PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > 手塚一佳 > [オタク社長の機材買ってみた]Vol.16 SIGMA初のマルチロールミラーレス一眼シネマカメラ「SIGMA fp」

News

[オタク社長の機材買ってみた]Vol.16 SIGMA初のマルチロールミラーレス一眼シネマカメラ「SIGMA fp」

2019-11-08 掲載

txt:手塚一佳 構成:編集部

SIGMA fpの実力はいかに?!

SIGMA fp。さまざまな展開が可能なフルサイズ超小型スチル/シネママルチロールカメラだ

SIGMA fpは、SIGMAが出した世界最小・最軽量のフルサイズデジタルミラーレス一眼カメラ。有効画素数2,460万画素・35mmフルサイズベイヤーセンサーを搭載したコンパクトな筐体ながら、広い拡張性を備え、始めから多彩なオプションを展開して様々な撮影スタイルに対応しているのが最大の特徴だ。

中でもシネマとスチルを物理的なスイッチで瞬時に切り替えることで操作形態を切り替える仕組みになっており、操作の間違えや混乱がなく動画と静止画の操作切り替えが出来るようになっている点が面白いマルチロールカメラだ。スチルとしては、2460万画素のRAW(最大6,000×4,000)とJpg撮影(最大3,840×1,648)でのフルサイズセンサーを生かした撮影が可能だ。

そして、読者諸賢が大いに期待するであろう動画撮影機能としては、内蔵SDHCカードには8bit CinemaDNGと、8bit MOV:H.264(ALL-I/ GOP)形式のムービーファイル収録ができる(3,840×2,160(UHD 4K)では23.98p、25p、29.97p、FHD(1,920×1,080)では 23.98p、25p、29.97p、59.94p、100p、119.88p)。

そして面白いことにUSB-Cに指定のSSD(現在はSamsung T5のみ)を接続するだけで自動的に設定が切り替わり、CinemaDNG収録bit数が上がり、なんと、内蔵SDと同じ8bitに加え、10bit、12bitでの撮影が可能となる。外部収録というよりも単にカメラ内部にSSD収納部がないだけの半内部収録とも言える仕組みで、大変面白い。SSDスロットの形が決まっていないというのは、将来的に様々なSSDに対応する事が出来るため、大変ユーザーフレンドリーと言えるだろう。

今まで、マイクロフォーサーズやスーパー35mmセンサーサイズでのRAW収録機種はあったが、フルサイズセンサー搭載のRAW収録カメラとなると、数百万円の本格的シネマカメラを用いなければいけなかった。しかし、このSIGMA fpの搭乗によって、ついに一般ユーザーの手に届くフルサイズセンサー搭載のスチルスタイルRAWカメラが誕生したのである。

これは、何という素晴らしいカメラだろうか!さっそく著者の会社でも1台導入してみたので、そのテスト運用結果をリポートしてみたい。

愛を持って育てたい、ガチで胸ポケットサイズの怪物シネマカメラ爆誕!

SIGMA fp、片手で気軽に持てるフルサイズシネマカメラというのは本当に素晴らしい

この記事は自腹記事なので、メーカーさんと特に相談もせず、さらには編集部にも一切の遠慮はない。今回も自由に進めていきたい。だからまず最初にこの超絶美麗な絵を作り上げる怪物シネマカメラ「SIGMA fp」の現状(2019年11月7日時点)の問題点をさらっと並べて挙げてしまおう。追記:このコラム公開に合わせファームウェア・アップデートがあったようだ(11月8日)、このスピード感は素晴らしい。

まず、SIGMA自らがユーザーフレンドリーに潔く公表していることに、ファームウェアが未完成でありSSD収録の場合には1~2フレーム目に変な映像が映る(1フレーム目が全体の左上1/4、2フレーム目がなぜか前のカットの映像中盤のサムネイル)。さらに、ISOがふらついてなぜか暗部の色の変化がある場合がある。また撮ったCinemaDNGの動画は本体で再生ができない(これらはファームアップで改善予定)。

実際に使ってみると、バッテリーセーブの度にUSB接続が外れるのに再接続に10秒弱ほど時間がかかり、折角SSDを繋いでいるのにしょっちゅう内部に収録してしまう。得られるCinemaDNGは非圧縮RAWなので、あまりにもそのデータ量は膨大で、2TBのSSDをわずか90分弱で使い潰す。更に言えば、シネマカメラなのになぜかC4K(DCI4K)サイズではなくUHDサイズの映像しか得られない。もっといえば、なぜかヘッドフォン端子もなくBluetoothも付いてないため音声モニターが出来ない。

外部SSDを使うとバッテリーの持ちがかなり厳しいのに三脚プレートを付けるとバッテリー交換が出来ない。スチルを撮れば書き込み中はモニターがブラックアウトしてしまって対象を見失う。本体AFを使ってなくてもレンズのAFが入っていると動画撮影中に突然フォーカスが泳ぎ出すことがある。そもそも折角RAW収録なのにLogカラーじゃないから後工程で色が延ばしにくい。物理シャッターを持たないのでスチル時にローリングシャッターが強めに出る。…リリースされたばかりだし、きっと他にもまだ未知の問題があるに違いない。

しかし“断言するが、そんな事はこのSIGMA fpの実用上大した問題ではない!”

なにしろ、フルサイズセンサーのRAWの画をLマウントの超絶レンズ群を使って得ることが出来るのだ。しかも、たったの量販店価格198,000円で!かつてこれほどコストパフォーマンスに溢れたカメラがあっただろうか?

しかもその画像は、本当に美麗なものだ。ハイエンドシネマカメラで撮った4Kの画像と何の遜色もない。というかRAW収録以外の全てのハイエンド機よりもこのSIGMA fpの方が綺麗な映像が撮れる。もっというと、ハイエンドRAW収録機であってもスーパー35mmセンサー機であれば、センサー分解能が光学的限界に達しつつある今、当然にフルサイズセンサー機であるこのSIGMA fpの方が綺麗な絵が取れている可能性が高い。しかも、国産カメラだけあって、極めて安定性は高い。

上記の通りリリースされたばかりのカメラでエラーはまだまだあるが、そのどれもが再現性が正確で予測可能なものばかりであり、海外新興メーカー製シネマカメラのような、突然撮れなくなるとか、撮ってるつもりだったものの実は撮れていなかった、ということが全くない。実際、今回はまだ気温30度を超える酷暑の香港マカオで撮影してきたが、炎天下の撮影でも全く熱暴走も見られなかった。

床が弱くて大きなカメラを入れられない大航海時代の教会内でも余裕で使用可能だった。大汗をかく気温でも全然へっちゃらで運用できた!

さらにはこの大きさだ。素のSIGMA fp本体だけなら本当に胸ポケットに入るサイズなのだ(同社製標準プライムレンズであるContemporary 45mm F2.8 DG DNを付けた場合、ギリギリ入らない。惜しい)。

かつての傑作8ミリシネマカメラBOLSEY8との比較。大体BOLSEY8の外装箱のサイズだとわかる

世の中にポケットサイズを謳うシネマカメラは歴史上数多いが、本当に物理的に胸ポケットサイズのシネマカメラはBOLSAY8以来ではなかろうか?この小ささは本当に魅力的で、周囲に緊張感を与えることなく、ごく自然にスマホの延長で撮影をすることが出来た。更に、オプションを組めば、本体が小さいだけにかなり本格的な撮影も安価に可能で、これもまた便利であった。

SIGMA fpは発売されたばかりのカメラであり、機能的に複雑なマルチロール機、しかもSIGMAとして初のシネマカメラだ。

現状わかっている欠点は知ってさえいれば回避可能なものばかりでもある。なによりも、前述の通り、メーカー自らがリリース前に判明しているファームウェアバグを公表しているほどにユーザーフレンドリーだ。確実に改善が行われるのはそれだけで大きな安心材料と言える。ここは、愛を持って温かい目で見守ってゆきたい。

「SIGMA fp」の実運用

まず、「SIGMA fp」の動画運用にはSSDは必須である。なぜなら本体SDカードではCinemaDNGで5分程度の撮影しか出来ないためだ。

SSDは現状「Samsung T5」シリーズのみが使用可能だ。このSSDは非常に小型なので手塚は静電気防止タイプのマジックテープでビューファインダーに貼り付けて使っている。

注意点として、先にも書いたがバッテリーセーブの度にUSB-C接続が外れてしまうため、USB-C接続していないときに録画ボタンやシャッターを押しても収録が出来るよう、SDカードも必ず差しておきたい。SDHCカードは2種類、「サンディスク エクストリームプロ UHS-II 64GB、128GB」か「パナソニックSDZAシリーズ64GB、128GB」のみが使用可能だ。

なんと便利なことに、USB-C接続が外れているときのSDカードへの撮影もスチルに限ってはSSDと同じ連番なので、うっかりUSB-C接続を待てなくて本体に収録したとしても後からPCなどでSDカードからSSDにコピーすれば完全に問題ない運用が出来る(残念ながら動画ファイルでは連番はSD、SSDそれぞれ独自になる。これはファイルのbit数や形式が異なるためと思われる)。USB-C接続失敗の時の自動切り替え時にうっかりMOV形式にならないよう、SSD接続前に本体設定もCinemaDNGにしてから使った方が良い。

大体USB-C接続の回復には10秒弱ほどかかるので、その分の時間は計算して動きたい。

また動画撮影時にはビューファインダー「LCDビューファインダー:SIGMA LCD VIEW FINDER LVF-11」はあった方が望ましい。付属の「ホットシューユニット:SIGMA HOT SHOE UNIT HU-11」もSSDケーブル保護のためにも必須だ。これを付け忘れるとうっかりカメラの左側を握る度にUSB-C接続が切れて肝が冷える。また、撮り始めの2フレームは前述の通り使い物にならないので編集段階で必ず切ることを忘れずに。これも、昔のフィルム運用を考えれば何の問題もない。

動画運用の最低限のスタイルはこんな感じだろうか?「HU-11(付属)」「LVF-11」そして「Samsung T5」に適当なガンマイクを合わせた形だ。ガンマイクはfpの本体内収録よりも収録機能付きの方が現実的かも知れない

また、動画撮影時はマニュアルフォーカス(MF)にすることを忘れずに。オートフォーカス(AF)のまま撮影すると、AFが撮影中に勝手に動き出すことが何度か見られた。マルチロール機でよくあるワンマン運用で、まずAFをして大まかにフォーカスを合わせてからマニュアルで撮影開始、という手段を撮る場合には、かならずレンズ側にAFスイッチがあるレンズを使いたい。AF後にAFスイッチを切れば、特にエラーなく撮影が出来るはずだ。

マイクに関しては、本体マイクはカメラの大きさが大きさであるため操作音がモロに入るため、全く当てにならないと考えて欲しい。マイク端子にマイクを繋ぐか、別撮りが推奨だ。本体マイクはあくまでも編集ソフトで波形を見るための当て用の音だと割り切った方がいいだろう。

ローリングシャッターは動画では問題ないレベル

時速60キロくらいで橋から香港を見たところ。スチルではローリングシャッターが強くでているのがよくわかる
SIGMA fp パナソニックLUMIX S 24-105mm F4 MACRO O.I.S.シャッターアングル172.8 F4.0

読者諸賢が気になるのはローリングシャッターではないだろうか?時速60キロくらいで橋の欄干を撮影すると写真のような感じだ。やはり、メカニカルシャッターのないフルサイズセンサー機とあって、スチルでは強めのローリングシャッターを感じざるを得ない。ただし、最速クラスの高速読み出しCMOSのため、動画での通常速度のパンであればあまり気にならない。実際の動画をご覧頂きたい。

マカオのセナド広場でパンをしてみたところ。トラベル三脚の乱暴なパンでもローリングシャッターにさほど問題は見られない
SIGMA fp パナソニックLUMIX S 24-105mm F4 MACRO O.I.S. UHD撮影 12bit CinemaDNG シャッターアングル172.8 F11 ISO100
マカオの聖パウロ教会廃墟でパンをしてみたところ。奥行きがある縦建造物の多い構図のため崩壊するかと思ったが、見事にこなしきっている
SIGMA fp パナソニック LUMIX S 24-105mm F4 MACRO O.I.S. UHD撮影 12bit CinemaDNG シャッターアングル172.8 F22 ISO100

ダイナミックレンジや夜間撮影は見事の一言

スチルで明暗のある風景を撮影してみたところ。香港国際空港のバス停
SIGMA fp パナソニックLUMIX S 24-105mm F4 MACRO O.I.S. シャッターアングル172.8 F4.0

続いて、階調の収録具合を見て見たい。スチルで起こした階調はかなり深い。明暗所にはしっかりとディテールが残っていて、中間部分の崩壊もない。大変素性の良い処理をしていると思う。

動画でもこの性質は引き継がれていて、12.5ストップのダイナミックレンジのカタログスペック通り、しっかりと色味は明暗所に保管されている。CinemaDNGでは標準カラーのみの収録となるようだが、Logカラーでなくても比較的色味がある事にほっとした。また、ISO6400でもほとんどノイズを感じないのには驚いた。本当に素性の良いセンサーを使っているようだ。

マカオのコタイストリップの夜間。発光部はさほど飛んでおらず、暗所もしっかりディテールが見える。照明なしなのにちゃんと肌色も撮れているのがわかる。暗部がチカチカしているのはエラーではなく、コタイの街の明かりのせいだ
SIGMA fp パナソニックLUMIX S 24-105mm F4 MACRO O.I.S. UHD撮影 12bit CinemaDNG シャッターアングル172.8 F4.0 ISO6400

先に書いた通り、SIGMAからは現ファームでは暗部で明滅が出るという警告が出ていたが、無理な夜間撮影もしてみた。ホテルの室内からガラス越しに、中国側を撮影してみた。手前のコタイストリップが世界一明るい夜の街だけに、相当に困難なシチュエーションだ。

マカオのコタイストリップの夜間。ホテルの室内から中国側を撮影してみた。暗部の明滅問題こそあるものの、ライトで投影された光の筋から夜の川面までしっかりと映っていて、その描写力に驚く
SIGMA fp パナソニックLUMIX S 24-105mm F4 MACRO O.I.S. UHD撮影 12bit CinemaDNG シャッターアングル172.8 F4.0 ISO6400

結果、灯りがちゃんと色味を持っているのはもちろん、川向こうの中国側の風景まで形状が見える。残念ながらSIGMAから事前リリースのあった暗部の明滅が出てしまっているが、思った以上にしっかりと撮れていてその性能の高さには驚くほかない。正直、F4の標準ズームなので、ここまで撮れることは期待していなかった。これは本当にすごいカメラが登場したものだ!

それにしても、事前にちゃんとメーカーからエラーの予告があると、こういうトラブルでも何か操作ミスをしたのではないかと焦らずに済むのがありがたい。こういうユーザーフレンドリーさは是非とも今後もお願いしたい。

本体内収録CinemaDNGでも容量さえクリアすればなんとか使えるレベル

SIGMA fpの本体内動画撮影は8bit収録のあくまでも緊急時の保険的なものであり、特にCinemaDNGは容量的にメインで使えるものではない。しかし実際に12bitの外部収録に比べ、8bitでどの程度色情報が落ちるのかを確認してみた。とはいえ、まだ暗部の収録が正確でないバージョンであるので、あくまでもざっくりと見た目の話になる。

実際に撮ってみると、10bit以上の映像を見慣れた目には確かに一見撮って出しの色域は狭く見える。しかし、DaVinci Resolveなどで展開してみると案外ちゃんと色情報は暗部明部に残っていて、若干カラーバンドは見られるものの、実用には充分に耐える色味であると考えられる。やはりSSD収録の際にもしっかりとSDカードも内蔵し、緊急用で内部収録した絵を使うという選択肢もきちんと考慮して撮影を試みることが大切だろう。

マカオのフェリーターミナル近辺の夜間。8bitだけあって一見色味が寂しい感じがしたが、グレーディングソフトで少し弄るだけで充分な階調が出てきた。若干カラーバンドは見られるが、SSDに収録できなかったとき用の緊急収録としては十分ではないだろうか
SIGMA fp パナソニックLUMIX S 24-105mm F4 MACRO O.I.S. UHD撮影 8bit 本体内CinemaDNG シャッターアングル172.8 F4.0 ISO6400 本体のみ手持ち撮影

とりあえずのまとめ。未来を感じるカメラだ!

発売間もないカメラのざっくりとした使用感ではあるが、かなり使えそうな実感はわかっていただけたのではないだろうか?まだ、ファームが未完成のため色々と制限はあるが、それを押してでも使いこなしてゆきたい素晴らしいカメラだと言える。私自身も普段持ち歩き、仕事にもしっかりと使いこなしてみて、ファームウェアが仕上がった段階でもう一度しっかりと検証してみたい機材だ。

いよいよフルサイズRAW撮影が身近なところまで降りてきたのだ。しかも予想だにしない小型さで。そうした撮影の可能性、映像の今後の新しい撮り方を強く感じるカメラではないだろうか?

ぜひ、みんなで温かく見守って、育てていきたいカメラだ。


WRITER PROFILE

手塚一佳 CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。


[ Writer : 手塚一佳 ]
[ DATE : 2019-11-08 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

[オタク社長の機材買ってみた]Vol.15 Blackmagic Pocket Cinema Camera 4K編(後編)

txt:手塚一佳 構成:編集部 Blackmagic Pocket Cinema Camera 4KがついにBlackmagic RAWに対応 2019年3月5日のBl... 続きを読む

[オタク社長の機材買ってみた]Vol.14 Blackmagic Pocket Cinema Camera 4K編(前編)

txt:手塚一佳 構成:編集部 自腹で買うからこそ見えてくるものがある 2018年9月末ついにBlackmagic Desine社(以下:BMD)からBlackmagi... 続きを読む

[オタク社長の機材買ってみた:特別編]Vol.13 「ジャパンキャンピングカーショー2018」レポート

txt:手塚一佳 構成:編集部 映像業界最大の機材、それは“自動車”だ! キャンピングカーショー2018 一般的にPRONEWS読者層が撮影に用いる機材でもっ... 続きを読む

[オタク社長の機材買ってみた:特別編]Vol.12 Leica SLシステムリブートイベントレポート

txt:手塚一佳 構成:編集部 Leica SLシステムリブートイベント開催! 高レベルでスチルカメラとムービーカメラを融合させたマルチロールカメラは、DSMCの例を挙... 続きを読む

[オタク社長の機材買ってみた:特別編]Vol.11 「Leica CL」4K収録可能なミニマルなAPS-Cセンサースチルカメラ

txt:手塚一佳 構成:編集部 LEICA.DAS WESENTICHE. Oskar’s legacyにて発表された新製品 ライカカメラジャパン株式会社は2017年1... 続きを読む

WRITER PROFILE

手塚一佳 CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
栁下隆之
写真家アシスタント、現像所勤務を経て、撮影機材全般を扱う輸入販売代理店で17年余り勤務の後に、撮影業界に転身。一眼カメラによる撮影を得意し、代理店時代に手がけたSteadicamや、スタビライザー系の撮影が大好物。
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
鈴木佑介
日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。 専門分野は「人を描く」事 。 広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。 セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
宏哉
タイムコード・ラボ代表。Next-Zero.com管理人。バラエティーから報道や空撮まで幅広い番組撮影をこなすTVカメラマンであり、ダンスイベントからe-ラーニング収録まで請け負う街のビデオ屋さん。2017年度の振り幅はイージス艦CICから幼稚園のおゆうぎ会。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
荒木泰晴
東京綜合写真専門学校報道写真科卒業後、日本シネセル株式会社撮影部に入社。1983年につくば国際科学技術博覧会のためにプロデューサー就任。以来、大型特殊映像の制作に従事。現在、バンリ映像代表、16mmフィルムトライアルルーム代表。フィルム映画撮影機材を動態保存し、アマチュアに16mmフィルム撮影を無償で教えている。
高信行秀
ターミガンデザインズ代表。メーカーや代理店などの依頼でトレーニングや技術解説、マニュアルなどのドキュメント作成など、テクニカルに関しての裏方を務める。知られていない製品の魅力を伝えることが好きで、色々と仕掛けることを趣味にする。
小島真也
写真家、撮影監督。赤坂スタジオを経て、篠山紀信氏に師事。1990年に独立後は雑誌、広告界にて人物、ドキュメンタリーを中心に写真家活動。動画へのきっかけはFinal Cut Studio 5.1を導入し映像編集を始めたこと。商業映画や自主映画では撮影監督として撮影・照明・カラーグレーディングを担当し、TVドラマでは撮影部として参加。
ダストマン
ド田舎暮らしの映像屋。本業はフリーのオンラインエディター、CM多め。趣味で色んな映像の作り方の YouTube【ダストマンTips】を配信している。
西村真里子
株式会社HEART CATCH代表取締役。国際基督教大学卒。2014年株式会社HEART CATCH設立。ビジネス・クリエイティブ・テクノロジーをつなぐ“分野を越境するプロデューサー”として自社、スタートアップ、企業、官公庁プロジェクトを生み出している。
長谷川朋子
テレビ業界ジャーナリスト、コラムニスト コンテンツビジネスの仕組みについて独自の視点で解説した執筆記事多数。最も得意とする分野は海外流通事情。カンヌのTV見本市MIP現地取材を約10年にわたって重ね、この分野におけるオーソリティとして活動中。
照山明
株式会社ガイプロモーション代表。企業VP制作や撮影業務に力を入れつつ、自社Facebookページでは不定期にコアな映像ネタを発信中。
山下大輔
フリーランスの映像講師。Adobe Community Evangelist。アドビ製品でビデオ編集をどのようにやっていくか日々模索中。FacebookではAfter Effects User Groupの管理人として勉強会なども随時行なっている。
山本加奈
山本加奈 KANA YAMAMOTO デジタル・フィルム・フェスティバルRESFESTのディレクターを経てウェブマガジンwhite-screen.jpの編集長を務める。2017年11月より映像表現カルチャーを紹介するNEWREELを創設。伊藤ガビン氏とともに編集長を務める。他、海外のクリイティブイベントのプロデュースやインタビューを通して才能の発掘や、業界の意識改革に貢献する。2018年は Motion Plus Design(パリ)のTokyo meet up総合司会や、ILMのDoug Chiangを迎えたTHU(ポルトガル)の東京ギャザリングをプロデュース。
柏原一仁
日本大学芸術学部写真学科卒、銀一株式会社海外商品部勤務。 銀一が世界中から輸入する写真・映像用品ブランドのマーケティング担当。静止画・動画・音声と様々な技術に翻弄される日々。好きな食べ物はからあげ。
曽我浩太郎
未来予報株式会社 代表取締役・プロジェクトデザイナー。新ビジネスに特化したリサーチ・コンセプトデザイン・コンサルティングを専門に行う。SXSW LLC.公式コンサルタント。著書『10年後の働き方「こんな仕事、聞いたことない!」からイノベーションの予兆をつかむ』が好評発売中。
井上晃
映像制作会社「有限会社マキシメデイア」代表、制作プロデューサー&キャメラマン。Facebookグループ「ATEM Tech Labo」、「Grass Valley EDIUS ユーザーグループ」を主催して、ATEMやEDIUSの布教に、日々勤しんでおるでよ。
石多未知行
クリエイティブディレクター、映像クリエイター、空間演出家。PMAJ代表、東京芸大 非常勤講師。空間演出やプロジェクションマッピングを中心に様々なメディアを使った企画演出を手掛ける。
奥本宏幸
大阪を拠点にしているフリーランスの映像ディレクター。演出・編集・モーショングラフィックをバランス良くこなす。フィンランドサウナが好きです。のびしろラボ管理人。
小林譲
イギリスにて大学卒業後、現地の会社にて映像編集を学ぶ。2006年に帰国。大手ポスプロIMAGICAにてテレビ番組を中心に日本のキャリアをスタート。後にドラマ、音楽系、CM系へと活躍の幅を広げる。2017年に独立。オフラインからアートデザインまで、作品の全体パッケージを監修することも多い。
染瀬直人
写真家、映像作家、360°VRコンテンツ・クリエイター。日本大学芸術学部写真学科卒。勉強会「VR未来塾」を主宰し、360°VR動画のセミナー、ワークショップなどを開催。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
駿河由知
中央区築地出身。マルチカメラ収録&配信ユニット「LiveNinja」メンバー。2006年より株式会社スタートライン設立。外務省、国連機関、国際NGOなどの国際会議やシンポジウム、企業イベントなどのライブ配信を担当
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、短編時代劇の自主映画制作を経て、現在は、映像を通じて人と人をつなぐことをテーマに様々な映像制作に取り組んでいる
河尻亨一
1974年大阪生まれ。雑誌「広告批評」を経て現在は実験型の編集レーベル「銀河ライター」を主宰、企業コンテンツの企画制作なども行う。デザイナー石岡瑛子の伝記「TIMELESS」(http://eiko-timeless.com/)をウェブ連載中。
茂出木謙太郎
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
小池拓
(有)PST 代表取締役。1994年より Avid、Autodesk、Apple、Adobeなどの映像系ソフトのデモ、トレーニンングを行っている。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
林永子
映像制作会社勤務を経て、2002年よりMVライターとして独立。映像サロン『スナック永子』主催。日本初監督別MVストリーミングサイト『TOKYO VIDEO MAGAZINE VIS』の編集長。2016年初エッセイ集『女の解体』を上梓。
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > 手塚一佳 > [オタク社長の機材買ってみた]Vol.16 SIGMA初のマルチロールミラーレス一眼シネマカメラ「SIGMA fp」