PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > 山本加奈 > [モノレゾ〜モノつくりの解像度〜]Vol.02 映画「来る」が出来るまで〜岡村良憲撮影監督に聞く

News

[モノレゾ〜モノつくりの解像度〜]Vol.02 映画「来る」が出来るまで〜岡村良憲撮影監督に聞く

2019-03-01 掲載

取材・文:山本加奈 撮影:池ノ谷侑花(ゆかい)構成:編集部

商業長編映画デビュー作にして中島哲也監督映画でカメラを回すということ

映像作品におけるモノづくりの解像度を追いかけていく本シリーズ。第二回目に登場するのは中島哲也監督最新作「来る」から、撮影監督を務めた岡村良憲氏。監督・脚本を務める中島哲也監督は、CM演出の巨匠にして、2010年には「告白」で、興行収入38.5億円の大ヒットを記録し、その独自の映像センスで日本映画界に新風を巻き起こしたマエストロ。一方、岡村氏は商業長編映画デビューとなる。岡村氏のモノづくりの解像度を紐解くインタビュー。

岡村良憲(Ryoken Okamura):
1975年神奈川県生まれ。 1999年黒澤フィルムスタジオ入社、特殊機材部を経て2003年よりフリー撮影部、2013年独立。2016年スタージョン設立

特殊機材部から、ムービーカメラマンへ

脚本・監督:中島哲也 撮影監督:岡村良憲 あらすじ:オカルトライター・野崎のもとに相談者・田原が訪れる。最近彼の身の回りで、超常現象としか言い様のない怪異な出来事が連続し、妻・香奈と幼い一人娘・知紗に危害が及ぶことを恐れていると言う。野崎は、霊媒師の血をひくキャバ嬢・真琴とともに調査を始めるのだが、田原家に憑いている「あれ」は、想像をはるかに超えて強力なものだった。あれのエスカレートする霊的攻撃に死傷者が続出。真琴の姉で日本最強の霊媒師・琴子の呼びかけで、日本中の霊媒師が集結。かつてない規模での「祓いの儀式」が始まろうとしていた。彼らは、あれを止めることができるのか!?© 2018「来る」製作委員会
――黒澤フィルムスタジオにいらっしゃったそうですね。やはり映画志望だったのすか?

実は、映画をやりたくてこの業界にはいったわけじゃないんです。それどころか元々カメラに興味があったわけでもないのです。僕は小さいときからずっと絵を描いていて、将来は絵の仕事をしたいなと考えていました。

それが、高校生の時にバンドをやったら上手くいって、プロとしてやっていくことを目指しました。まぁ、世の中そんなに甘くない。「バンドじゃ飯食えないぞ」と気がついたのですが、同時に受託で絵を描くことがとても苦痛に感じていました。「絵も音楽も仕事に出来ない」と悟るわけです。それで、旅をするんです(笑)。

22歳の時にインドのゴアでスチールカメラマンに出会うんですけど彼が写真を撮るのをみていると、パシャって1/500秒で一枚撮っている。僕は絵を描くのに何日間もかかるじゃないですか。「ずるい!1/500秒で絵を描いていた!」って。漠然と日本に帰ったらそういう仕事をしたいなって思いました。

帰国後、バイトを探していたら、「黒澤フィルムスタジオ社員募集」の広告が出ていました。まだみんなフィルムを現像しに写真屋にいく時代でしたから、てっきり街の写真屋さんだと思ったんですね。そういう小さなお店が社員を募集していると思いこんで、髪を切って真面目な格好をして面接にいったんです。求人に書かれた住所にいくと、街の写真屋さんなんてなくて、代わりにドーンとでっかい建物がある。ウィーンって自動ドアを入ったら、ポスターが貼ってあるんですよ、「七人の侍」の。

「映画???黒澤って明か!間違えた!」と動揺しながら面接で正直に「間違えました」と言うと「いいね、君。明日から来てよ」ということで、本当に次の日から働き始めたんです(笑)。そこで特機部を希望して僕のムービー人生が始まりました。

――特機部からムービーカメラマンに転身されたのは?

特機部で、瀧本幹也氏やKIYO氏らのキーグリップをやらせてもらっていたのですが、切るアングルや撮った画がすごいんですよ。そんなのを目の当たりにしていたら自分でもやりたくてしょうがなくなっちゃって。あと撮影業界の年上の先輩らがまたこれかっこいい。元々バンドでロックスターに憧れたけど、カメラマンってまさにロックスターじゃんって。

特機部として自分を指名してくれる仕事も増えてきたんですが「俺、いいカメラマンになれるんじゃないか」って漠然と思い始めちゃったんです。というのもインドで感じた、絵とカメラの共通感覚があったので。絵画で描いているのは光と影で、カメラでも同じことをしている。

そう思ったら最後、知り合いの撮影助手さんらに頭を下げて、見習いの助手につかせてもらったのが28歳のころでした。撮影助手としてはすごく遅いスタートです。教えてくれる先輩は20歳そこらの年齢ですからね。

――2003年頃ですね。まだフィルム撮影も多かったのですか?

当時、広告の撮影はほぼフィルムでした。僕がカメラマンとして独立するまで九割以上フィルム撮影でしたから。助手になってから気がついたのは、僕にはカメラの基礎知識がぜんぜん無いということ。フィルムの感度、シャッタースピード、絞りとか、基本中の基本さえもろくに分かってない。人生ではじめて死ぬほど勉強しました。

遅れを取り戻すためにも、僕の知っている中で一番厳しいと思われる師匠につこうと、辺見法久氏のチームに頭を下げて入れてもらいました。助手の基本が出来ないとすぐにクビになる厳しい場所でした。そこで真剣にがんばりました。その後、白鳥真太郎氏や、草間和夫氏の下で撮影チーフをやらせてもらって、晴れて独立したのが36歳の時でした。

――その分いろんな監督やカメラマンの現場をみてきていらっしゃる。その中でご自身の強みをどう捉えていますか?

助手時代の経験はもちろん、人生で今までやってきたことが映像って全部出ると思っています。MVを撮るにしてもバンド経験がすごく役に立っているし、旅の経験は言うまでもありません。絵を描いていた事に関して言えば、初めて反射計で露出を図った時、同じ光があたっているのに、色によって光の反射率って違うんですけど、その反射計を除きながら、「うわ、これ知っている!」と。昔、鉛筆画で全く同じ行為を頭の中でしていたからなんです。そういう事が自分の強みになっていると思います。

――では、映画やコマーシャルというメディアへのこだわりはあまりなかったのですか?

漠然といつか長編映画をやりたいな~くらいの気持ちはありました。きっと最初は小規模な映画を撮って、少しづつ大きな映画にいけるといいな、なんて思ったところにマネージャーから「映画の話がきました」と電話が。「中島哲也監督の映画です」「嘘でしょ!?」ですよね。長編映画の経験ないのに。

映画マニアではなくても、中島哲也監督はのことは知っている。CMで一度仕事したこともあるから、どれだけ厳しくてすごい監督だって言うのも知っている。「2時間ものを中島さんと…。俺が??」って。

受けるにはすごく覚悟がいるというか。映画の現場は、過去に一度フィルムローダーとして園子温氏の「奇妙なサーカス」(2005年)に参加したことはありましたが、ずいぶん昔の話ですし。

基本1カメ。こだわり抜いたカットの連続

© 2018「来る」製作委員会
――最終的には覚悟を決めて映画作りに参加されるわけですが、現場でのお話を聞かせて下さい

毎日、真剣勝負でクラインクインして最初の頃は、中島さんのビジョンを切り取るということがなかなか出来てなかったと思います。自分で考えたアングルを切ると中島さんが「違う。全然面白くない。なんだこのつまらないアングルは!?」と返ってくる。

ちなみに二ヶ月で6キロ痩せました。後半二ヶ月で戻りましたけど(笑)。でも、カメラマンが情けなくなると現場が崩れちゃうから、自分との戦いというか。もがいているうちに、段々と中島さんの求めているものがわかってきて、そこに対して自分が何をするかが見えてきた。

過去中島組を経験しているスタッフにも本当に助けられました。何よりも、全員が一致団結して中島映画の世界を作り上げようとしている、美しい現場だと思いました。

――中島映画を実現するために、機材チョイスにおける取り組みを教えて下さい

カメラはRED社のWeapon Dragonをチョイスしました。今回大活躍した機材があって。そもそも、映画は予算的にコマーシャルほど潤沢でない時もあるので、撮影現場にカラーグレーディングの環境を設けることが難しかったり、ロケ地も多岐にわたるので、全ての撮影時にVEベースを組めない、そうなると監督とのやり取りがスムースにいかないことも予想されました。

DITの木村さんからの提案で、iOSアプリのFoolcotrolをiPadにいれて現場での簡易カラーグレーディングをしてはどうかとありました。

最初はカメラに入っているLATを当てて撮ろうかと考えたのですが、それだけだと監督に納得してもらえない。なのでそれはいい!と。毎シーンの色をその場でiPad上で作って、イメージを監督と確認、共有していました。

ワークフローとしても有効で、そこで作った色のメタ情報はプリセットとして保存していけます。スケジュール的に、同じシーンを飛び飛びで撮影ですることも多く、シーンごとの色情報を記録も出来るし呼び出すこともできて、本当に便利でした。

撮影後は、それをRED社のREDCINE-Xを使って、同社のグレーディングソフトDaVinci Resolveへ渡して、そのプロジェクトデータをポスプロとやり取りするというワークフローを構築しました。ポスプロではプロジェクトデータを開いたらすぐに作業に取り掛かれます。

――そういったワークフローを鑑みてのRED Weapon Dragonを選択したのですか?
撮影で使用されたRED Weapon Dragon

一番は自分が使い慣れていたというのがありますね。ARRIのALEXAもそういう意味では使い慣れたカメラですが、REDはファインダー上でシャッタースピードを変えたり、パパっと直感的に操作しやすいんです。サクサク現場を進めるためには大切なことだと考えました。

もう一つの大きな理由はハイスピード。「ここはHSの5倍で行きたい」って突然言われてもポンと対応できる。中島さんから何を言われても対応できるようにしておくのがポイントでした。

5Kや6Kにも変換するのも簡単でレンズで足りなかった時に6Kで広めの画を撮影したり、ちょっとしたことが、あっと思った時に出来るのが武器になるんだろうなって考えました。それに加えて、FoolControlも対応している。これだなって。

——カメラは何台体制だったのですか?
© 2018「来る」製作委員会

監督によって本当に作り方が違うと思うのですが、通常だと、カメラを2、3台いれて一回で寄りと引きで撮影することも多いと思います。

ですが中島さんに限ってはそれは絶対にないのです。1カメで、そのカメラの構えたアングルに対して一番いいライティングをし、その寄りでは寄りのライティングをする。美術セットを変えてもいいから、一番いい構図を作る。

切り返しになると、切り返しに一番いいライティング、美術をまたつくる。1カット後にすごくこだわって作っていくんです。

さすがに、「祓いの儀式」では役者だけでなく、本物の神職さんにも沢山出ていただいているし、火も焚いていたりで、2カメで効率よくおさえていこうとなりました。近藤哲也カメラマンに入ってもらって、寄りと引きで撮るのですが、監督的に、引きのアングルに対しては光はいいいけど、寄りはダメだって話になるんですね。

結局セッティングしているけど、先回りでアングルを切っているだけで1カメずつ回しているんです。1.5倍位は効率化されたかもしれないですね(笑)。例外で言うと、カーアクションのシーンは、流石に3カメで撮りました。

――主に使ったレンズは?

Leitz Cine(Leica)のズミルックスがメインです。使い慣れた好きなレンズです。「来る」で、中島さんから言われていてたのが「スタティック」に撮るということ。Leicaのレンズはボケ足もすごく好きだし、ディストーションも少なくて、スタティックな演出意図に合うと思いました。

普段良く使っているのはZEISSのZEISS SUPER SPEED(ファースト)という少し古いレンズ。ハレーションの出方が好きでふわっとした画がほしい時に使っています。ただ、地方ロケが多い今回のような現場では、故障の可能性を考えるとちょっと気が引けたのと、CG合成も多かったので、新しいキレのあるレンズを選びました。

――岡村さんのお気に入りのシーンを教えて下さい。
© 2018「来る」製作委員会

たくさんありますが…小松菜奈扮する、真琴の登場シーンのトーンがすごく気に入っています。

真琴の部屋ですが、あそこはそれまでとはまた違ったトーンを現場で作っています。小松さんが衣装合わせの時に撮った写真を見て、監督が「この肌の色がいい」と言っていたので、だったらと、少し色と彩度が抜けていて、肌が美しく見えて、光がきれいにはいってくるイメージを現場で作り、監督に提案しました。各シーンそうですが、現実にはない少し誇張された光の入り方が中島映画なのかなってって考えながら画を作っていったのを思い出します。

もうひとつは、神職の4人が、いざ、「祓いの儀式」に向かう朝、カプセルホテルで着替えるシーン。カプセルホテルでのロケなのですが、引き画のパースペクティブな感じがバチッとハマっていてすごくかっこいい画になったと思います。ロケハンに行った時にイメージしていた通りの光で撮影できました。

この映画では、マンションの建物線や血の線をピシッと捉えて、冷たくてスタティックな感じを見せていく狙いがありました。マンションの外観もレンズの歪みを編集で矯正しています。

――具体的にはどのような方法をとられたのですか?

レンズには、樽型や糸巻き型に歪んだり個性があるので、それぞれのディストーションチャートを作成して、編集に「このカットは(レンズ)◯mmで撮影して、ディストーションチャートはこれです」と伝え、きれいなラインを作っています。 

こわいけど、面白いから、観てください。祓いの儀式

最終的に撮影期間は約4ヶ月におよんだ
――クライマックスの「お祓いの儀式」。普通、ホラー映画で味わうことのないテンションの上がり方を感じました。
© 2018「来る」製作委員会

お祓いフェスティバルです。音楽フェスのような感じ。いろんなお経や太鼓の音が入り混じり、音楽のうねりとなってどんどん世界がおかしくなっていく。見ている方は「なんだこれ」となるトリップ映像という狙い。不思議な色のライトを沢山たいています。

前半はとにかくスタティック、そして最後の「祓いの儀式」は完全なるエンターテイメント。僕は本来ガリガリとした画が好きで、ダイナミックなカメラワークが好きなんですね。

あそこに自分らしさが出たなと思います。とは言え、撮影は各部署めちゃくちゃ大変でした。屋外のお祓いのシーンは実際に住んでいる方がいるマンションの前でやっているので撮影できる時間帯も限られます。話の時間軸が昼から夜にかけて進んでいきます。

夜のロケシーンは暗くなってからじゃないと出来ない。それぞれの時間帯で撮るべきものは大量にある。撮影日数がどんどんずれ込んでいく。

しかも飛び飛びに撮影していて、部屋のシーンはセットなので、ずいぶん前に撮り終わっている。外ではお祓いの儀式が行われている設定なので、その光や色の影響を考慮して、セットの部屋の中を色付けしていく。

だんだんと日が沈んで暗くなり、あるタイミングで外の松明がブワッと消える、同時に部屋の中のろうそくが消える。そうしたら青い世界になる。それまでは赤い火が灯っているんですね。そういう時間軸と、「あれ」がやってくる、カラーライティングの世界、どんどんおかしな世界になっていく演出意図。もうパズルでした。

――カラーライティングでの演出意図とは?

演出的には、このクライマックスはカラーライティングとCGでいろんな色がウヨウヨしていてかなりサイケデリックになるんだろうと想像しながら撮影していました。特にCGがすごいことになる。まだ観ぬクライマックスを思いながら、そこまでのシーンごとに特徴的な色はつけていくけれども、カラフルにならないよう意識的にしました。

例えば秀樹の夜のシーンはブルー、香奈のベッドシーンではマゼンダにしてという風に。最後はそうやって散りばめてきた色がぐちゃぐちゃに混ざって、観ている人をトリップさせていく。そんな思惑がありました。

――屋外ではすごいボリュームの登場人物です。登場するのも役者だけじゃないとのことですが。
© 2018「来る」製作委員会

すごく大切なシーンです。撮影技術とは外れますが、宗教専門助監督が任命され、クランクインするまで、彼は日本全国を飛び回って仏教、神道はもちろんいろんな宗教を取材しています。各宗派ですごく厳密な作法があり、映画の中で絶対に間違いがあってはならない。

役者には所作、唱えるお経、衣装をはじめ、すごく細かいところまで徹底的にリアルに指導しています。すごく難しい作業だったと思います。彼は、ほとんど神職の人のようになっていましたね(笑)。

現場で、中島さんから演出的に仏教はこういう風にしてほしい、とあっても、その助監督が「いや、それはありえないですね」とバッサリ。「お前はどっちの見方なんだ」ってね(笑)。それをやってしまうと嘘になるからと。宗教専門助監督としての任務を貫いていました。 

――他に撮影機材で多用したものはありますか?

エアロシューター(小型クレーン)です。アームの先にスライドレールがついていてカメラが前後に移動できるようになっているジブをどんな場所にも持っていっていました。

それによってアングル決めることが早くできます。三脚だったら、助手とよいしょっと移動して、あ、あと10cmくらいあがろうか、ってなるとネジ緩めてせーの!で持ち上げ調整しなくてはいけない。そう言う作業の時間すらももったいなかったので、エアロシューターで臨機応変にアングルを自由に探って、そのままワンマンで動きをつけたオペレーションに入る。

自分の負担は大きくなったと思いますが時間短縮には役立ちました。

もう一つ常に現場にあったのがDJIのRonin2。今回ワンカットもステディカムを使っていません。長期撮影中ずっとステディカムオペレーターを待機させておくことは非現実的。だけれども、その日その日で中島さんの要望に答えるために、いつでも、ステディカムのような動きができるよう準備する必要もありました。Ronin2なら自分でオペレートできますからね。かなり活躍しましたよ。防振装置なので、人物を追いかけながら自由にカメラを動かすときはこの装備を使っていました。

――映画をやってみていかがでしたか?

映画特有の、俳優部のみなさんの素晴らしい演技を目の当たりに出来たのは貴重な経験でした。撮影しながら「あ、英樹はそういう役だったんだ」とか。僕が切ったアングルの中で役がどんどん構築されていく。これぞ映画の面白みだと感じました。

あまり大きな声では言いたくないですが、これまでだと自分があえてチョイスしなかった手法を手に入れたと思います。やっぱり中島さんのような監督と仕事が出来るというのは、カメラマン冥利につきますよね。

撮影して感じたのは、結局みんな中島監督のこと、そして監督の世界がすごく好きだということでした。スタッフが一致団結して中島さんのビジョンに向かい、さらに各部それぞれのビジョンを乗せて進んでいく。モノづくりの醍醐味であり、美しい事だと。この映画に限らずですが、映画には病みつきになる何かがありますね。まだ1本目ですけど(笑)。


WRITER PROFILE

山本加奈 山本加奈 KANA YAMAMOTO デジタル・フィルム・フェスティバルRESFESTのディレクターを経てウェブマガジンwhite-screen.jpの編集長を務める。2017年11月より映像表現カルチャーを紹介するNEWREELを創設。伊藤ガビン氏とともに編集長を務める。他、海外のクリイティブイベントのプロデュースやインタビューを通して才能の発掘や、業界の意識改革に貢献する。2018年は Motion Plus Design(パリ)のTokyo meet up総合司会や、ILMのDoug Chiangを迎えたTHU(ポルトガル)の東京ギャザリングをプロデュース。


[ Writer : 山本加奈 ]
[ DATE : 2019-03-01 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

[モノレゾ〜モノつくりの解像度〜]Vol.03 「夜明け」撮影監督・髙野大樹に聞く、ドキュメンタリーとフィクションの狭間でカメラを回すということ ※作品ネタバレあり

取材・文:山本加奈 撮影・構成:編集部 初のフィクション映画に挑戦するドキュメンタリー作家の思い 映像作品におけるモノつくりの解像度を追いかけていく本シリーズ。第三回目... 続きを読む

[モノレゾ〜モノつくりの解像度〜]Vol.01 万引き家族ができるまで〜近藤龍人撮影監督が取り組んだこと

取材・文:山本加奈 構成:編集部 今回から始まるこのコラムは、映像作品におけるモノつくりの解像度を追いかけていく。まずは、是枝裕和監督作「万引き家族」を取り上げてみたい。同作... 続きを読む

WRITER PROFILE

山本加奈 山本加奈 KANA YAMAMOTO デジタル・フィルム・フェスティバルRESFESTのディレクターを経てウェブマガジンwhite-screen.jpの編集長を務める。2017年11月より映像表現カルチャーを紹介するNEWREELを創設。伊藤ガビン氏とともに編集長を務める。他、海外のクリイティブイベントのプロデュースやインタビューを通して才能の発掘や、業界の意識改革に貢献する。2018年は Motion Plus Design(パリ)のTokyo meet up総合司会や、ILMのDoug Chiangを迎えたTHU(ポルトガル)の東京ギャザリングをプロデュース。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
栁下隆之
写真家アシスタント、現像所勤務を経て、撮影機材全般を扱う輸入販売代理店で17年余り勤務の後に、撮影業界に転身。一眼カメラによる撮影を得意し、代理店時代に手がけたSteadicamや、スタビライザー系の撮影が大好物。
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
鈴木佑介
日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。 専門分野は「人を描く」事 。 広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。 セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
宏哉
タイムコード・ラボ代表。Next-Zero.com管理人。バラエティーから報道や空撮まで幅広い番組撮影をこなすTVカメラマンであり、ダンスイベントからe-ラーニング収録まで請け負う街のビデオ屋さん。2017年度の振り幅はイージス艦CICから幼稚園のおゆうぎ会。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
荒木泰晴
東京綜合写真専門学校報道写真科卒業後、日本シネセル株式会社撮影部に入社。1983年につくば国際科学技術博覧会のためにプロデューサー就任。以来、大型特殊映像の制作に従事。現在、バンリ映像代表、16mmフィルムトライアルルーム代表。フィルム映画撮影機材を動態保存し、アマチュアに16mmフィルム撮影を無償で教えている。
高信行秀
ターミガンデザインズ代表。メーカーや代理店などの依頼でトレーニングや技術解説、マニュアルなどのドキュメント作成など、テクニカルに関しての裏方を務める。知られていない製品の魅力を伝えることが好きで、色々と仕掛けることを趣味にする。
小島真也
写真家、撮影監督。赤坂スタジオを経て、篠山紀信氏に師事。1990年に独立後は雑誌、広告界にて人物、ドキュメンタリーを中心に写真家活動。動画へのきっかけはFinal Cut Studio 5.1を導入し映像編集を始めたこと。商業映画や自主映画では撮影監督として撮影・照明・カラーグレーディングを担当し、TVドラマでは撮影部として参加。
ダストマン
ド田舎暮らしの映像屋。本業はフリーのオンラインエディター、CM多め。趣味で色んな映像の作り方の YouTube【ダストマンTips】を配信している。
西村真里子
株式会社HEART CATCH代表取締役。国際基督教大学卒。2014年株式会社HEART CATCH設立。ビジネス・クリエイティブ・テクノロジーをつなぐ“分野を越境するプロデューサー”として自社、スタートアップ、企業、官公庁プロジェクトを生み出している。
長谷川朋子
テレビ業界ジャーナリスト、コラムニスト コンテンツビジネスの仕組みについて独自の視点で解説した執筆記事多数。最も得意とする分野は海外流通事情。カンヌのTV見本市MIP現地取材を約10年にわたって重ね、この分野におけるオーソリティとして活動中。
照山明
株式会社ガイプロモーション代表。企業VP制作や撮影業務に力を入れつつ、自社Facebookページでは不定期にコアな映像ネタを発信中。
山下大輔
フリーランスの映像講師。Adobe Community Evangelist。アドビ製品でビデオ編集をどのようにやっていくか日々模索中。FacebookではAfter Effects User Groupの管理人として勉強会なども随時行なっている。
山本加奈
山本加奈 KANA YAMAMOTO デジタル・フィルム・フェスティバルRESFESTのディレクターを経てウェブマガジンwhite-screen.jpの編集長を務める。2017年11月より映像表現カルチャーを紹介するNEWREELを創設。伊藤ガビン氏とともに編集長を務める。他、海外のクリイティブイベントのプロデュースやインタビューを通して才能の発掘や、業界の意識改革に貢献する。2018年は Motion Plus Design(パリ)のTokyo meet up総合司会や、ILMのDoug Chiangを迎えたTHU(ポルトガル)の東京ギャザリングをプロデュース。
柏原一仁
日本大学芸術学部写真学科卒、銀一株式会社海外商品部勤務。 銀一が世界中から輸入する写真・映像用品ブランドのマーケティング担当。静止画・動画・音声と様々な技術に翻弄される日々。好きな食べ物はからあげ。
曽我浩太郎
未来予報株式会社 代表取締役・プロジェクトデザイナー。新ビジネスに特化したリサーチ・コンセプトデザイン・コンサルティングを専門に行う。SXSW LLC.公式コンサルタント。著書『10年後の働き方「こんな仕事、聞いたことない!」からイノベーションの予兆をつかむ』が好評発売中。
井上晃
映像制作会社「有限会社マキシメデイア」代表、制作プロデューサー&キャメラマン。Facebookグループ「ATEM Tech Labo」、「Grass Valley EDIUS ユーザーグループ」を主催して、ATEMやEDIUSの布教に、日々勤しんでおるでよ。
石多未知行
クリエイティブディレクター、映像クリエイター、空間演出家。PMAJ代表、東京芸大 非常勤講師。空間演出やプロジェクションマッピングを中心に様々なメディアを使った企画演出を手掛ける。
奥本宏幸
大阪を拠点にしているフリーランスの映像ディレクター。演出・編集・モーショングラフィックをバランス良くこなす。フィンランドサウナが好きです。のびしろラボ管理人。
小林譲
イギリスにて大学卒業後、現地の会社にて映像編集を学ぶ。2006年に帰国。大手ポスプロIMAGICAにてテレビ番組を中心に日本のキャリアをスタート。後にドラマ、音楽系、CM系へと活躍の幅を広げる。2017年に独立。オフラインからアートデザインまで、作品の全体パッケージを監修することも多い。
染瀬直人
写真家、映像作家、360°VRコンテンツ・クリエイター。日本大学芸術学部写真学科卒。勉強会「VR未来塾」を主宰し、360°VR動画のセミナー、ワークショップなどを開催。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
駿河由知
中央区築地出身。マルチカメラ収録&配信ユニット「LiveNinja」メンバー。2006年より株式会社スタートライン設立。外務省、国連機関、国際NGOなどの国際会議やシンポジウム、企業イベントなどのライブ配信を担当
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、短編時代劇の自主映画制作を経て、現在は、映像を通じて人と人をつなぐことをテーマに様々な映像制作に取り組んでいる
河尻亨一
1974年大阪生まれ。雑誌「広告批評」を経て現在は実験型の編集レーベル「銀河ライター」を主宰、企業コンテンツの企画制作なども行う。デザイナー石岡瑛子の伝記「TIMELESS」(http://eiko-timeless.com/)をウェブ連載中。
茂出木謙太郎
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
小池拓
(有)PST 代表取締役。1994年より Avid、Autodesk、Apple、Adobeなどの映像系ソフトのデモ、トレーニンングを行っている。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
林永子
2005年よりサロンイベント「スナック永子」を開催。通称「永子ママ」
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > 山本加奈 > [モノレゾ〜モノつくりの解像度〜]Vol.02 映画「来る」が出来るまで〜岡村良憲撮影監督に聞く