PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > 手塚一佳 > [オタク社長の世界映像紀行]Vol.57 ライカカメラ社 光学開発部門 部門長 ピーター・カルベ氏にLマウントのライカSLレンズについて聞く!

News

[オタク社長の世界映像紀行]Vol.57 ライカカメラ社 光学開発部門 部門長 ピーター・カルベ氏にLマウントのライカSLレンズについて聞く!

2019-10-30 掲載

txt:手塚一佳 構成:編集部

迫る光学解像度の限界 ちょっと長い前置き

フルサイズセンサーRAW時代に突入した2019年秋、その激動の中心地とも言えるLマウントアライアンスの盛り上がりは大変なものとなっている。

Lマウントアライアンスとは、改めて説明するまでもなくライカカメラ社のLeica SLを中心としたフルサイズ及びAPC-C向けのマウントシステム「ライカLマウント」を採用したメーカーアライアンスのことで、現在は、盟主のライカカメラ、Panasonic、そしてSIGMAがそれぞれの独自性を生かした個性的なカメラ群をリリースし続けているので、このアライアンスを知らないという読者は少数派だろう。

Lマウントアライアンスは、フルサイズセンサー時代のスタンダードの一角を取りつつある、と言える。

さて、ではなぜ今フルサイズなのだろうか?この答えは簡単で、今までのAPS-Cやスーパー35mmを中心としたセンサーサイズではその発展が物理的限界に達しつつあるからだ。

いくつかの物理的な限界が迫りつつあるが、中でもレーリー限界と呼ばれる光学的回析限界は差し迫っていると言われており、旧来のF5.6を基準とした絞り値の場合では3.7μmの線間隔(268本/mm)が理想値最大の分解能となる。そこからAPS-Cやスーパー35mmで2600万画素程度、フルサイズで6000万画素程度が光学的限界であり、同じ絞りである限り、これ以上画素数を増やしてもセンサーで受光できる画像的にはさほどの差が無い、ということになっている。

しかし高解像度への更なる要求は強く、ついにフルサイズセンサー搭載機にも8Kを意識して9000万画素を超えるセンサーを搭載したものも出始め、光学的限界の突破方法の模索が各社で始まっている。

こうなると問題となるのは今度はレンズの側である。本体性能に比べ、従来の銀塩向きをベースとした80本/mmをレンズ中央部分の最高品位とし、周辺部をその半分の40本/mm程度とした旧来のハイエンドレンズ群では明らかに解像度が足りない。2019年、8Kを前にして、ついにデジタルがその解像度で銀塩を追い抜いたとも言える。新時代のデジタルカメラ向け、超高解像度レンズが必須となってきたのだ。

ライカカメラ社 光学開発部門 部門長ピーター・カルベ氏(Photo Edge Tokyo 2019会場にて)

この激しい状況の中、ライカカメラ社の光学開発部門 部門長 ピーター・カルベ氏が来日された。同氏は、新しくリリースされつつある同社Lマウントプライムレンズの開発に関わっており、レンズ開発の第一人者である。

このLマウントプライムレンズシリーズはアイリスやフォーカスこそ自動制御のスチル向けプライムレンズ群であるものの、全て同寸の筐体に収められているため動画での使い勝手が良く、そのままシネマレンズに似た使い方が出来る動画にも適したレンズであるので、読者諸賢にもなじみ深いレンズではないだろうか。

本稿においては、同氏のインタビューを取る事に成功したので、是非、ご一読頂ければ幸いだ。

新しい7本のSLプライムレンズ群

――それではまず、ライカカメラ社の新しいLマウント用SLプライムレンズ群の特徴などお聞かせください

ライカの新しいSLプライムレンズ群は、素晴らしい奥行き感のあるコントラストと、Dual Syncro Driveを採用した素早いオートフォーカス、それでありながら触った瞬間にマニュアルフォーカスに切り替わる磁極反転式フォーカスリングなど、いくつかの素晴らしい性能を揃えています。

7本の同じ大きさの筐体に入ったプライムレンズ群のリリースを予定しており、現在は、35mm、50mm、75mm、90mmのいずれも開放値F2の“APO Summicron SL”シリーズ4本をリリース済みです。いずれもAPOの名を冠していて、その名の通り色収差を押さえるための特殊低分散ガラスレンズ(APOレンズ)なども採用しています。

新しい7本のSLプライムレンズ群は同じサイズの筐体を使っている(Photo Edge Tokyo 2019会場にて)
――動画屋としては7本とも同じ筐体に入っているというのがRIG構成などで扱いやすそうで大変魅力的なのですが、これは動画を意識したものでしょうか?

もちろん、アイディアとしては映画向けプライムレンズ群を意識しなかったかと言えば嘘になります。しかしメインの目的としては、あくまでも比較的低コストに世界最高性能のスチル向けレンズ群をリリースすることにあり、その為に筐体を共通化しました。とはいえもちろん、動画ユーザーの方にも便利に使っていただけるとは思います。

――コストダウンのためとは!意外です

動画用、と言い切るにはギアも特に巻いてませんしね(笑)。更なる効率化のため7本を遠、中、広角の3つのグループに分けて開発を行いました。7本とも最短撮影距離は1:5にしてあり、もちろん画質も全てのレンズで同じ色合いになるように揃えてあるため、いずれのレンズを使っても直感的に同じ感覚で使えるように工夫してあります。一切ゴーストやレンズフレアを出さず、動画に大敵のブリージングも極力抑えてありますので、動画ユーザーの方にも気持ちよく使って貰えるかと思います。

――おお、ゴーストやレンズフレアがない、とは言いきりましたね

ライカのレンズはシネマレンズの検査方法とは異なり、独自の検査をして居ます。そのため内部機械類やマウントとの干渉すらほとんどないんですよ。通常のシネマレンズであれば、レンズからチャートを投影してその性能を測ります、しかしライカの場合には、これを本当に強烈な光を1mほど先のスクリーンに投射することで、ありとあらゆる欠点を映写し、修正しています。

この修正は光学系を組んだだけでは終わらず、製品と同じ構造の機械類を入れた状態でもこの強い光での投射テストをしていて、実際のユーザーが購入する実機でもそうした干渉が一切ないように工夫をされています。

――光学系だけでなく、製品版と同じ状況でもテストしているというのはすごいですね

ライカのレンズは、設計段階から組み立てやすさを考慮していて、製品ごとのばらつきが非常に少ないことを工夫しています。ユーザーがどこかの街の店頭で手に取ったその一本が、必ず最高の性能を持つ一本です。

――なるほど、ではいわゆる広報機(宣伝用に特別に性能を高めた機体)というような特別な1台は…

ライカではそうしたものは存在していません。プロトタイプ最終版も、広報用も、全てがユーザーが店頭で手にしたレンズと全く同じ性能です。

――確かに、私が取材でカメラやレンズを少々お借りしたときも、ひょいと商品展示棚の1台を掴んでそのまま貸して頂いたことがありました。あれには驚きましたが、そういうことだったんですね

繰り返しですが、ユーザーの手にしたその一本のライカレンズが最高性能の一本なんです。

7本の新しいAPO Summicron SLシリーズの内部構造。3つのプラットフォームグループで作られている(Photo Edge Tokyo 2019会場にて)

ライカカメラ社の求める解像度

――ところで、昨今問題になっているのは、8K化、100メガピクセル化で、レンズの光学解像度がセンサー性能に追いついていない、という現象についてなのですが…

それは線数のことでしょうか?それでしたら、我々はすでに100メガピクセルレディ(準備済み)である、という事が言えます。確かに高解像度化に伴う必要光学分解能は年々高まっています。24メガピクセルであれば中央値で83本/mmですから実用外周値で40本/mm程度だったものが、現行の60MPで132本/mm実用外周値で60本/mm、さらに100メガピクセルともなれば、これが172本/mm実用外周値で80本/mmもの光学性能を要求されることになります。しかし、今回のSLプライムレンズ群であればこれは既にクリアしています。

センサー解像度と必要光学解像度の表。100メガピクセルには従来とは比較にならない性能のレンズが必要だ(Photo Edge Tokyo 2019会場にて)
――あー、ですがF5.6を標準として考えると、仰るような高性能レンズであっても既にレーリー限界が迫っていまして、そのクリア方法をライカカメラ社ではどうお考えなのかと

ああ!やっとあなたの言いたいことがわかりました!つまり、あなたはレンズを絞って使ってるんですね。それはいけません。我々のレンズは、是非開放で使ってください。

――しかしレンズはいずれもF5.6が最高性能になるように設計されていて…?あれ?

それは、戦前の第1世代や、戦直後の第2世代レンズの話ですね。今のライカレンズは、開放から最高性能を出せる設計となっています。

今回のF2.0でリリースされているSLプライムレンズ群であれば、あくまでもF2.0が標準です。安心して絞りを開いて使ってください。もちろん、ボケの問題もあるとは思いますが、その許される範囲でなるべく開く様にして頂けると、レンズの本来の性能を発揮して頂けると思います。実際、私は“なんで開放値で使わないの?”と書いたTシャツを着て、開放値で使うように呼びかけているんですよ(笑)。

――おお、Tシャツですか(笑)。仰るとおり、基準となるF値を下げればフルサイズでの光学解像度にはまだまだ余裕がありますね。もちろん他社さんがやられているような中判化はまたそれはそれで別の解決策ですが

もちろん弊社にもLeica S3向けレンズなど中判のラインナップはありますが、8Kや100メガピクセル程度であればライカレンズでは全く問題なくフルサイズの範疇だと思います。

――なるほど。で、実際にはLマウントシステムの現状最高性能は47.3メガピクセルですから?

まだまだ新型カメラが次々に現れたとしてもこの7本のSLプライムレンズ群には余裕があります。なにしろ100メガピクセルレディですから。

ライカ アポ・ズミクロンSL f2/35mm ASPH.は世界最高のフルサイズ向けレンズ

――実際、今回のF2.0のSLプライムレンズ群での光学性能はどのような感じなのでしょうか?

現状で既に100メガピクセルに十分に対応可能な性能である、という事が言えます。中央値ではAPO Summicron SL F2/50mmで175本/mmを超えており、APO Summicron SL F2/35mmにおいては210本/mm以上の解像度を誇っています。周辺部においても充分に100メガピクセルレディです。解像度が最も落ちる、レンズ中央から18mmの外周部においても、APO Summicron SL F2/50mmで74本/mm、APO Summicron SL F2/35mmに至っては90本/mmを維持しています。100メガピクセルの実用周辺解像度は周辺値で74本/mmですから、これは必要充分な数字です。

APO Summicron SL F2シリーズ。共に100メガピクセルレディの優れたレンズだ
――ちなみに、いじわるな質問ですが、この7本のレンズの中からカルベさんの最高の一本を選ぶとすると?

どれも素晴らしいレンズですよ?(笑)でも敢えて一本を選ぶとすると、やはり、APO Summicron SL F2/35mmでしょうね。これは、本当に世界最高性能の35mmです。周辺部まで高い光学解像度を誇り、また、歪みなども一切ありません。最高の色味を忠実に表現します。世界ナンバーワンをユーザーのお手元にお届けできるのは本当に嬉しいことです。

――APO Summicron SL F2/35mmですか!確かにあのレンズは触らせて貰いましたが、本当に驚くような描写力でした。人間の目よりも美しい描写力を持つレンズはたまにありますが、そうしたレンズのうちの一本だと思います

なにしろ、この7本を揃えた大きめの筐体には余裕がありましたからね。最高の性能を思う存分に入れることが出来ました。光学性能で優れているだけでなく、電子的にも最新のものですし、オートフォーカスも早いです。是非、お手元で使っていただければと思います。

――本日はお忙しい中、ありがとうございました!
APO Summicron SL F2/50mm、35mmのMTF表をみれば、驚くばかりだ(Photo Edge Tokyo 2019会場にて)

8K、その先の100メガピクセルの世界に向けて

さて、このようにしてピーター・カルベ氏のインタビューからは多くの収穫があった。中でも、繰り返しこの新しいSLプライムレンズシリーズが100メガピクセルレディである事を示していたのは、今後の機材投資を考えると、かなり考慮できる内容ではないだろうか?

今回は100メガピクセル時代の迫るスチルレンズの取材であったが、動画の世界に置いても8K時代を目の前にしていよいよ高精細化が進み、光学的限界の到来は近いと考えられている。

しかし、今回のライカカメラ社のように、F2.0等の明るい絞りを基準とすれば、その理想レンズ環境での線間隔は1.34μmの線間隔(745本/mm)となり、レーリー限界などの光学的限界まではまだまだ充分に余裕がある。

もう一つの光学的限界の解決策は中判化だが、こちらはシステム全体が巨大化し、可搬性が落ちるために折角のハンディスチルスタイルの利点が少々失われることになる。また、中判システム向けに新しいレンズを買い直すのも大変なコストだ。その点、フルサイズなら、この数十年分の無数のレンズがその選択肢となる。

もはや当たり前となったスチルスタイルのムービー撮影。その未来に向けた機材投資を考えると、この新しいSLプライムレンズ群は動画ユーザーにとっても充分に魅力的なのでは無いかと思う。


WRITER PROFILE

手塚一佳 CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。


[ Writer : 手塚一佳 ]
[ DATE : 2019-10-30 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

[オタク社長の世界映像紀行]Vol.56 Cine Gear 2019でスモールシネマカメラ、フルフレームレンズの盛り上がりを確認!

txt:手塚一佳 構成:編集部 Cine Gear EXPO LA 2019の見所をピックアップ Cine Gearはアトランタ等、米国各地で開催されるが、その... 続きを読む

[オタク社長の世界映像紀行]Vol.55 豊作となったNAB2019。シネマ系、番組制作系の主力製品をピックアップ

txt:手塚一佳 構成:編集部 今年もNABが開催! 「The National Association of Broadcasters」の主催する放送機器の世界的イベ... 続きを読む

[オタク社長の世界映像紀行]Vol.54 オタク的視点でみる「CP+2019」~新型カメラや周辺機器で気になったものたち

txt:手塚一佳 構成:編集部 世界最大のスチルカメラの祭典が開幕 広大な横浜港南西部に会場が配置されている。このスケール感がおもしろい 今年も、世界最大のス... 続きを読む

[オタク社長の世界映像紀行]Vol.53 Leicaの聖地、Leitz-Park訪問

txt:手塚一佳 構成:編集部 ワクワクが止まらない!Leitz-Park 世界最初の携帯型スチルカメラにしていわゆるフルサイズのサイズを決めたカメラメーカー、そして世... 続きを読む

[オタク社長の世界映像紀行]Vol.52 半生RAWの世界へようこそ!

txt:手塚一佳 構成:編集部 各地でAfter NABイベントが開催 Blackmagic Design社のAfter NAB2018イベント。BMPCC 4Kや... 続きを読む

WRITER PROFILE

手塚一佳 CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
栁下隆之
写真家アシスタント、現像所勤務を経て、撮影機材全般を扱う輸入販売代理店で17年余り勤務の後に、撮影業界に転身。一眼カメラによる撮影を得意し、代理店時代に手がけたSteadicamや、スタビライザー系の撮影が大好物。
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
鈴木佑介
日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。 専門分野は「人を描く」事 。 広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。 セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
宏哉
タイムコード・ラボ代表。Next-Zero.com管理人。バラエティーから報道や空撮まで幅広い番組撮影をこなすTVカメラマンであり、ダンスイベントからe-ラーニング収録まで請け負う街のビデオ屋さん。2017年度の振り幅はイージス艦CICから幼稚園のおゆうぎ会。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
荒木泰晴
東京綜合写真専門学校報道写真科卒業後、日本シネセル株式会社撮影部に入社。1983年につくば国際科学技術博覧会のためにプロデューサー就任。以来、大型特殊映像の制作に従事。現在、バンリ映像代表、16mmフィルムトライアルルーム代表。フィルム映画撮影機材を動態保存し、アマチュアに16mmフィルム撮影を無償で教えている。
高信行秀
ターミガンデザインズ代表。メーカーや代理店などの依頼でトレーニングや技術解説、マニュアルなどのドキュメント作成など、テクニカルに関しての裏方を務める。知られていない製品の魅力を伝えることが好きで、色々と仕掛けることを趣味にする。
小島真也
写真家、撮影監督。赤坂スタジオを経て、篠山紀信氏に師事。1990年に独立後は雑誌、広告界にて人物、ドキュメンタリーを中心に写真家活動。動画へのきっかけはFinal Cut Studio 5.1を導入し映像編集を始めたこと。商業映画や自主映画では撮影監督として撮影・照明・カラーグレーディングを担当し、TVドラマでは撮影部として参加。
ダストマン
ド田舎暮らしの映像屋。本業はフリーのオンラインエディター、CM多め。趣味で色んな映像の作り方の YouTube【ダストマンTips】を配信している。
西村真里子
株式会社HEART CATCH代表取締役。国際基督教大学卒。2014年株式会社HEART CATCH設立。ビジネス・クリエイティブ・テクノロジーをつなぐ“分野を越境するプロデューサー”として自社、スタートアップ、企業、官公庁プロジェクトを生み出している。
長谷川朋子
テレビ業界ジャーナリスト、コラムニスト コンテンツビジネスの仕組みについて独自の視点で解説した執筆記事多数。最も得意とする分野は海外流通事情。カンヌのTV見本市MIP現地取材を約10年にわたって重ね、この分野におけるオーソリティとして活動中。
照山明
株式会社ガイプロモーション代表。企業VP制作や撮影業務に力を入れつつ、自社Facebookページでは不定期にコアな映像ネタを発信中。
山下大輔
フリーランスの映像講師。Adobe Community Evangelist。アドビ製品でビデオ編集をどのようにやっていくか日々模索中。FacebookではAfter Effects User Groupの管理人として勉強会なども随時行なっている。
山本加奈
山本加奈 KANA YAMAMOTO デジタル・フィルム・フェスティバルRESFESTのディレクターを経てウェブマガジンwhite-screen.jpの編集長を務める。2017年11月より映像表現カルチャーを紹介するNEWREELを創設。伊藤ガビン氏とともに編集長を務める。他、海外のクリイティブイベントのプロデュースやインタビューを通して才能の発掘や、業界の意識改革に貢献する。2018年は Motion Plus Design(パリ)のTokyo meet up総合司会や、ILMのDoug Chiangを迎えたTHU(ポルトガル)の東京ギャザリングをプロデュース。
柏原一仁
日本大学芸術学部写真学科卒、銀一株式会社海外商品部勤務。 銀一が世界中から輸入する写真・映像用品ブランドのマーケティング担当。静止画・動画・音声と様々な技術に翻弄される日々。好きな食べ物はからあげ。
曽我浩太郎
未来予報株式会社 代表取締役・プロジェクトデザイナー。新ビジネスに特化したリサーチ・コンセプトデザイン・コンサルティングを専門に行う。SXSW LLC.公式コンサルタント。著書『10年後の働き方「こんな仕事、聞いたことない!」からイノベーションの予兆をつかむ』が好評発売中。
井上晃
映像制作会社「有限会社マキシメデイア」代表、制作プロデューサー&キャメラマン。Facebookグループ「ATEM Tech Labo」、「Grass Valley EDIUS ユーザーグループ」を主催して、ATEMやEDIUSの布教に、日々勤しんでおるでよ。
石多未知行
クリエイティブディレクター、映像クリエイター、空間演出家。PMAJ代表、東京芸大 非常勤講師。空間演出やプロジェクションマッピングを中心に様々なメディアを使った企画演出を手掛ける。
奥本宏幸
大阪を拠点にしているフリーランスの映像ディレクター。演出・編集・モーショングラフィックをバランス良くこなす。フィンランドサウナが好きです。のびしろラボ管理人。
小林譲
イギリスにて大学卒業後、現地の会社にて映像編集を学ぶ。2006年に帰国。大手ポスプロIMAGICAにてテレビ番組を中心に日本のキャリアをスタート。後にドラマ、音楽系、CM系へと活躍の幅を広げる。2017年に独立。オフラインからアートデザインまで、作品の全体パッケージを監修することも多い。
染瀬直人
写真家、映像作家、360°VRコンテンツ・クリエイター。日本大学芸術学部写真学科卒。勉強会「VR未来塾」を主宰し、360°VR動画のセミナー、ワークショップなどを開催。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
駿河由知
中央区築地出身。マルチカメラ収録&配信ユニット「LiveNinja」メンバー。2006年より株式会社スタートライン設立。外務省、国連機関、国際NGOなどの国際会議やシンポジウム、企業イベントなどのライブ配信を担当
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、短編時代劇の自主映画制作を経て、現在は、映像を通じて人と人をつなぐことをテーマに様々な映像制作に取り組んでいる
河尻亨一
1974年大阪生まれ。雑誌「広告批評」を経て現在は実験型の編集レーベル「銀河ライター」を主宰、企業コンテンツの企画制作なども行う。デザイナー石岡瑛子の伝記「TIMELESS」(http://eiko-timeless.com/)をウェブ連載中。
茂出木謙太郎
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
小池拓
(有)PST 代表取締役。1994年より Avid、Autodesk、Apple、Adobeなどの映像系ソフトのデモ、トレーニンングを行っている。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
林永子
映像制作会社勤務を経て、2002年よりMVライターとして独立。映像サロン『スナック永子』主催。日本初監督別MVストリーミングサイト『TOKYO VIDEO MAGAZINE VIS』の編集長。2016年初エッセイ集『女の解体』を上梓。
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > 手塚一佳 > [オタク社長の世界映像紀行]Vol.57 ライカカメラ社 光学開発部門 部門長 ピーター・カルベ氏にLマウントのライカSLレンズについて聞く!