PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. コラム
  4.  > 
  5. 佐々木淳
  6.  > 
  7. [映像表現と気分のあいだ]Vol.02 映像の「体験」を仕分ける
News

[映像表現と気分のあいだ]Vol.02 映像の「体験」を仕分ける

#映像表現と気分のあいだ

2020-08-21 掲載

txt:佐々木淳 構成:編集部

「あいだ」にあるもの

前回は、映像表現と気分の「あいだ」という本連載タイトルに沿いつつ、映像コンテンツの表現と観る側の気分(読後感)のあいだに「体験(感覚体験)」という領域があること、それを私たちは「ぽさ」とか「感じ」「あや」などと呼んでいること、などについて述べた。

この「体験」の領域とは実のところ、長らく哲学や認知科学の分野で取り沙汰されてきたものだ。「体験」の共通性から発するメタファー(例えば、スズメの涙もボーナスも「申し訳程度」という少なさの感じ、ぽさが共通している)については、すでに紀元前アリストテレスが相当程度に形式分け・カテゴライズをしていた。

また私たちがある対象(=コンテンツ・世界)をどのように把握しているのか、という認知のあり方についてはすでに17世紀、スピノザが論じている。19世紀以降では、ざっと挙げればC.S.パース、E.フッサール、ゲシュタルト心理学派の研究者たち、J.J.ギブソン、J.P.レイコフらがこうした領域に関わる研究を行ってきている。これらの詳細については今回は省くが、現代フランス思想家のジル・ドゥールーズは以下のように述べている。

観念とは思考の様態のことであり、観念は思考という属性のなかにしかその原因(作用因と形相因)を見出すことができないのだが、その一方で同様に、いかなる対象であろうとも、この対象がその様態となっていてこの対象がその概念を包含している属性のなかにしか、その作用因も形相因も見出し得ないということなのだ。

難しい文章ではあるが、やや乱暴にまとめるならこうなる。すなわち私たちがある対象を見るときに、その対象には“私たちがなんらかの観念を惹起してしまう”なにかのトリガーがあり、それによって我々の観念が作動するのであると。

さらに意訳すればこうなる。私たちが例えば映像コンテンツ—TVCMなど—を見るときに、そのコンテンツは(なんらかの成分的な特徴によって)私たちの中になんらかの観念を惹起する。その、観念が惹起される意識の現場、それが体験なのである。

つまり「ぽさ」「感じ」「あや」が湧き出るタイミングのことである。その後これが言語化されて「読後感」や「感想」などが生じるが、体験はこれら「読後感」や「感想」に先行し、それらを引き起こすもの、といえる。とても微妙だが大事な部分なので、なんとなく合点がいったなら幸いである。

というわけで、体験は「映像コンテンツ(の表現)そのもの」とも「読後感」とも違う。その「あいだ」にあるもの、なのである。

「あいだ」にあるこの「体験」、これをどういう風に表せて、しかもそれにはどんな類型があるのか?がわかるなら、コンテンツと人間感覚・感情をブリッジするための道具を、私たちは手に入れたも同然だろう。

世にあまたある映像コンテンツ(クリエーターであれば自分の作品でもよい)についても、この「あいだ」、すなわち体験がどうなっているのか?という側面から分類することが可能になる。

これまでのコンテンツ論(映画論・物語論など)はその多くが「コンテンツ表現そのもの」の分析に留まっており「読後感」との紐づきは論じられてこなかった。他方で人間の感情については、心理学や脳科学による研究も多いものの、筆者の知る限りコンテンツとの紐づきについては、すなわちどんな原因や表現によって感情=読後感が惹起されるのか、という点には殆ど踏み込めていない。

つまり「コンテンツ表現そのもの」の分析と「感情(≒読後感)」の研究はそれぞれあるものの、結線されておらずバラバラだったのである。この結線・ブリッジのためにも「体験」という「あいだ」の領域は重要なのだ、と筆者は考えている。

「ぽさ」の類型

ということで、ここからは「体験」がどのようにに表せて、しかもそれにはどんな類型があるのか?について見ていくことにしよう。今回は主に筆者のフィールドであるTVCMの体験において、どのような「体験」の類型があるのかを具体的に見ていきたい。

今回はわかりやすい3つの体験の型について取り上げてみることにする。まずは以下の3本のTVCMをご覧頂きたい。

■Aタイプ
■Bタイプ
■Cタイプ

かなり以前のCMなので、なかなかリアルな読後感=気分を現在形で感じることが難しいかもしれないが、それでも概ね、Aタイプについては「ハートウォーミング」、Bタイプは「うまい!そうくるか!見事、面白い」、Cタイプは「イカす、かっこいい、おしゃれ、憧れる」のような読後感へ誘うTVCMである、ということについては理解頂けると思う。

こうした読後感は商品やブランドが目指しているもの(それ故にクリエーターが目指しているものでもある)であり、ここがずれると何度もCM編集をやり直すことにもつながっていく。読後感、すなわち観る側の気分的着地がどうなるか、ということには当然ながら細心の注意が払われている。皆様もご存知の通りである。

特にCMは映画や小説と違い、短い尺において殆どが1つだけのストーリーテリングを行うもの、だからこそ読後感も分散しずらく、ブランドや商品世界を明確にしやすい。つまり上の例でも読後感は概ね、一定の方向へきちんと収斂していく。

続いて以下の3作品も見ていただきたい。

■Aタイプ
■Bタイプ
■Cタイプ

多少の誤差はあるだろうが、先の3本と同タイプ同士であれば、読後感がほぼ共通するのがわかるだろう。さて、ここからが問題だ。読後感の類似のタイプ=類型についてはまあ分かるが、ではその読後感を惹起する「体験」、「ぽさ」ってなんなんだ?という点だ。

これを手繰り寄せるための、「あらかじめの理論」や「トップダウンの正解」など最初はない。まずはサンプルCMたちの「映像コンテンツ表現そのもの」を丹念に見ていく中でボトムアップに浮き上がってくることを手掛かりにしていくしかなく、愚鈍にそれをやっていく。

例えばAタイプの2本については、音楽の方向が近い。「しっとりしたピアノっぽい」音楽である。またストーリーのモチーフは「ある風土の中の日常」という点で共通している。「モノローグでの語り」という語りの手法も似ている。

これら共通点を抜き出しながら更に何度も観ていくと、手法と読後感の「あいだ」が掴めてくる。描かれている風土や人々、すなわち共同体が「回帰すべき共同体」として描かれていることが見えてくる。そうである。仮説できるのは「(共同体に)帰属回帰する感じのする体験」だ。もっとシンプルに言えば、「回帰っぽい」体験である。これによる読後感はさきほど確認済みの通り「ハートウォーム」あるいは気持ちが落ち着く感じだ。

まとめると、Aタイプにはコンテンツの要素として「ある風土、共同体」つまりホームグランドとしてのモチーフに加え「しっとり」「モノローグ」という表現要素があることで「回帰っぽい」体験が現出する。この体験によってハートウォーム、ほっこり、ほっとする、沁みる、などの感情が惹起される、ということになる。

逆に言えばハートウォーム、ほっこりという感情が生起するなら、その原因としてなんらかの「回帰っぽい」体験が潜んでいると推定することができる。このAタイプの体験を筆者は<「帰属・回帰・愛」型>と呼んで類型化している。

Bタイプについてはどうだろう。読後感「うまい!そうくるか!見事、面白い」は近いだろうが、手法は様々に異なる。しかし、双方とも諧謔の精神で創作されていることは共通であり、ここはA、Cと明確に異なる。

諧謔と言っても様々なものがあるが、このBタイプのサンプルは2本とも「形態類似による見立て」を用いて「変形・異化」をしている点で実は共通している。白に折り重なる赤=寿司という見立てによって男女の出会いは異化変形され、グレイの口元=替え歌を歌う口元、という見立てによって、持ち歌でなく替え歌の絶唱へ、と異化変形される。

つまりどちらも「ある形状を(利用して)別の何かに見立てる」という点で共通していて、それがコンテンツ側の手法となっている。重要なのはこの見立てによって、商品と無関係なシチュエーションから見事に(=強引に)商品へと着地させる、強制的な文脈結合・縫合が立ち現れることである。この「見事な異物縫合が現出する」という部分、これがBタイプの体験の正体である。この体験を筆者は<「リフレーム・異化・反転」型>と呼んでいる。

最後にCタイプである。このタイプでは明確な物語的帰結がなく、シーンやイメージのみのことが多い。サンプルの2作品を表現要素面から分析すれば、まず音楽が派手だったりダンサブルだったりするという特徴がある。タイトルワークも印象的に大きい(例えばAタイプのCMでこうした大胆なタイトルワークはまず使われないだろう)。

読後感は「イカす、かっこいい、おしゃれ、憧れる」方向なのでAタイプともBタイプとも違うが、カッコいい→憧れるという「(ある観念を伴った)知覚→感情」の流れにヒントがある。

すなわち多くの場合、このCゾーンは「自分もこうなりたい」「自分もこれを使えば、あのような風体になれる、ああいう見た目になって武装できる」という潜在意識に作用する体験であり、商品というテコによって「⾃分の商品価値」も上昇できるという意味で、自分にレバレッジ(をかけられる)体験と言えよう。

派手さ・大胆さ・グルーブ感という「コンテンツ側の表現要素」がふんだんに使われ、素の自分にレバレッジをかけ、持ち上げるような「レバレッジ」体験が生起し、結果「イカす、かっこいい、おしゃれ、憧れる」という読後感に着地する。文字通りではあるが、このCタイプの体験を筆者は<「レバレッジ」型>と呼んでいる。

こうして見ると

Aタイプの読後感「ハートウォーミング」のためには「帰属回帰愛」の体験

Bタイプ「うまい!そうくるか!見事、面白い」のためには「リフレーム異化反転(異物縫合)」の体験

Cタイプ「イカす、かっこいい、おしゃれ、憧れる」のためには「レバレッジ」の体験

が前提となっていることが納得できるだろう。

また例えば「レバレッジ」体験のためには、「派手さ・大胆さ」を伴う「映像コンテンツ表現」が有効らしいこともわかる。このように、表現と気分の「あいだ」として「体験」を仮説して簡単にまとめると以下のようになる(前回の図とほぼ同じなのだが、しつこくもう一度、である)。

現在、筆者の研究プロジェクトでは、上記のA~Cタイプのような「体験のタイプ」を「CCT(コミュニケーション・コンセプト・タグ)」と呼んでおり、我が国の過去20年にわたるCM賞受賞全作品(1000本強)を解析した結果「CCTには大きく16種類のタイプがある」という結論に達している。

中でも今回紹介した「帰属回帰愛」「リフレーム異化反転(異物縫合)」「レバレッジ」という3つのCCTは特に重要なものなのだ。その理由も含め、さらに他のCCTにどんなものがあるのかについても、次回にて触れていきたい。


WRITER PROFILE

佐々木淳 Scientist / Executive Producer 広告制作会社入社後、CM及びデジタル領域で約20年プロデュースに携わる。各種広告賞受賞。その後事業開発などイノベーション文脈へ転身、新たなパラダイムへ向けた研究開発の必要性を痛感。現在クリエイティブの暗黙知をAI化する研究開発を進める。人工知能学会正会員。


[ Writer : 佐々木淳 ]
[ DATE : 2020-08-21 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

[映像表現と気分のあいだ]Vol.01 「ぽさ」という手掛かりで、新たな世界を捉える

txt:佐々木淳 構成:編集部 はじめに 本連載では、筆者の進める研究テーマと絡める形で、 表現の根幹にあること、すなわち「クリエイティブやストーリーテリングといった... 続きを読む

WRITER PROFILE

佐々木淳 Scientist / Executive Producer 広告制作会社入社後、CM及びデジタル領域で約20年プロデュースに携わる。各種広告賞受賞。その後事業開発などイノベーション文脈へ転身、新たなパラダイムへ向けた研究開発の必要性を痛感。現在クリエイティブの暗黙知をAI化する研究開発を進める。人工知能学会正会員。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
林和哉
株式会社フロンティア 映像事業室 室長 プロデューサー・ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
猿田守一
企業向け動画、番組制作、CM、動画配信、各種ステージ記録など撮影から編集まで行い、地域に根ざした映像制作活動を行っている。
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
鈴木佑介
日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。 専門分野は「人を描く」事 。 広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。 セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
宏哉
タイムコード・ラボ代表。Next-Zero.com管理人。バラエティーから報道や空撮まで幅広い番組撮影をこなすTVカメラマンであり、ダンスイベントからe-ラーニング収録まで請け負う街のビデオ屋さん。イージス艦CICから幼稚園のおゆうぎ会まで、フィールドは問わない。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。修士(芸術) 博士課程芸術専攻
荒木泰晴
東京綜合写真専門学校報道写真科卒業後、日本シネセル株式会社撮影部に入社。1983年につくば国際科学技術博覧会のためにプロデューサー就任。以来、大型特殊映像の制作に従事。現在、バンリ映像代表、16mmフィルムトライアルルーム代表。フィルム映画撮影機材を動態保存し、アマチュアに16mmフィルム撮影を無償で教えている。
ノダタケオ
ソーシャルメディアとライブ配信・動画メディアが専門のクリエイター。2010年よりスマホから業務機器(Tricasterなど)まで、さまざまな機材を活用したライブ配信とマルチカメラ収録現場をこなす。
山本遊子
山本遊子(やまもとゆうこ) フリーランスの映像ディレクター。1999年からテレビ、WEBなど様々なメディアで映像を作り続けている。 うぐいすプロ
渡辺健一
映画録音技師/テクニカルライター(ペンネーム:桜風涼)著書「YouTuber/ビデオグラファーのための『完全録音マニュアル』」
照山明
株式会社ガイプロモーション代表。企業VP制作や撮影業務に力を入れつつ、自社Facebookページでは不定期にコアな映像ネタを発信中。
千葉孝
収録が3/4テープの撮像管カメラ時代から長きにわたり映像に携わる。カメラマン歴33年。ドキュメンタリーからMV、ドラマ、映画、CMまで様々なジャンルで活動している。最近ではカラリストとしても数々の広告作品に参加。趣味はゲームとバイクと車。日本人で最初のiPhone購入者というのが自慢。
VISIONGRAPH Inc.
イノベーションリサーチに基づいて未来像 {HOPE} をつくる専門会社。様々な領域の未来を予報します。 SXSW Japan Officeも担っています。著書『10年後の働き方』発売中!
小島真也
Blackmagic Design認定トレーナー、写真家、撮影監督。赤坂スタジオを経て、篠山紀信氏に師事。1990年に独立後は雑誌、広告界にて人物、ドキュメンタリーを中心に写真家活動。動画へのきっかけはFinal Cut Studio 5.1を導入し映像編集を始めたこと。商業映画や自主映画では撮影監督として撮影・照明・カラーグレーディングを担当し、TVドラマでは撮影部として参加。
ダストマン
ド田舎暮らしの映像屋。本業はフリーのオンラインエディター、CM多め。趣味で色んな映像の作り方の YouTube【ダストマンTips】を配信している。
栁下隆之
写真家アシスタント、現像所勤務を経て、撮影機材全般を扱う輸入販売代理店で17年余り勤務の後に、撮影業界に転身。一眼カメラによる撮影を得意し、代理店時代に手がけたSteadicamや、スタビライザー系の撮影が大好物。
西村真里子
株式会社HEART CATCH代表取締役。国際基督教大学卒。2014年株式会社HEART CATCH設立。ビジネス・クリエイティブ・テクノロジーをつなぐ“分野を越境するプロデューサー”として自社、スタートアップ、企業、官公庁プロジェクトを生み出している。
長谷川朋子
テレビ業界ジャーナリスト、コラムニスト コンテンツビジネスの仕組みについて独自の視点で解説した執筆記事多数。最も得意とする分野は海外流通事情。カンヌのTV見本市MIP現地取材を約10年にわたって重ね、この分野におけるオーソリティとして活動中。
高信行秀
ターミガンデザインズ代表。メーカーや代理店などの依頼でトレーニングや技術解説、マニュアルなどのドキュメント作成など、テクニカルに関しての裏方を務める。知られていない製品の魅力を伝えることが好きで、色々と仕掛けることを趣味にする。
山下大輔
フリーランスの映像講師。Adobe Community Evangelist。アドビ製品でビデオ編集をどのようにやっていくか日々模索中。FacebookではAfter Effects User Groupの管理人として勉強会なども随時行なっている。
山本加奈
山本加奈 KANA YAMAMOTO デジタル・フィルム・フェスティバルRESFESTのディレクターを経てウェブマガジンwhite-screen.jpの編集長を務める。2017年11月より映像表現カルチャーを紹介するNEWREELを創設。伊藤ガビン氏とともに編集長を務める。他、海外のクリイティブイベントのプロデュースやインタビューを通して才能の発掘や、業界の意識改革に貢献する。2018年は Motion Plus Design(パリ)のTokyo meet up総合司会や、ILMのDoug Chiangを迎えたTHU(ポルトガル)の東京ギャザリングをプロデュース。
柏原一仁
リリーヒルワークス代表。銀一株式会社にて映像機器・写真用品のセールス・マーケティングを経て独立。好きな食べ物はからあげ。
曽我浩太郎
未来予報株式会社 代表取締役・プロジェクトデザイナー。新ビジネスに特化したリサーチ・コンセプトデザイン・コンサルティングを専門に行う。2019年6月SXSW Japan Officeを設立。著書『10年後の働き方「こんな仕事、聞いたことない!」からイノベーションの予兆をつかむ』が好評発売中。
井上晃
映像制作会社「有限会社マキシメデイア」代表、制作プロデューサー&キャメラマン。Facebookグループ「ATEM Tech Labo」、「Grass Valley EDIUS ユーザーグループ」を主催して、ATEMやEDIUSの布教に、日々勤しんでおるでよ。
石多未知行
クリエイティブディレクター、映像クリエイター、空間演出家。PMAJ代表、東京芸大 非常勤講師。空間演出やプロジェクションマッピングを中心に様々なメディアを使った企画演出を手掛ける。
奥本宏幸
大阪を拠点にしているフリーランスの映像ディレクター。演出・編集・モーショングラフィックをバランス良くこなす。フィンランドサウナが好きです。のびしろラボ管理人。
小林譲
イギリスにて大学卒業後、現地の会社にて映像編集を学ぶ。2006年に帰国。大手ポスプロIMAGICAにてテレビ番組を中心に日本のキャリアをスタート。後にドラマ、音楽系、CM系へと活躍の幅を広げる。2017年に独立。オフラインからアートデザインまで、作品の全体パッケージを監修することも多い。
染瀬直人
映像作家、写真家、VRコンテンツ・クリエイター。2014年、ソニーイメージングギャラリー銀座にて、VRコンテンツの作品展「TOKYO VIRTUAL REALITY」を開催。YouTube Space Tokyo 360ビデオインストラクター。Google × YouTube × VR SCOUTの世界的プロジェクト"VR CREATOR LAB”でメンターを、また、デジタルハリウッド大学オンラインスクール「実写VR講座」で講師を勤める。著書に「360度VR動画メイキングワークフロー」(玄光社)など。VRの勉強会「VR未来塾」を主宰。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
駿河由知
中央区築地出身。マルチカメラ収録&配信ユニット「LiveNinja」メンバー。2006年より株式会社スタートライン設立。外務省、国連機関、国際NGOなどの国際会議やシンポジウム、企業イベントなどのライブ配信を担当
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、短編時代劇の自主映画制作を経て、現在は、映像を通じて人と人をつなぐことをテーマに様々な映像制作に取り組んでいる
河尻亨一
1974年大阪生まれ。雑誌「広告批評」を経て現在は実験型の編集レーベル「銀河ライター」を主宰、企業コンテンツの企画制作なども行う。デザイナー石岡瑛子の伝記「TIMELESS」(http://eiko-timeless.com/)をウェブ連載中。
茂出木謙太郎
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
小池拓
(有)PST 代表取締役。1994年より Avid、Autodesk、Apple、Adobeなどの映像系ソフトのデモ、トレーニンングを行っている。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
林永子
映像制作会社勤務を経て、2002年よりMVライターとして独立。映像サロン『スナック永子』主催。日本初監督別MVストリーミングサイト『TOKYO VIDEO MAGAZINE VIS』の編集長。2016年初エッセイ集『女の解体』を上梓。
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
石川幸宏
20年以上にわたり映像系ジャーナリスト/アドバイザー/プランナーとして活動、2016年よりHOT SHOTを創刊、同編集長としても活動中。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。
  1. トップ
  2.  > 
  3. コラム
  4.  > 
  5. 佐々木淳
  6.  > 
  7. [映像表現と気分のあいだ]Vol.02 映像の「体験」を仕分ける