PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > 井上晃 > [OnGoing Re:View]Vol.79 機能強化されたATEM Mini Proが登場!

News

[OnGoing Re:View]Vol.79 機能強化されたATEM Mini Proが登場!

2020-04-14 掲載

txt:井上晃 構成:編集部

ATEM Miniに想定外の「Pro」登場!

2020年4月4日未明、Blackmagic DesignはATEM Miniの姉妹製品「ATEM Mini Pro」を発表し、その発表直後から発売を開始した。

Blackmagic Design ATEM Mini Pro Operation&Streaming Sample

通常なら米国で行われるNAB Show前のこの時期には、各社から新製品の発表が溢れる。しかし今年は新型コロナウイルス感染症騒ぎでNAB Showは延期となり、Blackmagic DesignもWEBライブ配信による新製品発表となったが、昨秋発売されたばかりのATEM Miniに、姉妹機として「ATEM Mini Pro」が追加発表されるとは、誰が思ったであろうか?


もちろん筆者もまったくの想定外であり、当初はファームウェアのアップデートによるMiniの機能追加かな?と思っていたのだが、思いもよらぬ機能強化版ATEM Mini Proの登場には大いに驚いた。


この機能強化版のATEM Mini Proは、ATEM Miniの弱点をしっかり補強したその上に、大変魅力的な機能強化が施されていた。

その魅力に、ATEM Miniの時は動かなかったマウスを握る指が、発表直後の公式ストア再開時にオーダーボタンを迷わずポチっとさせた。オーダーからたった4日間で届いた自腹ATEM Mini Proを前に、早速レビューを始めよう。

魅惑の追加機能を俯瞰する

ATEM Mini Proが持つ基本的な機能は、オリジナルのATEM Miniに準拠する。基本的な機能については、筆者がレビューした記事をご参照頂きたい。

ATEM Mini ProはATEM Miniの持つ機能以外に、大変魅力的な機能追加が施された。

  • マルチビューで全ソースのモニタリングが可能に
    フロントパネルに装備されたビデオ出力ボタンでHDMI出力を選択可能
  • イーサネット経由での直接ライブ配信をサポート
  • H.264でUSBフラッシュディスクに収録可能
  • 配信ボタン・収録ボタンをフロントパネルに装備

・入力HDMI経由でのカメラコントロール
    (ATEM MiniもATEMソフトウェア8.2で可能になった)

この3点の機能追加で、ATEM Mini Proは小型ライブスイッチャーの大本命へと躍り出た。今回のレビューではこの3点をじっくりと見てみよう。

待望のマルチビュー出力と、HDMI出力切り替えボタンを装備!


ATEM MiniはHDMI出力が1系統しか無いところに、マルチビュー(画面分割によって複数の画面を同時に見る機能だ)を装備していなかったため、プログラム出力以外の他ソースの確認が出来ず、マルチカム時のスイッチングがやりづらい点が最大の弱点であった。

ATEM Mini Proは待望のマルチビュー出力が追加されただけでなく、1系統しかないHDMI出力をプログラム出力にもプレビュー出力にも、更に1〜4までのソースを送出するAUX出力も可能となった。また、フロントパネルに対応するボタンが新規装備され、実に簡単に切り替え可能になったのも、今までのATEMシリーズとは異なる新しい機能追加だ(プレビューはATEMソフトウェアコントロールからのみ切り替えが可能)。

マルチビューの画面は、従来のATEMシリーズで見慣れた10分割のマルチビューだが、4入力のATEM Mini Proに合わせた最適化が施されている。

マルチビュー全体の割り当ては固定されており、下半分の入力ビューの上段部分にソースの1〜4が割り当てられている。下段部分は左端にメディアプレーヤービューが割り当てられ、その右の3箇所には見慣れぬビューが割り当てられた。メディアプレーヤービューの右隣から、「配信ビュー」「収録ビュー」「オーディオビュー」の3ビューである。

「配信ビュー」では、ライブ配信のON AIR、OFFの状況表示の他、配信データレート、キャッシュステータスなどを表示する。「収録ビュー」では、収録のREC・STOPの他、継続時間やドライブの空き状況などのステータスを表示する。「オーディオビュー」では、ソースのオーディオレベルやプログラム出力のレベルをモニタリング可能だ。

HDMI出力がマルチビューの出力だけでなく、切り替え式でソースやプレビューが出力可能になったことは、各ソースの詳細な確認や、クロマキーのセットアップも容易に出来るようになったことを意味している。

このHDMI出力切り替えが出来るようになったこと1点を持ってしても、Proと銘打った価値があると言えよう。

出力タブの装備で様々な出力に対応!

従来のスイッチャーによるライブ配信では、映像スイッチャーの後ろに、スイッチャー映像を取り込むビデオキャプチャー機器、そして取り込んだ映像を配信する配信エンコーダーと、2段階の機器構成が必要であり、様々な機材・ソフトウェアを組み合わせる必要があった。


ATEM Miniでは、このうちビデオキャプチャ機能を装備し、USB接続と簡単な接続でPCなど配信エンコーダーへ映像を直接受け渡す機能(UVC対応機能)を持っていたところに大ヒットの理由があった。ATEM Mini Proでは、上記のビデオキャプチャ機能だけでなく、配信エンコーダーの機能まで内蔵したことが大きなトピックである。強力なH.264エンコーダーを装備したことで、特定の配信プラットフォームに対しては他機器を必要とせず、ATEM Mini Proから直接ライブ配信が可能になった。

この事からATEM Mini ProはRJ45LAN端子を使用し単独でインターネットに接続している必要がある。このため本機にはDHCPクライアント機能が備わり、DHCPサーバーが動いているネットワークでは、自動的にIPアドレスを取得し設定する。

通常は固定の静的IPアドレスで動作させるべきATEM機器ではあるが、動的なIPアドレスが設定されることから、PCによるATEMソフトウェアでも本機の検索機能がついた。ハードウェアコントロールパネルなど、固定のIPアドレスを前提として運用を行ってる方は注意して欲しい。本機のIPアドレスはATEM Setupユーティリティで、DHCPサーバーを使用するか、スタティックな静的IPアドレスを使用するか等の設定が出来る。

そしてライブ配信は、ATEMソフトウェアの出力タブ中の「Live Stream」で設定する。
ここの設定を簡単に紹介しよう。
まずは、「Platform:」でライブ配信先のプラットフォームを選択する。現状のソフトウェアで設定出来る配信プラットフォームは「Facebook Live」「Twitch」「YouTube Live」の3つだ。


配信プラットフォームを選択すると配信先サーバーは自動的にセットされるので入力の必要は無い。あとはストリーミングキーを配信先から取得し、「Key:」ダイヤログ内に入力する。後に「Quality:」をセットすれば配信可能となり「ON AIR」ボタンでATEM Mini Proからストリームの送出が始まるので、送出先のステータスを確認しよう。


ここで「Quality:」についてATEM Mini Proの設定値(保存された設定xmlファイルから読み取った値)と実効値(送出中の実際のビットレートを読み取った)を確認してみよう。


ビットレート設定値 ビットレート実効値
HyperDeck High low=45 to high=70Mb/s 30.05Mb/s
HyperDeck Medium low=25 to high=45Mb/s 19.82Mb/s
HyperDeck Low low=12 to high=20Mb/s 10.30Mb/s
Streaming High low=6.0 to high=9.0Mb/s 6.2Mb/s
Streaming Medium low=4.5 to high=7.0Mb/s 4.7Mb/s
Streaming Low low=3.0 to high=4.5Mb/s 3.2Mb/s
※ビットレート設定値のlowはフレームレートが23.98、24、25、29.97、30時。highは、50、59.94、60時

配信の解像度とフレームレートはATEM Mini Proのシステム設定に準拠する。つまりATEMのシステムが1080/30pなら配信も1080/30pとなる。配信するなら配信に向いたフレームレートを選ぶ必要があるということだ。

ライブ配信の設定はこれだけであり、簡単ではあるが詳細な設定は現状では出来ない。RMTPサーバーを指定して送出できると汎用性が上がるのだが、ファームウェアのアップデートで可能になるよう期待したい。ビットレートを見ると通常の配信は「Streaming Medium」で十分であろう。ただ有線LANなど十分な帯域が確保される時に使いたいビットレートであるため、ネットが無線や4G接続など帯域が厳しい場合には使いにくいことも考えられる。低ビットレートでの配信が必要な場合は、PCとUSB接続し、PC側のエンコーダーで解像度を落として配信するなど工夫した方が良いだろう。

画質はそれほど悪くはない。これもスイッチャー内部で直接配信エンコードが行われているということだからであろうか、スッキリくっきりとした配信画は好印象だ。ただ、全画面がフェードする部分はやや破綻が見える。まだまだ改善の余地はあるように思うので、これもアップデートに期待したいところだ。

ATEM Mini Proでは、HDMI出力はマルチビューを使用し、ライブ配信にはRJ45LAN端子が使用すれば、USB-C端子が空いていることになる。これを利用しUSB-Cに外部ディスク/フラッシュドライブを接続すれば直接H.264ファイルに配信を収録することが可能となった。

ドライブはHFS+またはexFATで予めフォーマットしてあることが必要で、しかもUSB-Cでの接続が必須となるのでケーブルなど予め用意しておきたい。今回のレビューではUSB-C接続のSDカードリーダーを用意し、高速タイプのSDカードを接続して検証してみた。

本機にはディスクステータス・インジケーターが用意されており、収録メディアの状態を確認できる。フォーマット済みのメディアが検出され収録準備が出来れば、緑に点灯するので、あとは本機の「収録ボタン」を押すだけだ。

収録のQualityは配信Qualityと共通であり、個別にQualityを設定することは出来ないが、逆に配信Qualityで収録したH.264ファイルは、そのままYouTubeなどのサービスにアップロードが可能であることが嬉しい。ネットワーク設備がない場所でのライブで、配信が不可能だったら選択肢の一つとして、収録、即座にネットワークのある場所でアップロードというワークフローはアリと考えられる。

配信を行わない場合には、Qualityに「HyperDeck」を選択すれば、HyperDeckで録画するのと同じ高いビットレートによる録画が可能だ。プロ品質の高画質が保証される。

この出力タブの2つの機能、「Live Stream」と「Record Stream」は、マルチビューの「配信ビュー」「収録ビュー」でステータスが確認出来る。このマルチビューとの連動は非常にありがたい機能追加だ。

HDMI入力経由でのカメラコントロール

以前からATEMの従来機種ではスイッチャー側からリターン映像をカメラ側に返すことによって、対応カメラのコントロールや、タリー、トークバック、リターンなどを実現していたが、これにはHD-SDIケーブルが上り下りと2本必須であった。

新しく登場したATEM Mini Pro(ソフトウェアを8.2にアップデートしたATEM Miniを含む)では、Blackmagic Pocket Cinema Camera 4Kおよび6Kの両モデル(Blackmagic Camera 6.9 アップデートが必須)を組み合わせると、カメラパラメーター、レンズ、タリーライト、内蔵DaVinciカラーコレクターのリモートコントロールなど、各カメラをスタジオカメラとして使用できる機能が追加された。

以前のソリューションと大きく違うのは、このカメラコントロールをHDMIケーブル1本で出来るようになったことだ。このHDMIケーブル1本でカメラコントロールと入力が出来るようになったのは、かなり画期的と言っていい。


ただ良い事ばかりではなく、その接続に苦労する事もある。それはHDMIという相性問題が纏わる機器ならではの話しなのだが、通常はHDMI接続するだけでPocket Cinema Cameraたちは外部コントロールを受け付けるようになる。


だが、これが時に接続しないときがある。筆者は何回も接続を仕直してみたり、ケーブルを交換したりと苦労することになった。


だが法則性は発見した。意外な事にPocket Cinema Cameraたちと接続しているHDMIケーブルなどが問題なのではなく、ソフトウェア確認用に他の入力にHDMI接続したMacbook Proが問題だったのだ。恐らくだがHDCPとかホストと煩雑に交信するタイプのHDMI機器がカメラ以外にある場合、カメラコントロールが不能になるような事態が起きるようだ。


今回はMacbook ProをHDMIーHDMIコンバーターを通して接続すれば、問題が起きない、というところまでは確認した。

もしATEM Mini Proと Pocket Cinema Camera で接続上の問題が生じた場合には、他に接続した機器を疑う、という事を思い出して欲しい。

このカメラコントロールは、ATEMソフトウェアコントロールの「Camera」タブで直接操作することも可能だが、より本格的な操作が必要ならば、ATEM Camera Control Panelを接続すればこの魅力的なハードウェアサーフェイスによる素早い操作も可能となる。

もちろんATEM 1 M/E Advanced Panelを使用することで、ATEM Mini Proの全機能を本格的なサーフェイスで操ることさえ可能なのだ。





総括


ATEM MiniからProに追加された機能に的を絞ってレビューしてきたが、ATEM Miniが持つ

  • 全入力に備わったスケーラーコンバータによる自由なビデオ入力
  • Advanced Chroma Keyerなど高機能で多彩なアップストリームキー
  • USBウェブカム出力


等々の機能はは未だに明るく光を放っており、ATEM Mini Proはその魅力を全て引き継いでいる。

今回、本機に追加された機能は、昨今のライブ配信需要の高まりを真正面から受け止める機能追加であり、まさしく今の時代を正しくキャッチアップした機能追加だ。この機能追加されたATEM Mini Proは、プロ、アマを問わず多くの映像製作者をライブ配信という新しい映像制作の世界へと誘うことになるだろう。願わくばライブ配信だけでなく、このライブでコンテンツを作成してしまうというライブプロダクションの世界が、よりプロフェッショナルな映像制作のスタイルとして定着することを望みたい。


ATEM Mini Proは新たな映像制作のジャンルを切り開く刀となる。ぜひBlackmagic Designさんには頑張ってたくさん製造して頂き、多くのクリエイターに届けて欲しい。
さあクリエーター諸君よ、勇んでポチろう!希望小売価格は税別67,980円!お値段以上の新しい映像制作の世界が待っているぞ!


WRITER PROFILE

井上晃 映像制作会社「有限会社マキシメデイア」代表、制作プロデューサー&キャメラマン。Facebookグループ「ATEM Tech Labo」、「Grass Valley EDIUS ユーザーグループ」を主催して、ATEMやEDIUSの布教に、日々勤しんでおるでよ。


[ Writer : 井上晃 ]
[ DATE : 2020-04-14 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する商品

BlackmagicDesign SWATEMMINIBPR ATEM Mini Pro ライブプロダクションスイッチャー(収録・配信・モニタリング機能搭載仕様) [SYSTEM5]
BlackmagicDesign SWATEMMINIBPR ATEM Mini Pro ライブプロダクションスイッチャー(収録・配信・モニタリング機能搭載仕様) [SYSTEM5]
お取寄せ
販売価格: ¥73,150(税込)
ATEM Miniの全機能に加えて、さらに多くの機能を搭載しているライブプロダクションス…

関連のコラム一覧

[OnGoing Re:View]Vol.87 INOVATIVの撮影用組み立て式カート「Voyager EVO」レビュー

txt:千葉孝 写真撮影:三島史子 構成:編集部カメラを搭載するとこんな具合だ。一番小型のタイプでも想像以上に積載可能 Scout EVOの後継機種であるVoyager... 続きを読む

[OnGoing Re:View]Vol.86 Feiyu pocket登場!Wi-Fiモジュールや1/4インチネジを搭載。Osmo Pocketよりも安価が売り

txt:市井義彦 構成:編集部 FeiyuTechからDJI「Osmo Pocket」に似た「Feiyu Pocket」登場 最大手のドローンメーカーとして知られるDJ... 続きを読む

[OnGoing Re:View]Vol.85 BenQの写真・動画編集向けカラーマネジメントモニター「SW321C」レビュー

txt:岡田太一(株式会社スタッド) 構成:編集部 ユーザーファーストのマネジメントモニターBenQ「SW321C」 BenQ「SW321C」は、写真・動画編集向けカラ... 続きを読む

[OnGoing Re:View]Vol.84 セキュリティー対策、故障補償、高速伝送を実現~バイオスSSDポータブルドライブEclairPROシリーズ「EP29CB3」

txt:千葉孝 構成:編集部 バイオス初のポータブルSSDが登場! 日々の撮影の現場において、データの安全な管理と運用は皆さんも頭を悩ませるところだと思います。データマ... 続きを読む

[OnGoing Re:View]Vol.83 SIRUI「50mm F1.8 Anamorphic Lens」レビュー

txt:猿田守一 構成:編集部 SIRUIよりアナモフィックレンズが発売 スチル系のプロ用三脚や雲台、クイックシューなどを製作しているSIRUIよりアナモフィックレンズ... 続きを読む

WRITER PROFILE

井上晃 映像制作会社「有限会社マキシメデイア」代表、制作プロデューサー&キャメラマン。Facebookグループ「ATEM Tech Labo」、「Grass Valley EDIUS ユーザーグループ」を主催して、ATEMやEDIUSの布教に、日々勤しんでおるでよ。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
林和哉
株式会社フロンティア 映像事業室 室長 プロデューサー・ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
栁下隆之
写真家アシスタント、現像所勤務を経て、撮影機材全般を扱う輸入販売代理店で17年余り勤務の後に、撮影業界に転身。一眼カメラによる撮影を得意し、代理店時代に手がけたSteadicamや、スタビライザー系の撮影が大好物。
猿田守一
企業向け動画、番組制作、CM、動画配信、各種ステージ記録など撮影から編集まで行い、地域に根ざした映像制作活動を行っている。
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
鈴木佑介
日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。 専門分野は「人を描く」事 。 広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。 セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
宏哉
タイムコード・ラボ代表。Next-Zero.com管理人。バラエティーから報道や空撮まで幅広い番組撮影をこなすTVカメラマンであり、ダンスイベントからe-ラーニング収録まで請け負う街のビデオ屋さん。イージス艦CICから幼稚園のおゆうぎ会まで、フィールドは問わない。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。修士(芸術) 博士課程芸術専攻
荒木泰晴
東京綜合写真専門学校報道写真科卒業後、日本シネセル株式会社撮影部に入社。1983年につくば国際科学技術博覧会のためにプロデューサー就任。以来、大型特殊映像の制作に従事。現在、バンリ映像代表、16mmフィルムトライアルルーム代表。フィルム映画撮影機材を動態保存し、アマチュアに16mmフィルム撮影を無償で教えている。
小島真也
Blackmagic Design認定トレーナー、写真家、撮影監督。赤坂スタジオを経て、篠山紀信氏に師事。1990年に独立後は雑誌、広告界にて人物、ドキュメンタリーを中心に写真家活動。動画へのきっかけはFinal Cut Studio 5.1を導入し映像編集を始めたこと。商業映画や自主映画では撮影監督として撮影・照明・カラーグレーディングを担当し、TVドラマでは撮影部として参加。
ノダタケオ
ソーシャルメディアとライブ配信・動画メディアが専門のクリエイター。2010年よりスマホから業務機器(Tricasterなど)まで、さまざまな機材を活用したライブ配信とマルチカメラ収録現場をこなす。
山本遊子
山本遊子(やまもとゆうこ) フリーランスの映像ディレクター。1999年からテレビ、WEBなど様々なメディアで映像を作り続けている。 うぐいすプロ
渡辺健一
映画録音技師/テクニカルライター(ペンネーム:桜風涼)著書「YouTuber/ビデオグラファーのための『完全録音マニュアル』」
ダストマン
ド田舎暮らしの映像屋。本業はフリーのオンラインエディター、CM多め。趣味で色んな映像の作り方の YouTube【ダストマンTips】を配信している。
西村真里子
株式会社HEART CATCH代表取締役。国際基督教大学卒。2014年株式会社HEART CATCH設立。ビジネス・クリエイティブ・テクノロジーをつなぐ“分野を越境するプロデューサー”として自社、スタートアップ、企業、官公庁プロジェクトを生み出している。
長谷川朋子
テレビ業界ジャーナリスト、コラムニスト コンテンツビジネスの仕組みについて独自の視点で解説した執筆記事多数。最も得意とする分野は海外流通事情。カンヌのTV見本市MIP現地取材を約10年にわたって重ね、この分野におけるオーソリティとして活動中。
照山明
株式会社ガイプロモーション代表。企業VP制作や撮影業務に力を入れつつ、自社Facebookページでは不定期にコアな映像ネタを発信中。
高信行秀
ターミガンデザインズ代表。メーカーや代理店などの依頼でトレーニングや技術解説、マニュアルなどのドキュメント作成など、テクニカルに関しての裏方を務める。知られていない製品の魅力を伝えることが好きで、色々と仕掛けることを趣味にする。
山下大輔
フリーランスの映像講師。Adobe Community Evangelist。アドビ製品でビデオ編集をどのようにやっていくか日々模索中。FacebookではAfter Effects User Groupの管理人として勉強会なども随時行なっている。
山本加奈
山本加奈 KANA YAMAMOTO デジタル・フィルム・フェスティバルRESFESTのディレクターを経てウェブマガジンwhite-screen.jpの編集長を務める。2017年11月より映像表現カルチャーを紹介するNEWREELを創設。伊藤ガビン氏とともに編集長を務める。他、海外のクリイティブイベントのプロデュースやインタビューを通して才能の発掘や、業界の意識改革に貢献する。2018年は Motion Plus Design(パリ)のTokyo meet up総合司会や、ILMのDoug Chiangを迎えたTHU(ポルトガル)の東京ギャザリングをプロデュース。
柏原一仁
日本大学芸術学部写真学科卒、銀一株式会社海外商品部勤務。 銀一が世界中から輸入する写真・映像用品ブランドのマーケティング担当。静止画・動画・音声と様々な技術に翻弄される日々。好きな食べ物はからあげ。
曽我浩太郎
未来予報株式会社 代表取締役・プロジェクトデザイナー。新ビジネスに特化したリサーチ・コンセプトデザイン・コンサルティングを専門に行う。2019年6月SXSW Japan Officeを設立。著書『10年後の働き方「こんな仕事、聞いたことない!」からイノベーションの予兆をつかむ』が好評発売中。
井上晃
映像制作会社「有限会社マキシメデイア」代表、制作プロデューサー&キャメラマン。Facebookグループ「ATEM Tech Labo」、「Grass Valley EDIUS ユーザーグループ」を主催して、ATEMやEDIUSの布教に、日々勤しんでおるでよ。
石多未知行
クリエイティブディレクター、映像クリエイター、空間演出家。PMAJ代表、東京芸大 非常勤講師。空間演出やプロジェクションマッピングを中心に様々なメディアを使った企画演出を手掛ける。
奥本宏幸
大阪を拠点にしているフリーランスの映像ディレクター。演出・編集・モーショングラフィックをバランス良くこなす。フィンランドサウナが好きです。のびしろラボ管理人。
小林譲
イギリスにて大学卒業後、現地の会社にて映像編集を学ぶ。2006年に帰国。大手ポスプロIMAGICAにてテレビ番組を中心に日本のキャリアをスタート。後にドラマ、音楽系、CM系へと活躍の幅を広げる。2017年に独立。オフラインからアートデザインまで、作品の全体パッケージを監修することも多い。
染瀬直人
映像作家、写真家、VRコンテンツ・クリエイター。2014年、ソニーイメージングギャラリー銀座にて、VRコンテンツの作品展「TOKYO VIRTUAL REALITY」を開催。YouTube Space Tokyo 360ビデオインストラクター。Google × YouTube × VR SCOUTの世界的プロジェクト"VR CREATOR LAB”でメンターを、また、デジタルハリウッド大学オンラインスクール「実写VR講座」で講師を勤める。著書に「360度VR動画メイキングワークフロー」(玄光社)など。VRの勉強会「VR未来塾」を主宰。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
駿河由知
中央区築地出身。マルチカメラ収録&配信ユニット「LiveNinja」メンバー。2006年より株式会社スタートライン設立。外務省、国連機関、国際NGOなどの国際会議やシンポジウム、企業イベントなどのライブ配信を担当
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、短編時代劇の自主映画制作を経て、現在は、映像を通じて人と人をつなぐことをテーマに様々な映像制作に取り組んでいる
河尻亨一
1974年大阪生まれ。雑誌「広告批評」を経て現在は実験型の編集レーベル「銀河ライター」を主宰、企業コンテンツの企画制作なども行う。デザイナー石岡瑛子の伝記「TIMELESS」(http://eiko-timeless.com/)をウェブ連載中。
茂出木謙太郎
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
小池拓
(有)PST 代表取締役。1994年より Avid、Autodesk、Apple、Adobeなどの映像系ソフトのデモ、トレーニンングを行っている。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
林永子
映像制作会社勤務を経て、2002年よりMVライターとして独立。映像サロン『スナック永子』主催。日本初監督別MVストリーミングサイト『TOKYO VIDEO MAGAZINE VIS』の編集長。2016年初エッセイ集『女の解体』を上梓。
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
石川幸宏
20年以上にわたり映像系ジャーナリスト/アドバイザー/プランナーとして活動、2016年よりHOT SHOTを創刊、同編集長としても活動中。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > 井上晃 > [OnGoing Re:View]Vol.79 機能強化されたATEM Mini Proが登場!