!?

映像演出では今回、ヒビノビジュアル大阪の全面協力によって機材構成されていた。プロジェクターは20,000ルーメンの「PT-DZ21K」を3台。会場の規模からするとオーバースペック気味だが、今回の演出には必要だったという。

谷田氏:今回は映像も照明の一部と考えていました。ムービングライトではできない光の動きを映像でやってみたかったんです。ムービングライトは機械的に動かしているのでどうしても硬い部分が出てきてしまいます。映像では自由自在に調整できるのでシーンによってはみたことのない光の演出ができました。

壁に映る映像を見ると幾何学模様でシンプルだが、スモークによって空間に浮かび上がるプロジェクターから出る光の筋がムービングライトのような動きをして不思議な光の空間を演出していた。

映像送出はヒビノが開発中の4トラック映像送出機「ALBATROSS V2」が起用された。SDI×4出力がついており、HD 4ソースを4つ入れて同期して送出することが可能。

谷田氏:今回は3画面がつながっている演出をしたかったので、映像素材はフルHD 3面横並びの5760×1080pixelで制作し、映像を分割して送出しました。VJソフトなどでも出力は可能ですが、演出上、音源のきっかけと合わせるところが今回はあったり、安定性とレスポンスの良さがが欲しかったので、ヒビノさんが開発中のALBATROSS V2をお借りしました。とにかく、レスポンスが良くてその安定性もとても良かったです。

こういった現場の要望や使い勝手の良さを、プロダクトを通してサポートしてくれるチームがあることは、今後クリエイターや演出を考える人間にとって心強いし、なによりも、プロ魂みたいなものを感じます。加えて、プロジェクターの設置調整も流石というか、こちらの要望通りというか、想像以上にクオリティの高いものでした。

開発中の4トラック映像送出機「ALBATROSS V2」のコントロール画面

サブとしてVJソフト「Kraken2」でHD素材を送出し、4ストリーム映像送出機の映像と共にマトリックススイッチャーで3つに分配。そのアウトをRoland V-800HD 3台をMIDIでリンクし映像ミックス。HD素材も3面に映し出した時に画面のつなぎ目が気にならないような作り方がされていた。

映像機材の配線図

ライブを終えて

――実際周りの反応どうでしたか?

CAPESON:平たい言葉でしか言えないんですけど、「すごかったね」っていう言葉が一番多かったですね。純粋にCAPESONというライブの印象付けができたんじゃないかなと思ってよかったなと思います。個人的にはあのサイズ感の空間で、レーザーを打てたというのが嬉しかったです。しかもそれに包まれるという。演出はMichelle Ivanの2人のおかげで、満足してもらえるものを提供できる自信があったので、そこの部分は完全に預けていいやと思えたのが演者としてはよかったと思います。だからこそ演奏もしやすかったですし。

今後は色々な課題が見えたので、それを改善していきたいです。ライブの空間自体はある程度完成度の高いものをできつつある中でそれをどうやってパッケージとして広い人に届けるか、それでもっと来てもらえるかっていうのを考えないといけないです。表現の中で言うと、音をメインに扱うのでもっとキメ以外にも連動ができるような仕組みが今後できていくといいなぁと思います。

谷田氏:映像が空間演出の中心になって行く動きはもう止められないし、今後もどんどん進んで行くと思いますが、プロフェッショナルが集まるステージの世界には、そのプロフェッショナルな現場に求められるシビアさや、要求はどんどん高まって行くと思います。インタラクションもいいけど、僕は演出のビジョンにすべての要素が統合されるというか、溶け合って融和されて、完全に作り込まれている世界の良さや、演出上のこだわりを追求したいです。その時は引き算の演出というのを徹底的に追及したいなと思っています。何年かかってでも演出家として実現したいことです。

Aiba氏:1000人、2000人になっても体験できるものは変わらないという品質を保ちたいですね。体験と体感は違うので。体感ってあくまで体験に基づいて似通った代替えなんですよ。体感って。体感ではなく体験できる、ライブに行く体験を提供して、オーディエンスが体験したことをオリジナルとして話すということをこれからも続けたいと思います。


WRITER PROFILE

奥本宏幸 大阪を拠点にしているフリーランスの映像ディレクター。演出・編集・モーショングラフィックをバランス良くこなす。フィンランドサウナが好きです。のびしろラボ管理人。


[ Writer : 奥本宏幸 ]
[ DATE : 2018-05-18 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

[Point of View]Vol.86 12面マルチビジョンシステムでガス供給の保安や設備の維持管理を行う~広島ガス防災センタービル

txt:岩沢卓(バッタネイション) 構成:編集部 広島ガス防災センタービルの12面マルチビジョンシステム 広島県内7市4町にガスを提供している広島ガス株式会社。... 続きを読む

[Point of View]Vol.85 NHKエンタープライズ「ネップアンフィニ」、4K HDR制作ワークフローにAJA FS-HDRを採用

専用ハードウェアが実現する、HDR制作最大のメリットとは 4K・8Kコンテンツ制作を効果的に行うワークフローブランドとして高い評価を得ているNHKエンタープライズ... 続きを読む

[Point of View]Vol.84 M-5000とUSBケーブル1本でシンプルな接続〜ヤマキ電気ソフトウェアVUメーター「TabVU」開発者インタビュー

txt:岩沢卓(バッタネイション) 構成:編集部 ユーザーの要望から誕生したソフトウェアVUメーター「TabVU」 プロ向けスタジオや放送局などで見かけることが多く、V... 続きを読む

[Point of View]Vol.82 多機能で使いやすさを重視した製品〜ローランド「R-07」開発者インタビュー

txt:岩沢卓(バッタネイション) 構成:編集部 コンパクトボディに多様な機能を搭載 ローランドから2018年3月に発売されたリニアPCMレコーダー「R-07」。コンパ... 続きを読む

[Point of View]Vol.81 ユーザーが使いやすい・欲しいと思う製品を〜ローランド「V-60HD」開発者インタビュー

txt:岩沢卓(バッタネイション) 構成:編集部 ユーザーの声を大事にしたV-60HD SDI/HDMI/RGB端子を搭載し、6チャンネル映像入力に対応したビデオ・スイ... 続きを読む

WRITER PROFILE

奥本宏幸 大阪を拠点にしているフリーランスの映像ディレクター。演出・編集・モーショングラフィックをバランス良くこなす。フィンランドサウナが好きです。のびしろラボ管理人。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
栁下隆之
写真家アシスタント、現像所勤務を経て、撮影機材全般を扱う輸入販売代理店で17年余り勤務の後に、撮影業界に転身。一眼カメラによる撮影を得意し、代理店時代に手がけたSteadicamや、スタビライザー系の撮影が大好物。
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
鈴木佑介
日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。 専門分野は「人を描く」事 。 広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。 セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
宏哉
タイムコード・ラボ代表。Next-Zero.com管理人。バラエティーから報道や空撮まで幅広い番組撮影をこなすTVカメラマンであり、ダンスイベントからe-ラーニング収録まで請け負う街のビデオ屋さん。2017年度の振り幅はイージス艦CICから幼稚園のおゆうぎ会。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
山下大輔
フリーランスの映像講師。Adobe Community Evangelist。アドビ製品でビデオ編集をどのようにやっていくか日々模索中。FacebookではAfter Effects User Groupの管理人として勉強会なども随時行なっている。
柏原一仁
日本大学芸術学部写真学科卒、銀一株式会社海外商品部勤務。 銀一が世界中から輸入する写真・映像用品ブランドのマーケティング担当。静止画・動画・音声と様々な技術に翻弄される日々。好きな食べ物はからあげ。
曽我浩太郎
未来予報株式会社 代表取締役・プロジェクトデザイナー。新ビジネスに特化したリサーチ・コンセプトデザイン・コンサルティングを専門に行う。SXSW LLC.公式コンサルタント。著書『10年後の働き方「こんな仕事、聞いたことない!」からイノベーションの予兆をつかむ』が好評発売中。
井上晃
映像制作会社「有限会社マキシメデイア」代表、制作プロデューサー&キャメラマン。Facebookグループ「ATEM Tech Labo」、「Grass Valley EDIUS ユーザーグループ」を主催して、ATEMやEDIUSの布教に、日々勤しんでおるでよ。
石多未知行
クリエイティブディレクター、映像クリエイター、空間演出家。PMAJ代表、東京芸大 非常勤講師。空間演出やプロジェクションマッピングを中心に様々なメディアを使った企画演出を手掛ける。
奥本宏幸
大阪を拠点にしているフリーランスの映像ディレクター。演出・編集・モーショングラフィックをバランス良くこなす。フィンランドサウナが好きです。のびしろラボ管理人。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
駿河由知
中央区築地出身。マルチカメラ収録&配信ユニット「LiveNinja」メンバー。2006年より株式会社スタートライン設立。外務省、国連機関、国際NGOなどの国際会議やシンポジウム、企業イベントなどのライブ配信を担当
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、短編時代劇の自主映画制作を経て、現在は、映像を通じて人と人をつなぐことをテーマに様々な映像制作に取り組んでいる
河尻亨一
1974年大阪生まれ。雑誌「広告批評」を経て現在は実験型の編集レーベル「銀河ライター」を主宰、企業コンテンツの企画制作なども行う。デザイナー石岡瑛子の伝記「TIMELESS」(http://eiko-timeless.com/)をウェブ連載中。
茂出木謙太郎
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
林永子
2005年よりサロンイベント「スナック永子」を開催。通称「永子ママ」
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > 奥本宏幸 > [Point of View]Vol.83 CAPESON LIVEレポート「照明と映像の領域の融和」