PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > 手塚一佳 > [オタク社長の世界映像紀行]Vol.17 中国アニメ産業の要、動漫基地とは

News

[オタク社長の世界映像紀行]Vol.17 中国アニメ産業の要、動漫基地とは

2011-12-20 掲載

この連載では、度々中国の映像、特にアニメ産業が強烈に力を付けてきていることを繰り返しお伝えしてきた。その原動力は、人材集約型の中国産業構造にある。その主体とも言える中国動漫基地について今回は触れたいと思う。場所は、前回に引き続き、大連の動漫基地を取材した。

中国アニメ戦略の要、動漫基地とは!?

teduka1702.jpg 大連から旅順へ繋がる太い道の両側に、大連動漫基地は存在。周囲は高新地区(ハイテク工業団地)、その中でも軟件園(ソフトウェアパーク)が海岸沿いに集められている。動漫基地は、その中核にある

中国の映像産業戦略は、徹底した人材集約だ。地方都市にある大学を中核とした産業団地を形成し、12億人強の国民の中から選抜された若くて優秀な才能を各都市に集積し、そこで一気に産業化を図ろうという構図だ。その中核となるのが動漫基地(アニメ産業基地)だ。中国各地にある動漫基地には、動漫基地の事務や許認可を司る公的機関の入るビルを中心に、官民共に様々なビルが整然と並び、そこに政府補助付きで格安の賃料で多くのアニメ関連企業が入居している。今回訪れた大連をはじめ、多くの都市の動漫基地ではゲームや映画、ソフトウェア開発など、類縁の産業基地も隣接され数万人単位の一大ソフトウェアパーク(高新地区、軟件園)を構築していることが多い。徒歩圏内で全ての作業工程が完了するように配慮されているのだ。

どこの動漫基地を訪れても、アニメ制作企業だけで一つの街になっている事にまず驚く。日本国内では日本は世界最大のアニメ大国とされているが、人数と建物の規模だけで言ったら、日本全国のアニメ企業を全て足しても中国にある動漫基地のうちの一つの基地分にも満たないだろう。特に、大連の動漫基地は巨大なもののうちの一つだ。日本制作のアニメ受注がその業務の大半だが、最近ではハリウッドなどの作品制作受注も多く受けはじめており、そのためにビルの建設ラッシュが始まっていた。

アニメ(=中国語では動漫)なんて、日本では食えない仕事の代名詞のような物だが、その日本のアニメを主に受注することでこれほどの大産業が各地に成り立っているのだから、驚く他無い。実は大連は、納品物あたりの人件費では日本の3分の2ほどであり、人件費的なメリットはさほど無くなってきている(人月計算では国内の半額ほどだが、言葉の問題や、まだ速度や技術が低いことが多いため、トータルコストでは3分の2ほどになる)。それなのに、外国へ発注するだけでこれほどの規模を維持できるのだから、広告代理店やキー局、あるいは経産省主導の、中抜きだらけの日本のアニメ産業構造に問題があることを痛感する。

中国のようにちゃんと政府が監視して中抜きさえ減らすようにすれば、我々日本のアニメ映像業界だって、もう少しまともに暮らせるのではないだろうか。

動漫基地に入るハイテク企業

teduka1703.jpg 「新鋭天地」の入り口。なんと、CG受付嬢がセンサーで反応して応対してくれる!

中国では、北京五輪の様々な映像で知られる最大手の「水晶石」社が中国全土に展開し、人材育成の専門学校から制作、果てはコンテンツそのものの販売まで行っていることで知られている。その規模、常勤の正社員だけで3000名。学生や臨時スタッフを合わせるとその数は膨大になる。まさに、共産国ならではの官民一体の企業展開だ。

とはいえ、そうした最大手はあまり日本から見て参考にならないかもしれない。電力会社などの例外はあるものの、資本主義国の日本では原則としてそうした展開は不可能であるし、そもそも中国国内ですらも一社集中は避けるようになってきている。ところが、ここが中国の面白いところで、そうした寡占企業との競争を促進させようと政府が判断すると、寡占企業を応援している政府自身が、ライバル企業へも積極的に誘致・援助を行うようになるのだ。この点は、とかく、省の利権や既存大手の既得権に反した新参企業に妨害をかけてくる事の多い日本の官僚とは全く質が違うと言って良いだろう。中国の官僚は、日本のそれとは異なり、極めて優秀で、なおかつ国家の発展のことを本気で考えている者も多いのだ(無論、昔ながらの私利私欲だけの汚職に手を染めている者もまだまだいるが、その数は激減していると感じる)。そして、これこそが、中国の急激の発展の原動力となっているのだ。ツテを使い、今回は大連動漫基地の中でも、そうした新進気鋭の会社をいくつか訪問することが出来た。そこは驚きに満ちあふれている。

まず訪れたのが、趙総経理率いる、大連CG界の風雲児「新鋭天地」だ。趙総経理は、元々大学で教職に就いており、その教え子と共に数年前に独立したのがこの会社「新鋭天地」となる。独立後はこの大連動漫基地に入り、着実に仕事を取りながら人を増やしてきた。その足跡は順調で、来年早々にもこの大連動漫基地に新しく建つビルにフロアぶち抜きでの移転を行うという。

teduka1704.jpg 「新鋭天地」社の展示・プレゼン室。まるでNABやSIGGRAPHの展示だ。奥にいる男性が趙総経理

この「新鋭天地」が他の映像企業と異なるのは、最初から中国市場をターゲットにしたビジネスを行っているという点だ。もちろん、日本企業向けのビジネスも行ってはいるのだが、主な仕事は中国のマンション販売向けCGやその展示システム作りであり、中でも、マンション販売システムなど、システム連携型の案件を得意としているという。事実、大連近郊に次々と建築されているマンションのCGの多くをこの「新鋭天地」社が制作している。

また、この趙社長は、人物も特筆すべきだろう。なにしろ元教員だけあり、酒もたばこも嗜まず、夜の接待も基本的に受けない事を公言している。まるで欧米のIT系起業家のような清廉な人物なのだ。中国ではどうしても昔ながらの接待攻勢で「まずは飲んでから話をする」という企業も多い中、こうした人物が表に出てくるようになった事には大きな進歩を感じる。

「新鋭天地」では、顧客のマンションデベロッパや博物館などに向けて、大規模な展示・プレゼン施設を社内に持っている。中でも、位置センサを利用した動く床画は、まるで米国のNABやSIGGRAPHのようであり、訪問者を圧倒する。社内の制作設備も日本に匹敵しており、中国定番の3DCGソフトであるAutodesk社の3dsMAXだけではなく、Mayaも導入している。また、AfterEffectsも導入し、中国制作で苦手とされる映像編集や映像エフェクトにも果敢に挑戦しているのである。もちろんそこで作られる映像のクオリティは、モーションやアニメーションはまだまだ中国らしい簡単なものに限られるものの、特に建物やモデリングに関しては、日本制作の映像に充分に匹敵するものだ。正直言って、耐乏を強いられる日本の映像クリエイターからすると、羨ましいとしか言いようのない制作環境だ。

タクシーに忘れたiPhone4が帰ってきた!先進国としての中国

teduka1706.jpg 「大連Bettop」社の展示・プレゼンスペース。そのテクノロジもさることながら、あまりにお洒落で圧倒される!

大連で新進気鋭のCG会社と言えば、もう一社「大連Bettop」社も訪問した。こちらは先ほどの「新鋭天地」社とは反対に、設立当初より日本とのビジネスに力を注いでいる企業で映像制作を得意とする会社である。老舗だけあり、数フロアを使った大規模開発環境を誇り、日本の大型案件もいくつもこなす実績ある企業だ。もちろん、映像だけではなく、最近は中国のマンション案件などもこなすようになってきている、という。

「大連Bettop」社の特徴として、中国では苦手とされていた手描きのキャラクターデザイン画を日本クオリティで作れる、という点があり、日本のアニメ映像制作の上流工程から制作参加が可能な態勢を整えている。こちらもやはり、中国らしく、モーションやアニメーションよりも、人海戦術の効きやすいモデリングを得意とする企業である。また、この「大連Bettop」社では、日本との関係をさらに強化するために、日本での窓口支店の設立もするということで、今後は日本のクリエイターたちとも強い繋がりが出来てくる事が予想される。

teduka1705.jpgiPhoneを探す手伝いをして頂いたお二人。李副社長と郝氏

この「大連Bettop」社で特筆すべきは、そのスタッフの素晴らしさだ。実は、恥ずかしながら、私はこの「大連Bettop」社を訪問する際、タクシーの中にiPhone4を忘れてきてしまったのだが、それを取り戻すために同社の李宝副社長と、郝冠冠氏が、二人して一生懸命タクシー会社などに連絡を取ってくれたのだ。

ここで驚いたのが、なんと、ちゃんとiPhoneが私の手元に帰ってきたこと。中国でその手の忘れ物をしたらまず戻ってこないものだと思い込んでいただけに、大変驚くと共に、この二人の助けに、心から感謝をした。にっこり微笑んで言うには「最近は中国もすこしずつ先進国になってきているんですよ」と。確かにその通りだ!iPhone4なんて置き忘れたら、日本でだってほとんど帰ってこないだろう!この「大連Bettop」社にも、立派な展示・プレゼンスペースがあり、こちらはデザイナー風で、大変おしゃれな感じであった。中国はまだ、肩書き上は発展途上国の筈だが、これでは、どちらが先進国かわかったものではない。始終圧倒されっぱなしであった。

日本に一番近い街、大連

teduka1707.jpg 白石総経理と、新井CGデザイン部長。二人とも夢が溢れる中国に骨を埋めることを覚悟した日本人だ

無論、中国で日本に一番近い街での一つである大連の動漫基地には、日系の企業もいくつか進出している。その中からたまたま見つけた「e-Trust」社にもお邪魔させて貰った。ここの社長は白石総経理。広島文化学園大学をはじめ日本各地で教鞭も執るれっきとした日本人だが、中国に骨を埋めることを決め、この大連動漫基地に、中国籍企業として会社を興したという。

teduka1708.jpg「e-Trust」社。日本的な清潔感に、ちょっと安心する

「e-Trust」社はシステムプログラムの会社ではあるが、CG制作や日本企業の中国制作のアテンドなども行っており、日本企業を応援したい、という熱意に溢れる心強い会社であった。元々、大連のCG産業導入の時に活躍したという経緯もあり、多くの日本企業がこの「e-Trust」社を利用して大連に入っているという。実際、偶然にも筆者の知る取引先も同じビルに入っていて、それが白石総経理の紹介での中国進出と聞き、驚いた。日本の映像制作の世界は、本当に狭く、中国は本当に広大なのだ。大連では中国の先進パワーに圧倒され続けていただけに、こうして頑張っている日本人を見ると、ちょっと安心する。

とにもかくにも、今回は始終圧倒されっぱなしの大連紀行であった。以前、3年ほど前に大連に行った時には、こんな先進国のような状態になるとは夢にも思っていなかったのだが、今年は既に、部分的に日本を越えているところも見受けられる制作環境になっていて、度肝を抜かれた。もちろん、まだまだモーションやアニメーションでは日本の方が数段上であり、費用対効果も日本国内政策の方が優れていると感じるが、モデリング、特に建物の制作に関しては、既に中国制作でも日本のものと遜色ないレベルになってきている。なによりも、中国は急激な経済成長のまっただ中にあり、膨大な制作要求をこなしきれずにいる状態というのが、羨ましい。

今まで、私が中国に行くときには、発注側の立場として肩で風切って訪問することが多いのだが、いやいやどうしてどうして。これは、間違いなくこちらが受注側になる日も近いと確信したのだった。

情けない話だが、実はこの後、日本への帰路、大連空港での日本円への両替の際に、私は空港にある銀行に両替金額を誤魔化されてしまった。気づいたときには既に飛行機の中で後の祭り。1000円近くも誤魔化されてしまっていた。

当方、こんなコラムも書いて旅慣れを気取ってるので、もちろん騙されて悔しかった。とても悔しかった。……だが、今回の旅では始終圧倒されっぱなしだっただけに、ようやく発展途上国としての中国を見れた思いがして、この誤魔化しで、なんだか少し安心をしてしまったのも事実であった。しかし、そうした微妙な優越感を感じる中国への旅も、ひょっとするとこれが最後なのかも知れない、と感じざるを得ない。次回はきっと、こうした銀行の誤魔化しすら無いのが当たり前の国になっているのではないだろうか。そうなったときに、果たして今回のように、日本から仕事を持ってきたというだけで歓迎されるのだろうか?


WRITER PROFILE

手塚一佳 CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。


[ Writer : 手塚一佳 ]
[ DATE : 2011-12-20 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

[オタク社長の世界映像紀行]Vol.57 ライカカメラ社 光学開発部門 部門長 ピーター・カルベ氏にLマウントのライカSLレンズについて聞く!

txt:手塚一佳 構成:編集部 迫る光学解像度の限界 ちょっと長い前置き フルサイズセンサーRAW時代に突入した2019年秋、その激動の中心地とも言えるLマウントアライ... 続きを読む

[オタク社長の世界映像紀行]Vol.56 Cine Gear 2019でスモールシネマカメラ、フルフレームレンズの盛り上がりを確認!

txt:手塚一佳 構成:編集部 Cine Gear EXPO LA 2019の見所をピックアップ Cine Gearはアトランタ等、米国各地で開催されるが、その... 続きを読む

[オタク社長の世界映像紀行]Vol.55 豊作となったNAB2019。シネマ系、番組制作系の主力製品をピックアップ

txt:手塚一佳 構成:編集部 今年もNABが開催! 「The National Association of Broadcasters」の主催する放送機器の世界的イベ... 続きを読む

[オタク社長の世界映像紀行]Vol.54 オタク的視点でみる「CP+2019」~新型カメラや周辺機器で気になったものたち

txt:手塚一佳 構成:編集部 世界最大のスチルカメラの祭典が開幕 広大な横浜港南西部に会場が配置されている。このスケール感がおもしろい 今年も、世界最大のス... 続きを読む

[オタク社長の世界映像紀行]Vol.53 Leicaの聖地、Leitz-Park訪問

txt:手塚一佳 構成:編集部 ワクワクが止まらない!Leitz-Park 世界最初の携帯型スチルカメラにしていわゆるフルサイズのサイズを決めたカメラメーカー、そして世... 続きを読む

WRITER PROFILE

手塚一佳 CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
栁下隆之
写真家アシスタント、現像所勤務を経て、撮影機材全般を扱う輸入販売代理店で17年余り勤務の後に、撮影業界に転身。一眼カメラによる撮影を得意し、代理店時代に手がけたSteadicamや、スタビライザー系の撮影が大好物。
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
鈴木佑介
日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。 専門分野は「人を描く」事 。 広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。 セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
宏哉
タイムコード・ラボ代表。Next-Zero.com管理人。バラエティーから報道や空撮まで幅広い番組撮影をこなすTVカメラマンであり、ダンスイベントからe-ラーニング収録まで請け負う街のビデオ屋さん。2017年度の振り幅はイージス艦CICから幼稚園のおゆうぎ会。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
荒木泰晴
東京綜合写真専門学校報道写真科卒業後、日本シネセル株式会社撮影部に入社。1983年につくば国際科学技術博覧会のためにプロデューサー就任。以来、大型特殊映像の制作に従事。現在、バンリ映像代表、16mmフィルムトライアルルーム代表。フィルム映画撮影機材を動態保存し、アマチュアに16mmフィルム撮影を無償で教えている。
高信行秀
ターミガンデザインズ代表。メーカーや代理店などの依頼でトレーニングや技術解説、マニュアルなどのドキュメント作成など、テクニカルに関しての裏方を務める。知られていない製品の魅力を伝えることが好きで、色々と仕掛けることを趣味にする。
小島真也
写真家、撮影監督。赤坂スタジオを経て、篠山紀信氏に師事。1990年に独立後は雑誌、広告界にて人物、ドキュメンタリーを中心に写真家活動。動画へのきっかけはFinal Cut Studio 5.1を導入し映像編集を始めたこと。商業映画や自主映画では撮影監督として撮影・照明・カラーグレーディングを担当し、TVドラマでは撮影部として参加。
ダストマン
ド田舎暮らしの映像屋。本業はフリーのオンラインエディター、CM多め。趣味で色んな映像の作り方の YouTube【ダストマンTips】を配信している。
西村真里子
株式会社HEART CATCH代表取締役。国際基督教大学卒。2014年株式会社HEART CATCH設立。ビジネス・クリエイティブ・テクノロジーをつなぐ“分野を越境するプロデューサー”として自社、スタートアップ、企業、官公庁プロジェクトを生み出している。
長谷川朋子
テレビ業界ジャーナリスト、コラムニスト コンテンツビジネスの仕組みについて独自の視点で解説した執筆記事多数。最も得意とする分野は海外流通事情。カンヌのTV見本市MIP現地取材を約10年にわたって重ね、この分野におけるオーソリティとして活動中。
照山明
株式会社ガイプロモーション代表。企業VP制作や撮影業務に力を入れつつ、自社Facebookページでは不定期にコアな映像ネタを発信中。
山下大輔
フリーランスの映像講師。Adobe Community Evangelist。アドビ製品でビデオ編集をどのようにやっていくか日々模索中。FacebookではAfter Effects User Groupの管理人として勉強会なども随時行なっている。
山本加奈
山本加奈 KANA YAMAMOTO デジタル・フィルム・フェスティバルRESFESTのディレクターを経てウェブマガジンwhite-screen.jpの編集長を務める。2017年11月より映像表現カルチャーを紹介するNEWREELを創設。伊藤ガビン氏とともに編集長を務める。他、海外のクリイティブイベントのプロデュースやインタビューを通して才能の発掘や、業界の意識改革に貢献する。2018年は Motion Plus Design(パリ)のTokyo meet up総合司会や、ILMのDoug Chiangを迎えたTHU(ポルトガル)の東京ギャザリングをプロデュース。
柏原一仁
日本大学芸術学部写真学科卒、銀一株式会社海外商品部勤務。 銀一が世界中から輸入する写真・映像用品ブランドのマーケティング担当。静止画・動画・音声と様々な技術に翻弄される日々。好きな食べ物はからあげ。
曽我浩太郎
未来予報株式会社 代表取締役・プロジェクトデザイナー。新ビジネスに特化したリサーチ・コンセプトデザイン・コンサルティングを専門に行う。SXSW LLC.公式コンサルタント。著書『10年後の働き方「こんな仕事、聞いたことない!」からイノベーションの予兆をつかむ』が好評発売中。
井上晃
映像制作会社「有限会社マキシメデイア」代表、制作プロデューサー&キャメラマン。Facebookグループ「ATEM Tech Labo」、「Grass Valley EDIUS ユーザーグループ」を主催して、ATEMやEDIUSの布教に、日々勤しんでおるでよ。
石多未知行
クリエイティブディレクター、映像クリエイター、空間演出家。PMAJ代表、東京芸大 非常勤講師。空間演出やプロジェクションマッピングを中心に様々なメディアを使った企画演出を手掛ける。
奥本宏幸
大阪を拠点にしているフリーランスの映像ディレクター。演出・編集・モーショングラフィックをバランス良くこなす。フィンランドサウナが好きです。のびしろラボ管理人。
小林譲
イギリスにて大学卒業後、現地の会社にて映像編集を学ぶ。2006年に帰国。大手ポスプロIMAGICAにてテレビ番組を中心に日本のキャリアをスタート。後にドラマ、音楽系、CM系へと活躍の幅を広げる。2017年に独立。オフラインからアートデザインまで、作品の全体パッケージを監修することも多い。
染瀬直人
写真家、映像作家、360°VRコンテンツ・クリエイター。日本大学芸術学部写真学科卒。勉強会「VR未来塾」を主宰し、360°VR動画のセミナー、ワークショップなどを開催。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
駿河由知
中央区築地出身。マルチカメラ収録&配信ユニット「LiveNinja」メンバー。2006年より株式会社スタートライン設立。外務省、国連機関、国際NGOなどの国際会議やシンポジウム、企業イベントなどのライブ配信を担当
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、短編時代劇の自主映画制作を経て、現在は、映像を通じて人と人をつなぐことをテーマに様々な映像制作に取り組んでいる
河尻亨一
1974年大阪生まれ。雑誌「広告批評」を経て現在は実験型の編集レーベル「銀河ライター」を主宰、企業コンテンツの企画制作なども行う。デザイナー石岡瑛子の伝記「TIMELESS」(http://eiko-timeless.com/)をウェブ連載中。
茂出木謙太郎
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
小池拓
(有)PST 代表取締役。1994年より Avid、Autodesk、Apple、Adobeなどの映像系ソフトのデモ、トレーニンングを行っている。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
林永子
映像制作会社勤務を経て、2002年よりMVライターとして独立。映像サロン『スナック永子』主催。日本初監督別MVストリーミングサイト『TOKYO VIDEO MAGAZINE VIS』の編集長。2016年初エッセイ集『女の解体』を上梓。
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > 手塚一佳 > [オタク社長の世界映像紀行]Vol.17 中国アニメ産業の要、動漫基地とは