PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > 西村真里子 > [ReportNow!]“東のSXSW”『Something in the Water』が圧倒的に成功した理由とは?

News

[ReportNow!]“東のSXSW”『Something in the Water』が圧倒的に成功した理由とは?

2019-05-03 掲載

『Something in the Water』主催ファレル・ウィリアムズ(左から2番目)

ヴァージニア・ビーチで起きた新しい出来事

2019年4月末、米国東海岸ヴァージニア・ビーチで開催された新しいイベントに参加してきた。ミュージシャン、プロデューサー、起業家として活躍するファレル・ウィリアムズが地元ヴァージアで東海岸版SXSWを起こすと発言していた『Something in the Water』だ。

今年の2月、SXSW2019に参加するかどうか、悩んでいた私のところにこんなメディア・ニュースが飛び込んできた。まずは、これを見て欲しい。

▶︎Pharrell wants ‘Something in the Water’ to be the East Coast version of SXSW

昨今は多く日本人や日本メディアも訪れるSXSWなのであえて自分で足を運ばなくても状況は掴めるだろうと考え、今年は初開催の『Something in the Water(SITW)』に参加することにした。しかし2月末の段階ではほとんど情報はなく、あるのは一枚ペラのウェブサイトとインスタグラムのイベント公式アカウントのみ。

「4月26日、27日、28日にヴァージニア・ビーチで開催するよ!チケットなど詳細は少し待ってね」という状態で、とりあえずインスタグラムをフォローし、Google Alartで「Something in the Water」「Pharrell Williams」を登録して新しい情報が入り次第チケットを入手しようと考えた。そして、ホテルも念の為予約をしておいた。

そこから一週間程経ちチケット販売開始が米国東部標準時間3月8日正午だとアナウンスされた。日本時間だと3月9日2:00am。夜中に起きてVIPチケットをゲットした。ラッキーなことに5分ほどでVIPチケットは完売。

その後一般チケットもすぐに完売したのでまだ見ぬイベントだが期待の大きさをチケット売り切れ状況からも判断できた。

念の為と予約したホテルも後から考えると大正解、近隣ホテルは軒並み満室で会場から車で1時間以上かかるホテルに泊まった人も多かったという。後日談では、そんな遠方宿泊の方向けのシャトルバスをファレル・ウィリアムズ自らが手配したとも聞く。ファレル・ウィリアムズが立ち上げたこのイベントの特徴をいくつかまとめてみる。

・「これは単なる音楽イベントではない、コミュニティ・イベントだ」ファレル・ウィリアムズのポジティブなホスピタリティーがあらゆる苦難を乗り切る

・JAY-Z、Snoop Dogg、Travis Scott、Chris Brown、KAWS、Virgil Ablohなど42組のセレブリティー・アーティストに加え、ソニー、アディダス、ティンバーランドなど18企業が参加

新しいカタチのイベントがそこには存在した

ファレル・ウィリアムズのミュージシャン仲間のステージやカンファレンス登壇が多かったが「これは単なる音楽イベントではない、コミュニティ・イベントだ」とファレルは言い続けた。それは彼の生まれ故郷ヴァージニアがギネス登録された世界一長い海岸とその歩道(ストリート)以外には、若者がインスピレーションを得る場所がないことを課題と感じていたからだ。

さらにはここ数年、毎年4月末に開催される「カレッジ・ビーチ・ウィークエンド」では暴力事件も頻発してきていた。この状況に「何か新しいものを(Something new)」を起こさなければいけないと考えて2018年秋からファレル・ウィリアムズは『Something in the Water』を企画し始めた。

若者にヴァージニアに誇りをもってもらいつつ、コミュニティを意識し、新たなインスピレーションを得てもらうことを考えたのだ。ファレルはイベント期間中ずっと主語を「We(私達)」と言い続け、これは参加者一人ひとりのものであるという意識付けを行っていた。

ステージではJAY-ZやTravis Scottなど一流アーティストの演奏が行われる一方、カンファレンス(「More Than The Music」)ではヴァージニアの若者に向けて起業するためのティップス、テクノロジー&投資家コミュニティーとのネットワークの作り方、ダイバーシティーについてなどが語られており、どうしたらヴァージニアの学生たちが社会に出た時に輝けるようになるのか?

積極的に来場者も交えてディスカッションをしていた。私からすると「SXSWで語られている内容に近いな」と思ったのだが、地元の学生達には、千載一遇のチャンス。

いままでにない情報がトップアーティスト、ビジネスマンから聞けるので目を輝かしながら積極的に質問をするし、ファレル・ウィリアムズが登壇するセッションにはJAY-Zやマドンナなどの楽曲も手がける音楽プロデューサーTimbalandも登壇していたため、FAQのマイクが渡ると自分の歌を披露し、是非プロデュースして欲しいと自分の作品USBを手渡して売り込む学生もいたぐらいだ(会場は一種のカラオケ大会的になったのだが、ファレル・ウィリアムズはこの「アメリカン・アイドル」風企画を来年は公式に採用しようともステージ上で語っていた)。

新しい波に賛同した18の企業。SONYの場合

アーティストKAWSの巨大な『HOLIDAY』もビーチに出現した

さて、このような新たな挑戦に乗った18社の企業の貢献にも目を向けたい。たとえファレル・ウィリアムズが著名人であったとしても初開催のイベントを応援する際には少し様子見をするものかと思いきや、各企業は『Something in the Water』の企画趣旨を理解し、コミュニティ・イベントとして相応しい出展をしていた。

ウォルマートはコミュニティ・ランチとして昼ごはんを振る舞い、アディダスはバスケットボールやダンスのワークショップにより新たなスター誕生を応援していた。そしてソニーは本体イベントのチケットを持たなくてもライブや音楽体験が楽しめるブースを出展していた。各企業とも様々な工夫があるだろうが、参加クリエイターの声を取材できたので、ここからはソニーの挑戦にフォーカスしたい。

ソニーのブース。ステージ写真奥に見える『360 RA Experience Dome』ではライゾマティクスリサーチやCEKAI、Sagar Patelが映像制作を行った

ソニーの出展ブースはメイン会場から歩いて10分程、ヴァージニアビーチの中心的な19th Streetの一角に構えられていた。ステージと後ほど詳しく述べる360度サウンド体験ができるドーム『360 RA Experience Dome』が遠くからでも目に入ってくる。

実は初日は嵐のためイベント本体のメインステージは全部中止になってしまい、イベント目当てに来た方々が行き場を失っていたのだが、ソニーは嵐に負けずに(正しくは雨が一時的にあがったタイミングで)ブースを一般開放しメインステージに行けなかった方々にライブやドーム体験を楽しんでもらった。

結果、翌日のメディアで「Sony Saves Us!!(ソニーが行き場を失ったみんなを救ってくれた!)」と伝えられており初日からポジティブな反応を得ていた。aiboも出展していた。私からすると「あ、またaiboがいる」と思ってしまったのだが、よくよく考えてみるとここはヴァージニア・ビーチで、aiboに初めて触れる人たちが圧倒的に多い場所だ。そしてヴァージニアは犬を大事にする市であるので、aiboは多くの人から受け入れられていた(よかったね、aibo)。

さて、今回のソニーブースではトップクラスのビジュアル・クリエイター達が参加していた。ライゾマティクスリサーチ(真鍋⼤度・計良風太・上條慎太郎)、CEKAI(中⽥拓馬・千合洋輔)、Sagar Patelらである。今年1月のラスベガスCESでも発表されていたソニーの360 Reality Audioの360度の音源ファイルを元に「音をビジュアライズ」してドーム体験を増幅させていたのだ。

ライゾマティクスリサーチの真鍋大度は語る

ドーム型の体験はコーチェラやソナーなどの音楽フェスでも増えてきています。ただ、360度サウンドは慣れていない人には分かりづらいのです。

普通のスピーカーと何が違うのか?分かりづらい。ですので今回ファレル・ウィリアムズ率いるN.E.R.D & Rhiannaの『Lemon』をビジュアル化する際に、ファレルやリアーナの声が聞こえてくる場所からリリックをテキストで表示するビジュアルを心がけました。そうすることによって来場者にもわかりやすく360度サウンドの魅力を伝えられるので。

ただ、360度サウンドは耳・体で体験するものなのでオススメは一回目は目で追いながら仕組みを理解し、二回目以降は目を閉じて音を感じると迫力が味わえます。

『360 RA Experience Dome』でファレル・ウィリアムズの『Lemon』ビジュアル演出を手がけたライゾマティクスリサーチ真鍋大度(右)・計良風太(左)

コーディング&ビジュアライズを手がけたライゾマティクスリサーチの計良風太の感想はこうだ。

今回ソニーから提供された360度音源ファイルをopenFrameworksで取り込んで、ボーカル、ドラム、ベースなどの音源情報を映像化するため空間にマッピングしました。まだ360度音源ファイルのプラグインが無いのですが、今回の制作に当たっては360度音源ファイル自体が一般的なデータ形式(XML形式)で提供されたので、扱いやすかったです。

ソニーが開発した「360 Reality Audio」制作ツールを使用して、ファレル・ウィリアムズのサウンド・エンジニアがミックスした『Lemon』音源マッピング・ファイルを元にライゾマティクスリサーチが『360 RA Dome Experience』型視聴映像を制作する際のアプリ

今回は全部で10曲、ドーム内で体験できたのだがファレル・ウィリアムズ『Yellow Light』、The Chainsmokers『This Feeling』などの4曲のビジュアライズを手がけたCEKAIの中田拓馬は今回の挑戦についてどう感じていたのだろうか?

今回はリアルタイムで全て処理することにこだわりました。いろいろと状況がかなり切迫していたので、短納期で4Kx4Kのドーム映像をスクラッチから作るとなると、ポスプロ的な作業方法よりもリアルタイム処理してそれを画面収録するVJ的な作業フローが理想的だと考えました。

今回ソニーの独自のソフトのデータを、unityやvvvvで扱うためのプラグイン制作をカナダ人リアルタイムグラフィクスアーティストのSagar Patelが作ってくれてて、常にリアルタイムで楽曲に反応する映像と、オブジェが動く様が見れる状態で制作しました。

ドームに投影されたシチュエーションもリアルタイムに描画可能にシステム構築し、自分がこの場所にいたらこういう映像みたい、ということを常に意識しながら作りました。また、CEKAIのメンバーである映像作家の千合洋輔にドームの形状にあわせたグニャっとしたグラデーションのプリレンダー映像も作ってもらい来場者が音と映像と自分のリアルタイム処理グラフィックを楽しんでもらうようにこだわりました。

カナダ人リアルタイムグラフィクスアーティストのSagar Patelはファレル・ウィリアムズ『Happy』他5曲のビジュアライズを手がけた。ビジュアルエディター向けのプラグインも作り、カラースキームのチェックなども行うのが大変だったが360 Reality Audioの可能性を高く評価し、今後クラブなどでも360度サウンドを取り入れて普及していくのではないかと述べた。

『360 RA Experience Dome』でファレル・ウィリアムズの『Happy』他5曲のビジュアル演出を手がけたリアルタイム・グラフィックス・アーティストのSagar Patel

来場者も「非常にイマーシブ(没入感ある)な体験だ」と360度ドーム体験を喜び、歌い出し、踊り出す人も居たほどである。

再びライゾマティクスリサーチ真鍋大度にドームのような体験が増えてきているトレンドについて意見をもらった。

『エクスペリエンス(体験)』の価値が高まっています。この360度ドームも実際に体験してみないと凄さがわからない。では、どのようにお客様に参加してもらうように設計するのか?が重要になってきています。また、最近のフェスでは来場者の行動データを取ることも注目されていて、お客様がどうしたら気持ちよく回遊してくれるか、そのおもてなし設計も大切になってきています。よって今まで以上にテクノロジーを扱えるクリエイターの需要が高まっています。テクノロジーを扱う我々のような立場からすると、実践の場所が得られるのでテクノロジーとフェスの需要と共有がマッチしてきている印象を受けます。

誰もが幸せに包まれた

「エクスペリエンス(体験)」を大切にクリエイターやファレル・ウィリアムズ主催側が丁寧に心がけたことにより『Something in the Water』は、とても満足度高いイベントとなった。

それは私個人の意見だけではなく、会場で出会った人はもちろん、UBER運転手でさえも「こんなに丁寧な配慮が行き届いたイベントは今まで無かった!」と述べていた。ファレル・ウィリアムズはソニーなどの企業だけではなく、行政・警察・消防もうまく巻き込み街全体で「We(私達)」を感じながらイベントを3日間終了させたのである。

イベント終了から数日後、ファレル・ウィリアムズからメールが届いた。そこにはこのように書かれていた。(一部意訳あり)

「WE(私達)が成し遂げたこと」を一緒に世界に示してくれてありがとう。

私は今回のイベント期間中、一人称を「WE, US(私達)」にするよう努めてきました。

この「WE」にはコミュニティ、アーティスト、行政、警察、消防署、参加してくれた企業・ブランド、スケーターショップ(注:ヴァージニア・ビーチ周辺にはスケーターとサーファーの店が多かった)、コーヒーショップ、誰かが失くした財布や鍵を届けてくれた人、誰かのために食べ物を買った人、部屋や車・自転車・アイディアをシェアしてくれた人、握手してくれた人、日曜日の礼拝(注:”ポップアップ・教会”が砂浜に出現しました)に参加してくれた人が含まれます。

私はあなた達の多くがまだイベントのリストバンドをつけているのを知っています、そしてその理由を理解しています。 それはあなたが『Something in the Water』の熱狂を忘れたくないと思っているからです。でも、心配しないでください。 その気持ちはあなたの中にあります。このヴァージニアでの体験をあなたの家、仕事、友情などに持ち込んでみてください。ここで得たインスピレーションを忘れずに、続けていきましょう。

See you soon. Two up two down(注:ヴァージニア VAのハンドサイン).

ファレル・ウィリアムズ

徹底した「WE」で体験の3日間

私は初めてヴァージニアに行ったのにこの3日間+のファレル・ウィリアムズと『Something in the Water』を取り巻く人々の熱狂でいつのまにか「WE」に取り込まれていた。イベント会場で知り合った現地の若者からも「一緒にプロジェクトがしたい」と連絡をもらっている。

「ホリスティック・ホールネス(全体的、総合的)」なアプローチが重要になりつつある昨今、文献を読んだりしても頭でしか理解できてなかったことが心から感じられた。ファレル・ウィリアムズが示したのは徹底した「WE」を貫く姿勢こそが人々を巻きこむということだ。誰かの利権ではない、みんなの喜びを考える大切さを私の心が学んだ体験だった。

Two up two down(注:ヴァージニア VAのハンドサイン)を披露するファレル・ウィリアムズ

WRITER PROFILE

西村真里子 株式会社HEART CATCH代表取締役。国際基督教大学卒。2014年株式会社HEART CATCH設立。ビジネス・クリエイティブ・テクノロジーをつなぐ“分野を越境するプロデューサー”として自社、スタートアップ、企業、官公庁プロジェクトを生み出している。


[ Writer : 西村真里子 ]
[ DATE : 2019-05-03 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

[Report Now!]岡 英史の見た第4回 関西放送機器展~新製品も多数登場した関西からお届けやで~!

txt:岡英史 構成:編集部 大阪での放送機器展 今年で4回目の開催となる関西放送機器展 関西放送機器展(以下:KBEE)が開催されるまでは、関西地区で目... 続きを読む

[Report NOW!]テニス全仏オープンで感じた8K・5G映像配信と視聴の可能性

txt・構成:編集部 テニス4大大会の全仏オープンが今年も開幕 テニス4大大会の1つである全仏オープン。2019年もパリ市内にあるローラン・ギャロスにて、5月26日から... 続きを読む

[DSJ2019]Vol.01 基調講演~5G時代に向けたOOHメディアのデジタルトランスフォーメーション

txt:江口靖二 構成:編集部 国内最大となるデジタルサイネージの祭典開催 今年で12回目の開催となる、国内最大のデジタルサイネージの展示会「DSJ2019(デジタルサ... 続きを読む

[Report NOW!]アストロデザインPrivate Show 2019を開催~8K映像技術を主軸とした多分野な技術を展示

txt:稲田出 構成:編集部 8K技術をリードするアストロデザインプライベートショーが今年も開催! 4K/8Kをリードするアストロデザインは、6月13日、14日の2日間... 続きを読む

[Report Now!]NHK技研公開2019~高精細VR映像やARを活用したテレビ視聴スタイルなど、従来のテレビのワクを越えた視聴サービスを実現する技術を公開

txt:稲田出 構成:編集部 今年もこの季節がやってきた。NHK技研公開が開催! NHKは5月30日~6月2日の4日間、「ワクからはみ出せ、未来のメディア」をテ... 続きを読む

WRITER PROFILE

西村真里子 株式会社HEART CATCH代表取締役。国際基督教大学卒。2014年株式会社HEART CATCH設立。ビジネス・クリエイティブ・テクノロジーをつなぐ“分野を越境するプロデューサー”として自社、スタートアップ、企業、官公庁プロジェクトを生み出している。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
栁下隆之
写真家アシスタント、現像所勤務を経て、撮影機材全般を扱う輸入販売代理店で17年余り勤務の後に、撮影業界に転身。一眼カメラによる撮影を得意し、代理店時代に手がけたSteadicamや、スタビライザー系の撮影が大好物。
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
鈴木佑介
日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。 専門分野は「人を描く」事 。 広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。 セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
宏哉
タイムコード・ラボ代表。Next-Zero.com管理人。バラエティーから報道や空撮まで幅広い番組撮影をこなすTVカメラマンであり、ダンスイベントからe-ラーニング収録まで請け負う街のビデオ屋さん。2017年度の振り幅はイージス艦CICから幼稚園のおゆうぎ会。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
荒木泰晴
東京綜合写真専門学校報道写真科卒業後、日本シネセル株式会社撮影部に入社。1983年につくば国際科学技術博覧会のためにプロデューサー就任。以来、大型特殊映像の制作に従事。現在、バンリ映像代表、16mmフィルムトライアルルーム代表。フィルム映画撮影機材を動態保存し、アマチュアに16mmフィルム撮影を無償で教えている。
高信行秀
ターミガンデザインズ代表。メーカーや代理店などの依頼でトレーニングや技術解説、マニュアルなどのドキュメント作成など、テクニカルに関しての裏方を務める。知られていない製品の魅力を伝えることが好きで、色々と仕掛けることを趣味にする。
小島真也
写真家、撮影監督。赤坂スタジオを経て、篠山紀信氏に師事。1990年に独立後は雑誌、広告界にて人物、ドキュメンタリーを中心に写真家活動。動画へのきっかけはFinal Cut Studio 5.1を導入し映像編集を始めたこと。商業映画や自主映画では撮影監督として撮影・照明・カラーグレーディングを担当し、TVドラマでは撮影部として参加。
ダストマン
ド田舎暮らしの映像屋。本業はフリーのオンラインエディター、CM多め。趣味で色んな映像の作り方の YouTube【ダストマンTips】を配信している。
西村真里子
株式会社HEART CATCH代表取締役。国際基督教大学卒。2014年株式会社HEART CATCH設立。ビジネス・クリエイティブ・テクノロジーをつなぐ“分野を越境するプロデューサー”として自社、スタートアップ、企業、官公庁プロジェクトを生み出している。
長谷川朋子
テレビ業界ジャーナリスト、コラムニスト コンテンツビジネスの仕組みについて独自の視点で解説した執筆記事多数。最も得意とする分野は海外流通事情。カンヌのTV見本市MIP現地取材を約10年にわたって重ね、この分野におけるオーソリティとして活動中。
照山明
株式会社ガイプロモーション代表。企業VP制作や撮影業務に力を入れつつ、自社Facebookページでは不定期にコアな映像ネタを発信中。
山下大輔
フリーランスの映像講師。Adobe Community Evangelist。アドビ製品でビデオ編集をどのようにやっていくか日々模索中。FacebookではAfter Effects User Groupの管理人として勉強会なども随時行なっている。
山本加奈
山本加奈 KANA YAMAMOTO デジタル・フィルム・フェスティバルRESFESTのディレクターを経てウェブマガジンwhite-screen.jpの編集長を務める。2017年11月より映像表現カルチャーを紹介するNEWREELを創設。伊藤ガビン氏とともに編集長を務める。他、海外のクリイティブイベントのプロデュースやインタビューを通して才能の発掘や、業界の意識改革に貢献する。2018年は Motion Plus Design(パリ)のTokyo meet up総合司会や、ILMのDoug Chiangを迎えたTHU(ポルトガル)の東京ギャザリングをプロデュース。
柏原一仁
日本大学芸術学部写真学科卒、銀一株式会社海外商品部勤務。 銀一が世界中から輸入する写真・映像用品ブランドのマーケティング担当。静止画・動画・音声と様々な技術に翻弄される日々。好きな食べ物はからあげ。
曽我浩太郎
未来予報株式会社 代表取締役・プロジェクトデザイナー。新ビジネスに特化したリサーチ・コンセプトデザイン・コンサルティングを専門に行う。SXSW LLC.公式コンサルタント。著書『10年後の働き方「こんな仕事、聞いたことない!」からイノベーションの予兆をつかむ』が好評発売中。
井上晃
映像制作会社「有限会社マキシメデイア」代表、制作プロデューサー&キャメラマン。Facebookグループ「ATEM Tech Labo」、「Grass Valley EDIUS ユーザーグループ」を主催して、ATEMやEDIUSの布教に、日々勤しんでおるでよ。
石多未知行
クリエイティブディレクター、映像クリエイター、空間演出家。PMAJ代表、東京芸大 非常勤講師。空間演出やプロジェクションマッピングを中心に様々なメディアを使った企画演出を手掛ける。
奥本宏幸
大阪を拠点にしているフリーランスの映像ディレクター。演出・編集・モーショングラフィックをバランス良くこなす。フィンランドサウナが好きです。のびしろラボ管理人。
小林譲
イギリスにて大学卒業後、現地の会社にて映像編集を学ぶ。2006年に帰国。大手ポスプロIMAGICAにてテレビ番組を中心に日本のキャリアをスタート。後にドラマ、音楽系、CM系へと活躍の幅を広げる。2017年に独立。オフラインからアートデザインまで、作品の全体パッケージを監修することも多い。
染瀬直人
写真家、映像作家、360°VRコンテンツ・クリエイター。日本大学芸術学部写真学科卒。勉強会「VR未来塾」を主宰し、360°VR動画のセミナー、ワークショップなどを開催。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
駿河由知
中央区築地出身。マルチカメラ収録&配信ユニット「LiveNinja」メンバー。2006年より株式会社スタートライン設立。外務省、国連機関、国際NGOなどの国際会議やシンポジウム、企業イベントなどのライブ配信を担当
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、短編時代劇の自主映画制作を経て、現在は、映像を通じて人と人をつなぐことをテーマに様々な映像制作に取り組んでいる
河尻亨一
1974年大阪生まれ。雑誌「広告批評」を経て現在は実験型の編集レーベル「銀河ライター」を主宰、企業コンテンツの企画制作なども行う。デザイナー石岡瑛子の伝記「TIMELESS」(http://eiko-timeless.com/)をウェブ連載中。
茂出木謙太郎
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
小池拓
(有)PST 代表取締役。1994年より Avid、Autodesk、Apple、Adobeなどの映像系ソフトのデモ、トレーニンングを行っている。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
林永子
映像制作会社勤務を経て、2002年よりMVライターとして独立。映像サロン『スナック永子』主催。日本初監督別MVストリーミングサイト『TOKYO VIDEO MAGAZINE VIS』の編集長。2016年初エッセイ集『女の解体』を上梓。
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > 西村真里子 > [ReportNow!]“東のSXSW”『Something in the Water』が圧倒的に成功した理由とは?